一周年を迎えました

  

一年前の 1月31日

夫である賢太郎さんは

何年も続けていたアルバイトを辞め

詩人としての表現活動に

専念し始めました

 

  

卒業記念20170131.jpg  

賢太郎さんが最後に通勤した日に

記念に贈った花束と共に・・・・・

 

  

このときのことは 一年前のブログに

旦那さんの卒業 と パートナーシップの新たなはじまり

 

 

 

IMG_3252.JPG

 

卒業と門出の記念の花束は 直感で

青紫と黄色のコンビネーションをオーダーしました

 

 

  

一年前の時点では

じゃあ バイトを辞めて

どうやって 詩人の仕事で生計を立てていくのか

なにも 先が見えないままでした
 
けれども
何も わからなくても
まずは 辞める!
覚悟を決める!
新しいスペースを空ける!
 
それを先にやらないと
次の展開はやってこないと感じて
 
当時 躊躇気味だった賢太郎さんに
とにかく いいけん
やめろ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!
私のほうから発破をかけ けしかけて・・・・・
 
でも どうなるかは
本当は わからないから  
私も 内心ドキドキでしたが
 
この一年 思いもかけない展開の連続で
道が拓け
 
 
おかげで 一年
本当に よくやってこれたね〜〜〜!
健闘を称え合いました
 
 
ある意味
結婚記念日だった 12月8日より
ふたりにとっての 本当の始まりの記念日な感じです
 
 
apple.jpg
『 創造のりんご 』
2006年作
 
 
 
この一年を振り返り
ふたりで いろんなことを話しました
 
 
私は 結婚してから
事あるごとに
「 〜〜いい 」って
賢太郎さんの口から出るたびに
  
本当は 何がいいの?
「 〜〜いい 」じゃないの???
って
聞き返すようにしていました
 
それは ほんの些細なことでもそう
しつこいくらいに・・・・・!
 
何を食べたいか
何を飲みたいか
どっちに行きたいか Etc.
そういう 日常の小さなことの積み重ねが
とても大事だと感じていたから
  
そのことの “ 本当の ” 意味が
正直 さいしょは よくわかってなかったんだけど
さいきん ようやく わかるようになってきたよ
って しみじみ 言われました
 
  
 
「 〜〜いい 」っていうのは
周りを慮って 調和したつもりでも
ハラの底には 不満を溜め込んだ不調和な状態
 
自分を粗末に扱うことでもある
 
自分を粗末に扱う人は
本当には 人を大切にはできないし
人からも 大切には扱われない
 
結果 産みだした作品も
粗末に扱われ
いよいよ 怒りを溜め 世界を呪い
悪循環の引き寄せを繰り返す
 
 
 
そんなことを偉そうに言ってた私ですが
 
もちろん 上の言葉は
そのまま 私自身に還ってくる言葉で
 
この一年
自分の持ってる癖
パターンというのでしょうか
 
賢太郎さんをサポートする という名目で
彼の領域に 踏み込みすぎたのではないか
それは
心配から 人をコントロールしたがる自分でしかなかったんだ
ということを
嫌というほど 見ることになりました
 
 
本当は 何がしたいの???
っていう問い は
私自身への問い
 
 
不安からの行動をそぎ落としていったとき
一体 何が残るのか?
 
本当の望みに正直に生きているのか?
 
私こそ
何が したいのか?
 
  
 
applecenter.jpg 
 
 
あらためて
このタイミングで
そんな問いを し直すことができるのも
こうして 日々
ふたりの生活が 充実し
満たされるものだから
 
  
 
賢太郎さんとのコラボについては
 
賢太郎さんが “ できない ” から
私がやらなきゃ
って思って やってたのは
全部 ストレスになっちゃうので
やめちゃいました
 
やらなきゃいけないからやる ”
っていうのを やめて
 
やりたいこと
だけ やろうって決めたら
とても 楽になった
 
と 同時に
なんてことはない
 
賢太郎さんが “ できない ” んじゃなくて
 
私が 彼を “ できない ” 人にしてただけだったのね
という現実が
目の前に 映し出されてきました
 
なんだ〜〜〜!
やれば できるじゃん
 
っていうか
わたしが 余計な手出しをしないほうが
すごく いい〜〜〜エネルギーで
流れていく(笑)
 
 
おかげで
ふたりのコラボである
自分の立ち位置が 明確になって
スッキリ!
 
逆に ここのところは
ガッツリ いきますよ
ってところが 見えてきました
 
 
  
あと 肝心の
わたしの絵の制作のことですが
 
もう こちらは
出来上がってきたものを
見ていただくしか ありません〜〜〜
 
 
なにが 出てくるのでしょうか
 
私にも わかりません
 
 
ただ もう
出てくるまで やるだけです
 
月は満ちたし
時も満ちています
 
 

 

∞◎∞ 

 

  

 

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  
 
  
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

 

10円ハゲ と バーコード

 

_MG_6226.JPG 

 

こ〜んな澄ました顔してますが・・・・・

 

実は 年末

10円ハゲを発見!!!!!

 

めちゃくちゃ ショックでした!

 

産まれて初めて・・・

 

これって ある日 突然できちゃうんですね???

 

出来た場所は

なんと! おでこの生え際から3センチほど上の

ど真ん中!!!!!

 

目立ちすぎ!のとこです

  
今まで おじさんのバーコードって
いさぎよくないよなぁ
思い切って 剃っちゃえばいいのに!
なぁんて 思っていた私が
 
分け目を ずらして
ハゲを隠し ホッとしているのです
 
あぁ ごめんなさい。。。
 
 
しばらくは ショックで・・・・・
そして そんな私を見る賢太郎さんは
もっと しんどそう
 
妻が そんなストレスを抱えなきゃならないなんて
自分は なんてダメな夫なんだ・・・・・みたいな
落ち込みようを見て
わたしも 落ち込む という(涙)
 
 
それにしても
なんのストレス???
 
・・・って 考えるまでもなく
わかっているんです!
 
なかなか
自分の絵に取り掛かれないストレスだってことは・・・
  
 
去年は 絵の制作はのんびりで
賢太郎さんに甘えさせてもらう日々
・・・であったと同時に
 
二足のわらじで バイトをしながら
ずっと 路上詩人としての活動を続けてきた
賢太郎さんが
詩人としての制作活動で
本格的に独立するのを
サポートする日々でもありました
 
自分の活動や作品を紹介して
必要とする方々とのご縁を繋ぎ
お仕事のカタチにしていく
ということでは
ちょっとばかし先輩だった私
 
何をするにしても
“ 立ち上げ ” の時期って
ものすごいエネルギーを使うんですよね
 
だから
去年は かなりのエネルギーを
賢太郎さんのサポートに費やしました
 
そのことには なんの悔いもありません
 
よ〜やったと思います
 
そして
賢太郎さんも すごい勢いで進化
横で それを眺めるのは
と〜〜〜っても 楽しかった
 
 
しかし 子育てと同じで
子離れのタイミングがやってきたんだと思います
 
それが ちょっと前の
 
ここで もう 気づいていたんです
もう それ終わりだよ〜って
 
あぁ それなのに
わかっていながら
もうちょっと!
あと これだけ!
と やってしまったんですね〜〜〜〜〜
 
賢太郎さんの 新しいお仕事の告知づくり
↓ 
 
 
なんで やっちゃったの???
 
  
わたし自身が 不安だから
  
それが 本当の理由
そして
不安からやることなんて
ほんっと〜〜〜に いかんのにねぇ
気持ちいいエネルギーじゃないのにねぇ
 
あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぁ・・・・・
 
 
ものっすごい ひーひー言いながらやって
疲れ果てて
そして 10円ハゲです
 
身体は なんて正直!!!!!
 
 
実は・・・・・
一つ前の記事に書いたのですが
 
元旦のお詣りで
さいごに出てきた願いって
 
「 賢太郎さんを信頼して
頼れるようになりたい 」
だったんです
 
 
それって ホントのところは
 
“ 自分を信頼したい ”
だし
“ 宇宙を信頼したい ”
 
つまりは
いい加減 あなた 肚くくんなさいよ!
っていう
私自身から私自身へのメッセージ でした
 
 
なんかもうねぇ〜〜〜
 
いろいろ言い訳してからに
一番 望むものの周辺を
うろちょろしてる場合じゃないですね〜
 
 
ど真ん中 いきます
 
 
そう決めてからの
賢太郎さんの変わりようを眺めていると
 
YES!
間違いない
 
ホント ね〜〜〜
すべては自分次第
 
気持ちが とっても楽になりました
 
そして
賢太郎さんから
何かを始めて 身に着けていく喜びを奪っちゃってたんだね
ってことにも 気づく・・・・・
ごめんなさい!!!!!
 
 
_MG_6220.JPG 
賢太郎さんが 元旦につくってくれた朝ごはん
ただの悪妻か それとも10円ハゲ効果か???
はじめての土鍋で炊くご飯 お味噌汁も!
と〜っても 美味しかったです^^

 

 

          

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  
   
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

 

満月から新月にかけて あぶり出された本音

  

∞ めおとわごう ∞ 展

が 終了したのが

12月4日

満月

   

そして 明日は

12月18日

新月です!

 
その間の 二週間・・・・・ 
お借りした作品を返却したり ポートレート撮影に行ったりしながら
激しく 噴火したり 泣いたり 暴れたり  なんだか 大騒ぎな日々でした
  
∞ 
自分の体感 と 出てきた内容を眺めてみて
あ これは 子宮が爆発したなぁ!  という 感じです
 
いやぁ  今回は なかなかに 激しかったですが
おかげで 出てきました  
本音!
 
そして おもしろいことに そんな私に つられるように
なかなか 本音を出さない賢太郎さんまでもが 出しました!!!
本音
  
何が 起こっていたんでしょう と  振り返りの儀式 = ブログ(笑)
  
いろんなことが 作用しています
おそらく 天体の影響なんかも あるんじゃないでしょうか(ある・・・らしいですね^^)
  
それから たぶん・・・・・ 玄米酵母液 の作用も!
 
作り方が ニューバージョンになっているのは 知っていたのだけど
なかなか 講習会に行けてなくて
展覧会 終わってから やっと 11日に 行けたのですが
行ったら  謎に 腰がズン!と重たく痛くなり・・・
 
バージョンアップした酵母液に  早速 好天反応かぁ
 
う〜〜〜ん どうしたものか  と 思っていたら
タイミングよく  こころり庵の 真美さんからメッセージが・・・
 
「 あした 空いてたら  賢太郎さんに 作品プレゼントしてもらったお礼に
cocororian の 直伝レイキ と  moon33 の インスピレーションアート を
ふたりに プレゼントするよ〜 」  とのこと! 
ありがたく 受け取ることに・・・
 
真美ちゃん靈氣600.jpg
  
ふたり それぞれ 真美さんから 靈氣を流してもらいながら
わたしは 痛かった腰に重点的に 流してもらって・・・・・
   
森の月アートトリミング.jpg
   
傍らで  森の月 美幸さんが  私たちふたりへの インスピレーションアートを制作
  
∞  
このときの 真美ちゃんの流してくれたエネルギーが たった 30分だったんだけど
子宮に溜まってたものを 大きく動かしてくれて・・・・・
  
ますます 痛くなりました(笑)
 
こころりあんコラボ600.jpg
 
素敵な絵をプレゼントしてもらえて  本当に ありがとう!!!!! 
の あとの・・・・・ 
次の日の 大噴火!!!!!!! でした
  
そして これは  ある意味 お決まりのことなんですが
怒り炸裂!  のあとは 悲しくなって もう 泣きじゃくりましたよ
(怒りの下に 隠れていた悲しみや寂しさが出てくる・・・)
  
わたし 疲れてるんだな・・・・・?
友だちの助けもあり  ようやく そこで自覚出来て(笑)
 
次の日は 美味しいものを食べに (作品の返却のおかげなんですが・・・)
そして そのあと 近くの貸切風呂に2時間ゆっくり入り〜〜〜 と
ちょっと日頃しない贅沢をしてみました
   
 
そんなこんなで ふたりでゆっくり過ごしながら いろんな感情を吐き出し 
吐き出しながら いろんなことを 賢太郎さんと ふたりで話し合い
 
結局のところ  さいごに出てきた わたしの本音は
わたしは もっと絵を描きたいんじゃ〜!!!!!! でした
 
肚から 出てきたそれは もう ゆるぎない野太いものでした
 
この一年 長期休暇モードで 超スローペースで制作 賢太郎さんに甘えまくって
しかし それと引き換えみたいにして
いつのまにか  “ いい奥さん ” に 収まろうとしていたのかしら・・・
 
けれども 夫をサポートする妻 というところに  役割が “ 固定 ” されてしまうのは
どうしても無理〜〜〜!だったようです
子宮大噴火!!!!!!
そこんところは  ふたりで いっぱい 話し合いました
  
話し合った末  出てきた 賢太郎さんの言葉 
“ お互いが自立して  やっと サポートが成り立つんだね ”
そのまんま  ホント そうだなぁ です
  
それが  ふたりで ストーンと肚落ちしたのが わかりました 
大騒ぎした甲斐があったってもんです(笑)
 
∞ 
そして 賢太郎さんから  出てきた本音は・・・・・
好きなことして お金いっぱい稼ぎたい!  でした
  
なかなか  きれいごとの奥にある本音 って  出てきづらくて・・・・・
いや 皆さんに喜んでもらえればいいです とか
だから 無料でもいいです とか
ちょっとだけでいいです とか
気持ちわる〜〜〜〜〜いですよね^^
  
おもしろいことに わたしの噴火の余波を受けてか
賢太郎さんも 出せるようになってきてますよ 
イエ〜〜〜〜〜イ!!!!!!!
 
新月前に 本音のあぶり出し 
なんか スッキリ  いい新月を迎えられそう
   
スタン族ふたり600.jpg
   
わたしの固定観念にある “ いい奥さん ”
  
生まれ育った家庭で見てきたもの  社会で よいとされていると認識したもの
そんな さまざまなもので  形づくられてきた それ 
私はわたし 関係ない って  思ってるつもりでも  大きく影響を受けているんですね
  
こういう 自分の持ってる激しさって あんまり すごいから
やっぱ 独りじゃないと無理なんだわぁ って  それこそ固定観念で決めつけてたけど
 
ふたりになると 相互作用で よりパワフルに
変容の力も倍増するんだな
 
たいへん!・・・・・だけど やっぱり おもしろいなぁ
そして  愛されてるって 幸せだな  と 感じています
 
このまんま いつのまにか 我慢を積み重ねていたら
賢太郎さんを  どんどん ダメ夫にするのも 簡単だったなぁ と 思いますが 
我慢強くなくって 忍耐強くなくって  よかった〜^^
 
次に描く作品は 注文制作の絵
もう イメージは出ています
テーマは みちしるべ なんです
この絵の準備でもあったかな
 
しっかり  みちしるべ が 観えてきたところで・・・・・ 
新月には 意図を書き換え
いらんものは バッサリ切って  次に 進んで行きます
  

       

   

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  

   
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

  

ふたりで歩く道

 

 

日曜日 地元の夜のイベントの帰り

真っ暗な夜道を歩きました
 
入り口のゲートが閉まったため
車を停めた場所まで
回り道しなくてはならず
 
夜の古墳群のまわりを
かなりの距離
 
 
 
こうやって
なぜだか 山の中だったり
不思議な場所だったりを
一人で歩く羽目になることが
多かったなぁ・・・・・
 
暗くなって
心細い道を
 
賢太郎さんと歩きながら
 
そんな過去のことを
思い出していました
 
  
 
一人で 暗い夜道を歩くときは
とにかく怖くて
はやく この時間を切り抜けることばかりに集中して
ほかにはもう
何も見えない
感じられない
 
自分の心臓のドキドキ
ハーハーはずむ息だけが
聞こえる
 
見えない恐怖に
追われるように
泣きそうになりながら
歩いていたなぁ
 
  
 
それが 横に
賢太郎さんがいる
それだけで
こんなにも心強く
気持が温かく
 
時折 通り過ぎる車のライトに照らされる
瞬間の景色を頼りに
 
ふたりで
ズンズン歩いていくのが
 
不思議に面白くなる
 
いつもは 車で通りすぎていたその道を
新鮮な気持ちで味わいながら・・・
 
歩くことそのものを
楽しんでいる自分に静かな感動を覚えました
  
 
    

紅白ダリア600.jpg 

 

 

さいきんの私たちは

前のブログで 記事にした ように

出来心ではじめた

ホメオパシーの摂取を

 

その後も

思いつくまま 順番に

続けていました

 

 

賢太郎さん

エメラルド → ターコイズ → アメジスト → ローズクオーツ → レインボウ

 

わたし

レインボウ → ムーンストーン → ルビー → ラピスラズリ → レインボウ

 
 
ポコポコと いろんな蓋が開いて
いろんなことが噴き出す私の傍ら
 
比較的 静かでおだやかに見えていた
賢太郎さんでしたが
運転中に ふと怖くなる・・・・・
見通しのよい新しい道
バイパスや自動車専用道路などの
気持ちよくスピードに乗れそうな道で
身体が固まってしまい
異常なくらいに減速してしまう
 
そんなことが頻発し始めました
 
 
恐怖の蓋が開いちゃったんだな
と 思い
わたしは 横で見守ることにしました
  
 
人生が スムーズに展開していくことへの恐怖
まるで
アクセルとブレーキを
同時に踏むような・・・
 
そんなメタファーも感じました
 
 
 
そんなある夜
賢太郎さんの口から
「 自分は 〜〜したい 」
という言葉が出てきました
この時の 〜〜したい
彼が 自分自身につながって
ハートからのそのままを
言葉にしたものです
 
わたしは 賢太郎さんの
彼自身の中から出てきた
本当の 〜〜したい
を はじめて聞きました!
 
今までの彼だったら
そう自分で感じるより先に
でも 〜〜だからしょうがない
〜〜なんだし Etc.
って 正統な思考で諦めて押さえつけて
言葉にする前に飲み込んでしまっていたことです
 
 
内容は・・・・・ごめんなさい
とてもプライベートなことで
ここには書けないようなことです
 
でも・・・・・長年の家族の問題
ということことだけ
ここでは説明しておきますね
 
 
 
賢太郎さんに限らず
男性が
このようにハートをひらいて
本当の 〜〜したい
を 言葉にするのは
珍しいことです
(表面的にペラペラしゃべることが出来ても・・・)
 
わたしは それを聞いて
涙が流れてきました
 
そして 精一杯出来る限りの協力をするよって
話しました
 
 
そうなったら
私は 行動が速いです
 
彼の思いの実現に向けて
テキパキ動きますよ〜!!!
 
その傍ら
賢太郎さんは ぶれることなく
ハートにつながって
黙々と ある手紙を書きました
 
これ以上ない というくらいに
クリアに 自分につながって
そのままの言葉を紡いだ手紙
 
 
 
これは 究極の先祖供養
だと 思いました
 
何代にも渡って
積み重なってきた
ある ひずみが
その末端にいる賢太郎さんから
 
オセロの盤が
黒から白へ一斉にひっくり返るように
(白から黒へ でも一緒ですが・・・^^)
 
一瞬で書き換えられる
(時間軸は幻)
 
 
そして そこに
光が サーーーーッと差し込む
 
そんな手紙を
彼は書いたんだな
と わたしは感じました
 
 
 
おめでとう!!!!!
 
私と一緒になってから
さまざまなことが
立て続けに明るみに出て
(わたしの役割だから しょうがない・・・)
 
それを受け取るのは
とても きつかったと思う
 
でも 賢太郎さんは
逃げずに
こうして 自分をひらいていくことを
選んでいます
  
 

  

よこがお600.jpg 

 

 

先に 究極の先祖供養

と 書いたけど

 

これって 究極の開運法でもあるんだろうな

 

 

こうして

賢太郎さんは

また 自分を大きくひらき

成長・発展していくことでしょう

 

現実が 後からどんどん

ついてくると思う

 

 

 

それと同時に
わたしも 自分自身の 〜〜したい
を 思い出していて
 
それは・・・・・
 
好きなことをして
食べていけて
仲良く暮らして
それで幸せだったら
いいじゃない?
 
いやいや
そのためだけに
生きているんじゃない
ってこと
 
もっと 奥から出てくる
言葉にできないものがある
 
そのことを思うと
涙が出てくるのです
 
 
だから
ずっと 一人じゃないと
無理なんじゃないか
これは 一人で歩む道なのか
思っていたけど・・・・・
 
 
今 それは
ふたりで歩む “ 道 ” になっています
 
 
だからこそ
いろんなことを
ないことにして
蓋をして
予定調和だけでは
進んで行けないのですが
 
賢太郎さんとは
なぜか やっていけそう
 
この道を 並んで歩いていけそうです
 
 
 
 
 
賢太郎さんとのコラボです
お申し込みの締め切りは
10月31日です

 

 

       

   

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  

  
  
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

  

    


 
  


http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!

 

夫婦でのコラボが予想外のカタチで始まっています

 

 

数か月かかって制作した絵が

きょう ようやく完成した
 
ご注文いただいて描いた絵です
 
  
タイトルは
描きはじめのときから
どうしても “ アルテミス ”
出てくる
 
けれども
理由は わからない
 
そもそも
アルテミスとは
なんでしたっけ???
 
  
こういうことは 時々あることで
 
理由がわからないから
別のタイトルを
“ 考えて ” も
結局は 嘘になってしまうから
 
わからなくても
最初の ひらめきに
従うよりほかない
 
  
さきほど Wikipedia で調べてみて
“ 植物の豊穣や多産を管掌する地母神としてのアルテミス崇拝 ”
という言葉を見つけ
 
やっぱり
これでいいんだな
と 確認したところ
  
こちらの作品は
納品しましたら
このブログにて
紹介していきますね 
 
 
 
作品制作に
いつも以上に
時間を要したのは
 
夫である
新しく始めたことへのサポートが忙しくなったから
 
というか
最初は サポートのつもりだったのが
だんだんと ふたりのコラボへと
変化してきているから
 
 
このことについて
ブログに書きたかったのだけど
 
作品の完成までは
あまり 文章を綴る気が起きず
 
ちょっと このブログは
放置気味になっていました
 
 
  
賢太郎さんが はじめたこと とは
前にも このブログで紹介したことがありますが
 
のことです
 
 
なぜ これが始まったかというと
 
そもそも
人物撮影は苦手だ と
思い込んで敬遠していた賢太郎さんが
 
私の写真を
なんとなく 撮ってくれるようになり
 
それが あまりにも素敵だったので
 
ここに 美子へのメッセージを書いて〜
私から お願いしたのがキッカケ
  
  
  
その 書き下ろしの写真 ↑を
Facebook で 紹介したところ
思いのほか 好評で
  
私の写真も撮って
メッセージを書いてほしい
友人から頼まれ
やらせてもらったところ
 
  
賢太郎さん本人が
おもしろくなってきて
 
もっと いろんな人を撮ってみたい
ポートレートにメッセージを
書き下ろしたい
 
そんな思いが溢れ出し
 
モニターさんを募集したのが
はじまりです
 
 
  
モニターさんは
女性の方が中心で
はるばる本州から ここ九州熊本まで
来てくださる方も多数
 
賢太郎さんの撮ってくれる
自然体の美しさがいい
 
そして 彼の書く
シンプルながら
深いメッセージを
求めていらっしゃる
 
 
皆さんが 口をそろえたように
賢太郎さんは
まるで 空気のように
ジャッジなしで
何も無理強いすることなく
寄り添ってくれる
 
そこがいい
と・・・・・
 
  
  
さいしょは
撮影現場までの
運転手のつもりだった
 
日常生活の中での運転は
ほぼ 賢太郎さんに頼りっぱなしなのだが
 
賢太郎さんは
ひとつのことに 異常な集中力を発揮するタイプ
 
撮影の前後に
運転するのは危険
 
と 判断した
 
 
だから
現場に行っても
 
これは “ 彼の ” お仕事なんだから
私は 邪魔にならないように・・・
と 気を使いつつ
 
そこに居るようにしていた
 
 
 
けれども
ちょっとだけサポートのつもりだったのが
 
今 必然と
ふたりの
コラボになってきている
 
 
  
このことについては
 
さいしょ 正直
ちょっとばかりの葛藤があった
 
なぜかというと
自分の今までの常識
というか
こうあるべき
という観念とは
 
全然 違った方向だったから・・・・・
 
  
私の作品は 私の作品
彼の作品は 彼の作品
 
私の仕事は 私の仕事
彼の仕事は 彼の仕事
 
そこの境界線を
崩しちゃいけないんだ
思っていたので
 
 
とまどいました
 
 
 
∞ 
  
 
その とまどいを
解いてくださったのは
 
7月に ポートレート撮影に
カップルで来てくださった
おふたり
 
陽子さんと光平さん
おふたりでワークショップやセッションを行われています 
↓ 
 
  
別に お二人に
何か 相談したわけでもない
 
お会い出来た時間は
撮影とその後のランチの
わずか数時間だけ
 
そのあいだ
4人で
他愛のない話をしただけなんだけど
 
 
ただ 一緒にいるだけで
言葉を超えて
インスパイアされるものがあった
 
 
一言で 言ってしまえば
 
これで いいんだ!
って・・・
 
その時 自分に起こりつつある変化を
肯定できてしまったのだ
 
  
 
 
会うだけで
いいものを与えてくれる二人
 
いいなぁ
 
私たちも
そうなりたいんだなぁ
 
それが 究極の願いだったんじゃない?
 
 
いつのまにか
そんな風に お祈りするように
なっているじゃない???
  
そのときのイメージは
∞( 無限大 )
 
1 + 1 = 2
じゃなくて
1 + 1 = ∞
 
そうなったらいいなぁ
って
思っていました
 
 
 
と ここで 話は変わりますが
 
数日前
おもしろい夢を見ました
 
 
朝起きて
賢太郎さんと 神棚にお詣りしているときに
ふと 思い出し
 
ノートに図を描いて
説明したのだけど
 
 
夢の説明600.jpg
 
↑ こんな図形が出てきて・・・
 
賢太郎さんが 縦の無限大 8
 
わたしが 横の無限大 ∞
 
 
賢太郎さんのは 深さ
 
私のは 広がり
 
 
8 + ∞
 
ふたつが ひとつになって
大きく繁栄してく
 
 
そんな夢
見たのでした
 
( これは 絵にしたいです〜! )
 
 
確かに
 
一点集中型の賢太郎さんは
目の前の方に一心に向かい
無心なって撮影するのですが
 
わたしは
視野広く
撮影ポイントが
瞬時に 見えてしまう
 
考えなくても
全身がアンテナになって
身体が 自然に動いてしまう
 
時には 動かないほうがいいことも
察知する
 
 
また
お申込みから撮影までの
メールでの細かいやり取りは
私が担当するようになり
 
あぁ もう
ここから セッションがはじまっているな
という感じ
 
それぞれの方の
さまざまな思いを
受け止め
ほぐしていく・・・
 
これは
深める作業 というよりは
脇を固める作業
 
 
このことを
わたしが担当することで
 
賢太郎さんは より
先入観に捉われずに
ニュートラルなまま
その方に出会い
深く観て 感じていくことが出来る
 
また 時には
撮影中
インスピレーションに従って
一緒に 叫んだり 踊ったり 歌ったり
太鼓を叩いたり・・・・・
などなど
 
まぁ とにかく
ポートレート撮影は
とても おもしろい
セッション そして セラピーと
なってきました
 
 
 
それが
楽しいのです!
 
これまで
わたしの積み重ねてきたものと
賢太郎さんが積み重ねてきたものが
 
無理なく
ひとつになって
 
そこから
喜びの輪が広がっていくのだから
 
こんなに
幸せなことはないのです
 
 
ふたりのコラボ
 
思いもかけないカタチで
はじまっています
 
 
それがまた
私自身の仕事に
どんなふうに 還元されていくのかも・・・・・
 
楽しみです
  
これから 次のご注文の絵のセッション
そして 制作に入っていきます
 
どうぞ 見守っていてください

 

 

       

   

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  

  
  
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

  

    


 
  


http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!

 

願いが叶ったら旅立つ絵たち

  

  

注文制作で描かせてもらっている絵も

ふつうに 産み出している絵も

 

作品は

わたしの人生そのものだなぁ

って

感じています

 

  

そして

ある時から 気づきはじめました

 

作品は

わたしの “ 祈り ” で

 

その願いが 成就したときに

お嫁に行くんだな

 

 

もう 毎回

作品が売れるたびに

その 完全なタイミングに

 

ビックリしてしまいます・・・・・

 

 

  

musubiayanome4.jpg 

 

 

この作品は

結婚で熊本に引っ越す直前に
お嫁入りした絵です
 
 
『 むすびあやのめ 』 
 
  
香椎宮に パートナーとの “ 結び ” を祈願して
描いた作品
 
数年かかりましたが
やはり 成就したタイミングで
わたしのもとから
旅立ちました
 
 
この絵を描いたときのこと
それから お嫁入りの詳しい経緯は リンク先で ↓ 
  
  
 
 
     
願いが成就するのに 
時間がかかったぶん
途中 なんでだよ〜〜〜?
やさぐれたりもしましたが
 
結局 今 振り返ると
ぜ〜〜〜んぶが 完全なタイミングで
動いていたんだ
わかります
 
何事も 早ければいい
ばっかりじゃないんですね
 
 
願いが成就するにも
必要な手順があって
それが この三次元世界の醍醐味と
言えるのかもしれません
 
それを体感できれば
より プロセスそのもの
今ここの幸せを
味わえるようになりますね
 
 
 
夫である 賢太郎さん との
出逢い と 結び は
 
自分でも 気づかないうちに
 
あまりにも 成就しない現実が辛くて
もう 自分が何を望んでいるか
その願い自体
なかったことにしていたところもあったけど
 
 
本当は わたしの深い深い
魂からの願いだったんだと思います
 
 
賢太郎さんとの結婚直前
 
最後に手元に残っていた作品が
一気に お嫁入りしてしまった
 
という事実が
そのことを表しています
 
 
 
今 手元に残っている絵は
 
konohanarainbow.jpg
 
 
この作品
 
これは まだ
値をつけていないんです
 
なぜ そうしているのかは
今は わからないけど
 
とにかく
まだ 旅立たないで
一緒にいてくれています
 
たぶん しばらく
私に必要 なんでしょうね
 
というか
この おうちに必要なのかも・・・
  
 
 
余談になりますが
コノハナサクヤヒメ
富士山
日本の火山の女神さん
ですが
  
↑ リンク先で 書いているように
この作品の完成と同時に
 
その以前に描いていた
ペレ
ハワイの火山の女神さん
の 絵が
まるで 入れ替わるように
お嫁入りしています
 
 
 
絶妙すぎるタイミングです・・・・・!
 
  
 
それから
 
制作中なんですが
『 アマノウズメ 』
 
これは結婚前から描いているのですが
未完のまま
手元にあります
(未完なので 写真はありません)
 
わたしは 通常
一枚作品を仕上げてから
次に行く
という 制作方法なので
 
こういことは
珍しいのですが・・・
 
この絵は
じっくり 描きたいのです
 
 
 
そして
 
reunisoninframe.jpg 
  
値をつけている
最後の一枚
 
Re-Unison
  
さまざまな体験は

極から極のあいだに


体験がもたらす気づき

気づきがもたらす奇跡に

ありがとう
 
 
  
次元を軽やかに超えて

矛盾が矛盾ではなくなる

そのまま
ともにある世界へ


 
葛藤を手放し
無限のパラレルから
自由に選択していく

二元の統合からはじまる
あらたな創造
 
 
 
実は この作品を
購入ご希望の方
名乗りを上げてくださっている方は
既に いらっしゃるのですが
 
まだ
確定ではなく
 
そのまま 年月が過ぎています
 
 
でね
こういう時って
 
表面的な理由を見ると
それは ご希望されている方の事情で
ということになるんですが
 
  
本当のところは・・・・・やっぱり
私自身の
願いの成就が 完了していないから
 
それが 本当の理由なんだと思うのです
 
 
作品に 値をつけているからには
もちろん 早く
お嫁入り先が決まるに越したことはないのですが
 
実は 本当のところは
 
今は まだ
私自身に必要
 
 
では この絵の願いはなんだろう
今 あらためて観てみると
 
描いたときには
想像もしなかったことですが
 
夫婦和合
 
 
ふたりで
ひとつのことを
ともにやっていくこと
 
  
ふたりのコラボ
成就していくこと
 
  
それだったんだな
思います
 
 
 
ほっぺ600.jpg
 
 
今は そのプロセスに
あるんですね
 
 
どの時点で
願いの成就 となるかは
 
今は わからない
 
  
きっと
そうなったときに
 
あ!!!!! そうか!
感受するものなんでしょうね
 
 
 
いつか 一緒に
作品を創りたいな
と 願いながら
 
じっくり
やることになりそう
 
と言っても
ある日
ふわっと できるんだろうな
感じています
 
 
今は
賢太郎さんの 新しく始めた
 
その ちょっとしたサポート
のつもりだったものが
 
どうやら
これは ふたりでのコラボなんだな
気付いて
 
本腰を入れ始めたところです
 
 
それは
私にとっては
自然な流れで
 
そのままの自分が生かされることでもあり
 
本腰を入れるならば
今まで以上に
繊細に 深く観ていくこと
 
より 謙虚に
己を過信しすぎず
慎重になって
あらゆる方向を観ていくことも必要なようです
  
 
いずれにしても
賢太郎さんとのコンビネーションには
絶妙なバランスがあり
 
これはもう
一緒に やっていくのが
運命だなぁ
確信しています
 
 
 
 
手元に ほぼ 作品がなくなったことで
 
大きな節目だとは
わかってはいたものの
 
以前の流れのままのところから
次に
どう 方向転換するか
 
観えてくるのを
待っていた日々でした
 
 
それは
不安や渇望感を原動力にして
がんばること
を 手放す日々でした
 
賢太郎さんが 与えてくれる
安心に 包容されながら・・・・・
 
 
 
いま 観えているのは
ここまで
 
 
きっと
『 Re-Unison 』
が お嫁入りするとき
全貌が わかるのでしょう
 
 
その日まで・・・・・
 
見守っていてね

 

 

 

       

   

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  

  
  
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

  

    


 
  


http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!

 
いつも ありがとうございます!

パートナーシップ と ポートレート

 

 

モノクロひまわり美子600.jpg 

 
  
これは ちょっと前
柳川の ひまわり園に行ったときに
 
旦那さんの 賢太郎さん に
撮ってもらい
メッセージを書き下ろししてもらったもの
 
あとからあとから
ジワジワとくるメッセージです
 
  
 
そのときのことを
ブログに 書いてくれています
 
 
  
 
彼に 写真を撮ってもらうようになって
 
自分の知らない自分の顔を
知るようになった
 
 
鏡で見る自分
 
それまでの
写真に写る自分
 
ある意味
つくった自分 だったかもしれない
 
意識して
これが “ 私の顔 ”
 
これが わたしの
“ いい表情 ”
 
一番 “ よく見える顔 ”
 
 
そう 思っていたのとは
 
まったく違う表情を
不意に捉えられて
 
さいしょは 戸惑ったけれども
 
 
徐々に
 
そんな わたしの知らなかった
私の顔が
 
好きになっていった
 
 
 
 
自分が
 
これは “ エラーだ ”と思う
 
例えば シミとかシワとか(笑)
 
無意識の表情とか
 
 
どこが エラーだったんだろう
思う
 
 
なんだ
わたし これで いいんだ
 
 
こんな自分を
好きになって
もっともっと 愛されていいんだ
 
 
そう 実感するようになってきている
 
 
 
 
賢太郎さんの
「 ポートレート撮影 + メッセージ書き下ろし 」 の撮影に
何度も 同行して
 
何度も 感動の場面に遭遇した
 
 
何千枚も撮った写真の中から
これ というショットを選ぶ場面も
何度も 見てきた
 
 
 
必ず 数枚は出てくる
 
なんだか わからないけど
これだ!という瞬間
表情
 
 
それは・・・・・
 
私が思うに
 
その方の
外向きの意識と
内向きの意識のバランスが
ちょうど 合った瞬間に
 
出てきているんじゃないか
 
と・・・・・
 
 
これは 私が傍らで
観察して 出てきている仮説ですが・・・
 
 
 
そこで表現される美しさって
 
いわゆる
顔の造形の美醜とか
そんなものを超えた美しさだ
 
 
  
∞ 
 
賢太郎さんの いいところは
ヘンなジャッジメントがないってこと
 
それは・・・・・
天然!ってことでもあるんですが(笑)
 
  
目の前の人に
なにも 無理強いしない
 
 
ただ
その “ 瞬間 ” が起こるのを待つ
ことができるところ
 
 
 
一緒に暮らす人が
 
おもしろいこと はじめているって
ワクワクすることです
 
 
書き下ろしも
どんどん シンプルに洗練されていってる
 
同じ
創作活動をするものとして
こんなに 楽しいことはない
 
 
 
 
 
そんな 賢太郎さんが
 
「 ポートレート撮影 + メッセージ書き下ろし 」
の モニターさんを募集しています
 
第二弾
 
きのう 告知を出して
さっと お申し込みが続きましたが
あと 2〜3名?
で 一旦 締め切るそうです
 
おかげさまで 十分な人数の方からの
お申し込みをいただきましたので
一旦 ここで
募集を締め切りました
 
このブログを読んでの
お申し込みも 何人かいらっしゃったみたいで
とても うれしかったです!
 
あくまでも 上記は
わたしが体験して 感じたこと
 
10人いたら
10通りの感じ方や体験があると思うのですが・・・・・
 
賢太郎さんは
男性の方も もっと撮ってみたいそうです^^
 
求む!
男性の目線でのご感想(笑)
 
また 次回の募集で・・・・・
お待ちいたしております!!!
  
 
ありがとうございます∞
 
 
 
わたしのブログを読んでくださっている方で
もしかして
こんなことに ご興味があったり
今まさに 必要とされている方が
いらっしゃるかも
ふと 感じたので
 
記事にしてみました
 
 
詳細は こちらのブログを
ご覧になって下さい
 
 
 
 
ご縁ある方に
つながりますように・・・・・! 
  
 
  
パラソルのふたり600.jpg
 

 

 

 

       

   

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  

  
  
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

  

    


 
  


http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!

 
いつも ありがとうございます!

 

父の命日でした

 

 
きのう 5月31日は
父の命日でした
 
そして 同時に
私たち夫婦にとっては
初デートの1周年記念日!
 
 
あれから
一年しか経っていないとは〜!!!
 
  
今は こうして
ふたり協力して
あたらしい生活を創造中
 
あまりのスピードでの
自然な馴染みように
不思議な気もするし
当たり前な感じもあり
 
 
一年前は
玉名で彼と再会
会うのは わずか三回目でしたが
 
彼が ドライブで連れていってくれたのは
天水の ゲン山という展望所
 
紫陽花の隠れた名所であり
有明海を望む夕陽スポット
 
父の命日に
父の名前=元
同じ名前の場所に連れていってもらい
 
もちろん 会ったばかりの彼が
父の名前を知る由もなく・・・・・
 
不思議なご縁を感じました 

 

 
  
おとうさん青い蝶new1.jpg

 

↑ 生前の父にプレゼントした作品
『 変容の蝶 』

  

 
 
一年後の今日は
夫婦として
 
太宰府天満宮さんにある
父の納骨堂へお詣り
 
 
父の大好物だったものをつくって
 
そして
大好きだった 日本酒
和水の酒蔵 “ 花の香酒造 ” の美味しいお酒
 
好物のすいかを
お供えして
彼には その場でお酒を
飲んでもらいました
 
 
もし お父さんが生きてたら
会うの怖かっただろうなぁ
 
でも 今だから
こうして 一緒に飲めるのかな
なんて 言いながら・・・・・(笑)
 
 
  
あ そうそう余談ですが
 
太宰府さんの参道に
大好きな工芸のお店があるのですが
そこで 彼が見つけた
琉球のユニークな筆
 
アダンでつくったものを
購入したのですが
 
制作者の名前が
元さんでビックリ!!!!! → アダン筆
  
  
   
おとうさん青い蝶new2.jpg
 
 
お詣りの後は
久々の “ 健康工房かんぜ ” さんへ・・・
 
久々の ウツシを受けました
 
 
どんくらい 久々だったかというと・・・
 
な なんと
前回 ふたりで受けたのは
12月だった!!!!!
 
半年ぶりだったのか!
と 気づきました
 
 
この半年間
 
気が付いたら 行けてなかった〜
 
それだけ
日々を生きることに一生懸命だったなぁ
 
と 振り返ることが出来ます
 
 
逆に言えば
ようやく 今
落ち着いてきたかなぁ
 
 
この 新しい生活
 
さいきん やっと
家の周り
敷地内全部に
意識を広げられるようになったからなぁ
 
 
ひとつひとつの
そういった
小さなことの積み重ねが
 
いま とっても
愛おしいです
 
 
 
太宰府デート.jpg
 ↑ 去年の6月 太宰府さんでのデート
この時 母に挨拶に・・・・・
  
 
きょう Facebook を ひらいたら
一年目に投稿していた記事が
上がっていました
 
このときは 書いてなかったけど
これはつまり
前日の初めてのデートで
感じたこと なのですね〜^^
  
 
きのうは 父の命日でした
 
宇宙のタイミングは完璧なんだね
でも それ わからなくて
世界を呪っていた自分に気づいた...
ごめんなさい
 
Natural Woman は 昔から大好きな曲だったけど
わたしには 無縁な世界 だという
せつなさで聴いていた・・・・・
 
でも 人生は何が起こるかわからないし
もうない って 思っていたタイミングで
それが起こることもあるんだ
 
そのことを 信頼するだけでいい
 
今は そう感じられる
 
ただ 自然に
そのままの私でいていい
  
(以上 Facebook の 一年前の記事をコピペ)
 
 
 
ただ 自然に
そのままの私でいていい ”
 
これが 実感できるようになって
人生が どんどん変化し
今に至ります
 
今は その信頼を
日々 深めていっているところです
 
 
Aretha Franklin の歌う パワフルな  “ Natural Woman ” 
 
 
 
そして その次会う時は
なんと 彼は
当時 福岡に住んでいた母に会いに来ました
 
今でも
なんで あのとき
あんなすぐに
母に挨拶に来たの〜?
と 聞いてみますが
 
彼自身 よくわからない
ただ なんとなく
と 言っています
 
 
まさに お互い
直感で生きてるカップル
 
今も この
なんか分らんけど
なんとなく
で 日々を生きています
 
 
なんか分らんけど
なんとなく 
次は わりと早くに
かんぜさんとこ 行こ〜
と 思う
ふたりなのでした(笑)
 
  
 

       

   

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  

  
  
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

  

    


 
  


http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!

 
いつも ありがとうございます!

甘えるって・・・・・どうするんですか?

 

 

きのう 会った若い友人に

 
いつも ブログやFacebook の
美子さんの記事読むのが好きで
いいなぁって思いながら 読んでるんだけど・・・
  
でも 甘えるって
よく わからないんですよね
 
賢太郎さんに甘えてるって
 
どんなふうに するんですか〜?
 
 
って 聞かれました
 
 
  
甘えるって わからない
できない
 
そんな彼女と 話しながら
 
 
そうそう わたしもかつては
甘えるって よく わからなかったんだわ〜って
 
典型的長女のわたしですから
 
 
だいじょうぶ じゃないのに
だいじょうぶ!
って 平気で言ってしまえる人だったんだわ
 
 
ちょっと 優等生でもあったので
親の期待 というか 夢?を 引き出しておきながら
それを 見事にぶち壊す
ということを していた・・・・・その ぶち壊し部分だけを見ると
まるで 長女的ではないけど
実は そこに
ものすごい葛藤と罪悪感を抱え続けてきたところは
やっぱり 長女 なんですね〜
  
 
 
美子0503600.jpg
 
 
そうそう
ですから
 
お話しした彼女が ですね
 
美子さんは もともと
自由な人だから
 
そうやって 自然体で
甘えたりできるんですよね
 
って 思い込んでいるっぽいのを見て・・・
 
それで ますます
やっぱり わたしは ダメだ〜〜〜!
素直になるなんて 難しい!!!!!
出来な〜〜〜い!
って 思いを強くしているらしき様子を観て
 
いやいや そうじゃないのよ
って
伝えました
 
 
けっこう 時間をかけて
さまざまなプロセスを経ています
 
 
でも あんまり
そういうお話って
シェアすることによって
 
かえって
 
あぁ そうか
こういうことって
かくかくしかじかのプロセスを経なきゃ
得られないものなのね
っていう
いらぬ固定観念を植え付けることにもなり
 
知らず知らずのうちに
誰かに対する
押しつけにならないように・・・・・
とも 思い
 
あまり 出さないようにしていたんですけど
 
 
パフォーマンス前の集中1600.jpg
(里山美術展での大書パフォーマンス前に集中する賢太郎さん
 
  
今朝 目が覚めて
横に眠っている賢太郎さんを眺めながら
 
一緒にいることが
ものすごく楽で自然だし
 
一緒にいて幸せだなぁ
しみじみ感じました
 
 
わずか 一年前までは
誰かが 一緒にいるところで
絵を描くのは
ぜったい無理だろうな
  
だから 結婚は難しいだろうな
 
そう 思い込んでいたのが
嘘のよう・・・・・
  
 
そう 思いました
 
 
そうして Facebook のページを開けたとき
 
ちょうど 一年前の今日の記事が出てきました
 
(以下 コピペ)
 
 

【 我慢できない の 詳細 】

11月まで この家で
母と過ごすことになりました
たぶん この人生では
母と過ごせる最後のチャンスだと思う
横浜に行っちゃったら
もう こんな風に一緒に過ごすことは
難しくなるでしょう

でね
やっとね さいきん
おかあさんに素直に甘えられるように
なってきていて

美味しいご飯をつくってもらえて

おいしいね
ありがとう
って 伝えられる

ようになったまではいいんだけど

ここで 古いパターンが出てきたのよね

おかあさんが
“美子のために”
“夕飯の時間だから”
“ちゃんとしたご飯を”
つくらなきゃ と なってから

そのエネルギーを
身体に入れること自体が苦しいのに

私のほうも
おかあさんが 嬉しそうにつくってくれてる
よかった
ちゃんと全部 食べなきゃ
と 無理するようになって

数日で 身体の我慢がリミットに・・・・・

正直に 伝えました


あのね
前だったら まず
何も感じなかったでしょうね
こんなこと

そして 感じるようになっても
数ヶ月 とか 平気で我慢してたかもしれんね

あと 苦痛を感じる自分を責めたり ね
してたよね
あぁ ずいぶん そうやって自分を苛めてきたもんね


でもね もう
数日でギブアップ!

そして
いっぱい 身体に我慢を溜め込む前に
早めに言えたから よかった


ようやく まともな
コミュニケーションをとれるようになった
んだと思う◎

お互いを気遣うようにしてるようで
じっさいは お互いに首を絞めあっていただけだよね
ってことが わかった

結局は 母だって
長い間 良妻賢母で
父を内助の功で支えてきたけど
もう それをする必要はない

そんな母と
“つくらなきゃいけない“で つくった料理を
食べたら 気持ち悪くなる
へんな娘

もう いいんだよ

好きにして

っていうか
好きにしたほうが うまくいく

っていうのを
母も さいきん いっぱい体験している

もう 古いほうに戻らなくてもいい


わかったよ 美子
教えてくれて ありがとう

もう つくりたいときに
食べたいものを 自由につくることにする!!!!!
って・・・・・


あぁ よかった〜〜〜〜〜〜∞

 
  
 
パフォーマンス後600.jpg
(里山美術展での大書を描き終わった後の賢太郎さん
 
 
これを読んで
 
全国の このブログを読んでくださり
 
もしかしたら
彼女と同じように感じてらっしゃった人たちに
届いたらいいな
と 感じ
 
ブログのほうに シェアすることにしました
 
 
 
一年前
母を相手に 練習していた私を・・・
 
自分が感じることを
ないことにしない
 
そして
感じることを
目の前の人に
素直に伝える
 
そんな練習を 地道に繰り返していた日々を・・・
 
 
 
今も その練習は続いています
 
賢太郎さんを相手に
お互いを鏡にしながら
 
相乗効果で
お互いが 花ひらいていくことを
大いに楽しみながら・・・・・です
 
 
 
 
 
この記事が
誰かの 希望
そして
新しい一歩を踏み出すキッカケになれれば・・・・・
 
 
愛を込めて 
 
 
 

       

   

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  

  
  
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

  

    


 
  


http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!

 
いつも ありがとうございます!

新月に 書いてもらったメッセージ

 

 
新月前
ある小さなことをキッカケに
とてもナイーブになっていました
 
たぶん ふつうには
なぜ そんなことくらいで〜???
ということかもしれないのですが
 
私には
ものすごく苦手なこと
怖くって怖くって
とても心細くなってしまうようなことでした
 
まるで 自分が
無力な赤ちゃんになってしまったように感じ
 
赤ちゃん還りしたまま
旦那さんに
思いっきり 甘えさせてもらいました
 
 
 
あんまりショックだったので
旦那さん = 詩人stan に お願いして
そのときの私に メッセージを書き下ろしてもらったら
 
なんだか もう
ど真ん中に
響くものが出てきました
  
  
   

message + Photo by 詩人stan

 
  
さいしょは
パッと わたしの目を観て
言葉だけを ノートに書いてくれたんですが
 
わぁ これ
このメッセージにピッタリな写真を選んで
そこに 書いて〜〜〜〜〜!
って お願い
 
選んでくれたのは
いつのまにか 撮られてた
わたしの顔
 
ちょっと 恥ずかしかったけど
 
とても うれしかった
 
 
 
素の自分 かぁ・・・
 
なかなか 出せなかったところだなぁ
 
弱い自分
繊細な自分
 
でも 今 こうして
そのまんまを受け止めて
包んでもらえていて
とても 幸せ
 
 
だから 安心して
じっくり 見直していこう
今は それが出来る時なんだな
 
 
 
美子at押戸石600.jpg 
message + Photo by 詩人stan
 
 
これは 今年の一月くらいに
書いてもらっていたメッセージ
 
 
これが オモテ
だとしたら
 
今回のメッセージは ウラ
なのかもしれません
 
 
どちらも
大切な かけがえのないエッセンスですね
 
 
 
 
杉の子600.jpg
  
 
このあと
その キッカケとなった
私にとって ものすごく苦手なことをテーマに
旦那さんに手伝ってもらい
睡眠時間を挟んで
夜と朝
二回にわたって
マッピングをしました
 
∞ 
 
それは ちょうど
潜在意識を掘り下げて観ていく
いい お掃除になったみたい
 
気づいているようで
観ないようにしていた
意外なことが浮かび上がってきたおかげで
新月前のいいタイミングに
ずっと気になっていたことを
断捨離することが出来ました
 
 
 
そして 新月の朝には
 
とてもハッキリとした夢をみています
 
 
それは 緑の泉 の夢
 
 こんこんと湧き出る
美しい緑の泉
 
不思議なことに
その泉は
∞(無限大)の波紋を描きながら
湧き出していました
 
 
 
緑の泉.jpg 
 
 
夢の中では
その泉を もっともっと
澄んだものにしていくのに
 
その先の堰を開いて
おそうじをする必要がある
 
と 感じていて
 
さぁ 今から堰を開けるぞ〜
 
おそうじするぞ〜
 
張り切っていました
 
 
  
 
 
おもしろいことに
その夢と前後して数日
 
何度も連続して
繁栄の女神アバンダンティアのカードが
出てきていました
 
私ばかりか
旦那さんにも同じカードが・・・
 
 
 
緑の泉は
インスピレーションの泉であると同時に
豊かさ泉のようです
 
 
確かに
きのう今日で
堰を開く ようなことが
起こりました!
 
もしかして
この夢とカードのメッセージがなければ
 
何かを失うような
マイナス出来事として受け取ったかもしれません
 
 
けれども 着実に
我が家では
豊かさの概念が
新しく書き換えられるプロセスが
進行中です・・・・・
 
 
ちょっと 楽しみ
  
  

 

       

   

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

  

  
  
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

  

    


 
  


http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!

 
いつも ありがとうございます!