『 Serenity 』(Findhornで描いた絵の販売)

 

serenity-l.jpg

  

『 Serenity 』

2002年作

 

 

 

Findhorn で 描いた絵の紹介シリーズ

三枚目です

 

ほかの二枚の絵の記事で紹介したような

感情解放の嵐の中

 

ハートの奥の静けさを

感じて

描いてみたくなり

 

出てきた作品です

 

 

 

今 この絵を眺めていると

 

このときにしか描けない絵だなぁ

 

表現は稚拙だけど

いい絵だなぁ と 思います

 

 

ここには もう戻れないけど

このピュアさを いつでも思い出していこう!

 

 

 

 

   

 

この作品にも

夫の賢太郎さんが

詩を書いてくれました

 

 

 

そう 扉は

無限に続いているのでしょうね・・・・・

 

道は 続いている

 

 

  

 

この絵は販売します

ご縁ある方の元へ・・・

 

  

  

 

serenitypart-l.jpg

 

 

水彩紙にパステル

 

絵のサイズ  31cm × 41cm

 

 

 

33,300円

(額装代込み)

 

 

 

この作品は お嫁入先が決まりました
ありがとうございます

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

  

『 悲しみよ こんにちは 』(Findhornで描いた絵の販売)

 

hello-l.jpg

 

『 悲しみよ こんにちは 』

2002年作

 

 

スコットランドのコミュニティ

Findhorn に 住んでいたときに描いた絵のシリーズ

 

二枚目に紹介する この作品は

悲しみの絵 です

 

 

これは

ひとつ前の記事で紹介した

怒りの爆発のあとにやってきたもの

 

長い間 抑圧してきたものだったので

涙が止まらなくなって

とにかく 泣いていました

 

思い起こせば

それまでは 何があっても

笑顔で大丈夫!

って がんばるのがデフォルトになってましたからね

 

大丈夫じゃないときに

大丈夫じゃない 助けて

って 言えなくなってた

 

そんな自分が 抱え込んでいたものが

涙とともに

どんどん崩壊していくようでした

 

 

そのとき 泣いてばっかりだった私に

仲の良かった

デンマーク人のお姉さんが

 

あなたは 絵が描けるんだから

その悲しみを 絵にしたらいいんじゃない?

描いてごらんよ って

 

その一言で

ハッとして部屋に戻り 描いた絵が

この作品です

 

 

胸の中の悲しみを

そのまま 感じるままに

描いてみたら

 

ただ 美しい!

と 思ったし

 

不思議と この絵の中に

たくさんの希望が見えたような気がしました

 

 

この経験は

怒りと同じく

悲しみも よくないものだ

表現すべきではない と

思い込んでいた私に

静かな変容をもたらしてくれました

 

 

 

 

 hellomessagenew450.jpg

 

  

この絵に

夫の賢太郎さんが 詩を書いてくれました

 

ひとり異国で奮闘していたときの作品に

18年後 かけがえのない家族になったパートナーが

こうして 言葉を紡いでくれるとは・・・・・

人生 何が起こるか わかりませんね

 

  

 

この作品を 販売します!

ご縁ある方のもとへ・・・

 

  

 

hellopart-l.jpg

  

水彩紙にパステル

 

絵のサイズ  31cm × 41cm

 

 

44,400円

(額装代込み)

 

 

ご購入のお申込み 及び お問い合わせは

こちらの メールフォーム から

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

  

なごみきもの教室

 

 

『 Explosion 』(Findhornで描いた絵の販売)

 

explosion-l.jpg 

 

『 Explosion 』

2002年作

 

 

 

スコットランドのコミュニティ

Findhorn に 住んでいたときに描きました

 

縁あって

イギリスの北の果てのようなところにある

その土地に導かれ

コミュニティに住み始めて間もなく

 

どうしようもない

怒りが湧き上がってきて大変!

それは まるで火山の噴火のようでした

 

それまでの人生で抑圧してきたものが

外に出たがって

キッカケとなる出来事を

創り出したために起こる

いわゆる

“ 感情解放 ” です

 

この解放は

まずは 怒りの噴出から始まるんですね

 

抑圧してきたものが層になって

その一番表層を覆っているものが

怒り

 

そのことも

このとき 知りました

 

 

 

そのときの 私は ちょっと

“ 暴れん坊 ” になってましたね

(今も じゃないの?と どこからか声が聞こえてきそう・・・笑)

 

でも そんなとき

「 Congratulations! 」

おめでとう!って 声かけられるような場所なのです

Findhorn は

 

日本人は おとなしくて目立たない人が多いのに

あなたは 珍しく表現する人だね・・・・・とも^^

 

 

さて そうやって

プンプン怒っている頃

 

瞑想していたときに

このイメージが

ポーーーン!と出てきて

 

右側の脇腹のあたり・・・肝臓のある場所に

しゅっ!と 入って消えたんです

 

 

それを そのまま絵に描いたのが

この作品

 

 

 

 

 

それまでの人生では

怒り=悪

の イメージを持っていたのに

 

出てきたのは

美しくて

そして なんだか かわいくもあり

愛おしい赤

 

 

不思議な気持ちになりました

 

  

 

 

 

 

 

この絵に

夫の賢太郎さんが

詩を書いてくれました

 

 そうか あれは爆弾だったのか・・・笑

 

  

  

 

 

この作品を 販売します!

 

ご縁ある方のもとへ・・・

 

 

 

explosionpart.jpg 

 

 

水彩紙にパステル

 

絵のサイズ  31cm × 41cm

 

 

 

44,400円

(額装代込み)

 

 

 

 

この作品は お嫁入先が決まりました
ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

なごみきもの教室

 

 

お嫁入り前の Yoshiko Art たち ・・・ 番外編(作品販売のご案内)

 

18年前の作品 三枚を販売します

 

 

explosion-l.jpg

 

Explosion

2002年作

この作品は お嫁入先が決まりました
ありがとうございます

 

 

 

 

 

hello-l.jpg

 

悲しみよ こんにちは

2002年作

 

 

 

 

 

serenity-l.jpg

 

Serenity

2002年作

この作品は お嫁入先が決まりました
ありがとうございます

 

 

 

 

スコットランドに

Findhorn というコミュニティがあります

 

そこに住んでいたときに

描いた作品です

 

 

ちょうど前の年

2001年12月21日 冬至の日に

絵を描き始めました

 

それから 次の年2002年秋ごろまで

コミュニティにはキッチンの仕事をしながら滞在し

空いた時間に絵を描いて

暮らしていました

 

 

Findhorn は

“ ミステリースクールの幼稚園 ” だと

聞いたことがあります

 

世界中から

スピリチュアルな目覚めを求めて

たくさんの人が集まってくる場所でした

 

“ 幼稚園 ” の名にふさわしく

そこでは

それまで 社会の中で生きていく中で

抑圧してきた

感情の解放が起こる人が多かったです

 

学びに入る前の

第一歩 という感じでしょうか

 

御多分にもれず

わたしも それまで閉じていたものが

ぼんぼん オモテに出てきました

 

 

 

 

コミュニティ生活の中には

瞑想はもちろんのことですが

ダンスや歌

グループシェアリングなど

ハートをひらいて行う活動が散りばめられてました

 

絵を描き始めたばかりだった私は

イギリス国内で時折開催された

Vortex HealingⓇのクラスに参加しながら

このコミュニティで

自分をひらいていきました

 

 

一枚一枚の絵についての詳細は

それぞれのページ作成していますので

そちらを ご覧ください

 

それぞれの絵のタイトルをクリックすると

個別の記事に飛んでいけます

 

大切に保管してきた絵です

 

これからの学びの資金にします

 

 

ご縁ある方のところで

生かされていきますように・・・・・ 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

なごみきもの教室

 

 

変化に追いつけず・・・・・

 

ずっと ブログを更新できず

え〜〜〜っと これは20日ぶりくらい?

 

友だちに 体調大丈夫?

と 心配されてしまった

 

いやいや 体調はいいですよ

心配かけたなら ごめんね〜〜〜

 

 

 

起こること

それに伴う 内面の変化が大きくて

それに ついていけてないのです

 

そういうのを

文章化するために

自分のために書いているようなブログ

・・・なんですけどね

 

文章化するのが

変化のスピードに追い付かなかった

  

 

それより

絵を描きたかった!!!

 

 

 

  

京都に行ったのが 二月末

 

そこで 何気なく起こったことが

あとからあとから じわじわきてまして

 

そんな目で

完成したはずの作品を見ると

 

あれ?????

なんか 違うぞ・・・・・

と なるわけです

 

それで 手を入れ始め

 

その後

一から 描きなおしになりました

 

 

  

 

自分が

これが 土台だ!

確かなものだ!

と 思い込んでいたものが

 

手をついたら

あれれ〜〜〜? っと

そこには なんもなかった

って

そんな感じです

 

抽象的なこと

言ってますね〜〜〜

 

こういう人だから

絵も 抽象的になるんでしょうね^^

 

 

こういう不確かな感じは

でも

本当は すごくいいことじゃないかな

 

そして

こうなることを

自分は 望んでいたんだな

 

壊したかったんだな

思います

 

  

 

小さい美子.JPG

 

 

なぜだか 貼りたくなった

 

子どものときの写真

 

 

3月生まれの

ボーーーッとした子ども

 

イライラ キーーーーーーッ!!!!! となってた

お母さんとセットで 思い出す

 

子育ては

修行 だったんだろうなぁ

 

おかあさん ありがとう∞

 

 

そして がんばって

生きてきた私にも

ありがとう∞

 

 

 

3000美子梅.jpg

  

 

壊したい

というより

 

削ぎ落としたい

かな

 

まぁ どっちでもいいんですけどね

 

ここは 恐ろしい世界

と 思って

そこで生きるために

必死で身に着けてきたものたち

 

 

  

 

 

そうそう

最近 ご縁の有難さ嬉しさを

しみじみと 感じ満たされることが増えていて

 

あぁ よかったな〜って

思うと同時に

 

今までの あまり嬉しくなかったことを

そのまんま 残念なままに

受けとっていいや

という気持ちになりました

 

どうにかしなきゃ

自分のどこが いけないんだろう

どうして そうなるんだろう

Etc. いろいろ考えてたのが

そういうこともあっていいんだ

と 思えるように・・・・・

 

 

気づけば

どうにかしなきゃ

の 割合が多かったな わたし

  

でも もう いいかな

と 感じているこの頃なのです

 

  

 

 

さて

話は変わりますが

2002年 Findhorn で

絵を描き始めたばかりの頃の作品を

何枚か 手放そうと決めましたので

 

続いて お知らせしていきます

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

なごみきもの教室

 

 

きものの教室を はじめました

 

年末 何人かの方から

同時に きものの着付けを教えて欲しい

と リクエストを頂き

 

ちょっとずつ 始めてみることにしました

 

 

しばらく 絵のほうに集中していて

そのことを ブログに綴る間がなかったのですが

 

このブログでも 紹介します

  

 

 

 

 

 

教室の詳細については

Facebook に グループページをつくったので

そちらで 発信していこうと思ってます

 

なごみきもの教室

(Facebook の公開グループ)

 

興味のある方で

Facebook のアカウントをお持ちの方は

どうぞ ご参加ください

 

 

そして

興味ある方で

Facebook なさってない方は

わたしのほうへ 直接メッセージ下されば

ご案内します

美子へのメッセージフォーム

 

 

 

 

 

まずは 和水町の自宅で はじめています

毎週金曜日をオープンにして

希望者の方に教えるようにしました

 

一回 2,000円

 

 

諸事情で 個人レッスンを希望の場合は

一回 3,000円 とします

 

 

 

 

 

笹島寿美先生直伝の

ひも一本で着付ける方法です

 

着る途中 胸紐は抜いていき

腰ひも一本になります

 

 

笹島先生には 娘として教えて頂きました

資格を取るなどが目的の方には

向かないでしょう

 

それから

ひも一本 で着れることは

とても 着心地がよいのですが

楽に簡単に すぐ出来る

という意味ではないです

 

シンプルなだけに

かえって 細かい仕込みがめんどくさかったり

手の動きなど

覚えるまでは 難しいかもしれません

 

でも ぶきっちょな私でも

コツコツやれば出来たので大丈夫!

 

まぁ そういうプロセスを楽しめる方 

どうぞ^^

 

 

 

 

 

着付けを 教えていこう

と 決めてから

毎日 着ています

 

きもので描いてます

 

家の中で そうじも炊事もしていて

新たな発見が

次々にやってきてます

 

 

そういうことも

伝えていけたら いいなぁ

  

 

あ 上の赤い帯は

京都の如水庵さんで 頂いてきたもの

 

きものは おばあちゃんの

捨てられる寸前だったもの
 
 
捨てられそうになっている
着物や帯が もう
この世の中には い〜〜〜〜〜っぱいあるんですよ〜!!!
 
着れるようになったら
その子たちが
あなたの元へ やってきてくれますよ
 
モノにも 意識があるから ね^^

 

  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

なごみきもの教室

 

 

 

絵が完成 ・・・ 詩の助けを借りて

 

今年 第一作目の作品が完成しました!

 

 

去年から

自分の中で 続いているテーマのような・・・

 

やっぱり 今回も

Maria っていうタイトルだなぁ

 

 

描いている時は

なんだか 今までになかった

絵の展開で

ちょっと不安になったりしたのだけど

 

賢太郎さんに

そのことを話すと

 

いや 大丈夫だよ

だって

途中の絵でも

眺めていると

言葉が出てくるもん

※注 眺めていると言葉が出てきて

詩を紡げるのは よい作品 と 彼は思っている

 

しばらくしたら

詩を書いてくれました

 

 

 

_MG_3269.JPG 

 

はい!これ と

 

メモ紙に書いて

渡してくれた

 

  

 

 

 

そうしたら

この言葉に 導かれるように

絵が 進んでいきました

 

ありがたや〜〜〜〜〜!

 

 

 

 

ずっと 雨が続く天気予報

 

しばらく 作品の撮影はできないので

ここにすぐには 紹介できません

 

そして

今晩は 次のご注文の絵のための電話セッション

 

来週前半は 京都行き

なので

 

間が空きそうですので

しばらく 寝かせておきます

 

私の中で

寝かせておく って

大事なこと・・・・・

 

 

青い絵です

 

 

 

 

描いていて 不安になったのは

今まで リアリティを感じていたことを

同じように 感じられなくなってきて

 

表現が 変わってきているからだと思います

 

 

でも ここで誤魔化さずに

感じていることを

大切にしていこうとしているところ

 

きっと Maria のテーマは

しばらく続くことでしょう

 

  

 


  

こういう 賢太郎さんの助けは

もし 美子のために

美子を助けるために

といって 詩を書いてくれても

かえって 迷惑なだけ

と 感じてしまいます

 

でも

こうして 自然発生的に

出てきたものに助けられることには

ものすごく 幸せを感じています

 

 

最近 やっと気づいたのですが

私たち夫婦が うまくいっているのは

お互いに 自閉気味だから?

 

 

自閉症スペクトラムと呼ばれているような障害は、実は障害ではない。

生物としての人類のバリエーション(変異)の一つである。

この記事を読んで

気づきました

 

 

一般に言う

冷たい

と 言われるようなこと

 

そこに 何の問題も感じないところが

似ているのかも

 

そして

だからこそ

一緒にいて 違和感がないんだな

 

たぶん

賢太郎さんのような人には

多くの女性は

「なんて 冷たい人」

「私のこと 愛していないのね」

なってしまうかも・・・・・^^

 

でも 私には心地いい

 

絵を描いてる横に居ても

ぜんぜん 気にならない

 

 

 

変人カップルです(笑)

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

  

『 The Rose 』(注文制作の紹介)

  

therose.jpg

 

『 The Rose 』

 

2019年作

 

 

 

 

注文制作の紹介です

 

  

 

 

 therosepart2.jpg

 

この作品は

昨年末のクリスマスの日に

Facebook で 募集したプレゼント企画で

 

Yoshiko Art の作品と

夫である 詩人 賢太郎の フォトメッセージ

同時に制作したものです

 

 

 

 

 

 

深緑の森3000.jpg

  

 

賢太郎さんとは 打ち合わせなしで

ふたり同時に 同じ方に向けて

制作しました

 

 

 

 

わたしが制作した絵のタイトル

The Rose は

ベット・ミドラーの 歌のタイトルから・・・・・

 

描いていたら

ずっと この曲が 頭の中にリピートして

 

 

 

 

これは ローズだな

と 決めました

 

 

 

黒い土の中に育つ

鉱物のような

オパールのような光が見えて

 

そうか

これから地上に出て花ひらく種

なんだな

と 感じて・・・・・

 

 

土の中の 複雑な色合いの中に

さまざまな思いの積み重ねを感じるけど

それは 時に苦しかったり

人知れず流した涙だったりするけど

それらが すべて

無駄ではない

 

豊かさの種 そのもののようで

 

 

 

そこから 地上の龍のような動きには

まだ カタチも色も定まらない

自由さや

 

土の中で育んでいる色が

これからを色づける

絵具箱のようでもあり

 

 

唯一

絵の下部の青は

深海の青

 

上部の緑は

風や樹々の緑

 

具体的な色として

受け取りながら 描いていきました

 

 

 

そして 絵の最後の仕上げに

一番下の ゴールドのラインが

一本 入りました

 

それで この絵は完成

 

 

どうしても

この一本が必要

 

そんなラインでした 

 

  

 

 

 

theroseinframe.jpg

  

 

今回 同じ方に

ふたりで同時に 作品を制作して

お届けすることができて

 

同じ人に 繋がるんだけど

それが

それぞれ 違う角度からで

 

ふたつ 合わさって

立体的になるような

そんな なんともいえない

面白さがありました

 

 

 

 

こういうことまた

やってみたいんですが

 

ご希望の方

いらっしゃいますか?

 

メッセージフォーム

いらっしゃったら こちらからメッセージくださいませ

 

 

  

 

今回は ハガキサイズの私の絵と

2Lサイズのフォトメッセージでした

 

 

これは コラボっていうのも違う

なんでしょうね〜〜〜

 

まぁ 受け取る方の ご希望あってのことかな

と 今は考えています

 

何か あ!ということを

思いついたら また

企画するかもしれませんが・・・・・

  

 

 

 

therosepart1.jpg

 

 

今は 新しい絵を制作中ですが

静かな だけど大きな変化を感じながら・・・・・

 

ちょっと 今までと違う感覚が

出てきてます

 

というか

正確には 削ぎ落とされてきてます

という感じかな

 

 

 

そんなことしながらも

絵以外のことも

着付けを教え始めることになってきてたり・・・

 

そのことも

追々 綴っていこうと思います

 

  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

  

『 Maria 』(新作の紹介)

 

maria.jpg

 

Maria

 

2019年作

  

 

 

年末に 友人に描いた絵を紹介します

 

タイトルは マリア

 

 

  

いつだったでしょうか・・・数か月前・・・・・

ハッキリと 夢でメッセージを聞きました

 

「 黒いマリアと 青いマリアが

ピンクのマリアで ひとつになった 」

  

あぁ これは 絵に描くやつだ

と 思いました

 

  

 

ときどき 夢でハッキリとキャッチしたものを

絵に描くことがあります

 

見て すぐに描けることもあるし

一年くらいかかるときもある

 

今回のは

時間がかかるやつだなぁ

と ボンヤリと感じました

 

 

課題だけ与えられて

とりかかる糸口はなく

全体は ボンヤリとしたまま

 

 

こういうときは 焦らず

しばらく寝かせておくしかない

 

そんな覚悟でいたのですが

 

 

ふと ある友人に描くことが

次への糸口に繋がるような

そんな気がしたのです

 

 

  

 

maria.jpg

 

 

いま 大変なことが

自分の身にも 家族の身にも重なって

そのことに

真正面から向き合い

受け止めている彼女へ・・・・・

 

愛が 底力となって

溢れている

 

その姿に

 

 

描かせてほしい

 

それが

夢で見た マリアに繋がるから

 

 

そう感じて

プレゼントしました

 

 

 

 

あまりにも 大変なことが

我が身に降りかかった時

 

なぜ???

と 何かのせい

誰かのせいにしたくなる

 

そんな人間の弱さを 我がうちに認めながらも

 

それを振り切って

よし! 正面から

立ち向かってやろうじゃないか!!!

と 全力で奮闘した

そんな 彼女の姿への

尊敬の気持ちを込めて

 

  

 

 

美幸さんメッセージ.jpg

 

 

その 同じ友人へ

夫の賢太郎さんも

プレゼントに

フォトメッセージを制作し

 

わたしの描いた絵と一緒に

渡しました

  

 

これって 偶然なんですが

色合いが 似ているでしょう

 

 

 

そういえば

私の描いた絵からの

インスピレーションで

賢太郎さんが フォトメッセージを書くことはあっても

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

こうして

同じ人に対して

それぞれの作品を制作したのは

はじめてだね!

 

こういうの

すごく いいね〜〜〜!

と なりました

 

 

それで クリスマスに急きょ募集した

次の作品へと続きます・・・・・

 

この作品については

次の記事にて 紹介します

 

  

 

 

 

賢太郎さんのフォトメッセージは

10月の彼女の誕生日に合わせて 制作していたもの

 

その後

彼女の状況の あまりの展開の厳しさと慌ただしさに

渡す機会を逃していました

 

本当は 実物を先に渡したかったのだけど

その大変な出来事が起こった時に

 

咄嗟に この作品の画像を

メールで彼女に送っていたのでした

 

 

そんなことが起こるとは

思いもしていなかった時に書いたメッセージ

 

けれども

さすがの前向きな彼女も

最悪の結果を想像して

それに押しつぶされそうになった瞬間

 

賢太郎さんのメッセージに

救われた・・・・・!

そこから 底力が出てきたの・・・!

と あとから感謝されました

 

 

 

賢太郎さんに

このフォトメッセージを

制作してほしい方は

いま 11,000円で承っているそうです

(写真のサイズは A4・額入り)

 

こちら 賢太郎さんへのメッセージにて

お問合せ・お申し込みくださいませ

メッセージフォーム

 

必要なのは

書いてほしい方の フルネームと顔写真だそうです

 

 

ちょうど 新しい年も明けて

大きな変化を感じる この頃

ご自身の指針となるような言葉が

出てくるかも・・・!

 

 

もうすぐ満月

 

美しい夜空とともに。。。

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

  

『 My Home * My Place 』(注文制作の紹介)

 

myhome.jpg

 

『 My Home * My Place 』

 

2019年作

 

 

 

 

myhomepart.jpg

 

 

年末に納品した作品の紹介です

 

 

 

よく やったね!

持ち主の方を ねぎらうような

  

おうちに帰って眺めたら

ホッとして

元気が出るような絵

 

自分の中の

還ってこれる場所

 

そんなことをテーマにした絵が

出てきました

 

 

 

 

一枚一枚の絵のテーマは

本当に 多様です

 

ご依頼をいただいて

あらためて繋がって見ていくたびに

そう 感じます

 

 

この世界のエッセンスの一端と繋がり

それを感じて 表現すること

 

こうして絵を描くことで 人と繋がることが

わたしは 大好きだし

 

大袈裟な言い方かもしれませんが

魂の望み とでも言うべきものだと

感じています

 

 

去年あたりから

わたしの制作は

注文制作中心であったところから

自分から出てきたテーマで 自由に描くほうに

自然に 移行しつつあります

 

結局 それでも

人と繋がることに変わりないんだな

というのが 今 実感していることです

 

不思議と 描いたタイミングで

どなたかが

「これは 私の絵だ!」と感じて

購入して下さる ということは

そういうことなんだろうな

と 思うからです

  

 

そんな中

こうやって

ご依頼をいただき 描かせてもらえることは

とても幸せなこと

 

ありがとうございます

 

 

 

myhomecenter.jpg

  

 

  

この作品は 2013年に

お母さまへ プレゼントする絵を

ご依頼して下さっていた方からの

二回目の ご依頼でした

 

今回は ご本人のための絵

 

6年ぶりの ご依頼

 

とても 嬉しかったです!

 

 

 

  

 

myhomeinframe.jpg

 

 

絵を 納品してからの

ご本人との メールのやりとりも

興味深い話題が いっぱいで

とても 楽しいです

 

 

そこで送っていただいたもののひとつ

 

映画「野生のエルザ」の主題歌で

『 Born Free 』という曲の動画と

歌詞の日本語訳を 貼り付けま〜す♪

 

 

 

時々 賢太郎さんに ムツゴロウさんの真似で

野生動物みたいに

ワシワシ体を撫でられる美子です^^

 

なんでかなぁ。。。。。

 

 

 

 

 

生まれながらに自由

風が吹くように

草が成長するように

あなたの心に従うことに自由であれ

自由に生きよう

すると美があなたを包み込む

世界はまだあなたを驚かせる

星を見上げる度に

自由でいよう壁があなたを分けない場所に

あなたは波のうねりのように自由

だから隠れる場所は必要ない

生まれながらに自由

人生は生きる価値がある

しかし唯一の生きがいは

あなたが生まれながらに自由であること
 

 

  

 

 

 

年明けからの忙しさが 落ち着いてきたので

次の作品へ着手し始めていて

 

更新が遅くなっていますが

年末年始の作品を

続けて 紹介していこうと思います

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon