走馬灯のように・・・・・ここにいてもいい

  

さきほど新月を迎えました

 

 

  

新月前は 身体が不調になり・・・

あれ これは お母さんからのだな

と 感じていました

 

母は もうずっと長い間

定期的にヘルペスで苦しんでいます

 

わたしの感じた

身体の痛み・・・神経の鈍痛のようなもの

は あぁ これは潜んでいた

ウィルスが出てきてる違和感

いつも 母が言ってたヘルペスだな

と わかりました

 

数日 なんとなく不調

・・・で

ホメオパシーやアロマを使い

癒していました

 

そういうことをやっていると

あぁ ホントーに

いろいろと 繋がっているなぁ

と しみじみ感じるのですが

 

例えば ふと目に入ってきて摂った

ホメオパシーのレメディ

アーセニカム(ヒ素) 

は ヘルペスにヒットするレメディのうちの

ひとつなんだけど

 

そこで出てくるキーワードは

ここのところの私に

心当たりのあることばかり

 

特に 死の恐怖

ほんの数日前に ふと感じていたこと

 

こんなこと 今まで思った事もなかったのだけど

わたしが先に 早死にしたら

賢太郎さんのことが心残りで

あぁ こういうのが

成仏できないってことになるのかなぁ

なんて 夜中に想像したりして・・・・・ 

 

  

 

優しい横顔.jpg 

 

 

さいきん

賢太郎さんが わたしを見る時の目が

あまりにも慈愛に満ち満ちていて

 

驚くことがある

 

本当に 愛されているんだなぁ

しみじみ感じている
 
 
 
以前の私だったら
いつでも あっちの世界に行けるようなつもりでいて
 
心残りは 仕事をやり残すこと
ぐらいだったのに・・・・・
 
悲しいくらいにスッキリしていたのになぁ
(そのとき 寂しいという自覚は持ててなかった)
 
 
そうそう アーセニカムは
父が亡くなる前に
死の恐怖で眠れなくなっている時
一粒 口に入れてあげただけで
死へのプロセスが進んだことがある・・・・・
そのときのことは 古いブログに
書いていると思うのだけど
 
 
 
そして 背骨に垂らして
塗りこんでもらったのは
オレガノ の エッセンシャルオイル
 
オレガノ といえば
以前 阿蘇に住んでいたときも
今の家も
一株 植えただけで
ものすごい勢いで茂ってくれる
 
家の周りに生えてくるのは
住んでいる人に必要なハーブってことだよなぁ
とは 気づいてはいたのだけど
このたび あらためて
もしかして
世代を遡ってのヒーリングにも必要な植物か?
と 自覚し直したところです
 
 
ちなみに
タイム が 大好きなんだけど
これは どこで植えても
なかなか大株にならない
 
昔 スコットランドで
通りがかりのおうちの石垣から
大株が繁茂しているのを見て
とて〜も憧れているのだけど
残念ながら 私には
それほど 必要ではないのかなぁ
 
  
 
揺れる紅.jpg
 
 
徒然と綴っております・・・・・
 
こういうことは 止まらなくなりますね
好きなんでしょうね〜
 
 
 
まぁ とにかく
一緒にいる 賢太郎さんには今
甘えています
 
この 甘える
っていうのは
ずっと 私には難しかったこと
 
あしたが 結婚記念日ですが
この二年間
なにをやってたか
というと
それだけの時間をかけて
少しずつ 相手に甘える
ということを
練習してきたように思います
 
ストレートに甘えられたらいいんでしょうけど
ちょっと 質の悪いことに
 
「こんな私でも愛してくれる?」
と 相手を試す
っていうのが 入り混じってます
 
ホントーに質悪いですよね〜〜〜涙
 
  
そのぐらい
私にとっては
相手を信頼して
弱い自分もさらけだして甘える
というのは
自分一人だけじゃない
世代を遡ってのヒーリングのようです
 
 
 
実際 今朝 起きてしばらくしてから
眠っていたときからの続きのように
さまざまなことが
走馬灯のように駆け巡り
 
それは 私自身の
この人生での記憶
・・・主に 母が入院した小学校5年生の頃
その周辺の記憶からはじまり
母のこと
彼女自身 病気になると
いつも申し訳なさそうに
毎回 必ず 医者には入院を断る
なぜなら 家を空けるわけにはいけないから
という 冗談のような話の繰り返しや
幼い時から 私も
身体の不調を母に告げると
不機嫌になり責められるので
怖くて 隠そうとしてしまうクセ
今も 賢太郎さんに
なかなか 言えなくて
どうしても 大丈夫!と言ってしまうのを
訂正しながら 正直に言えるように練習中なこと
 
そうそう ヘルペスを抑圧すると
癌になるんじゃないかなぁ
という 個人的見解
(癌で 即手術が必要と言われても入院をまずは断った母)
 
 
 
 
この
役割がないと
自分の居場所がない
いつも 元気で有能でなければいけない
 
というのが どこから来ているのか
 
グルグルと
母の赤ちゃんの頃の記憶?なのか
一緒になって
出てくる出てくる
 
そんな今朝
 
 
とうとう 堤防が決壊するように
涙がこぼれだし
 
自分の内と外がひっくり返って
 
中から
小さな私が出てきて
泣きじゃくる
泣きじゃくる
 
 
なんか この数か月の総仕上げみたいに
やってきてた身体の不調 からの
涙の大解放の
新月の朝
でした
 
 
 
こんなときこそクンルンだね
夫婦の合言葉になりつつある この頃
(やりたくない時でも どんな時でも まずはやってみようよ の意味)
 
 
泣きじゃくりながら
いつもの朝の行に入っていくと
 
さいしょは
床が 池になるんじゃないか
というくらい 涙がポロポロと
こぼれ落ちていたんだけど
 
じきに
波が荒れ狂う嵐の海から
静かな海の底へと
下りていくように
 
静かな 何もないところへと
いきました
 
これって
感情を感じないように
抑圧するのとは
違うと思います
 
 
表面で 何が起こってても
ずっと 変わらない静かなところが
あるんですよね
 
 
 
まぁ とにかく
たくさん泣いて
少し休んでいたら
新月の時間になり
 
なんだか
スッキリしています
 
 
私が ここに生まれてくるまでの
たくさんの悲しみ
苦しみ
我慢
 
それらを全部 抱きしめ
わたしは ここにいることを
自分に許します
 
 
 
 
さて 新月のこの日
 
そして
明日は 結婚記念日
 
 
これから
夫婦ふたりでのブログを
はじめます
 
 

  

        

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

新月 と 結婚記念日の前に・・・

 

賢太郎さんが

ニコニコする時間が増えました

 

 

∞ 

  

気持ちが軽くなってきたんだね

 

頭禿げてることだって

バイトしながら制作していることだって

自分が思ってるほど

人は気にしていない

 

いや かえって隠すことによって

気を使って

気が付いてないふりをしてくれてる人は

いたかもしれない

(ちなみに私は 気が付いてないふりが出来なくて 出会ってすぐに
突っ込んだ人です・・・・・それが彼をリラックスさせたらしいですよ^^)

 

 

賢太郎さんの告白ブログ
↓ 
 

 

 

∞ 

  

 

けど・・・・・

 

賢太郎さんにとっての世界が

どんどん 優しくなっていること

 

そのことが

素敵だなぁ と思う

 

実際 それで彼を取り巻く現実も

大きく動いてきているし・・・

 

 

 

わたしも 世界が怖い

人が怖い

っていう感覚

よく わかる

 

ずっと 直面し続けてきた思い込みだから・・・

 

表現することを選ぶ魂は

避けられない闇なんじゃないか

 
 
  
わたしは 今 賢太郎さんとの生活で
今一度 世界に愛されていることを
深く深く 確認しているみたい
 
赤ちゃん還りから始まり
いまは・・・小学生くらい???(笑)
 
 
八代 2018.jpg 
 
 
不器用なふたりですが・・・・・
 
こうして
なかったことにして
見ないようにしてることを
 
ひとつひとつ丁寧に感じていって
自分を救いながら
 
この世界に
自然に還元できることを
増やしていくこと
 
 
それが 次の結婚更新の目標かな
そんな話をしています
 
 
結婚記念日は 12月8日
7日が新月だし
次の一年を
宣言するのにふさわしい日
 
 
 
  
 

ひとつ前の わたしのブログの記事で

この9月頃からの

内面で起こっていた葛藤について
綴ってみました
 
 
おもしろいことに
この葛藤のキッカケになったのは
 
わたしが 神さまのように思っている方に
一方的に
神を投影して
 
きっと こんな自分じゃいけない! に違いない!!!
厳しく ダメだししだしたら
止まらなくなったのが始まりだったなぁ〜
 
と 今 ようやく
見えてきてます
 
自作自演の独り芝居・・・!
 
 
わたしが投影した神って
なんですっけ?
 
あぁ〜〜〜 自分の両親ですよ
ホントーのところは!!!!!!!!
 
 
 
わたしのせいで
自分が生きたいように生きられなかった
( ように見えていた )
お父さん お母さんへの
申し訳ない という気持ち
 
 
だからこそ
喜びに生きることが
本当の 両親への愛なんだ
強く湧き上がる思い
 
そのことは もう三年近く前
文章にしていました
 
 
 
このとき 一回
ブレイクスルーしてたはずのことなんだけど
 
 
たぶん
そのときの勢いというか
どうにかしなきゃ! っていう恐れから
ぶわ〜っと やっちゃったことを
あらためて 丁寧に
感じていったように思います
この 数か月
 
これって 賢太郎さんのサポートなしには
無理だったでしょうから
( ありがたいです )
 
 
その締めくくりとなった
青空セッション で
祥子さんが 感じられたことを 
ブログに綴って下さいました
 
  
 

実は 絵をお願いした時

一瞬 頭が『本当に絵をお願いするの?』って

囁いたんです

 

 

いつもの

頭の心配の声が囁いた

 

私が何かを新しいことをするたびに

囁く心配の声

 

 

以前ならそこから

グルグル思考に

巻き込まれてわからなくなっていたけど

   

 

今ここにいて 

内側の私に耳を澄ませたなら

『私は欲しい!』って即答

 

だから

『描いてください』ってお願いしたんです

 

 

そうしたら カラダ中に喜びが溢れて

ワクワクが止まらない音譜

 

 

胸のあたりのモヤモヤも消えて

体中がスーッとして気持ちいいおねがい

 

 

そうそう 

自分の内側の声に従ったなら

こんなに喜びに

満たされるんだって思い出せた

 

 

あぁ 私はこういう

喜び循環をしたいんだな

 

私が絵をお願いして喜ぶ

そして 美子さんが

絵を描くことを喜んで下さる

私は絵を描いていただけて喜ぶ

 

 

自分の喜びが

相手の中の喜びに繋がって

それが広がっていく循環 素敵だなあ

 

 

 
祥子さん ありがとう!
 
この数か月の
私の迷いへの答え
そのまんまに・・・
 
そして
私たち 次の結婚記念日の
新たな一年へのキーワードとなる言葉
いただきましたよ〜〜〜!!!
 
  
喜びの循環が拡がる

 

 

 

 

 

7日の新月に向けての

スッキリ整理期間?

を 象徴するように

 

我が家に隣接する

廃校となった小学校に

大勢の役場の職員?の方々が入られ

たくさんの植栽群を

手入れしてくださってます

 

 

台所の窓から見える

蔦や雑木は

そのまんまにしといてくださいね

って お願いしたら

笑顔で わかりました〜!って

答えて下さいました

 

それらの枝ぶりや

さまざまな葉っぱの入り混じり

紅葉していく様子を見るのが

楽しみだったので・・・・・
 
 
結婚記念日とは関係ないかもしれませんが
 
お庭を 美しい花園にするのが
密かな野望
 
結婚更新にあたり
個別項目に入れたい(笑)

  

 

   

  

        

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

八代のゆかりの場所で

 

美子八代1.jpg 

 

 

さいきん きものの写真が

続きますね〜〜〜笑

 

きものを着るのが

面白くなってきちゃってて・・・

 

この写真は

18日 ですから

かれこれ 10日ほど前のもの

ブログの更新が滞ってました

 

なんだか 忙しかったのです

 

  

 

このときは

賢太郎さんの 詩の書き下ろしのイベント出展で

八代のほうへ・・・・・

 

ご縁を お繋ぎ下さる方がおられ

年に二回ほど 書き下ろしで通っているのです
 
 
八代は わたしが子供の頃
父の転勤で
幼稚園に入る前から〜小学校一年生まで
暮らしたところです
 
それで 懐かしくって
ついていってみたのが 結婚してすぐのこと
二年くらい前でしたが
 
賢太郎さんが メッセージを書いている間
ひとりで 妙見宮さんにお詣りした折
偶然 通りがかりに見つけたのが
この写真を撮った場所
 
南北朝時代の南朝の征西大将軍だった
懐良親王の御陵です
  
清流に隣接し
緑滴る苔むした
とてもとても美しいところで
 
それ以来
八代に行くときには
必ず 参詣するようになりました
 
 
 
この日も イベントの会場へと向かう前に
こちらへ寄り道
 
朝の清々しい空気の中
お掃除をなさっていた
この御陵を お守りしていらっしゃる方と
 
初対面でしたが
いろいろ お話しすることが出来ました
 
 
 
父が 10年前に亡くなる直前
この南北朝時代のことを夢に見たのを皮切りに
どんどん 時代を遡って
さまざまなことを思い出しながら
クリアにしながら
死に向かっていってたのですが・・・・・
 
そのときの 発言や
それをもとに いろいろ調べてわかってきたこと
生前の 父の足跡(住んだところ)
その他 あまりにも符合することが多くて
中には 公には言えないことまで
(全部をここに書くのは 長くなってしまいます・・・笑)
 
諸々 合わせて見てみると
おそらく 京都から九州まで
ず〜〜〜っと この懐良親王にお仕えして
働いた人物が
父の過去生なのかな?
と 推察できます
 
わたしも まぁ とてもとて〜も
関係しているようですし
(たぶん そのときも 父には怒られてばっかり???笑)
 
いま 偶然のように
空き家バンクで よい空き家を見つけて
住ませてもらっている
このお家のある場所も
 
とてもとて〜も
そのことと関係の深い土地のようです
 
 
 
そんなことを
少しだけですが
かいつまんで お話ししただけですが
やはり ゆかりのある方だからでしょうか
 
話が 通じるのが速く
お互いに
あぁ!
と 言葉なくとも
うなずき合ってしまえるような
そんな時間でした
 
 
 
_MG_8119.JPG 
 
 
そして イベント会場へ
 
お客さんの合間に
わたしも書いてもらうのが
恒例になりつつあります
 
この日
私に書いてくれたメッセージは・・・・・
 
 
あなたは
あたたかさ
やさしいものに
包まれて
今の日々を
満たされ
すごす
これからの
未来のこと
も どこかで
安心をして
生きる。
 
 
 
でした
 
 
安心する
ことで
ひらかれてくることって
あるなぁ
と 思っています
 
それは
私の場合は
ひとりでは限界がきていたところを
 
ふたりになることで
思いがけず
ポンっと ひらく感じで
 
とても ありがたいです
 
 
 
さて こうして
過去生のこととか
先祖のこととか
 
実人生を通して
謎が解けていくのは
おもしろいです
 
 
まぁ でも
もっと おもしろいのは
 
解けた先に
んじゃあ
どうしたいの?
どうなりたいの?
ってことですよね
 
 
その探求が続くのですよ
 
今回は
ふつうのオバチャンとして^^
 
ふつうのオバチャン
え〜やんえ〜やん
 
って さいきん
思うのです
 
無駄な抵抗はやめて〜〜〜笑
 
 
お絵描き好きな オバチャンです
(自由に描ける幸せを堪能中^^) 

 

 

 

  

       

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

出会いなおす

 

アッシジのお庭1.jpg 

先週末 Galleria ASSISI の お庭にて

 
  
菊の着物とハイビスカスの帯
 
*+∞∞+*

  

この組み合わせは

完全なる自己満足の世界

 

  

 

  

シンクロ とか 過去からの物語 とか

 

とても 魅力的で

そこに溺れてしまいそうになるけど

 

それで しょっちゅう

何したいんだったか 忘れてしまっちゃうけど 

 

 

まずは 目の前にいる人と

出会っていくことから

 

それは 何より

自分と 出会っていくことに他ならないんだけど

 

 

  

 

こんなこと

サラッと 綴っちゃっていいのかな
と 怖くなる・・・・・
 
言うは易し
行うは難し
典型ですね

  

  

  

  

アッシジのお庭2.jpg 

 

 

このところ 再会が続いています

 

先週は 高校の時の友だちからもコンタクトが・・・!

 

結婚のお知らせも マメにしておりませんが

絵のHPがあるおかげで

そこから 問い合わせメールで

結婚したの?????? と

 

 

久しぶりに 電話で話したけど

熊本ー新潟

 

遺伝子の研究?をしてきた彼女に

タイムリーに ぶっとんだ質問が出てくるのが私なのですが

 

美子のことだから まぁ しょうがない

思ってくれてるんだろうな

ありがたいよなぁ

 
 
それにしても 彼女との間にも
ある物語があるんだよな
 
菊水の紋
 
そのときは 訳わからなかったことが
今では だいぶ謎が解けて
あぁ そういうことか〜〜〜〜という・・・・・
 
いま 住んでいるところが
まさに その続きの場所なんですが
 
その話は しなかったな
 
 
 
再会が もたらしてくれてるのは
さまざまな
物語の続き なんですが
 
そこにばっかり
気を取られないで
 
本当に 出会っていけるか
 
意外に こういう小さなことが
今回の人生の
正念場だったりするんだろうな
 
ボンヤリ 思っています
 
 
 
絵を描いたり
 
賢太郎さんと
ささやかなコラボワークを
積み重ねていくこと
 
結構 今 地味なことを
積み重ねているんですが
 
これも 出会っていくことの
第一歩だよなぁ
 
これが できていることの
ありがたさを しみじみ味わってます
 
 
  
 
  
そして
  
我慢する
とか
耐える
ってことの弊害について
さいきん あぁ そういうことか!
気づきが起こってます
 
癖が強くなるだけ
 
耐えなくてはならないのは
そこに ヘンなベクトルの偏りがあるから
 
それが ゼロになるポイントを捜す
 
そのことに
楽しみを見出しているこの頃です 
  

   

       

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

新月からのスタート

 

草と美子3000.jpg 

 

 

きのう やっと

新作に 筆を入れることができました

 

準備だけはしていたのに

どうしても

はじめられなかったんですが

 

新月前の浄化を経る必要があったんですね

 

 

テーマは ゆるし

モチーフは

白い薔薇

  

 

 

きのうは やっと

はじめられて うれしくて

ピョンピョン 飛び跳ねました!!!

 

 

 

 

 

 

 

  

 

それから もうひとつ

まだ カタチにはなっていませんが

スタートしたものがあります

 

それは

賢太郎さんとのコラボを

発表するページをつくることです

 

  

 

わたしの作品に

詩を書いてもらうようになって

しばらく経ち

 

それが

やがて フォトメッセージへと進化して

 

さいきん

そこに なにか

新しい芽吹き のようなものを感じています

 

 

 

まだまだ 未熟

ずっと プロセスの途上にある

私たちのコラボですが

 

そろそろ

多くの方に 見てもらえる場を

つくる時期かなぁ

感じるようになってました

 

 

 
  
そこで そのページのタイトルについて
どうしても 出てくるフレーズがありました
 
  
それは
賢太郎さんと知り合う前
友人が 一緒にコラボのページをつくろう!
声をかけてくれていたのだけど
実現しなかったものがあり
 
そのとき その友人が
インスピレーションで受け取っていた
タイトルでした
 
 
新月前は
タイトルの件でお許しをもらうために
本当に 久しぶりに
・・・・・一年半ぶりくらいでしたが
疎遠になっていた その友人に
連絡を取ることになりました
 
 
そのことも
新月前の浄化のひとつだったと思います
 
 
 
 
ちょっとずつですが
ふたりの間から 芽が出だしていることを
カタチにしていってみることにします
  
   

  

  

      

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

新月前の 賢ちゃんのつぶやき

 

美子と磐13000.jpg 

 

 

ひとつ前の記事に

綴ってましたが

 

新月前の展開が

すごくって・・・・・

 

その後も

 

複数のことが

連動して

ほどけていきました

 
  
うわっ
すごいなぁ!!!
なんなんだ この数日は〜
と カレンダーを観ると
ちょうど 今朝の夜中に新月◎
 
まさに
新月前の浄化
だったんだなぁ
感心しているところです
 
 
 
日の出.jpg

 

 

同じものを観ている

同じ世界を共有しているようで
 

人の数だけ

異なった視点がある

ということも

今までと ちょっとだけ違う深さで

入ってきています

 

  

 

美子ちゃん 護られてるね〜

よかったね〜〜〜

 

別の視点で見れば

 

あの人 ヤバイ

怖いのが憑いてる!

 

と なるかもしれません

 

 

 
じゃあ どちらが正しいのか?
どこまで いっても
どこにも 辿りつかない
目隠しをしたまま
同じところをグルグルと
彷徨うようなもの なんだな
とも 感じます
 
もしくは
本体は いつまでも寝ぼけているやんか〜
の 状態
 
 
と 分かった風に言いながらも
同時に
やはり どこかで
わたしが正しい
頑なに信じていたいんですよね
まだまだ
 
あぁ!!!!!!(笑)
 
 
 
  
 
さて
新月の浄化が
怒涛に スムーズに
するすると解けたのは
 
タイミングもあるだろうけど
 
美子の 無謀な突っ込み
が いいキッカケをつくったようです
 
あ 無謀な・・・・・
というのは 結局
そのときの 自分の思い込みで
勝手に そう決め込んでいただけなんですけどね
(実際は 思い違いがいっぱいです)
 
だから
横で 見ていた賢太郎さんは
何度も 目を丸くしておりました
 
けれども
この人は 止めても聞かない
って もう分かってるので
 
目を丸くしながらも
生温かく 見守ってくれてました
 
 
そして
驚く展開の連続に
 
一言
 
おれも 今度から
美子みたいにやってみようかな
 
つぶやきました^^
 
 
つまり
本当に望むこと
無難に安全にすます
ことを
天秤にかけるの
もう やめた〜〜〜!
 
って
思っちゃったみたいです
 
 
  
 
どうなるっちゃろ〜かぁ〜〜〜
 
美子も 見守りま〜〜〜す
  
 
   

  

     

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

ほどける

 

_MG_6380.JPG 

 

 

いろいろ ほどけています

 

 
キッカケは
小さなことなんだけど
 
それを糸口に
さまざまなテーマが
一緒になって
ほどけていってます
 
 
 
 
すごいなぁ
眺めている
 
 
 
 
ちゃんと
地に足をつけたまま
 
感じることを
閉じてしまわないまま
 
自分を乖離させることではなく
 
ただ 人間ドラマに
巻き込まれないでいる
ということが
どんなことか
 
感覚的に
掴めつつある
 
 
なんか この感じ
 
螺旋が くるりんと
回って
 
同じところを 回っているようで
まるで
違う地点に到達する感じ
  

  

  

菊池渓谷で背伸び.jpg 

 

 

あぁ! と

人生の 謎だったことが

 

こういうこと?
繋がってきている
 
 
そして
なぜだか
隣には
同じベクトルを向いている人がいる
 
そこは
ちょっと
ミステリーやん

  

  

    

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

種のこと

  

先日の バンコCafe で 出展されてた

稗島珈琲さん

 

手づくりのクッキーなんかと一緒に

小さい豆を売ってありました

 
気になる〜〜〜

 

たずねてみると

原種のアズキですよ

とのこと

 

近くの おじいさんが山で採ってきたのを

畑に蒔いて 育てたのを
僕がもらって 畑で育てたんです
 
繁殖力 強いから
藪化に注意ですよ〜
と おっしゃる
 
早速 買ってきたのを
お米と一緒に炊いてみたら
なかなかに 美味しい!
 
小粒で 皮が固い
お米が きれいな紫色に染まりながらも
皮が破けなくて ギュッとした感じがいい
 
これは ぜひ お庭に蒔いて育てよう!
と ネットで検索して調べたら
 
 
この 黄色いお花が
ちょっと前 庭で見つけた雑草と一緒であることが判明!
 
絡まって 咲いていた
かわいい お花
 
お庭に出て 確認すると
 
  
 
IMG_7480.JPG
 
 
もう 実ってた・・・・・
 
下のほうは すでに
鞘が はじけて 実が飛んでいったあとでした
(やった〜〜〜 来年は藪だぞぉ^^)
 
上のほうの 鞘が黒く熟したものを
採ってみたら
小さな アズキちゃんたちが〜〜〜
 
 
 
IMG_7482.JPG
 
 
なんだか うれしい^^
 
きっと 桂の樹とともに
ヤブツルアズキの実も
我が家に やってきてくれてたのだ
 
 
 
  
じつは 二週間ほど前
宮崎からのお土産〜と
ごはん麦 いただいたばかりだったのですが
 
これも ご飯と一緒に炊くと
プチプチして とっても美味しい
 
これが 袋に巻いてあった紙をはずすと
裏側に この種を入手した物語が
ていねいに綴られていたんですね
 
“ 在来の麦を探して ”
『 宮崎県椎葉村 在来裸麦との出会い 』
と 題された その文章を読むと
なぜだか 胸がキュンとして
なんだろう この気持ちは〜〜〜?
 
と 思ったばかりでした
 
ここく という 素敵なページの中で
この 在来裸麦を山奥のおばあちゃんから分けてもらった話は
紹介してありました
 
 
 
 
さいきん 種 にまつわる
いろんなこと
 
原種 遺伝子組み換え
在来 外来・・・
 
そこに いろんな反応をする自分を
観ています
 
きっと 自分のルーツ
っていうところに
繋がるから なんでしょうねぇ
 
自分の血の中にある
性(さが)
 
どっちが よくて
どっちが ダメで
どっちが正しく
どっちが間違っている
っていう話ではないところを
今 感じているところです
 
 
 
オルゴナイト夜明け01.jpg
 
 
余談だけど・・・・・
 
賢太郎さんに言われるのです
 
美子って
古代人っぽく見えるんだよ ときどき
だから 撮ってて面白いんだ
って
 
 
もう ずいぶん昔だけど
ソウルカラーをリーディングできる
という方に
グリーン+クリスタル
って 言われたことがあります
 
グリーン っていうのは
珍しいソウルタイプだけど
いつの時代も ある一定数いて
古代からの何かを継承していく魂だとかなんとか
シャーマンだとかなんとか
聞いたことがあります
 
それが ホントかどうかは
もう よくわからん話なのですが
 
けれども
原種 って聞くと喜んで
見てみた〜い!
食べてみた〜い!
育ててみた〜い!
うっほ〜〜〜〜〜!
と なるのは
 
その 古代人っぽい何かが
そうさせるんですかね?
 
えっ???
ただ 単に
見かけが 洗練されてないから?
 
いやはや 案外 それだけだったりして???
 
(((((笑)))))
 
  

 

   

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

納品と次の制作のあいだの・・・・・

 

コスモスピンクのふちweb.jpg 

 

新作が完成して

博多の大崎周水堂で額に入れ

 

(・・・ちょっと特殊な絵なので ずっと額装作業してくださってる方に

額の裏側に 細工してもらってて

熊本に引っ越しても 博多まで作品を持っていって

お願いしています

絵とはこういうもの という概念に囚われていたら

思いつかない作業だと思うんですが・・・・・

額装作業してくださる担当の店員さんも アーティストさんなので

理解・応援して下さり ありがたいです!・・・)

 

作品の撮影もできているのですが

 

賢太郎さんが

作品に添えるフォトメッセージを

完成させるのを待っているところです

 

  

 

絵を観て

メッセージを紡ぎ

彼の撮影したものの中から写真を選び

そこに 筆書きで書いてくれます

 
ひとつ前の作品に書いてくれたのは・・・
 
messagekentaro.jpg 

 

 

彼が 絵から紡ぐ詩を読むのが楽しみ

(どんなメッセージだろう・・・・・!)
 
どんな写真を選ぶかも
絵に合わせて選ぶ(コーディネートする)訳でなく
純粋に 出てきたメッセージに選んでいるので
作品と並べた時に
そこに どんな調和が産まれるか
(つまり 予定調和ではないってことです)
それを眺めるのも楽しみなのです
 
彼自身 とても楽しみながら
そして 丁寧に 誠実に
創作してくれています・・・・・
 
 

  

 

 

そして わたしはもう

次の作品に向けて

準備が はじまっています

 

注文制作は

絵を頼んでくださった方を通して

テーマを与えられ
自分自身に出会っていく作業だなぁ
と 感じます
 
もう 下絵はできているんだけど
それを そのまま描くんじゃなくて
 
自分の日常を通して
咀嚼していく
(深めていく)
 
そうやって
一枚一枚
自分と 出会っていく
 
それが わたしの好きなことだし
夢だし
ライフワークだなぁ
と 思います
 
今は その日常に
賢太郎さん という
鏡が出現し
その作業が より豊かになっています
 
 
 
本当は 別のことを
ブログにするつもりで
キーボードを打ち始めたのですが
 
ちがうものになってしまった^^
 
さいきん
尻に敷く 敷かれる夫婦
(私たちのこと)
について おもしろい気づきがあったので
そのことについて 文章にしようとしたのですが・・・・・
 
それは また 

 

 

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

変化の九月

 

久しぶりのブログ更新

 

  

  

新作が完成し

太陽の光で撮影していました

 

外は秋晴れ

 

 

さいきん

賢太郎さんからカメラを借りて

自分の作品を自分で撮影しはじめています

 

絞りやシャッタースピードのことを

教えてもらいながら・・・

 
コンデジと違って難しいのだけど
いろいろ試しながら覚えています
ピントを合わせるのは いつもハァハァ
息切れですが(笑)
 
おもしろいです
 
納品したら
このページで紹介します
 
 
きらりくものすweb600.jpg

 

  

朝 起きたら まずは

台所に立つのですが

 

台所の窓は東側で

日一日と 小さな山の端から

日が昇る時間が 遅くなっているのを見ています

秋の深まりを感じるこの頃

 

菊池川にほど近いせいか

この季節は 朝靄が美しい

そして

朝露も 朝の斜光で

キラキラするのがいいですね

 

ちょうど 台所の窓辺の蜘蛛の素が

朝陽に照らされ 輝いていたので

賢太郎さんに 撮ってもらいました

 

 

れもんぐらすweb600.jpg

 

  

レモングラスの葉っぱも

キラキラ・・・・・

 

植えて二年目の株

どんどん大きくなっています

 

葉を刈ってきて

その場で お湯を注いで飲むと

本当に 美味しい

 

 

レモンバームや ホーリーバジル

いろんな種類のミントも

適当に摘んできて混ぜて・・・・・

 

 

 

 

  

ここ ひと月ほどは

じっくり 作品に向き合いながら

 

この7年間くらいのことを

振り返っていました

 

表向きには

大きな動きはなかったのですが

 

なにか

内面で 大きく動くものがありました

 

そして

そのことを いつもなら

言葉にして ブログの記事にしていたのですが

 

今回は それができず・・・

なぜだか もう

そうしたくない と 感じるようになっていて

 

そういう 自分の感覚の変化を大切に

でも 変化に振り回される必要も感じないし

それで いいのかなぁ と・・・・・
 
たぶん ある種の強迫観念みたいなのが
ひとつ 抜けていってるんだと思います
 

ただ 絵を描いていました

 

 

日々 一緒にいる

賢太郎さんに 大きくサポートされています

 

パートナーシップについても

おもしろい気づきがありました

 

  

  

無理なく

感じたことを

また 綴っていきます 

 

  

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作