『 Mother 』(注文制作の紹介)

 

motherinframe.jpg

 

『 Mother 』

2019年作

 

 

 

 

mothercenter.jpg

 

 

きのう 無事納品できました

新作の紹介です

 

ハガキサイズで承った

注文制作の作品です

 

 

もう ひと月以上前には完成していたのですが

お客さまの ご希望で

88

8月8日に受け取りたい!

とのことで

 

それまでは 我が家で保管させていただき

きのう 無事

お渡しすることが出来ました!!!

 

 

 

タイトルは

描いていると

これは Mother だな

って
 
浮かんできたままに
シンプルに 名付けましたよ
 
 
 
実は 一年前の同じ日 88にも
別の作品を ご購入いただいた方です
 
去年も
ご購入されてから しばらく間があって
8月8日を 納品の日に指定くださり・・・・・
 
偶然だとはいえ
え!? 今年も!???
 
楽しい気持ち^^
 
 
そして それだけの
強く 深い思いで
絵を迎え入れてくださることから
しみじみ受け取るものがあり
 
 
熊本の方なので
ご注文いただいた6月には
一緒に 美味しい酵素玄米のランチを食べながら
描く絵を決めて
 
きのうの納品は
お互いの中間地点にある
かき氷屋さんで落ち合って
絵をお渡しする
という・・・・・
 
注文制作は 遠方からのお申込みのほうが多く
なかなか 直接納品 という機会はないのですが
 
きのうは いろいろな
雑談を通して
お互いの感じていることを交換し合うのも楽しかったし
 
 
また
ものすごく ありがたかったのは
 
わたしの絵を
どんな思いで求めてくださり
どんな思いで
傍らに置いてくださっているのか
 
直接 詳しく伺うことが出来たこと
 
今までも
メッセージのやりとりでは
たくさんの方から
感想や 想いをいただいていますが
生の声は より突っ込んだところで
お訊ねできるのが よかった!
 
・・・・・というか
 
今 私自身が変化の時だから
こうして いろいろ伺えることが
とても 必要な時期なんだと思います
 
  
ありがとうございます
 
 
 
motherpart.jpg
 
 
去年 この方が
別の作品を購入された時
 
お話を伺っていて
 
私の絵は 持つ人の人生のモニュメント
・・・・・記念碑 みたいなものなのかなぁ
って 感じたことがあります
 
 
でも きのう お話ししてみると
 
“ モニュメント ”っていうのは 違う気がするんですよ
なぜなら モニュメントって過去のものでしょう
 
わたしは この絵は
ずっと 傍らに居て
見守ってくれる存在
一緒に 生きていく
人生の変化と共に 動いていく存在
 
“ 守護霊 ” みたいに感じているんですよ
 
 
 
 
受けとってもらえることで
生かされる
そのことを しみじみと感じました
 
あぁ ものすごく
ありがたいなぁ
うれしいなぁ
思います
 
  
 
 
人には それぞれの役割があり
 
社会の中で
家庭の中で
日々 懸命に生きていらっしゃる方の
裏方さんみたいに
絵が
ちょっとでも お役に立てたら
こんなに 幸せなことはないです
 
 
けれども
どんな立場の方とも
 
人 と 人 として
常に フラットに接していける人間でありたいです
 
 
肩書や 立場ではなく
人と人としての
コミュニケーションを大切にしたいし
その中で産まれる絵を描きたい
 
 
 
そうそう
きのうの “ おしゃべり ” で
インスパイアされたこと
もうひとつ
 
 
このところの
自分が感じてた変化の波って
 
恐れベースからの自分の言動
に対しての 違和感だったんだなぁ
って
 
 
会話の中から
ピン!とくるヒントが降ってきて
 
自分が感じていること
やってきたことへの
構造的な理解がやってきました
 
 
ピコン! 
 
 
 
では 絵の続きに戻ります 
 
  

 

 

  

 

京都での対面セッションのお知らせ

 

Yoshiko Art の 注文制作をご希望の方で

直接 お会いして 絵を描いてもらいたい方

この機会に どうぞ

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

『 Remember 』(注文制作の紹介)

 

remember.jpg 

  

『 Remember 』

2019年作

 

 

 

 

 

 

 

 

remembercenter.jpg 

 

 

無事 納品できましたので

ご注文で描かせていただいていた新作を紹介します

 

 

  

先月 募集した ハガキサイズの注文制作にお申込みいただき制作した

二点のうちの 一点です

 

ちょうど その半月ほど前に

お父さまを亡くされたばかり

ということで

 

Yoshiko Art の作品を

お父さまのいらした実家に飾りたい と

思っていらしたタイミングで

告知を見て 申し込んでくださいました

 

 

電話で お話しして

スケッチしてみると

 

この絵のタイトルは

Remember

だなぁ・・・・・と

 

そして ご依頼くださったご本人への絵だなぁ

 

 

その他

詳細は このブログには書かないことにしますが

 

ご本人が 生前のお父さまから

直接には 受け取れてなかった

あるメッセージを

間接的に お伝えするようなことも

絶妙なタイミングで 起こりました

 

こういうときの

何か 大きな意志で

動かされている感は

やっぱり 不思議ですが

あったかいなぁ よかったなぁと 感じました

 

 

 

 

 

なので

当初は ご実家の亡くなられたお父さまのもとに

飾る予定で頼んでくださった絵ですが

 

ご本人のご自宅にて

 

大切なことを Remember

思い出す象徴として

お手元に置いていただく絵として

受けとっていただきました

 

 

小さい絵で

抱きしめたくなるようなサイズ

というのも

よかったみたいです

 

 

  

 

この絵を描くには

何枚も反故にしながら

たくさん 削ぎ落としていくプロセスが必要でした

 

 

それは

ご依頼主さんに起こっていたこととも

当然のことながらシンクロ

 

私自身の人生でのプロセスともシンクロ

 

 

親を亡くす

というのは

本当の自分の人生を生きる

大切な通過儀礼のようにも感じます

 

 

 

こんな風に お仕事させていただけて

ありがたいです

  

 

 

   

  

  

rememberinframe.jpg 

 

 

額は いつもながら

ピッタリなのが 見つかってしまう

博多の大崎周水堂さんにて・・・

(いつもないのが 絶妙のタイミングで置いてある!)

 

ベルベットのソプラノ

美しい歌姫さんに ふさわしい

 

弁財天さん 市杵島姫命さんをも想起させるような

貝の装飾のものを見つけて

またまた 値段を考えずに

これに 決めちゃった〜〜〜笑 

 

 

 

 

 

ハガキサイズの注文制作

 

もう一点の 『 Mother 』は

ご依頼主さんの ご希望で

8月8日!に納品予定

 

お渡しできましたら

また このブログにて

ご紹介しますね

 

 

 

 

現在 制作中の作品

そのあと

もう一枚 どうしても描きたい絵が出てきていて・・・

 

そのあと

また 注文制作を募集したいと思います

 

 

ハガキサイズは 少し値上げして

55,500円にする予定です

 

理由は サイズの割には

額の値段は 高かったので・・・

(ピッタリなのを選ぼうとすると そうなってしまう^^)

 

 

  

 

8月17〜20日

京都に行きます

 

そのとき 注文制作のセッションをご希望の方がいらっしゃいましたら

メッセージくださいませ

 

素敵な場所と ご縁が出来たので

そちらで お会い出来たらいいな

と 思っています

 

 

日時は メッセージ頂いてから

決めていきたいです

 

 

 

この 京都行きについては

別の記事にて

もうちょっと 詳しく経緯を綴ってみようかな

とも 思います

 

 

ではでは

よろしくお願いします 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

  

 

『 Transformation ∞ 紫の蝶 』(作品販売のご案内)

 

 

 

『 Transformation 』

〜 紫の蝶 〜

 

2019年作

∞ 

 

 

 

 

 

 

 

小品の新作です

 

 

 

 

変容の蝶

 

ゼロポイントを通って

ひっくり返る

 

本当の望みは何?

 

小手先でコントロールしたって無駄

 

流れは 止められない

 

ステージアップのとき

 

 

   

  

 

 

 

この絵は 販売作品です

 

ご縁ある方のもとへ・・・

 

 

 

 

 

transformvioletinframe.jpg 

 

 

水彩ボードに ミクストメディア

  

絵のサイズ :   7.5cm ×   8.0cm

額のサイズ : 18.3cm × 19.0cm

 

38,000円

( 額装代込み )

  

  

 

frame300silver.jpg  

 

※ 額は二か所に破損・修復あり

その点 ご了承いただける方へ・・・ 

 

 

お嫁入り先が決まりました

ありがとうございます

 

 

  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

  

『 ソラフネ 』(注文制作の紹介)

 

sorafune.jpg 

 

  

『 ソラフネ 』

2019年作

 

 

 

  

sorafunepart4.jpg 

 

 

新作の紹介です

 

ちょうど 京都に出発する直前に

発送しました

 

 

広島の方だったので

高速を途中下車して

直接納品したかったのですが・・・

 

そこまでの時間の余裕がなくて

断念しました

 

 

 

sorafunecenter1.jpg 

 

 

下絵のスケッチの時に出てきた

キーワードは。。。。。

 

 

闇を見つめる目

ムーンレインボー

虹のピラミッド

太陽と月の結婚

天の龍 ∞ 地の龍

翼をひろげる

 

 

てんこ盛りで

スケッチは まぁ いいんだけど

実際に絵にするのは

チャレンジだなぁ

って 感じました

 

  

 

sorafunepart5.jpg 

 

 

そして スケッチしながら

タイトルは

『 天空の船 』だな!って・・・・・

 

理由は わからないけど

ハッキリと そう感じました

 

 

でも

ソラフネ にしたのは・・・

 

なんかですね

軽い感じにしてみたかったんですね

 

 

 

sorafunecenter3.jpg 

 

 

制作してみて・・・・・ 

 

 

意外に スムーズに

描けちゃった感あり!

 

面白い絵になりました

 

 

 

sorafuneinframe.jpg

 

 

そして

額装も 個性的なものになりました!

 

額装は 毎回

ワクワクする作業になるんですが・・・・・

 

やっぱり

絵の内容のみならず

受けとる方の個性に合わせて

考えるのが 楽しい!

 

 

 

sorafunepart1.jpg 

 

 

さいきん

絵のお仕事に関して

 

一段 深く あらたに

ハラを括ったせいか

 

ピンポイントで

本当に必要とする方々と

出会えていってる感じがあります

 

 

万人受けする絵ではないことは

確かなので(笑)

 

これは

すごく いいことだと思います

 

 

  

わたしは 

いま 目の前のことを

ひとつひとつ

深めていくのみです

 

 

ありがたいです∞

 

 

 

 

 

 

 

∞ 

  

 

Yoshiko Art 

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

 

『 花の和 』(作品販売のご案内)

 

hananowainframe.jpg 

 

『 花の和 』

 

2019年作

 

 

 

 

hananowacenter.jpg

 

 

しばらくぶりの

販売作品の更新です

 

小品の新作を額装しましたので

蠍座の満月

ウエサクの本日

ご紹介します

 

 

 

ご縁ある方のもとへ・・・・・ 

 

 

 

  

 

hananowaring.jpg 

  

  

時折 描きたくなる

桜モチーフ

  

 

  

友人にいただいた 白いお花とともに

パチリ☆彡 

↓     

  

hananowawithflowers.jpg 

 

水彩ボードに ミクストメディア

 

 

絵のサイズ : 19.0cm × 19.0cm

額のサイズ : 21.8cm × 21.8cm

 

44,400円

(額装代込み)

 

 

 

この作品は お嫁入り先が決まりました

ありがとうございます

 

 

 

  

 

 

 

Yoshiko Art

 

 

 

『 うずめばえ 』(注文制作の紹介)

 

uzumebae.jpg 

  

『 うずめばえ 』

 

2019年作

 

 

 

 

uzumebaepart1.jpg

 

 

ご注文いただいた作品を納品しましたので

ご紹介します

 

 

 

タイトルは

さいしょ “ めばえ ” だなぁ

と 思いました

 

実際は

とても 官能的で

肉感的ともいえる感じがある

この作品に

あえて 植物的な言葉をタイトルにするのは

おもしろいな!

と 感じたからです

 

まるで

お腹の中の胎児のようにも見えます

 

 

 

uzumebaeuzu23000.jpg 

 

 

そして 同時に

どうしても

アマノウズメさんだなぁ・・・と

 

ダイナミックに

官能的に

狂騒的に

大自然そのものになって

踊る女性のイメージ

 

 

だから

“ うずめ ” + “ めばえ ”

“ うずめばえ ”

にしよう! と

決めました

 

 

 

uzumebaenami.jpg

 

 

才能あふれるアーティストの女性

 

写真家の方に

描かせていただきました

 

  

 

 

彼女の個性には

どんな額がいいかなぁ

と・・・・・

 

 

 

uzumebaeinframe.jpg

 

 

ピッタリのもの・・・・・

金属を粗く磨いたもの・・・・・が見つかり

 

通常とは違う

額装方法で入れてもらえました

 

  

そのときの額装風景は → こちら

 

 

  

 

uzumebaeuzu13000.jpg

 

  

描かせていただき

ありがとうございます

 

 

 

 

uzumebaedragon.jpg

  

 

作品は 梱包して

宅配で送りました

 

 

受け取りのメッセージは

その 荷物そのものを撮った

数ショット

 

彼女の手が添えられていたり

 

荷をほどかないままに

彼女に抱きかかえられた

セルフポートレートも・・・・・

 

 

シンプルな構図ながら

愛が溢れていて

深く伝わるものがあります

 

 

 

そして

荷をほどき

作品を 赤ちゃんを抱っこするように

抱きかかえた

美しいセルフポートレートも

送られてきました

 

その姿は

聖母のようで・・・・・

 

 

 

言葉を超える感動で

胸がいっぱいになりました

 

 

 

uzumebaepart2.jpg

 

 

彼女からの

これらの 私的な写真作品群を

大切に 受け取ります

 

 

  

機会がありましたら

この方の 写真作品を

ここで ご紹介できたら・・・

と 思います

 

絵を描く

アーティストの端くれとして

 

彼女から受け取るものは

とても大きく

ありがたいです・・・・・

 

原点を思い出させてくださる 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

この作品へ

夫である賢太郎さん

詩を書いてくれたら

また このブログにて

ご紹介することとします

 

楽しみです

 

 

 

 

Yoshiko Art 

 

 

緑の蓮 から 青い蓮へ・・・・・

 

greenlotus.jpg 

 

 

2007年の作品です

 

タイトルは

『 銀河の種 』

 

 

 

 

さいきん ふと

この作品のことを

思い出す出来事があり・・・

 

  

このまんまのイメージが浮かんできたから描く

いつも それだけ(+α)なので

そこに どんな意味があるか は

私は 考えない

 

受けとられる方が

自由に 受け取って下さったらなぁ

と 思うのですが

 

 

何年も経って

ふと こうして

思い出すことが起きるのが

おもしろい

 

 

 

greenlotuslotus.jpg

 

 

これは 緑の蓮

 

 

で さいきん ず〜っと

なんとなくなんとなく

なんですが

青い蓮を 描きたいなぁ

 

あれ? さいきん???

いえいえ 去年の夏くらいから?

・・・・・でしたが・・・

 

で 大きな額だけ準備して

ずっと 見えるところに置いているのです

 

 

その 青い蓮

この 緑の蓮が

 

なんか 出会った感じ

 

 

つながった

とでも いうのでしょうか ね・・・

 

 

 

greenlotuspart.jpg 

 

 

この “ 待つ ” 時間も

大切だなぁ と 思います

 

温泉が 自噴してくるのを

待つ

みたいな・・・・・

 

そこで 無理やり

掘らない

 

  

 

今は なんでも

インスタントに手に入ってしまうけど・・・・・

 

こういう 豊かさが

わたしは 好きです

 

 

  

もうちょっと

待ってると 出会えそうですよ

 

 

 

  

 

Yoshiko Art 

 

 

『 ゆるし 』(注文制作の紹介)

 

Forgiveness2019.jpg 

 

『 ゆるし 』

2019年作

 

 

  

 

Forgiveness2019center2.jpg 

 

 

無事 納品できました

 

ご依頼主さんのお住まいとの

ちょうど 中間あたりに

移転したばかりの

素敵な お店で・・・・・

 

そこは以前

移転前にも 作品を納品する場にさせていただいたことがありますが

 

移転して ますます

気持ちの良い空間となっていました

 

 

 

 

作品を お渡しすると

涙を流しながら

言葉にならないところに

浸っておられるのを見て

 

静かに

じんわりと

 

せっかくの大切な時間を

頭のおしゃべりで壊してしまわないように

 

酵素玄米と自家栽培のお野菜たちの

美味しいごはんを

ゆっくり しみじみ味わう時間となりました

 

  

 

Forgiveness2019part1.jpg 

 

 

店主の女性が

写真撮りましょうか〜?

って 聞いてくれたんだけど

 

それは お断りして

 

 

涙が落ち着いたところで

ちょっとずつ

制作の間に

お互いに起こっていたことを

シェアし合いました

 

 

 

 

制作中は

ご依頼主さんの情報は

意識的に 入れないように気を付けています

 

今まで いつもそうだったのですが

制作中は

深く 繋がっていて

 

こちらが “ 格闘 ” しているときは

ご依頼主さんにも

何かが 起きていました

 

そこだけ 部分的に取り出してみると

けっこう 大変だったりするので

私が それを知ることで

ブレてしまわないように

 

そういう内容については

前は ブログに書いたりしてたんだけど

もう 書けないなぁ

 

いただいた感想も

ご許可いただけたら

簡単に 載せていたんだけど・・・

 

去年の秋くらいから

あぁ もう それはできない

と 感じるようになりました

 

 

 

Forgiveness2019part2.jpg 

 

 

そして

こういう仕事の仕方については

 

ご本人の 許可が

本当に本当に大事だなぁ

と 改めて感じています

 

深く 潜っていくことを

許可なく やっていいはずはないから・・・

 

本当に 望まれている方に・・・・・

 

大切にしたいことが

ハッキリしてきています

 

 

 

 

それとは別に

もっと 軽くやってもいいんじゃない

という

気持ちも 出てきています

 

エンターテインメント的に・・・

 

たぶん

両方 バランスで

いずれも大事

 

その気持ちは

ちゃんと カタチにしていこうと思います

 

 

 

Forgiveness2019part6.jpg 

 

 

こうやって

絵を描くこと と

絵を ご依頼されることが

ほぼ 同時にはじまって

17年が過ぎ

 

さいしょの頃は ちゃんと

作品を撮影していなくて

途中から 一枚一枚記録に残すように・・・

ナンバーをふって保存していますが

 

いま 見てみると 250枚ほどになってました

 

 

 

 

きょう 賢太郎さんが

「 美子の作品 とうとう

家に 一枚もなくなっちゃったね 」

と ちょっと寂しそうに呟きました

 

「 また 描いてよ〜 」

って・・・・・

(描くに決まってるでしょ〜〜〜笑)

 

いや 正確には 何枚かはあるんですよ

亡き父に描いたの とか

母方のご先祖に描いたの とか

 

むか〜〜〜し

Findohorn で 描き始めたときの とか

(ちなみに かの地は ミステリースクールのkindergardenなのよ

って 聞いたことがあります・・・・・私は卒園者^^)

 

 

  

決して 上手に描けたとはいえない

これらの作品が

 

それでも 一枚一枚が命を持って

お嫁入りしていることは

本当に 有難いご縁だなぁ

と しみじみ思います

 

毎回 一枚一枚にかけているエネルギーは

理性的なタイプの人から見たら

それ 食べれるの?

アホちゃうか?

って 言われそう

 

ビジネスとして

一見 美味しそう と感じて

近寄ってこられる方も

時々 おられるけど

作品の在庫 ほとんどありません

って 言ったら

すーっと 消えていかれます

残念?(笑)

 

いやぁ

へんな “ 付加価値 ” を付けて

売り出されたら・・・・・!と 思うと

これでいいんだと思います

 

  

 

ちょっと 話が逸れてしまいました

 

まぁ とにかく

こうして

不器用な方法で産みだされている絵が

ご縁ある方々に大切にされていることに

あらためて

ありがとう∞ を・・・・・

 

   

 

Forgiveness2019part3.jpg 

  

  

きょうは ここまで

 

読んでくださって

ありがとうございます

 

  

 

 

Yoshiko Art 

  

『 赤い火 』 ∞ 『 青い蓮 』

 

akaihi3000.jpg 

 

『 赤い火 』

2017年作

 

 

 

akaihiuzu3000.jpg

  

 

 

akaihipoem3000.jpg 

  

 

 

akaihihana3000.jpg 

 

 

 

  

 

 

aoihasu3000.jpg 

 

『 青い蓮 』

2017年作

 

 

 

aoihasulotus3000.jpg

 

 

 

aoihasupoem3000.jpg

   

   

    

aoihasupart23000.jpg 

 

 

 

 

たぶん

はじめての コラボ作品

 

夫婦で

あーだこーだ

格闘しながら

制作しました

 

 

 

 

とても大変だったのは

お互いの自立と修練が必要だから

だと思う・・・・・

 

だから

また

やってみたいね!

と 話しています

 

 

それには

俺は これをもっとやりたい!

 

私は あ こういうことしたい!

 

と 浮かんできています

 

 

わたしは もっと

テンポラリーなものに

ひらいていきたいな

感じ始めています

 

 

 

 

  

この絵は 二枚とも

同じ方のところへと

お嫁入りしました

 

ものすごく 尊敬しているヒーラーさん

であり 友人

 

何かあったら

ヒーリングは 彼女に頼もう

と 決めています

 

 

ふたりの始まりの作品?

それは 欲しい!

と すぐにメッセージがあり・・・・・

 

そういえば

わたしの 2001年の最初の作品も

アメリカ人のヒーリングの先生が

奥さんに見せたいから

買って帰国していかれたなぁ

 

 

はじまりの作品って

なにか 特別

 

なんでしょうねぇ

 

エネルギーワーカーさんたちは

そういうのに敏感

 

 

私たちにとっては 

原点になるものだから

大事にしたいです

 

 

 

Yoshiko Art

 

『 ガイアの涙 』(注文制作の紹介)

 

gaia.jpg 

  

『ガイアの涙』

2009年作

 

 

  

 

gaiacenter.jpg 

 

 

ざわめく血の中の

音色は

ひびきわたり

涙に変わる。

 

燃えさかる

太陽の放つ光が

地の底で

爆発したから。

 

 

by       詩人  碾 賢太郎

 

 

 

gaiapart1.jpg 

 

 

お正月三日

おうちで 賢太郎さんと寛いでいるときに

地震が起こりました

 

住んでいる和水町が震源

 

震度4

 

音の大きな縦揺れでした

 

 

幸い 我が家では特に被害

何かが落ちたり割れたりは なかったのですが

 

震源近くは 震度6弱

と 局所的に 大きく揺れた地震だったようです

 

 

今まで体験した地震で

一番 震源に近いもので

 

横揺れは ほとんど感じない

縦揺れ と 大きな音が印象的で怖かったです

 

 

 

予兆としては

前の晩くらいだったか

妙に バキバキっと家が鳴るなぁ

と・・・・・

 

  

そして 子宮がしくしくと

痛みました

 

日頃 生理痛などないほうなので

ちょっと 珍しい

 

なんだろうなぁ
思っていました

 

 

あと 数日前から

立った時の体感として

足が重たくて

ヘンな痛みを感じていました

 

でも 熊本地震の前の時のような

感情的に 集合意識の大波に飲まれて

大声で叫んだり

絵がヘンになっていったり

脾臓が妙にゴワゴワしたり

といった反応は 全くありませんでした

 

淡々として

でも 子宮はヘンな痛み

 

  

 

gaiapart2.jpg

 

 

一口に地震 といっても

いろいろなんだな

と 実感

 

 

今朝 ふと

10年前に制作した この作品を

思い出しました

 

ニュージーランドや南北アメリカなどの

ネイティブの長老の方々と繋がり

お仕事なさっている

日本人の女性の方からの

ご依頼で描いたものです

 

 

遠隔で繋がり

出てきたのは このイメージ

 

 

地球のおかあさんの涙

でした

 

 

 

そして

 

賢太郎さんに 絵を観て

詩をつけてもらおう

と 思い立ち

お願いしました

 

 

 

 

 
    

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon