立春大吉

 

 

 

 

1月に 友人と行って

そのあと 私の浄化がすごかったところ

 

龍の吹き出し口

みたいなところに

賢太郎さんを 連れて行ってきました

 

こういうのは 節分前がいいかなぁ

と 2月2日に・・・・・

 

1月に 行ってもよかったんですけど

京都行く前に

大浄化とかあったら
大変だもんなぁ
と 思ってたからですね^^
 
  

 

そして

早速 節分のきのうは

賢太郎さん 大爆発!!!!!!!!!!

(期待を裏切らないオトコ)
 

 

おめでとう

 

?????

 

 

 

 

 

IMG_7549.JPG 

 

  

お庭のシクラメン

原種

 

まだまだ寒いけど

地面を見てると

もう 春だなぁ

と 思う・・・・・

 

雑草さんたちは

少しずつ 勢いを盛り返し始めています

 

すごいね^^

 

 

  

 

わたしは 節分の日の朝

おもしろい夢を見ました

 

道がふたつあり

選ぶんです

 

ひとつは もう

先が見えている道

安全確実な道です

 

ひとりに戻る

 

自分のことだけに

エネルギーを注ぐ生活

 

何者かになる人生

 

二年前(結婚前)に

戻っても いいんです

 

 

そして

もう一つの道は

これからも

賢太郎さんと ともに歩む道です

 

こちらは 未知の道

 

どうなるか わかりません

 

こうしたら こうなる

こうしたほうがいい
こうしないほうがいい
が ない世界

 

絶対に こうなる

ということは 決まっていません

 

 

夢の中で

わたしは 迷わず

未知の道を

選んでいました

 

 

 
面白い夢ですね^^
 
夢の中ですから
わりと 淡々としているんです
 
それがまた
目が醒めてみると
興味深いんだよな
 
 
 

 

 

「 夫婦は 並んでいかんとな 」

って

言葉が ドン!って入って来てから一年

 

なんやろ〜なんやろ〜〜〜?

 

一見 月並みな

校長先生のお話〜みたいな

フツーな感じのものほど

 

なんかだったりする〜???

って ザワザワしてました・・・・

 

 

 

あぁ〜!!!!!!!

このことだったのか!!!?????

 

って 感じる瞬間があったのが

京都に出発する日の朝

 

賢太郎さんとの会話の中で

起こりました

 

 

あれ もしかして

今 並んだ?????
って 感じたんです 

 

 

  

そのことは まだ

うまく説明できないけど

 

でも その日の夜

出発前に

絵のご購入のメッセージを受け取り

 

アマノウズメさんが

サルタヒコさんのところへ

お嫁入りし

本当に 横に並べて飾られる

知ったときは

鳥肌 でした!

 

  

 

うまく説明できない

 
それは
まだ このことが
しっかりとしたものになってないから
とも 言えるけど
 
もしかしたら
今は この不確定なままでいるのが
より正直でいいのかもしれませんね

 

無理やり

カタチ(言葉)にしない・・・

 

 

 

  

では 今日はここまで

 

読んでくださって

ありがとうございます 

 

  

  

∞ 

 

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon 

京都から ただいま

 

美子in糺の森.jpg

京都 下鴨神社 糺の森にて

 

   

もう 数日前になりますが

京都から帰宅しました

 

さすがに 長時間運転のあとは

しばらく グッタリでしたが

この土地のものを

ここの井戸のお水で

自分で料理して食べていると

ムクムクと 元気が回復してきました

 

それでも

京都で撮影した写真の選抜や

お会いした方々への個別のごあいさつなどしているうちに

このブログの更新が 遅れてしまいました

 

そうそう

制作中の絵も 仕上げたくて・・・

  

 

 

 

 

旅の お共は

この作品 『 アマノウズメ 』さん

 でした

 
セッションの折など
傍らで助けてもらえるので
自分の絵を持参するのが常なんですが
 
この子にとっては
今回が 私との最後の旅となりました
 
京都へ出発する30分前
最後のメールチェックをしたら
ご購入のお申込みを頂いていたのでした
 
この絵のお嫁入りのタイミングが
もう 本当に絶妙で
そのことについては また
後日 ブログにしたいのですが
さぁ どこまで 書けるでしょうか?
 
やはり この仕事は
“ いのち ” を 扱う仕事なんだな
と あらためて思います
 
 
“ いのち “ といえば
この旅の最後に 訪ねた場所で
まさに “ いのち ” を生かす
そのことに 半端ではない
働きをさなっている方々に出会い
かなりの 衝撃 感銘 を
 受けてきました
 
こちらには またお邪魔したい!
お会いしたい!!!
 
その場所で 何かしたい!
 
京都は また行くところになりそう
 
 
お抹茶.jpg
  
隅々まで 人間の手の入った
調和の世界から
熊本に帰ってみると
荒々しく
日頃 目が慣れ切っていたそれらを
懐かしく
同時に 刺激的に感じる
 
 
  
和(にぎ) と 荒(あら)
 
お上品な和菓子 と いきなり団子
対比^^
 
いきなり団子の写真はありません・・・)
 
  
 
賢太郎さんとはじめた
ポートレートメッセージ制作
 
時折 遠方から
熊本へと足をお運びいただく有難さを
 
逆の立場を体験することで
より深く感じることが出来て
よかったね
と ふたりで話しています
 
 
そして
なぜ わざわざ ここまで来てくださるのか?
 
 
熊本の自然の中に出かけることで
皆さんの中に眠る
荒(あら)を刺激することになっているんじゃないかな
ふと 思うのです
 
 
荒(あら)も 和(にぎ)も
私たちの中にあるものですからね
 
どちらかを否定したり
抑圧してたら
苦しくなっちゃいますけど
 
どちらも 生かす
愛する
 
そして 荒(あら)の中の 和(にぎ)
和(にぎ)の中の 荒(あら)を
感じることが
新たな創造を産むよね〜と 思います
 
人生を 創造的に生きる
   
 
熊本と京都を行ったり来たりすると
すご〜くいい刺激をもらえるよなぁ
きっと
   
 
_MG_1327.JPG

 

 

そう 京都は 産まれたところです

 

父が ちょうど湖西線という

京都と滋賀を結ぶ鉄道のトンネルを掘ってた時に

産まれました

 

おうちがあった山の中から

山科の産院に下りてきたんです 

 

 

写真は トンネルが京都側からと滋賀側から

掘り進めていって

はじめて出会ったときの爆破で

出てきた石です

 

わたしが 8カ月の赤ちゃんだった時みたいですね

  

 

今回の旅は

ありがたいことに お仕事でスケジュールが詰まってたせいで

会いたい方みんなに お会いできたわけではないんですが

 
私たちふたりが
ご恩を感じている方々に
ごあいさつして感謝を伝える旅になりました
 
まぁ うまく伝えられたかどうかは
あれなんですけどね・・・・・^^
 
でも 気持ちとしてはそうだったなぁ
 
 
私たち ふたりとも
もう一生 独りなんだろうなぁと
思ってたのに出会えたのは
やっぱり 素直な望みを願うことを
始められたからだと思うのですが
そのキッカケをくださった方
 
クンルンネイゴンを
ずっと はじめたくても
その前に あれをしなければ これをしなければ
と なかなか 一歩を踏み出せずにいて
そのうち 結婚を機に
諦めかけていたのに
不意にやってきて
夫婦ではじめるキッカケをくださった方
 
そしてそして
ポートレート撮影の持つ可能性を
私たちの想像を超えて
拡がるキッカケをくださった方
  
 
おりしも 最後の一枚の絵が旅立ち
手持ちの作品はゼロ
(注文制作は何点か続行中ですが・・・)
 
生まれた土地へ行き
またまた あらたなはじまりの時だな
 
そういえば もうすぐ節分ですね!
 
 
  
賢太郎さんが 書いてくれる
このメッセージ
 
もらったときには
なんのこっちゃ?なんですけど
一年くらいして振り返ると
あぁ!!!!!となりますから・・・・・
 
去年の12月にプレゼントしてくれた
これ も
これからの一年のテーマになるんやろうなぁ
 
 
 
ちなみに その一年前のは
 
 
 
もらったときは
なんですか〜?これ やったけど
確かに 去年の二月から
おっしゃると〜り
立ってたわ(笑)
 
天然おそるべし!
(天然とは 言わずと知れた賢太郎さんのことです^^)

 

 

 

京都で 受け取ったことで

もっと シェアしていきたいこと
いろいろあるんですが
 
それはまた
これからおいおい
発信していこうと思います
 
 
作品制作もしたいので・・・・・ 
今日のところは ここまで
  
 
ありがとうございます!

     

∞ 

 

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon 

ハートの浄化

 

風邪 ひいてました

二日間ほど 38度くらいまで発熱し

 

その後

コンコンと 咳が止まらない日が

何日か 続きました  

   

  

akebonopart.jpg 

 

 

あぁ ハートの浄化が起こったなぁ

と 感じています

  

胸のあたり

 

肺 や 気管支のあたり

 

その後ろ側

背中の真ん中から

古いエネルギーの解放が起こってるようでした 

 

  

昨年末 ある聖地の周辺を

ハイキングしてきました

 

すごく いいところで

ご一緒できた人たちや

出会えた人たち

出会えたモノたちに恵まれ

 

すごーく ハートがひらいたなぁ

と 感じていました

 

 

涙が すぐに出てくるし

豊かな繋がりや循環に

感謝が溢れてくる

 

ホントに ハート

胸が ふわぁっと 花ひらくような感じで

 

 

年末からお正月にかけては

ほぼ 引きこもりのような過ごし方だったんですが

賢太郎さんと

しみじみ 豊かさを感じる

地味だけど いい時間でした 

 

 

その後 111 1月11日には

友人に誘われ

一緒に 近場の聖地へ・・・

 

けっこう 近いところにあるのだけど

その奥までは

なんとなく 気になっていたまま

行きそびれていた場所へと

足を伸ばすことになりました

 

 

辿りつくと

あぁ ここはまさに

龍の穴

吹き出し口だなぁ

と 感じました

 

そこに立つと

全身の細胞が

入れ替わるような・・・・・

 

内心 こりゃ えらいこっちゃだぞ

と その後の大変さを

勘づいてはいたのだけど

 

そんな 頭の中によぎった思考とは関係なく

 

源より 浄化されて

よき流れとなりますように

祈っていました

 

 

そのせいか

次の日からの発熱

 

それに続く咳が大変でしたが

ようやく 落ち着いてきました 

  

 

今 それらの12月からのずっとの流れを

眺めています

 

ホント ハートの浄化だったなぁ

  

 

  

akebono.jpg 

 

 

さて 今日 ここにあげた画像は

『 曙 』 というタイトルの作品です

 

サインでは 2009年作 となっていますが

実際は その数年前に

一度 仕上げていたものに

数年後 手を入れて

あらためて完成としたもの

 

もともとは

ハートをひらく勇気

というタイトルで描いていました

 

まだ 30代中盤?だったか

とても つらい出来事があったあと

人が怖くなったときがありました

・・・正確には その出来事をキッカケに

本当はずっと人が怖かった自分の傷が表に出てきた

ということですが・・・

 

そのときの私は

人前に出るのが怖く

特に 絵を人に見せることが怖くなってしまい

 

それでも

勇気を持って 自分をひらいていきたい!

と 強く感じ

 

そんな自分を励ますために描いた絵でした

 

 

今 見ると ちょっと懐かしい かな

 

ハートをひらくのに勇気がいる

と 感じていた自分が・・・・・

 

 

今回の浄化期間

 

胸の深いところに

重ーく 横たわっていた

深い悲しみが 取り除かれ

 

その奥から

まだ ほんの少しなんですが

愛が泉のように 湧き上がってくるのを

感じました

 

 

だからね

もう 勇気じゃないのよね

今は・・・・・

 

もっと 自然なこと

 

そして いつもいつも

ひらいてなくてもいいし

 

 

 

それでも 勇気を持って

ひらこう!っていう時もあるんだわ

 

だから 絵は

いつも 必要とされるところへと

旅立つんだと思います

  

   

  

akebonocenter.jpg 

 

  

この作品は

わたしの産まれた土地へと

旅立ちました

 

京都の山科の病院 に飾られているのだそう

 

インターネットのおかげの縁結びでした

 

自分にとっての

再生 のキッカケとなったような

この作品が

産まれた土地へと配置されるのは

ただの偶然ではないと

ありがたい思いで いっぱいになりました

 

 

 

もうすぐ 京都へと旅立ちます

 

産まれた土地へと足を運ぶのは

やはり 何か特別な感じ

 

こうして ハートの浄化を経て

行くことが出来るのも

ありがたい

 

 

なので

この作品の画像を眺め

 

絵を 描き

届けることの

源を 思い出しています  

  

 

 

  

今月 26日

京都で Yoshiko Art 注文制作の

対面セッションを 行います

残席 一名さま募集中です

 

詳細は こちらにて

対面セッション in 関西 募集します! 

 

  

 

     

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon 

畑でエネルギーチャージ

  

病み上がりの今日の朝

賢太郎さんのつくってくれた

お味噌汁を飲んでたら

 

じわじわと

体中に エネルギーが染みわたるのを

感じた

 

そして

あぁ 畑に行きたい〜〜〜!!!!!

って 思い立ち

 

菊池の 自然栽培の

みずのわ さんの畑へ

行ってきました

 

 

ここは 事前にお願いして

お金を払うと(超格安!)

好きなだけ 畑のお野菜を収穫できるのです

 

  

 

_MG_1798.JPG 

 

  

大根や蕪 人参を

ふかふかの地面から 抜いていると

 

なんか それだけで

楽しくて

気持ちよくて

身体に 元気が漲ってきます

 

 

ありがたや〜〜〜∞

 

 

今日は ポカポカ陽気なのも

よかった・・・・・

 

 

 

_MG_1822.JPG 

 

 

普段 何気にしていることだけど

 

ちょっとでも

具合が悪くなると 実感するね

 

お料理って

ホント 元気がないと

できない

 

 

でも こうして

採りたての お野菜さんたちに

元気をもらうと

 

よし! やるぞ〜〜〜〜〜!!!

と やる気が湧き上がってきます

 

 

なんか ものすごく

しあわせ〜〜〜∞

 

 

  

 

 

  

今月 25・26日

京都で Yoshiko Art 注文制作の

対面セッションを 行います

残席 一名さま募集中です

 

詳細は こちらにて

対面セッション in 関西 募集します! 

 

  

 

     

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon 

発熱 と 菜の花

  

きのうから 発熱して

寝込んでいました

 

禊ぎ の 熱かな

 

 

賢太郎さんには

優しく 介護してもらい

なんだか それが嬉しい・・・という

 

二年前

結婚した当初は

りんごの皮むきも出来なかったのになぁ

(暴露^^)

 

 

おかげで 熱は下がりました

 

 

 

 

3日の地震のあと

身体が緊張で硬くなってたから か

 

“ ゆるし ” が テーマだなぁ

と 感じていた絵が完成したから か

 

1月11日 ゾロ目の日に

誘われて行ったところが

思いがけず パワフルな場所

まるで 龍の吹き出し口のようなところで

そこに立つと

身体の細胞全部が生まれ変わるような

そんなところだったから

次の日 発熱しちゃったの か

 

はたまた

前の晩 食べた

超高級霜降和牛 薄切り5枚

に 身体がショックを受けたの か(笑)

 

 

わかりませんが

 

 

こういう ヘンに弱っちい自分は

人に迷惑かけるから

ひとりでいなければいけないんだ

思い込んでいた日々が懐かしいです

 

 

あらためて

自分の育った小さな世界に

いつまでも 閉じこもってる場合じゃなかったなぁ

と 思うところ
 
 
家族 とは
それぞれの役割を
キッチリと果たすべき場所
という かつていたところから
 
ともに 創造する場所であって
役割は その時によって
臨機応変でいいんだ
というところ
への 自分にとって
より自然で心地よい変化を
喜んでいます
 
  
 

 

 

1日半 寝込むと

身体を 動かしたくなり

夕方 歩けるところへと

連れて行ってもらいました

 

菊池川の河川敷

 

ふたりが出会った場所の

すぐ近くです

 

 

 

ここは 菜の花が群生する場所

 

もう ボチボチ咲き始めていましたよ

 

土が ふかふかして

病み上がりの身体に

とても 気持ちよく響きました

 

歩く って なんて気持ちいいんだろう

と 思いました

 

 

 

ここで ポートレート撮影したいなぁ

 

これからの季節

 

菜の花 や 梅の花 など・・・

 

時期を逃したくない旬のものたちは

こちらで 積極的に

企画・募集してみるのもいいかもね

きょう 話していました

 

 

京都での撮影

が 終わったら

熊本でも いろいろ発信してみようと思います

 

グループでの撮影会

熊本でも やりましょうね

 

 

 

そうそう いつか見つけた動画

 

とても感動したので

ブログを読んでくださっている皆さんへもシェア

 

賢太郎さんと 何度も見ています

 

 

女性が 幸せになる撮影会がしたいな

 

  

 

 

 

京都での 対面セッションも

募集中です

 

おふたり を 予定していて

ひとりは 以前から知っている方

もうひとりは はじめて出会う方

だと

なぜだか 思っています

 

今 お申込みいただいているのは

一度 お会いしたことのある方でした

 

もうひとり

おそらく はじめての方

 

お申込み お待ちしています!

 

1月25日夜 もしくは 26日

場所は

如水庵 というところです

 

わたしは はじめて行くところですが

以前から 行ってみたかった

素敵な古民家です

 

対面セッション in 関西 募集します!

 

 

引き続き

ご縁ある方への シェア ご紹介を

よろしくお願いします 

 

  

 

    

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon 

夢の中の ゆるし

 

あけましておめでとうございます

 

 

 

  

+∞◎∞+

・▲・

 

 

 

 

   

  

初夢は 覚えてませんが

年末に

とても ハッキリとした夢を見ました

 

ある人を

ゆるす夢

 

  

それは もう10年以上前に起こった

ある出来事

 

とてもショックで 晴天の霹靂とも言えるような・・・

 

なぜ このような?と 理不尽に感じ

そのときの 周囲の人々の変化に

人間不信に陥ったこと

がある

 

 

  

その相手の女性

年配の権威ある人

自らの保身のために

信じられないような嘘の上に嘘を重ね

たくさん振りまいた

その人

夢の中で ゆるしていた

 

  

ゆるす

ということは

意志の力だけでは

無理なんだ ということを そのとき実感したから

 

どうなっていくのか

時間がかかってもいい

自分に正直に

より本当のことに

自分を委ねよう

と 決めていた

 

ここで 覗いた苦しい闇は

絶対無駄にしない

すべて 自分の表現に生かしてやろう

とも 思っていた

 

 

  

夢の中は不思議

 

10年以上の わだかまりや恐れ 怒り悲しみは

すべてフラットになっていて

その他の感情を 特に感じるようなこともない

 

ただ あっさりと

ゆるしていた

 

そして

彼女の お腹のまわりに
はまっていた
白く光る輪っかを
はずしてあげた
 
それは 物理的に外す
というよりは
ヒーリングするような感じ
 
 
 
目が醒めて
 
あぁ 終わったんだ
と 思った・・・・・
 
ひとつの癒しが完了した
 
 
 
   
  
今は ハッキリとわかる
 
これは すなわち母との間の癒しなのだ
 
この事件が起こったとき
10年以上前の そのときには
まるで 気づけなかったこと
 
その当時 母との関係は
本当に うまくいっていた
と 思っていたから
 
なぜ 年上の女性との間に
そのようなことが起こるのか
謎で謎で
本当に 晴天の霹靂だったのだ!
 
母は ずっと
わたしの 最大の理解者で
父との関係が断絶していた間も
陰ながら 応援してくれた存在だったし
 
なんでも 話せる間柄だったし
 
何の問題もない
はずだった
 
 
  
 
しかし 本当のところは
全部 隠していたのだ
 
ないことにしていたのだ
 
  
ないことにしていた
母への怒り 失望を
やっと 感じれるようになったのは
その後 何年も経ってから・・・
 
あるワークショップに母娘で参加したのがキッカケとなり
(そのときのブログ見つけちゃった! 2012年!!!)
 
母への どうしようもない怒りが
沸々と湧き出しはじめ・・・・・
 
 
 
・・・いや だからね
こういう 怒り 深い悲しみ
母との関係の中で あったものを
隠してきてたから
ないものとしていたから
 
そりゃあ 引き寄せますよね
理不尽な出来事
年上との女性の間に・・・!
 
 
ということが わかってきてからも
まぁ なかなか
時間がかかってましたが
 
 
この 母との間の癒しのプロセスの中で
 
わたしの結婚を機に
二年かかったけど
母との関係を 一度
“ 切る ”
ことができたことは
すごく よかった と思う
 
きちんと 分離してからでないと
癒されなかったものが
やっと 癒されたのだから
 
そのことが 
この夢に・・・
ゆるす 夢に
象徴されている・・・と
そう 感じます
 
 
  
 
実際 母との関係は
一度 お互いに
キッチリと離れる ことによって
いいものに変わってきている
 
ここ二年間
ほとんど 電話もしていない期間があった
けれども
それが よかった
 
 
その 2012年のワークショップ以来
どうしても スッキリしなかった
母に感じる わだかまり
時には イライラ感
が さいきん
スッキリしてきたなぁ
と 感じていたところ
 
 
たぶん 罪悪感を
持つことが なくなったからだと思う
 
母は いまだに
私って かわいそう
を 演じている気があるが(ごめんね おかあさん〜^^)
私のほうでは 前みたいには
それに 引っ張られない
 
彼女は 彼女の人生を
生きているんだなぁ
としか 思わない
 
人は 誰かの人生を
どうにかしてあげることなんて
できない
 
それが 血のつながった存在だったとしても・・・
 
 
その人を
真に力のある存在として
尊重する
それしか できないんだ
 
 
年末年始に 久しぶりに電話で母と話し
以前のような
引っかかりが 自分の中から消えているのを発見
 
それは とてもとても
微妙で繊細な感覚のことだから
外から見ただけでは
わからないことだと思うけど
 
私の中では とても大きな変化なのです!
 
 
  
 
  
というわけで
年末の夢の話 でしたが
新年早々 縁起がいい
ような気がしています
  
何といっても
今 制作中の絵が
ゆるし が テーマなんですもの〜〜〜!
 
 
いい感じで 進んでいます
 
よかった!!!!!
 
 
 
 
さて 今月下旬
京都のほうへ行くのですが
 
もし Yoshiko Art の 注文制作の対面セッションを
ご希望の方が いらっしゃったら
現地で やってみたいな
と 思っています
 
 
そのことについての詳細は
また 追って
次のブログにて
 
少々 お待ちくださいませ 
 
 
  
 
ではでは
今年も よろしくお願いします 

  

美子 宮島3000.jpg 

2018年末 宮島にて・・・・・賢太郎さん撮影 

 

 

   

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon 

支え ・・・ 18年目に入る前に

 

 

『 The Sun 』

2009年
  
クリスマスなので
きょうは 十字が入っている絵の画像を・・・・・++++
 
  
さて 冬至は
絵を描き始めた記念日
 
2001年12月21日でした
 
そのときのことを
ここに綴ろうかと思いながら・・・
(興味がある方は 過去の記事を覗いてみて下さい)
 
冬至から満月
そして
きのうのクリスマスイブは
賢太郎さんのお誕生日
濃い時間を過ごしているうちに
記事にしそびれてしまいました
  
 
2001年からなので
17年が経ったのか・・・・・!
結局 こうして
描き続けられているのは
さまざまな おかげさまなので
そのことの お礼の気持ちを伝えたいです
 
ありがとうございます
 
 
といっても
お世話になってきた すべての方が
このブログを読んでいるとも限りませんね
 
この感謝の気持ちを
風に乗せて
送ります
 
ありがとう〜〜〜〜〜∞
 
 
∞ 
 
  

 

 

lilymarypart1.jpg 

『 Lily Mary 』

2009年

 

 

今年の冬至の日に

ふと 思ったのは・・・

 

横に 賢太郎さんがいることの

ありがたさ です

 

涙が 出てきました

 

 

というのは

2001年に絵を描き始めてから

なぜだか

恋人もパートナーもできない

 

一体 どんな力が働いているのだろう?

不思議な気持ちになるくらいに

男性とのご縁が遠のいてしまい

ずっと 独りで

 

つまり

17年間のうちの15年間は

ひとりでいたのでした

 

そのうちの大半は

阿蘇の山の中に住んでいましたので

半ば 世捨て人のような・・・

といっても そこでも

周りの たくさんの温かい家族のような人たちに

支えられ

そして 山の中の私の絵を

見つけて下さった

ご縁ある方々に支えられて

絵を描く生活を続けられてきました

 

 

大好きなことを続けられて
とても 幸せでしたが
同時に 今は認めることが出来ます
わたしは 独りで寂しかったです
 

これは 運命なのかな?

と 半ば諦め
自分の寂しさを見ないようにし
無自覚な怒りや悲しみで
自分や世界を呪っていたんだと思います
 
 
やがて 諦めの中にも
いや わたしは “ 望んで ” いいんだ
自分の 本当の望みはなんだろう?
小さな 希望の種を
自身の中に 植え始めたことで
時間はかかりましたが
新しい運命が 回り始めたんだと思います
 
 
∞ 
 
実は こんなこと
ひとりじゃないと無理
出来ない
と 思い込んでいたことが
たくさんたくさん ありました
 
絵を描くことも
もちろんですが
その他にも いろいろ・・・・・
 
今 賢太郎さんとの生活の中で
あれ こんなことも
一緒にやっている!!!??
と 自分で驚くことがてんこ盛りです
 
・・・なんというのかな
ひとりで抱え込むんじゃなくて
いいことも そうじゃないこと
きついこと つらいことも
オープンにして
一緒にやっていく
ということを
意外にもスムーズに
楽しくやれている自分に
ビックリしています
 
そんなこと無理でしょ
と 思ってたのに
無理どころか
 
ものすごく 力をもらえている
 
今まで
おそらく 気づかないうちに
踏ん張り損ねて 逃げてきたことを
ふたりになることで やっと
踏ん張れるようになってきている気がします
 
 
そして
すご〜く 甘えさせてもらっています
 
たぶん それで
今までの自分とのバランスを
大きくとっているんじゃないかな
なんて 言い訳したくなっちゃうくらいに・・・ハハハ
 
 
あぁ しかし
つい数日前 若い素敵な友人が
話してくれたこと
 
「 頼るって 頼られた相手に
力を与えることになるんだと思う 」
 
ホントになぁ!
 
わたし それを実感できるようになるのに
ものすごく 時間がかかりました
 

 

  

 

 

『 海の女神 』

2007年

 

 

きょうは 朝ごはんをつくっているときに

 

どれだけの支えのもとに

わたしは今

ここにいるんだろう

 

ということを

突然 感じてしまい

 

鼻水号泣が

止まらなくなってしまいました

 

 

賢太郎さんが

それに気づき

どうしたんだ?

そんなに 足が痛いのか???

と 心配してました・・・
(23日は 久しぶりの山登りで筋肉痛だったから・・・笑)
 
 
なんで 涙が止まらなくなったかというと
感謝の気持ちが湧き上がってくると同時に
 
自分が これまで
どれだけ
この支えに気づかずに
 
優劣や競争 正しさの世界に
意識が ドップリつかっていたか
そのことが
俯瞰して 見えたからです
 
 
その 支え
というものは
目に見えて わかりやすく
示されるものや
自分にとって
都合よく 心地よいものばかりではなく
 
そうは見えないものも含む
すべてなんだろうな
 
 
わたしは そのすべては
とても実感できないけど
 
そして
自分の傷や癖で
思わず反応してしまい
そのまんま
自分の正しさを 握りしめてしまうことが
よく 起こってしまうけど・・・
 
少なくとも
そこで ジャッジしてしまわずに
わからないものは
わからないままに
保留にしてしまえる
心の余裕は持つようにしよう って
決心しました
 
 

 

  

 

『 New Amaterasu 』
2008年
 
 
17年前に
絵を描き始めた時は
自分のために描いただけで
まさか
その絵が売れる だなんて
思いもしなかったし
ましてや
仕事になるだなんて
想像もしていませんでした
 
それは 今も変わらなくて
一枚一枚
仕事として仕上げていくんじゃなく
 
本当に 描きたいものを
丁寧に描き続けていきたいです
 
 
今年も
去年に引き続き
寡作の年でした
 
手元にあるのは
 
そして
制作中の絵が一枚
さらに
次に描く 注文いただいた絵が一枚
予定として あります
(ありがとうございます)
 
 
そして 今年は
過去 自分に必要なものと信じて
身に着けてきたものを
削ぎ落とす年でもあったと思います
 
そのとき 嬉々として
身に着けたものは
今となっては
なにか 蛇足のように 感じられます
 
 
どうにかしよう
ジタバタした自分
それで どうにかなる
と 信じたかった浅薄な自分が
恥ずかしくなりますが
 
そんな 弱い情けない自分を
抱きしめます
 
むぎゅ〜〜〜〜〜〜〜ぅぅぅ
 
 
そしてそして
もう一度
(何度でも)
 
ありがとうございます!!!!!!!!!
 
 
 
   

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon 

ゆるし ・・・ 呪いを解くカギは罪悪感

 

ちょっとの間

別のブログに浮気しておりました

が・・・

 

戻ってきました

 

∞∞∞

 

  

 

amanouzumecenter13000.jpg

 

 

たぶん

この作品『 アマノウズメ 』 の

渦を表紙にしたかっただけかも・・・・・!

 

で ふたつブログを書いたら

もういいかな・・・ ってなりました
 
 
  
 
amanouzumecenter33000.jpg
 
 
さてさて
数日前は なんだかすごい
大浄化!!! でした
 
またまた 大泣き
 
 
∞ 
 
結婚記念日が
大きな引き金になりました
 
忙しい中
サプライズで お祝いの場をつくってもらえたり
 
“ 美子ちゃんが幸せになったことが
本当に嬉しい
賢太郎さんにお礼を言いたい ”
 
“ 幸せな結婚は
周りも幸せにしてくれるね ”
 
そんな ありがたいメッセージの数々を
送ってくれる友人たちがいたり・・・
とても 嬉しかった!
 
 
それと同時に
そこに 奇妙な罪悪感を感じる自分もいて・・・
 
そんな あたたかな想いに飢えた私が
親しい友人たちに 言わせているんじゃないか???
なんて 思っているんです!
 
 
 
ごわ〜〜〜〜〜〜っと
底のほうから
浮かび上がってくるものがありました
 
あぁ ビックリですけど
ほんと それが起こってました
 
 
 
amanouzumecosmicocean3000.jpg
 
 
ず〜〜〜〜っと
背負ってきた 50年間の思い
 
ここはなぜ
ともに喜べる世界じゃないんだろう?
という
子どもの頃から感じてきた違和感
 
 
わたしは ここに居ないほうがいい
わたしが わたしであることで
周りの人に迷惑をかけている
傷つけているんだ
という痛み
 
母の自殺していたお姉さんの罪を背負って
産まれてきたような
その怒りや悲しみを受け取る役割のように
自分のことを 感じてきたこと
 
わたしが わたしであること
輝くことに
罪悪感を持たざるを得なかったこと
 
さまざまな出来事が
またまた 走馬灯のように駆け巡り
涙が だ〜だ〜流れてきました
 
胸の奥に
黒い石のような塊が出現するのを
体感して
それが 涙とともに溶けて
そのあと
ここに空洞が残るような・・・・・
 
しばらく
放心状態で
その状態に慣れるまで
時間を要しました
 
 
∞ 
 
amanouzumecenter23000.jpg
 
  
そうそう これには
まるで レメディのように
じわじわと効いてくるような
友人からの言葉があって・・・
 
それこそ 結婚記念日の友人との会話の中で
 
「 家族(や親族)の中で 私は変わってたから・・・ 」
というようなことを
私が 話した時
 
( だいたい こういうことを私が言うと
ほんと そうだよね〜
美子ちゃんって 変わってるよね
わはは・・・
となるのが相場だったんですが )
 
ほんとうに 芯から
不思議そうな表情で
 
「 わたしは 美子さんは
ただ 美子さんの感じるままに
そのままを表現しているんだなぁって思ってて
それを 変わってる
だなんて思ったことないけど????? 」
って 言われたんですね
 
なんだか その言葉が
お薬みたいに
ふか〜〜〜〜〜いところに響いていて
 
それも 今回の大浄化には
“ 効いて ” いたかも!
 
  
 
amanouzumepart13000.jpg
 
 
まぁ とにかく
結婚記念日から じわじわと
温かな愛の言葉の数々が
数日かけて 深く深〜〜〜く
染みこんでいって
そののちの 涙の解放でした
 
 
そんなとき
賢太郎さんは ただ一緒にいてくれるだけです
 
なんもしない
 
一緒に 行をしたりするけど
黙々と やるだけ
 
それが とても
ありがたいです
 
 
賢太郎さんは
わたしを 変えようとしない
 
美子は 美子らしくいてくれたら
それがいい
って
ふつうに サラリと
言ってくれます
 
だから わたしは
こうして 救われているんだと思う
 
 
涙とともに
ゴッソリと抜けていったあとの
胸の奥の空洞は
賢太郎さんといることで
満たされていってます
 
 
 
 
こんかい 気づいたのですが
罪悪感
というのは
それを持たせることで
その人間を コントロールするために
出来たんじゃないかなぁ
  
罪悪感という概念そのものが
人を支配するために
つくられたもので
本来は いらんものでは?
と 感じました
 
 
言葉は
愛の薬にもなり
呪いにもなる
 
この 呪いを
成り立たせるのは
罪悪感
 
罪悪感なくしては
どんな呪い も 効果なし
暖簾に手押し
 
掛けられた呪いだって
元来たところに
還っていくだけ
 
 
∞ 
 
鳩のように素直に
蛇のように賢くあれ
 
とは 聖書の中の言葉だったか・・・
( 中学三年間ミッションスクールだったので思い出した^^ )
 
 
あなたのためよ
あなたのせいよ
そんな 誰かの
罪悪感を煽る言葉には
のせられない 
 
もう
誰かのための何者かになることを
残りの人生では やらない
 
そのために もっと賢くなろう
 
決めました
 
 
50年間の重荷が
抜けていきました 
 
 

 

 

         

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
ふたりのコラボ
Brother Sun ∞ Sister Moon 
 

走馬灯のように・・・・・ここにいてもいい

  

さきほど新月を迎えました

 

 

  

新月前は 身体が不調になり・・・

あれ これは お母さんからのだな

と 感じていました

 

母は もうずっと長い間

定期的にヘルペスで苦しんでいます

 

わたしの感じた

身体の痛み・・・神経の鈍痛のようなもの

は あぁ これは潜んでいた

ウィルスが出てきてる違和感

いつも 母が言ってたヘルペスだな

と わかりました

 

数日 なんとなく不調

・・・で

ホメオパシーやアロマを使い

癒していました

 

そういうことをやっていると

あぁ ホントーに

いろいろと 繋がっているなぁ

と しみじみ感じるのですが

 

例えば ふと目に入ってきて摂った

ホメオパシーのレメディ

アーセニカム(ヒ素) 

は ヘルペスにヒットするレメディのうちの

ひとつなんだけど

 

そこで出てくるキーワードは

ここのところの私に

心当たりのあることばかり

 

特に 死の恐怖

ほんの数日前に ふと感じていたこと

 

こんなこと 今まで思った事もなかったのだけど

わたしが先に 早死にしたら

賢太郎さんのことが心残りで

あぁ こういうのが

成仏できないってことになるのかなぁ

なんて 夜中に想像したりして・・・・・ 

 

  

 

優しい横顔.jpg 

 

 

さいきん

賢太郎さんが わたしを見る時の目が

あまりにも慈愛に満ち満ちていて

 

驚くことがある

 

本当に 愛されているんだなぁ

しみじみ感じている
 
 
 
以前の私だったら
いつでも あっちの世界に行けるようなつもりでいて
 
心残りは 仕事をやり残すこと
ぐらいだったのに・・・・・
 
悲しいくらいにスッキリしていたのになぁ
(そのとき 寂しいという自覚は持ててなかった)
 
 
そうそう アーセニカムは
父が亡くなる前に
死の恐怖で眠れなくなっている時
一粒 口に入れてあげただけで
死へのプロセスが進んだことがある・・・・・
そのときのことは 古いブログに
書いていると思うのだけど
 
 
 
そして 背骨に垂らして
塗りこんでもらったのは
オレガノ の エッセンシャルオイル
 
オレガノ といえば
以前 阿蘇に住んでいたときも
今の家も
一株 植えただけで
ものすごい勢いで茂ってくれる
 
家の周りに生えてくるのは
住んでいる人に必要なハーブってことだよなぁ
とは 気づいてはいたのだけど
このたび あらためて
もしかして
世代を遡ってのヒーリングにも必要な植物か?
と 自覚し直したところです
 
 
ちなみに
タイム が 大好きなんだけど
これは どこで植えても
なかなか大株にならない
 
昔 スコットランドで
通りがかりのおうちの石垣から
大株が繁茂しているのを見て
とて〜も憧れているのだけど
残念ながら 私には
それほど 必要ではないのかなぁ
 
  
 
揺れる紅.jpg
 
 
徒然と綴っております・・・・・
 
こういうことは 止まらなくなりますね
好きなんでしょうね〜
 
 
 
まぁ とにかく
一緒にいる 賢太郎さんには今
甘えています
 
この 甘える
っていうのは
ずっと 私には難しかったこと
 
あしたが 結婚記念日ですが
この二年間
なにをやってたか
というと
それだけの時間をかけて
少しずつ 相手に甘える
ということを
練習してきたように思います
 
ストレートに甘えられたらいいんでしょうけど
ちょっと 質の悪いことに
 
「こんな私でも愛してくれる?」
と 相手を試す
っていうのが 入り混じってます
 
ホントーに質悪いですよね〜〜〜涙
 
  
そのぐらい
私にとっては
相手を信頼して
弱い自分もさらけだして甘える
というのは
自分一人だけじゃない
世代を遡ってのヒーリングのようです
 
 
 
実際 今朝 起きてしばらくしてから
眠っていたときからの続きのように
さまざまなことが
走馬灯のように駆け巡り
 
それは 私自身の
この人生での記憶
・・・主に 母が入院した小学校5年生の頃
その周辺の記憶からはじまり
母のこと
彼女自身 病気になると
いつも申し訳なさそうに
毎回 必ず 医者には入院を断る
なぜなら 家を空けるわけにはいけないから
という 冗談のような話の繰り返しや
幼い時から 私も
身体の不調を母に告げると
不機嫌になり責められるので
怖くて 隠そうとしてしまうクセ
今も 賢太郎さんに
なかなか 言えなくて
どうしても 大丈夫!と言ってしまうのを
訂正しながら 正直に言えるように練習中なこと
 
そうそう ヘルペスを抑圧すると
癌になるんじゃないかなぁ
という 個人的見解
(癌で 即手術が必要と言われても入院をまずは断った母)
 
 
 
 
この
役割がないと
自分の居場所がない
いつも 元気で有能でなければいけない
 
というのが どこから来ているのか
 
グルグルと
母の赤ちゃんの頃の記憶?なのか
一緒になって
出てくる出てくる
 
そんな今朝
 
 
とうとう 堤防が決壊するように
涙がこぼれだし
 
自分の内と外がひっくり返って
 
中から
小さな私が出てきて
泣きじゃくる
泣きじゃくる
 
 
なんか この数か月の総仕上げみたいに
やってきてた身体の不調 からの
涙の大解放の
新月の朝
でした
 
 
 
こんなときこそクンルンだね
夫婦の合言葉になりつつある この頃
(やりたくない時でも どんな時でも まずはやってみようよ の意味)
 
 
泣きじゃくりながら
いつもの朝の行に入っていくと
 
さいしょは
床が 池になるんじゃないか
というくらい 涙がポロポロと
こぼれ落ちていたんだけど
 
じきに
波が荒れ狂う嵐の海から
静かな海の底へと
下りていくように
 
静かな 何もないところへと
いきました
 
これって
感情を感じないように
抑圧するのとは
違うと思います
 
 
表面で 何が起こってても
ずっと 変わらない静かなところが
あるんですよね
 
 
 
まぁ とにかく
たくさん泣いて
少し休んでいたら
新月の時間になり
 
なんだか
スッキリしています
 
 
私が ここに生まれてくるまでの
たくさんの悲しみ
苦しみ
我慢
 
それらを全部 抱きしめ
わたしは ここにいることを
自分に許します
 
 
 
 
さて 新月のこの日
 
そして
明日は 結婚記念日
 
 
これから
夫婦ふたりでのブログを
はじめます
 
 

  

        

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

新月 と 結婚記念日の前に・・・

 

賢太郎さんが

ニコニコする時間が増えました

 

 

∞ 

  

気持ちが軽くなってきたんだね

 

頭禿げてることだって

バイトしながら制作していることだって

自分が思ってるほど

人は気にしていない

 

いや かえって隠すことによって

気を使って

気が付いてないふりをしてくれてる人は

いたかもしれない

(ちなみに私は 気が付いてないふりが出来なくて 出会ってすぐに
突っ込んだ人です・・・・・それが彼をリラックスさせたらしいですよ^^)

 

 

賢太郎さんの告白ブログ
↓ 
 

 

 

∞ 

  

 

けど・・・・・

 

賢太郎さんにとっての世界が

どんどん 優しくなっていること

 

そのことが

素敵だなぁ と思う

 

実際 それで彼を取り巻く現実も

大きく動いてきているし・・・

 

 

 

わたしも 世界が怖い

人が怖い

っていう感覚

よく わかる

 

ずっと 直面し続けてきた思い込みだから・・・

 

表現することを選ぶ魂は

避けられない闇なんじゃないか

 
 
  
わたしは 今 賢太郎さんとの生活で
今一度 世界に愛されていることを
深く深く 確認しているみたい
 
赤ちゃん還りから始まり
いまは・・・小学生くらい???(笑)
 
 
八代 2018.jpg 
 
 
不器用なふたりですが・・・・・
 
こうして
なかったことにして
見ないようにしてることを
 
ひとつひとつ丁寧に感じていって
自分を救いながら
 
この世界に
自然に還元できることを
増やしていくこと
 
 
それが 次の結婚更新の目標かな
そんな話をしています
 
 
結婚記念日は 12月8日
7日が新月だし
次の一年を
宣言するのにふさわしい日
 
 
 
  
 

ひとつ前の わたしのブログの記事で

この9月頃からの

内面で起こっていた葛藤について
綴ってみました
 
 
おもしろいことに
この葛藤のキッカケになったのは
 
わたしが 神さまのように思っている方に
一方的に
神を投影して
 
きっと こんな自分じゃいけない! に違いない!!!
厳しく ダメだししだしたら
止まらなくなったのが始まりだったなぁ〜
 
と 今 ようやく
見えてきてます
 
自作自演の独り芝居・・・!
 
 
わたしが投影した神って
なんですっけ?
 
あぁ〜〜〜 自分の両親ですよ
ホントーのところは!!!!!!!!
 
 
 
わたしのせいで
自分が生きたいように生きられなかった
( ように見えていた )
お父さん お母さんへの
申し訳ない という気持ち
 
 
だからこそ
喜びに生きることが
本当の 両親への愛なんだ
強く湧き上がる思い
 
そのことは もう三年近く前
文章にしていました
 
 
 
このとき 一回
ブレイクスルーしてたはずのことなんだけど
 
 
たぶん
そのときの勢いというか
どうにかしなきゃ! っていう恐れから
ぶわ〜っと やっちゃったことを
あらためて 丁寧に
感じていったように思います
この 数か月
 
これって 賢太郎さんのサポートなしには
無理だったでしょうから
( ありがたいです )
 
 
その締めくくりとなった
青空セッション で
祥子さんが 感じられたことを 
ブログに綴って下さいました
 
  
 

実は 絵をお願いした時

一瞬 頭が『本当に絵をお願いするの?』って

囁いたんです

 

 

いつもの

頭の心配の声が囁いた

 

私が何かを新しいことをするたびに

囁く心配の声

 

 

以前ならそこから

グルグル思考に

巻き込まれてわからなくなっていたけど

   

 

今ここにいて 

内側の私に耳を澄ませたなら

『私は欲しい!』って即答

 

だから

『描いてください』ってお願いしたんです

 

 

そうしたら カラダ中に喜びが溢れて

ワクワクが止まらない音譜

 

 

胸のあたりのモヤモヤも消えて

体中がスーッとして気持ちいいおねがい

 

 

そうそう 

自分の内側の声に従ったなら

こんなに喜びに

満たされるんだって思い出せた

 

 

あぁ 私はこういう

喜び循環をしたいんだな

 

私が絵をお願いして喜ぶ

そして 美子さんが

絵を描くことを喜んで下さる

私は絵を描いていただけて喜ぶ

 

 

自分の喜びが

相手の中の喜びに繋がって

それが広がっていく循環 素敵だなあ

 

 

 
祥子さん ありがとう!
 
この数か月の
私の迷いへの答え
そのまんまに・・・
 
そして
私たち 次の結婚記念日の
新たな一年へのキーワードとなる言葉
いただきましたよ〜〜〜!!!
 
  
喜びの循環が拡がる

 

 

 

 

 

7日の新月に向けての

スッキリ整理期間?

を 象徴するように

 

我が家に隣接する

廃校となった小学校に

大勢の役場の職員?の方々が入られ

たくさんの植栽群を

手入れしてくださってます

 

 

台所の窓から見える

蔦や雑木は

そのまんまにしといてくださいね

って お願いしたら

笑顔で わかりました〜!って

答えて下さいました

 

それらの枝ぶりや

さまざまな葉っぱの入り混じり

紅葉していく様子を見るのが

楽しみだったので・・・・・
 
 
結婚記念日とは関係ないかもしれませんが
 
お庭を 美しい花園にするのが
密かな野望
 
結婚更新にあたり
個別項目に入れたい(笑)

  

 

   

  

        

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作