太陽のような月 ◎ 月のような太陽

  

ここ熊本は 寒さが一段と深まり

きょうは 久し振りにセーターを着こんで

ほっこりしています

  

 

いま 描いている絵

『 Hervest Moon 』

ひと段落

 

額に入れて

じっくり眺めています

 

  

ここから 一気に完成に向かうか

一度 大きく壊してから完成に向かうか

 

ホッと一息入れて

次の展開が観えるのを

慌てず騒がず(笑)

待っているところです

 

  

  

このブログで

言葉をアウトプットすることで

なにか 進みそうな予感がするので

ちょっと 綴ってみます

 

例によって

独り言ブログです^^

  

 

 

  

_MG_5668.JPG

 

 

これは お庭の落花生

 

去年 植えて

全部 収穫していたつもりが

 

こぼれ種?ならぬ

土の中の 忘れ種?で

今年も生えてきたもの

 

掘り出して

塩ゆでして おやつに いただきました!

 

美味しかった〜〜〜∞

 

 

殻を割って食べようとしたところを

パチリ☆彡

 

殻の中で

ぷっくり よく太ってます

 

美しいな

 

 

 

・・・・・他にも

全部 掘り出したつもりが

また今年も 出てきてくれたのは

 

里芋さん と にんにくさん

 

 

里芋さんは 今年収穫しないでおいたら

来年どうなるのか見てみたい!

 

ん〜〜〜〜〜にんにくも!!!

 

 

 

 

_MG_5677.JPG

 

 

さてさて 閑話休題

 

制作中の絵の話でしたね^^

 

 

  

ひとりで暮らしている時と違い

一緒に 制作中の絵を観てくれる人がいる生活は

予想外に楽しくて・・・

 

賢太郎さんは

わたしが気が付かなかった

別の視点を 見せてくれる

 

 

じっと 絵を眺めて

「 太陽みたいな月 と 月みたいな太陽だね 」

さらりと呟き

 

わたしは ハッとさせられた

 

 

別に テーマをあらかじめ決めているわけじゃないけど

 

下絵のスケッチを描いて

絵に向かい始めると

(制作作業に入る前からでも)
テーマが 向こうからやってくる
(ように感じられる)
 
 
_MG_3186 (2).JPG
 
このときも いろいろ綴ってますね
下絵のスケッチもあげてます
 
 
   
 
 
そう・・・・・今
“ 陰 ” と “ 陽 ” が 入れ子状になってる絵
出来つつありますよ
 
 
数日前
賢太郎さんと ときどき一緒に読む
「 倭のタントラ 」のブログの記事で
何気なく ↓この記事をクリックしたら
 
冒頭に出てきた写真が
ドンピシャで 今描いている『 Hervest Moon 』と
“ 同じ構図 ”
で ビックリ!だったのです
(実際は 女性が海辺で太陽とともに写ってる写真なんですけど)
 
 
そして 記事の内容も もちろん
 
あぁ そうそう〜〜〜!
かぶってきます
 
 
けど それ以上に
それそれ!!!!!
と 感じたのは
 
この記事を 一緒に読んだときの
賢太郎さんの一言
 
「 “ を支える ”・・・・・
それって つまり引き寄せのことだね! 」 
 
この言葉!
 
そのことの意味を
じっくり受け取る
味わうことが
 
この作品の完成には欠かせないな
 
 
そんな感じの今 です
 
 
 
 
 
 
なんかですね
 
傍らに 賢太郎さんがいることで
気づかされる
自分の内なるバランスが
おもしろくて
 
というのか
言葉を変えると
内と外への反対側に向かう両ベクトルのバランス
っていうのかな
 
 
でも 全部
入れ子状になってて
フラクタルで
無限に続いていて・・・・・
 
それが おもしろい!
 
・・・・・って 言ってることが抽象的ですね(笑)
 
  
わたしの脳みそは
こういう表現を感覚的に受け取るのが
大好きみたい
 
たぶんね
長々と説明されるよりも
瞬間的に感覚的に入ってきて
それを体感して
ハッとなる
 
それが向いてる
 
だから アウトプットは
結局 絵にするのが
一番 自然なんだと思う
 
 
 
というわけで・・・・・
 
絵に戻ります
 
 
 
  
 
絵が完成してから
と 思ってましたが
簡単に ご案内
 
 
 
  
京都には次回
10月31日〜11月4日まで
滞在予定です
 
賢太郎さんと
琵琶湖でのポートレート撮影に行きます
 
あと ご希望あれば
絵の注文制作を
実際にお会いして目の前でスケッチして行います
メッセージにて お問い合わせください
 
 
ではでは よろしくお願いします
 
 
 
 
 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

嘘をつくな

  

 

 

きょうの夕暮れ

 

 

 

 

絵の嘘は

さいしょは ほんの少しのズレだったとしても

進行するにつれ

大きな大きなズレになって

 

自分の絵に

嘘つくなよ!

って 言われてる感じになる

 

 

いま 制作中の絵は

一度 ぐちゃぐちゃになりかけたのを

もう一回 やり直し

描きなおしはじめたら

見事に 嘘っぽいものになってしまった

 

それで

反故にしようとした絵のほうを見ると

そちらのほうが

よほど 正直で

描きたいものに向かっていた

気づかされて

 

もう このまま

ぐちゃぐちゃの格闘を続けてみよう

と 決めて

こちらに戻って 取り組んでいる

 

 

横で 絵を観てくれている

賢太郎さん曰く

 

どこが ぐちゃぐちゃなんだ???

って・・・・・
 
あぁ そうか
わたしが そう思い込んでいるだけだ
 
わたしは なにをそんなに
上手に きれいに作ろうとしているんだ???
と 思った
 
 
 
_MG_5321.JPG
 
 
嘘 つくな
 
カッコつけんな
 
きれいごとで済まそうとすんな
 
上手に まとめようとすんな
 
そのまんまで さらけだせ
 
蓋してんじゃねーよ!
 
 
 
 
いつのまにか
ズレたところが目標になってしまって
 
なにやってんだか・・・・・
 
 
 
そう思ったら
ぐちゃぐちゃと思っていた絵に
 
新しい道筋が
みえてきた
 
 
 
カッコつけずに
これを 描きます
  
 
この ヘタクソめ
 
それが どうした?
きれいに まとめんな!!!
 
 
自分の人生を 生きろよ

 

 

 

   

 

ひとり言 おわり

 
 
 
 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

天青の実

 

_MG_5037.JPG

 

 

道端で いただいてきた

クサギの実 は

 

 

 

_MG_5083.JPG

 

 

光と溶けあうような

こんな色に染めてくれました

 

 

もう ずいぶんと前に購入して着ていた

生成りのシルクの上着

 

大好きだったけど

だんだんと黄ばんできて

残念だったのが

 

 

 

_MG_5162.JPG

 

 

美しく

生き返りました

 

 

 

はじめての草木染

 

やってみて はじめて知ったこと

 

媒染のこと

コットンのたんぱく処理のこと

いろいろ ありそうですが

 

楽しかったので

また 日々の生活の中で発見するもので

やってみたいな

と 思います

 

 

 

  

 

 

 

 

さてさて 実はここからが本題

 

 

 

数日間 なんとなく

手を入れられずに

ほんの少ししか進まなかった絵の制作でしたが

 

原種の小豆を採ったり

クサギを採ったり

裸足で朝日を浴びたり

ご飯をつくったり

本を読んだり

いろいろ しているうちに

ようやく 再開できそうです

 

 

今朝 ひらいたFacebookにシェアしてあった

このブログの記事 を読んで

 

もう 調整の時間は終わった

次に進もう

と 感じました

 

 

 

_MG_4699.JPG

 

 

実は この絵は

14年前に 母が癌を患ったときに

プレゼントするために描いたものの

リニューアル版です

 

 

しばらく前から

手を入れたくて・・・

 

この絵が終わって その絵を描いたら

あの絵を描く前に

この絵描きたいな

( ↑頭の中での順番待ちの絵の交通整理みたいな・・・笑 ) 

 

その作品は 実は ずっと母のもとにあったんだけど

母が福岡の実家を引き払い 横浜に引っ越す折に

この絵は もういらないから返す

と うちに出戻ってきていた子です

 

 

その絵に

上から手を入れるだけ のつもりだったのですが

 

いざ 手を入れようとすると

 やっぱりもう エネルギーが違い過ぎて無理〜

( 古いから・・・ )

となり

 

まっさらな紙に

新たな作品を

描くことにしました

 

  

 

 

 

そのことを決めたタイミングが

奇しくも

 

友人に癌が見つかったことを

伝えられた時でした

 

 

彼女は ここ和水町に住むようになって

ご縁が つながった人

 

(わたしよりも弱冠)若くて

とても 美しい

ヨガの先生でもあり

 

繊細で あったかな絵を描く

プロの絵描きさんでもあり

 

お互いの 制作やお仕事の合間に

ふと 出来た隙間に

さっと 会って

いろんな日々の気づきをシェアできる人

 

いつも ぴったりとタイミングの合う人

なのですが

 

 

不思議と この件については

ビックリはしたものの

心配を感じない

 

彼女なりに 乗り越えていくんだろう

と 信じられるのです

 

 

 

けれども・・・・・なんで この絵は

このタイミングなんだろうなぁ

考えずにはいられない

 

   

母に その絵を描いた頃・・・14年前は

明らかに 母の “ ために ” 描いた絵だった

・・・けど

今となっては 同じような気持ちで それを出来ない

 

もう 癒されるべき人も

癒す人もない世界にいるんだな

と 感じるようになっているから

 

 

そして

彼女の “ ために ” 何かをすることも

それが 自分の中の何から出てくる行動なのかに

注意深くありたいと思うし

 

かえって 負担になるようなことなら

何もしないで 静かに見守ろうと決めたのでした

 

 

  

賢太郎さんが

彼女の産まれた場所を聞いてくれ

産土さんに お詣りに行きたいから

ふたりで その神社にお祈りに行ってきました

 

その場に行くまで

どんな祈りが出てくるか わからなかったけれど

  

出てきたのは。。。

「 この人生で 思い切り やりたいことをやっていく

それが 何のためにもならなくても

何の役にも立たなくても

人から評価されるようなものでなくても

本当に 深いところから

やりたい と 感じることをやっていく

深めていく

彼女と その仲間として 友人として

ともに切磋琢磨していけますように 」

と 手を合わせていました

 

 

  

  

 

彼女は 手術の予約だけ入れて

前々から決まっていた

インドでの10日間のヨガ瞑想を深める学びの旅に

旅立っていきました

 

それは とてもとても深い体験だったみたいで

 

帰国後

美子さ〜〜〜ん これから

しばらく籠る前に

会いたい!

自然の中に連れて行って〜〜〜!!!

と 連絡があり

一緒に 阿蘇へ行ってきました

 

以前 住んでいたところの近くの

自然栽培の農家さんのお店に行き

 

美味しいものを食べ

美しい雑草たちを眺めながら散策し

おしゃべりし

たくさん 笑って・・・・・

 

 

わたしは 一緒にいる間

一瞬たりとも

彼女のことを

癒されるべき人であるとして

ジャッジすることがなかった!

 

そのことに気づいたのは

一日が終わるときで

 

それを 特筆すべきことのように気づいたということは

今まで そのようにジャッジするのが

当たり前であり続けた

という気づきでもあるし

  

同じ地平に立つことで

そこに 感じたことのない循環が起こっていたのは

 

今まで立ったことのない

新しい入り口にいたんだな

と 思ったのでした

 

 

おそらく

このことが 今世の私の

ものすごく重要なテーマなんだろうな

とも・・・・・

  

 

 

 

 

さて 14年前に

癌の手術をした母は

横浜で 順調に年を取りながら

元気に暮らしています

 

 

以前は 母のことを

“ どうにかしてあげないといけない人 ” として

見ていた

その 私の癖は

そのまま 賢太郎さんとの関係に移行して(笑)

そこは わたしの気づきのポイントとして

日々 研鑽中〜〜〜^^

 

本当に 目の前の人と

同じところに立つことができるか

というのは

切実なことだなぁ

と 感じています

 

そして

母のことは

母自身の人生を生きる人として

尊重しながら

遠く 熊本の地から眺めています

 

 

 

 

さぁ ここまで

言葉にするのに

思いのほか 時間を要しましたが

 

これで 前に進めそう

 

 

満月に向かって

絵を仕上げていきます

 

 

 

ここまで 読んでくださって

ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

採集生活

  

_MG_5029.JPG

  

 

臭木

クサギ

 

この 青い実で

青い染めができます

 

 

 

_MG_5037.JPG

 

 

ちょうど

志村ふくみさんと 石牟礼道子さんの対談の本

『 遺言 』

を 読んだところでした

 

この本の中に

クサギで染めた青

みはなだ色について

出てきていて

 

志村ふくみさんは

この色のことを

藍でうすく染めた水浅葱ともちがう
得もいえぬ天井の色
とし
「天青(てんせい)の実」
という詩を書いておられる
 
うわぁ いいな〜〜〜
 
 
 
うちの近くには
この クサギが けっこう沢山はえていて
実りの時を迎えている
 
染のことなど なんにも知らないままに
台所のボウルを持って
採ってきてみた
 
枝の高いところのも
手の届くところから手繰り寄せると
おもしろいくらいに
採れる採れる
 
あぁ 道行く車から見たら
わたしヘンな人だよな
 
あそこの奥さん
変わってるな
へんな移住者だ^^
 
まぁ いっか〜(笑)
 
 
 
調べてみると
みょうばんを使って色止めするといい
ということがわかり
スーパーで 漬物用に売ってるのを
買ってきて
 
ただいま 台所は実験室と化しております
 
 
シルクの上着 一枚は
どうやら
美しき蒼き衣へと
変身できつつありますが・・・
 
ガクの赤い部分を使っての染は
なかなか
うまくいかな〜〜〜〜い
 
 
これは 来年に持ち越しかなぁ
  
鉄媒染をつくることと
 
コットンの染めには
下準備が必要なことと
 
(あぁ な〜んにも知らなかった!)
 
それらをクリアすべく
また 挑戦してみることとします
 
 
  
このページで見つけたのですが
特定外来生物として
草刈りの時には
目の敵にされてバリバリ刈られている
金鶏菊のお花が
めちゃくちゃ 綺麗な色に染まるんですね〜〜〜!
 
来年の春は
お花いっぱいいただいてきて
染めてみようと思います
 
 
 
_MG_4971.JPG
 
 
いくつか前の記事で書いた
庭の 原種の小豆ですが
 
毎朝 お花が咲き
次々に鞘をつけるので
 
毎日 色づいたものを
順番に収穫しています
 
 
賢太郎さんに
美子は 小豆のことばっかり見てるだろ
指摘されるくらいに・・・・・
楽しい!です
 
 
 
 
こういう採集作業をしていると・・・
 
なんかこう
DNAの中の記憶?
ですかね
 
喜んでるんですよね
 
なんでしょうね
この感覚は・・・!
 
 
 
そして 頭の中には
この音楽がリピートします♪
 
 
 
 
わたしは 縄文土器が好きです 
 
 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

古墳で朝日を浴びながらアーシング

  

_MG_4699.JPG

 

 

夢の中に

ヒーラーの友人が出てきて

美子ちゃん

ダイアモンド

ちゃんと 洗ってあげなきゃダメよ

って 言われて

 

ハッ!!!!!!

 

目覚めて いつも お守り代わりにつけている

ネックレスを

洗いました

 

 

 

制作中の作品にのっけて

日光浴

+

記念撮影

 

 

 

_MG_48413000.jpg 

 

 

さいきん

アーシングしとらんなぁ

という話になり

 

次の日には

日の出前に

和水町内の古墳へ・・・・・

 

ここは いつ来ても

気持ちいい

 

 

 

_MG_4793.jpg

  

 

お気に入りの古墳

丘の上には

二本の大樹が

対になって 立っています

 

 

 

_MG_49423000.jpg

 

 

いつもの朝のワークを

この 朝露に濡れた草の上で

裸足で行える贅沢

 

ありがたや〜〜〜

 

 

 

_MG_4906.jpg 

  

 

日々の積み重ね

コツコツ

それから

時々 ほわっとお休み

の もたらす楽しみ

 

あるとき ふっと訪れる

ブレイクスルーの小さな喜び

 

 

どうしようもなく不器用で

要領が悪い子供時代から

 

美大受験の毎日コツコツデッサンの日々で

身についた

この繰り返しがもたらす恩恵は

 

お利口さんだったら

味わえなかったことのように思う

 

頭で判断してしまえば

そんなこと やる前から結果がわかっていて

馬鹿馬鹿しいじゃん

やってられん

となる

 

本当は その頭で判断することなんて

自分の知ってる範囲での過去のデータでつくった

限界に過ぎないのに ねぇ

 

 

  

才能が ある とか ないとか

そんな言葉に 踊らされてたら

つまらない

 

才能のない人なんていない

 

ただ 最初のコツコツを

楽しめるか

楽しめないか

 

続けられるか

続けられないか

 

やるか

やらないか

 

それだけなのだと思う

  

 

 
_MG_4773.jpg 
 
 
だったら
思い切って
やりたいことをやろう
 
そう思って
日々 生きている・・・
 
 
それを 大きな器で
受け止めてくれている
賢太郎さん
ありがとう
 
 
 
夢を叶えてくれた
おとうさん おかあさん
ありがとう
 
 
 
 
そして こんなわたしの拙い表現ですが
一枚一枚の作品を
大切に受け取って下さり
ありがとう
 
 
 
 
 
 
あれ? アーシングの話から・・・・・
ここまで
話が飛んでしまった!!!
 
 
こんな気まぐれブログを
読んでくれた あなたに
 
ありがとう

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

もりのかみさま

  

_MG_44883000.jpg

  

 

きょうは 大楠のいらっしゃるところへ

 

お祈りに行きました

 

 

 

 

誰かのために 何かをする

誰かのために お祈りする
っていうのは
自己満足のためだと思う
 
でも 今は祈ることしかできない
祈りたい
 
そんな気持ちで
ふたりで行ってきました
 
 
でも 何をお祈りするかは
決めないで
 
その場に立ったときに
出てくるものを
感じようと思って・・・

 

 

 

_MG_4497.JPG

 

 

南と北

ふたつ対になった

もりのかみさまの神社でした

 

海の三女神さんたちも

祀られていて

 

歴史ある いいとこでした

 

 

  

 

 

境内には

大きな樹がいっぱい

 

銀杏がいっぱい

 

秋の恵み

 

  

 

 

さて 今 描いている絵は

小休止中
 
  
実は この絵は
14年前に一度描いて
母にプレゼントしていたもの
  
もう一度
描いてみたくなって
描いていました
 
 
描き始めて
ふと 気づくことがあり
 
いま 新たな支持体を注文しているところ
明日 届くかな
 
 
また さいしょから
祈りを込めて
描き直そうと
思っています
 
  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

収穫

 

_MG_3887.JPG

 

 

庭の 原種の小豆を

収穫

 

はじける鞘が

おもしろくて

遊んでしまいました

 

 

 

_MG_3856.JPG

 

 

ねじねじの鞘

 

乾燥したら

ねじれて

中の小豆を飛ばす

  

 

 

 

_MG_3866.JPG

 

 

原種の小豆

 

二種あります

 

 

ひとつは 鞘が小さく

中味も小さいほう

 

お花は 黄色

 

去年 桂の樹を植えてもらったら

その根元から

生えてきて

どんどん 増えてます

 

ヤブツルアズキ

 

繁殖力強し!

 

 

 

_MG_3812.JPG

 

 

もうひとつは

去年の秋のバンコカフェ

南関町の稗嶋珈琲さんが

売ってた 同じく原種の小豆

 

庭のはじっこに 何ヶ所か

ポンポン 投げといただけで

 

ものすごい勢いで繁ってきてます!

 

こちらは お花が紫

そして 鞘が大きく

中の小豆も大きい

 

 

 

原種小豆の花.jpg

 

 

近くのおじさんが

山の中で採ってきたのを

自家栽培で殖やしたのを

もらって 殖やした

という話でしたが・・・

 

“ 原種の小豆 ”

ネットで調べて出てくるのは

みな ひとつ目の

黄色い花のほうばかり

 

 

この 紫の花のは

もしかして

ものすごく レアなのではないか???

 
実もおっきいし!
 
花の色も いいし!!!
 
 
 
_MG_3693.JPG

  

 

ちょっと わかりにくいけど・・・

この写真の奥のほうに咲いてます

 

ほかの お花たちと

調和しちゃって

きれいだわぁ

 

わたしは な〜んか

野生 とか 原種 とかが

好きみたいです

 

 

 

原種の小豆

 

おもしろいです

 

 

 

※ 上の話に出てきたバンコカフェですが

和水町の肥後民家村で年に二回 催されるイベントです

 

賢太郎さんも出店しますので

こちらのページを ご覧になって下さい

庭に集まる客

 

賢太郎さんに 直接その場で

メッセージを書いてほしい方は

この機会に どうぞ!!!!! 

 

  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

台風一過 秋分 走馬灯

 

_MG_3726.JPG

 

 

台風一過で

キラキラ

気持ちいい朝でした

 

  

 

_MG_3758.JPG

 

 

私の仕事場は 縁側です

  

お彼岸の光

 

秋の斜光

 

 

 

_MG_3773.jpg

 

 

庭のブッドリアに

蝶がいっぱい

来てました

 

賢太郎さんが

大好きな アオスジアゲハを

撮ってくれた

 

 

 

_MG_3793.JPG

 

 

この種類は

動きが素早くて

撮るの難しいみたいです

 

蒼だけじゃなくて

鮮やかな赤もきれいなんだ〜

と 写真のおかげで知りましたよ

 

 

 

 

きのうは 朝から博多に出かけてました

 

予定では 夕方から夜までだったのが

台風の接近で

朝から昼までに変更になり

 

そのあと

街をちょっと散策しただけで

さっさと熊本へ帰って来てましたら

 

だんだんと風が強くなり

 

夜遅くには

風の音が怖くなって

雨戸を閉めて寝ました

 

この家に引っ越してきて

雨戸閉めるのは

二回目

 

ここは 雨戸を閉めれば

安心して眠れる程度でしたが

福岡のほうは 風が相当怖かったみたい・・・・・

 

 

 

_MG_3677.jpg

 

 

きょうは 秋分だったですね 

 

 

それが関係あるのかどうかわかりませんが

 

絵を描き始めてからのこと

特に

2011年くらいからのことを

さーっと 思い出してました

 

 

総集編みたいに

俯瞰して眺めるような感じ

 

 

美子 「走馬灯みたいに思い出すんだよ

もしかして もうすぐ死ぬのかな〜?」

 

賢太郎 「そんなわけないだろう」

 

美子 「あ! そうだ きっと

古いわたしが もうすぐ死ぬんだね」

 

賢太郎 「うん たぶん そうだよ」

 

美子 「いい加減な返事しないでよ〜〜〜プンプン」

 

 

そぉ〜んな 秋分の碾鷁箸硫駭

でした

 

  

  

 

 

では Hervest Moon の制作に

戻りま〜〜〜す♪

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

根っこの時期・・・ダウンロードする前

 

水滴の付いた曼殊沙華.jpg

 

 

熊本は

やっとこさ 涼しくなりました

 

 

次に描く絵を準備して

しばらく ポケ〜〜〜っとしています

 

この なんもしない時間が大事なのですが

 

あまりにも非生産的なので

長らく

こんな自分を受け入れられず

 

とはいうものの

必然的に必要な時間なので

避けられず

 

結局 受け入れられない

という 無駄な抵抗のために

抵抗しなければ

わりと サラリと過ぎる時間のはずが

かえって 長引いてしまって

余計に罪悪感を感じて

抵抗してしまい・・・また余計に時間が・・・云々

という

悪循環の中に

ずーーーーっとあったんだなぁ

ようやく 今

何が 起こってたのか

前よりも客観的に捉えられるようになり

 

さいきんは

この “ 一見 ”

なんもしてないように見える時間を

力を抜いて 楽しめるようになりました

 

 

  

 

きょうは きのう

牧場直営のお肉屋さん(熊本には多い)で見つけた

意味なく太っ腹に半額だった

スペアリブを ことこと煮込みながら

このブログを綴っています

 

こういう時間も大事

 

私にとって

ブログは 言葉にすることで

自分を整理する時間でもあり

 

 

・・・・・あ こんな拙い文章を

いつも 読んで下さり

ありがとうございます!

 

 

 

 

虫食いパンチ.jpg

 

 

ここ 熊本の家に引っ越してきて

広い庭を 自由に使えるようになり

 

大好きな 宿根草の草花たちを中心に

植えていると

 

植えたばっかりは

おっきくはならないけど

 

しばらく 見かけは変わらなかったのに

二年目になって

急に 大きく枝葉を広げて繁りだしたり

(ときには なんと三年目に それが起こったり!)

 

そうなると

多少の暑さや 乾燥にも

まったく動じなくなる

 

その姿を眺めるのが楽しくて嬉しくて・・・

 

ところで 実際は

何が 起きてるのかなぁ???

って・・・・・思うようにもなりました

  

 

 そして

地上では なにも変わりばえがないように見えてるとき

 

そうか! 地下で根っこが育ってたんだ!!!

ってことに
気づきました

 

  

 

 

でね そういうのを日々

見ているうちに

 

あぁ そうか

わたしも なんもしてないようで

根っこを育ててるんだから

これで いいんだ!

って
受け入れられるようになってきました
 
 
 
  
それから もうちょっと
自分の感覚的なことを 突っ込んで言うと
 
いつも 絵を描く作業は
ダウンロードしている
という感じです
 
 
なんか もう
どこか 別のところでは
(見えないんだけど)
完成しているものを
こっちに ダウンロードするような・・・
 
そういう感じがあって
 
だから
その 向こうで “ 完成したな! ” っていうのが
こないと
たとえ こちらで下描きのスケッチがあったとしても
本当には 始められない
 
そこの順番を
とっても大事に感じているんです
 
 
こっちで 焦って
もしくは カッコつけて
もしくは 辻褄合わせに
なんか 作業をはじめても
それは 無駄な抵抗として
順当な流れに 竿さして
邪魔しているに過ぎないんだな
 
 
そう 物事には順番がある
 
根っこが育たないうちに
肥料をばんばん与えて
カタチだけ おっきく育っても
病気になって
農薬かけんとならんことになるように・・・
 
はやく どうにかしたい
と 思っても
どうにもならない
 
最速にする 一番の方法は
無駄な抵抗をなくすこと
 
 
そして 向こうで完成してから
こっちで 描き始めること
 
順番を変えないこと
 
根っこが先
 
 
  

 

柿の葉さらさら.jpg

  

 

でもでも

その “ なんもしていない ” 様子は

  

まるで
ポンコツそのもの!!!
です
 
 
わたし もしかしたら
このことを 見られたくなくて
長らく 結婚できなかったのかもしれません
(う〜〜〜ん いや 半分冗談かも・・・わかりません)
 
 
長年 恐れていた
この ポンコツ姿を晒した結果
 
わたしは今
想像を遥かに超えて
愛されていて・・・
 
 
それは 相性の問題が大きいと思います
 
ふつう こんなの
信じられんやろう
受け入れられんやろう
 
 
効率 ∞ 生産的
という言葉からは
ほど遠いところにいる妻
 
そのあいだ 別のことできれば
いい妻なんでしょうけどねぇ
 
外で働けよ
って 言われるよねぇ・・・ふつう
 
それも 難しいのですよ
 
なんででしょうかねぇ
わからないです
 
 
  
 
まぁ とにかく
こんな私ですが
賢太郎さんは 感覚的に理解してくれて
なによりも
面白がってくれています
 
 
そのことで
精神的に 大きく救われてます
 
 
 
 
とまぁ そんなわけで
きょうも 順調に ポンコツです^^
 
そして
おもしろいことに
このことが受け入れられると
逆に
ここに そんなに時間を要しない
という・・・・・!
 
 
わはは
先に 知りたかったですよ
 
過去の私に 教えてあげたい!!!(笑)
 
 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

次の絵に向けて ◎ Hervest Moon

 

_MG_3173 (2).JPG 

 

 

お嫁入り前の作品たち

 

賢太郎さんが 私の作品からのインスピレーションで

制作した フォトメッセージを同封する準備をして並べていたら

 

朝日に照らされて

きれいだったので・・・

 

室内の自然光のみでの撮影です

 

  

 

Crescendo PhotoMessage.jpg

 

 

夫婦ふたりの間での

こういうやりとりを

少しずつ 掲載するブログを作ってます

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

 

わたしの絵を観てると

言葉が出てくるんだそうです

 

それを 彼が撮影した写真に重ねてつくった

フォトメッセージです

  

 

 

夫婦で何かコラボできたらいいなぁ

と 漠然と思いつつ

 

別に カタチだけだったら

やだなぁ というのも

正直な気持ちで

 

例えば

役割分担的なやり方だったら

 

なんというのかな

一方通行な感じがして

コラボって思わないから

 

じゃあ どうする?

っていうのは

方法論では わからない

 

わからなくっていいんだと思うし・・・

 

 

日々の ふたりのやりとりの中に

いろんなヒントがあって

 

今までの人生では

知らず知らずに おざなりになってきてたことが

ふと 浮き彫りになって

驚いたりする

 

そこで 答えを得て

わかったような気分になったところで

 

何かを創ることには

誤魔化しはきかない

 

だから おもしろいんですけどね

 

まぁ 現在進行形ですわ^^

 

 

  

  

_MG_3186 (2).JPG

 

 

次もまた 蓮の絵を描こう

って 思ってたのだけど

 

その前に

もう一枚 月の絵を描きたくなった!

 

 

こんなイメージ〜〜〜

っていうのが 湧いてきたとき

 

Hervest Moon

〜 笑う月 〜

というタイトルが浮かんできた

 

Hervest Moon

意味を調べてみると

 

ちょうど 9月の満月のことだそうで

 

あら 今月 描くのに

ピッタリやん!!!

 

ということで

スケッチして

描く準備をして 並べてたら

 

これまた 朝の光

秋の斜光で

窓辺のクリスタルの虹が

ちょうど スケッチのいいところに当たって

絵の一部みたいになって

きれいだったので パチリ☆彡

 

 

  

 

 

昨晩は こんどは

こんなタイトルで描こうと思うんだ〜

賢太郎さんに話すと

 

いいねぇ

ニール・ヤングか・・・

と 言う

 

聞いてみると

ニール・ヤングの歌に

Hervest Moon があるんだよ

ということで

早速 ふたりで聴いてみた

 

わたくちの英語力では

ハーヴェストムーンのもと 一緒に踊ろう

って 感じのこと言ってるな

くらいしか わからなかったので(笑)

 
和訳の歌詞を検索
 

これですね^^

 

 

長年 連れ添ったカップルの

愛溢れるハッピーな歌であることが わかる

 

 

あぁ なんか

絵の持ってる ハッピーな感じと

かぶるなぁ

ええなぁ〜

ええやん〜

と 嬉しい

 

 

  

 

 

今朝 印象的な夢を見て目が醒めたので

早速 夢判断で調べてみると

 

どうやら

パートナーとの関係に進展

という意味があるらしく・・・

 

えぇ! あの夢が

そうなんですか? と 意外で笑えた

 

夢の中には 賢太郎さんが出てきてて

その内容を話すと

(賢太郎さんが車から下りて よその人と拳骨で喧嘩!)

一瞬 不安そうな顔をしていたのですが(笑)

どうも 意味的には反対のことみたいで
隣で ホッとしていた朝
 
 
進展 と言ったら
日常的には だいたい仲良くやっているので
 
やっぱり コラボのことかなぁ
と 思う
 
 
そう 昨晩は
次回の京都での計画を立てたところです
 
これも ひとつのコラボと言えるかもしれませんね
 
このことについてはまた
次の記事にて・・・・・

 

 

 

 

ホントは この記事では

制作に入る前の仕込み部分について

書いてみようと思ってたのですが

 

ちょっと 違うところに着地してしまいました^^

 

なので

このこともまた 別の記事で・・・・・ 

 

 

 

  

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon