ハラ決め

 

_MG_9497.JPG

 

 

近所で

採ってきたものたちを

丸めて

絡めて

リースなるものをつくってみました

 

名前のわかる植物から

知らない植物まで・・・・・

 

お散歩 楽しいなぁ

 

また つくりたい!!!

 

 

 

 

ふと ハラが決まる!

ということについて

綴ってみたくなった・・・・・

 

なんだか わかんないけど

ハラが決まってしまえば

現実は動く!

という感覚を信頼している

 

そのことに

裏切られたことはない

 

逆に ハラが決まらない状態だと

だいたい うまくいかないなぁ

と わかる

 

けれども それもよし

 

決まらない には 決まらないわけがあり

 

そういうときは

無理しないのが一番

 

そのときには どうしてだか

わからなくても

一見 失敗したように感じても

あとから 大きく俯瞰する目で眺めると

あぁ それでよかったんだなぁ

と わかる

 

All is Very Very Well

すべては うまくいっている

なのである

 

  

 

  

 

IMG_7821.JPG

 

 

絵が 売れるとき

絵を 頼まれるとき

 

決して 安い金額ではないから

 

そのときに

相手の方が ハラ決めしているのがわかる

 

本当に ありがたいことだ

 

そして

言葉では いいなぁ 欲しいなぁ

と おっしゃってても

 

ハラでは そうでないときも

わかる

 

あと 「 いつか 」

という言葉を使われるときも 同じく・・・

 

 

そういうときは

言葉だけ ありがたく受け取って

そのあと 自分の記憶に残さないようにしている

 

 

  

 

 

以前 ある画家さんの個展に

友人と出かけた折

 

いいですね〜この絵

と 気に入った絵の前で話したら

畳みかけるように

分割払いを勧められて

押し切られるように 買ってしまった友人を

目の前で見たことがあるけど

結局 その後

その友人は 途中キャンセルをして

作家さん自らが 絵を引き取りに来られた時の

気まずいひと時の話を聞いたことがある

 

誰も 悪くないけど

 

ただ お互いに 悲しいよね

 

 

ハラが決まってるかどうかの見極めは大事

  

  

 

 

と そんなことを

数日前 はじめたばかりの

編み物の写真とともに投稿

 

タコさんは 毛糸とセットになっていた

針止め

 

これは ただ

目の前で 編んでた人が

本当に 楽しそうだったから

つられて わたしも始めてしまったもの

 

楽しい波動 最強∞

 

 

 

 

 

【 クリスマス限定企画 】小品の注文制作を承ります

  

 

日々を愛でる・・・写真と詩のカレンダー

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

ポンコツなりに やっていきます

 

自分で理解できたつもり

わかったつもりのことなんて

本当は 全体の中の小さなことで

 

な〜んもわかってないところで

大きく動いているのが

本当のところなんだと思います

 

 

そういう わかんないところの

大きなものを

統合するのに時間がかかってた気がします

 

主に 睡眠学習・・・・・

 

 

旅のまとめ

落とし込み

 

 

  

 

077.JPG

 

 

こういうときは

無駄にジタバタするなぁ

 

  

けれども

この ジタバタから教えられることも

いっぱいあって

 

それは 宝探しみたいなものなんだから

 

みっともない自分を認めてしまえれば

それでいいんじゃないかぁ

 

 

 

こんな ダメな私を

見守ってくれる人たちがいるなんて
友よ ありがとう・・・・・

 

 

 

 

 

正しさで裁かれる っていうのは

こんなに傷つくことなんだな

 

ということを

経験できたからよかった

 

 

悪意を持ってみると

そんなふうに見えるんだ

そういう解釈もあるのか?

というか そういう発想もあったのか???
かなりのショックでもあったけど・・・・・
 
気づかないままでいるより
よかったじゃない
 
 
人間が集団になったときの怖さも
相変わらずだけど
もう 克服しようとは思わない
 
怖いものは怖い
苦手なものは苦手
 
怖いままで いいよ
 
 
  
 

 

この一年を振り返ると

罪悪感から

自分を罰した日々だったなぁ

と 思う

 

 

でも もう それもいいんじゃないか

そろそろ 終わりにしよう

 

 

  

どう がんばったって

わたしは 正しい人にはなれない

 

ポンコツなんだから

 

 

裁くことも 優越感や結束感を味わえて

楽しいかもしれないけど・・・・・
 
ところで
本当にしたいことは
なんでしたっけ???
 
そこに戻らないとね
 
 
ポンコツなりに
したいこと
 
そもそも なんでしたっけ?
 
 
ようやく そこに戻ってこれましたよ
 
 
  
 
179.JPG
 
 
友たちのおかげで
自分の傷に気づけたから
 
そこに 刺さっていた
いくつかの棘を
抜くことにしたよ
 
それらは もといたところへと
戻っていくでしょう
 
 
さようなら
 
 
 
 
 
そして あらためて
 
そもそも どうしたかったんでしょう
 
というところを 見ると
 
 
あぁ ちゃんと
ここに 確固としたものがあったんだ
 
大丈夫だ
 
と 心が静まってきている
 
 
まるで
一周回って
振出しに戻る
みたいにも見えてたけど
 
何か知らんけど
いつのまにか
大きく深く 根が育ってるよ
 
だからね
これで よかったんだよ
 
 
 
ポンコツなりに
今の正直さのレイヤーで
生きていきましょう
 
 
 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

もりのかみさま

  

_MG_44883000.jpg

  

 

きょうは 大楠のいらっしゃるところへ

 

お祈りに行きました

 

 

 

 

誰かのために 何かをする

誰かのために お祈りする
っていうのは
自己満足のためだと思う
 
でも 今は祈ることしかできない
祈りたい
 
そんな気持ちで
ふたりで行ってきました
 
 
でも 何をお祈りするかは
決めないで
 
その場に立ったときに
出てくるものを
感じようと思って・・・

 

 

 

_MG_4497.JPG

 

 

南と北

ふたつ対になった

もりのかみさまの神社でした

 

海の三女神さんたちも

祀られていて

 

歴史ある いいとこでした

 

 

  

 

 

境内には

大きな樹がいっぱい

 

銀杏がいっぱい

 

秋の恵み

 

  

 

 

さて 今 描いている絵は

小休止中
 
  
実は この絵は
14年前に一度描いて
母にプレゼントしていたもの
  
もう一度
描いてみたくなって
描いていました
 
 
描き始めて
ふと 気づくことがあり
 
いま 新たな支持体を注文しているところ
明日 届くかな
 
 
また さいしょから
祈りを込めて
描き直そうと
思っています
 
  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

台風一過 秋分 走馬灯

 

_MG_3726.JPG

 

 

台風一過で

キラキラ

気持ちいい朝でした

 

  

 

_MG_3758.JPG

 

 

私の仕事場は 縁側です

  

お彼岸の光

 

秋の斜光

 

 

 

_MG_3773.jpg

 

 

庭のブッドリアに

蝶がいっぱい

来てました

 

賢太郎さんが

大好きな アオスジアゲハを

撮ってくれた

 

 

 

_MG_3793.JPG

 

 

この種類は

動きが素早くて

撮るの難しいみたいです

 

蒼だけじゃなくて

鮮やかな赤もきれいなんだ〜

と 写真のおかげで知りましたよ

 

 

 

 

きのうは 朝から博多に出かけてました

 

予定では 夕方から夜までだったのが

台風の接近で

朝から昼までに変更になり

 

そのあと

街をちょっと散策しただけで

さっさと熊本へ帰って来てましたら

 

だんだんと風が強くなり

 

夜遅くには

風の音が怖くなって

雨戸を閉めて寝ました

 

この家に引っ越してきて

雨戸閉めるのは

二回目

 

ここは 雨戸を閉めれば

安心して眠れる程度でしたが

福岡のほうは 風が相当怖かったみたい・・・・・

 

 

 

_MG_3677.jpg

 

 

きょうは 秋分だったですね 

 

 

それが関係あるのかどうかわかりませんが

 

絵を描き始めてからのこと

特に

2011年くらいからのことを

さーっと 思い出してました

 

 

総集編みたいに

俯瞰して眺めるような感じ

 

 

美子 「走馬灯みたいに思い出すんだよ

もしかして もうすぐ死ぬのかな〜?」

 

賢太郎 「そんなわけないだろう」

 

美子 「あ! そうだ きっと

古いわたしが もうすぐ死ぬんだね」

 

賢太郎 「うん たぶん そうだよ」

 

美子 「いい加減な返事しないでよ〜〜〜プンプン」

 

 

そぉ〜んな 秋分の碾鷁箸硫駭

でした

 

  

  

 

 

では Hervest Moon の制作に

戻りま〜〜〜す♪

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

ようやく秋かな

 

 残暑を これほど厳しく感じたのは

はじめてかも!

 

たぶん 一度

8月に かなり涼しくなり

身体が油断したから かなぁ?

と 思います

 

 

 

_MG_3141.JPG

 

  

去年 玉東町の池田農園さんの収穫祭に

伺ったときに

 

前に 別の自然栽培の農園でも感じたことなんですが

周辺の雑草が

ものすごく きれいなんですよね

 

キラキラしていて・・・・・

 

蜜柑の樹のまわりに咲いていた

さまざまな雑草たちの中でも

特に この小型の朝顔のようなお花が

かわいくてかわいくて

種を採って来て 植えてたんですが

 

玄関先の子が

きれいに咲いてくれました

 

我が家の玄関は北向きにあるので

縁側のある南側より

秋が来るのが早いのです

 

朝顔は 秋の季語だそう

 

これから楽しみです

 

 

 

_MG_2770.JPG

 

 

これは 賢太郎さんが

週末の 地域の草刈りで見つけてきた

さらに小型の朝顔です

  

かわいい!

 

 

  

 

_MG_2719.JPG

  

  

この うすピンクとマゼンタのハイブリッドも

かわいい!!!!!

  

 

場所を 覚えてもらったので

こんど 種を採りにいこうと思います

 

 

たぶん 全部雑草

と 呼ばれるものたちなんだろうけど

 

わたしの目には とても魅力的に映ります

 

 

 

 

地域の草刈りは 年に二回

 

草刈り機なんか 一度も触ったことのなかった

賢太郎さんが

おじさんたちに教えられながら

徐々に 使えるようになってきています

 

結婚して ここに引っ越してきた当初は

草刈り・・・・・どうしよう!!!!!

なかば 恐怖も感じている様子の賢太郎さんでした
 
わたしも 危なそうだなぁ この人・・・
と 内心 心配ではあったのですが
 
さいしょの二年間は
無理強いされることもなく
私たちは 夫婦二人で
草刈り部隊の後ろについていって
ゴミ拾いをしてました
( 基本 一世帯から一人でいいんだけど
うちは半人前だからなぁ と思って^^ )
 
さいきんは 腰も据わってきたのか
この様子だったら そろそろイケるんじゃないかと思っていたら
案の定 おじちゃんたちに
機械を触らせてもらって
教えてもらえるようになったみたい
 
ここの方たちは
まぁ 私たちがあんまりボケーっとしてるからか
そんなに期待を持たれることもなく
かといって 突き放されるわけでもなく
程よい距離感で
接してくれるなぁ
ありがたいなぁ と 思っています
 
 
 
_MG_2569.JPG
 
 
今年は 隣保班の係が回ってきて
この草刈りのあと
うちに集まって お酒を飲む
お世話をすることになりました
 
庭の藤棚の下に
机を出して
みんなで集まるんです
 
普段どおりの ザーッとしたご飯を出したら
美味しい美味しい と 食べてくれて・・・・・
 

80のおじさん曰く

「 あんた な〜んもせんような顔して

ちゃんと つくれるんやなぁ 」

春にも 言われたセリフで^^

まぁ みんな喜んでくれてました

 

な〜んもせんような顔で

得したなぁ〜〜〜!と

思ったところです(笑)

 

 

たぶん いつも

賢太郎さんを アゴでつかってたからだと思いますが・・・!

 

 

 

 

 

この記事の中の野の花の写真は

一枚目を除いてすべて

詩人 賢太郎さんの撮影です

 

雑草の写真たちに愛を感じるんだよな・・・・・

 

ただいま 来年のカレンダー制作中です

 

 

  

最後の写真は 原種の小豆の花

小粒ですが 美味しいんですよ!

 

去年 庭の隅っこに

ちょこちょこ蒔いていたら

いっぱい 生えてきてます

収穫が楽しみです! 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

卒業 99 くくりの日 羽化 夢

    

4日間連続で

出掛けてました!

 

おかげで ずっと会いたかった友人たちに

タイミングよく会えたり

素敵な出会いもあり

楽しく満たされたけど

 

今日は やっと

途中で止まっていた制作中の絵に戻れて

嬉しい〜〜〜∞

 

基本 引きこもり好きなのかもしれません^^

 

 

 

いま 描いている絵は

月 と 蓮 がモチーフです

 

しばらく 蓮の絵が続きます

 

  

 

 

_MG_1915.JPG 

 

 

なんだか この頃 毎日が

節目感 溢れていて

 

それを象徴する出来事として

お庭のフェンネルに留まってた

蝶のさなぎが羽化

 

蝶博士の賢太郎さんによれば

これは キアゲハだそう

 

実は このフェンネルの葉っぱを丸裸にした芋虫は

合計 4匹だったのですが

 

暑さがひど過ぎたせいか

うち二匹は 蛹になりかけて死んじゃったり

蛹のまま 死んじゃったり・・・・

 

残り 二匹のうちの一匹は

8月中旬には

いつの間にか早々に羽化しちゃってたので

 

同じ時期に蛹となってた この方も

もう ダメだったのかなぁ

と 残念な気持ちでいたら・・・

 

ある朝 羽化されて

フェンネルの茂みの中で

じっとしている

 

こうして

羽に血液が回るのを

待っているそう

 

それにしても

羽化したばかりの

キズひとつない羽の

見事さよ

 

 

 

_MG_1921.JPG

 

 

こちらは 裏面ですね

 

美しいなぁ

 

 

 

この 数日前だったか

 

あることについて

あぁ やっと卒業だなぁ

気づくことがあり

 

それは

許しと共に やってきた・・・

 

何が起こった というわけではない

ちょっと キッカケとなる出来事はあったけどね

 

主に 内面での変化です

 

 

あぁ 許しって

視点が大きくなることなんだなぁ

ものすごく 腑に落ちた

 

大きな視点で観たときに

これは より深いところからの

自分の望みが叶うプロセスだったのか

という気づき

 

そして どこか許せなかったこと

自分の中で頑なに

固まっていたことの溶解 と 受容

 

それが 起きた

 

 

 

DSC_14793000.jpg 

 

 

それから 蝶が羽化した朝は

起きて 台所に立っていたときに

 

ふと

あぁ もう 何一つ

深刻になることなんてないんだなぁ

ということが

突然 腑に落ちてしまった

 

 

 

 

それだけ!

 

それだけ・・・っちゃあ

それだけのことですけどね

 

でも

なんだか 大きな変化だと感じるのですよ

私の中では・・・・・

 

 

 

IMG_7801.JPG

  

 

きのうは 9月9日

くくりの日

 

 

このタイミングで

二枚の絵が納品となりました

 

 

一枚は 宅急便でのお嫁入り

 

もう一枚は

直接 お会いしての納品

 

こちら本当は

5月に ご購入されていたのですが

いろんな ご事情で納品が延期となり

やっと きのうとなりました

 

別に 先月の88に続いて

狙ったわけではありませんが

99

 

急展開で決まった

新築の新居に 今月末引っ越して 飾られるとのこと

 

よかった〜〜〜!

 

 

 

IMG_7767.JPG

 

 

通常 そんなに夢は記憶しない私ですが

このところ

ハッキリとした夢が続いていて

 

起きたら 夢判断してます

(でも 全部はわかりません)

 

やはり 内容的には

節目感が強い感じがします

 

 

 

 

そんな時期なのでしょうか

 

  

 

大きな石の階段

途中 たくさんの煌びやかな衣装を着た人たちを横目に

上って行くと

 

大きな樹たちの源があるところに

辿りつきました

 

いま 思い出しても

なんだか 不思議な風景でした

 

根っこでもない

枝でもない

 

シンプルだけど

今まで見たことがない空間でした

 

 

そのあと ちょっと下りたところで

賢太郎さんと 弁財天さんをお詣りしたり

 

 

うちの近くの池(どこでしょう?)

を 渡る仙人さんの力を

世のために使うようになるんですよ

女性に告げられたり

 

 

そんな 9月ですが

12月にも もっと大きな節目がやってくる気がしています

 

これも 夢の中でですが

6〜7月くらいに

名前をもらったことがあります

 

象形文字みたいなもので

読めなかったけど

なんのカタチかは 不思議とわかりました

 

その名前は 12月までだよ

また 変わるよ

とのことだったので

そうか〜〜〜と 思いました

 

 

夢はおもしろいです

 

ほとんどは 覚えてませんけどね^^

バタンキューの人ですから

  

 

 

 

さて 月が満ちてきました

 

月 と 蓮 の絵を

仕上げていきましょう〜〜〜

 

  

 

69652306_380870762830005_4073942858699112448_n.jpg

これは 久しぶりに

タイミングよく会えた福岡の友人との時間

 

今まで食べたミールスの中で

一番おいしかった!!!

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

それは 本当ですか?

 

きのうは 友人からの突然のお誘いで

近くの町の 廃校になった小学校の一室が

カフェになったところへ

ランチに行ってきました

 

  

 

 

 

ヨルダンへ 二年間 海外青年協力隊で行ってらした方

週に二日間だけ出店されているカフェでした

 

 

 

 

きのうは フムス の ランチと

アラブの珈琲

 

フムスは 以前 ヨーロッパでしばらく一緒に住んでいた

イタリア人の元彼が

ベジタリアンだったため

よく 作ってくれてたもの

 

ひよこ豆と胡麻のペーストなんですが

大好物で

久し振りに食べれて

嬉しかったです!

 

 

アラブの珈琲も

カルダモンが効いてて

乙な味

 

飲んだ後に残った珈琲粉で占いできるのも

おもしろかった

 

 

 

 

ヨルダンに住んでみたら

みんな いい人たちで 温かくて・・・

“ 力説 ” なさっていて

 

あぁ そうか

私たち 現地に行ったことのない日本人の多くが

中東に持っているイメージを

払拭したいというパッションがあられるんだなぁ

感じました

 

ターメルコーヒーさんのページ

 

 

  

 

 

あぁ でも

これは すべてのことに当てはまるよなぁ

 

“ それは 本当ですか? ”

ってこと
 
(・・・あ ここでは人間関係に限定して綴ってみます・・・広げたら大変^^)
 
 
人から聞いた話
何かで読んだ話
過去に判断したもの
知った気になっていること
決めつけていること
 
 
たとえ
目の前の そこにいて
実際に会っていたとしても
 
本当に その人のことを感じている?
 
本当に 観ているようで
本当は なにも観ようとしていないのではないか?
 
見ているつもりでいるのは
過去の経験からくる思い込みがつくったものかも?
 
誰かから聞いて
教えられて
そうだと思い込んでいるイメージなのかも?
 
 
  
目の前にいるようで
目の前にいない
 
 
そこに 見えないヴェールのようなものが
かぶさっていて
 
本当の気持ちが届かない
受けとれない
 
 
そんな やりとりに
心が痛んだり
寂しくなったり
ということが
 
いっぱい あるよなぁ
 
 
 
気が付いたら
その場で 自分のつくった曇りを
クリーニングする
  
過去の “ その人 ” を
見ている自分の曇りを拭いて
 
まっさらな心で
相手を感じる
 
 
 
そんなことの大切さを思います
 
 
 
 
誘ってくれた友人との会話には
とても多くの刺激をもらえて
 
あらためて
わたしの この絵を描く仕事について
一年近く 自分の中で保留にしたままなことについて
文章にしてみようかな
 
今だったら できそうだな
感じているところです
 
 
これから
絵を描きながら
そのことを トライしてみようと思います
 
 
まずは
神さま について
そして
祈り について
 
自分の感じていることを
文章にしていこうと思います
 
  
  
 
 去年の 一筆書きから
一歩進化したグリーンカーテン
 
今年は 葡萄を二株植えましたので
来年は さらに繁る予定です^^

 

  

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

京都の旅・・・さいごに

 

さて 新月も過ぎ

次の作品制作に向けて

きょうは ポケ〜っとしていました

 

ものづくりには

この ポケ〜っな時間が大事

 

この時間に 創作の大方は出来上がっているように感じます

目には 見えなくてもね

 

賢太郎さんと ふたりのお気に入りのカフェに行って

ポケ〜っと時間を過ごしながら

次に描きたい絵のスケッチを

ノートの隅っこに 小さくメモしてました

 

まだ 蓮の絵が続きそうです・・・

 

New Moon の 絵

 

 

 

というところで

京都の旅の続き

さいごに起こったことを ここに綴って

今回の京都の日記は終わりにしたいと思います

 

 

 

_MG_0342.JPG

 

 

この旅の最後の最後に

無音の衝撃

みたいなのを 受けました

 

その瞬間は

何が起こったのか

?????

でしたし しばらくずっと そうでした

 

その時のことを

ちょっと離れたところで見ていた賢太郎さんは

美子が いつもはしないような顔をしているから

何かが起こったんだな

と 思っていたそうです

 

私は 自分が どんな顔をしていたかまでは

思い出せません

 

 

でも 帰り道くらいから

だんだん じわじわと

その衝撃波みたいなのを感じ始めました

  

 

わたしが 今まで

ハートって思ってたのって

なんだったのかなぁ

という思いが 湧き上がってきます

 

なんだか

つくりもののような

気がしてくるのです

 

  

  

  

これまで

ハートをひらいた “ つもりになって ”

積み重ねてきたことって

なんだったんだろう

 

その思いに呼応するような

出来事も起こります

 

あぁ そうか

わたしはハートを開いたつもりになって

勝手に空回りして

自分だけで満足していたんだ

 

 

でも 今までを否定したり

自分を責めたりするために

これが起こっているんではないなぁ

 

もう そういう間違い探し

原因探しみたいなのは

いいよなぁ

とも 感じます

 

 

 

  

結局は

日々の生活の中で

見つけていくだけ

 

そして

今の自分で描ける絵を描いていくだけ

 

 

 

akebonopart.jpg 

 

 

『 曙 』

 
2009年作の この作品は
わたしが産まれた京都の山科にある病院へ
お嫁入りしました
 
リンク先に この絵を描いた経緯を綴っています
 
 
 
この作品のことを思い出し
眺めています
 
 
ずっと未熟であり続けることを
そのまま受け入れて
進化していきます
 
  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

京都から ただいま

  

京都から きのう無事に帰ってきました

 

ただいま

  

 

  

やっぱり 長時間の運転は疲れるので

到着しても 復活するまで

一日くらい グタグタして過ごしました

 

 

 

今回の京都では

お仕事への お申込みは夫婦そろって

何もなく

 

だから ひとつ前の出発前のブログに記事にした通り

どうしたらいいものか

と 焦っていましたが

 

何も予定がないからこその過ごし方ができるではないか!

最後に気づき
 
それを楽しむことにしました
 
 
 
_MG_03363000.jpg

 

 

まずは 50年前に

わたしの産まれたところ

 

産土神社に

お詣りに行ってきました!

 

 

5年前の7月に

産まれて以来はじめて行けてましたが

 

今回は それ以来のことで。。。

 

 

 

京都と滋賀の境目の どん詰まりの山の中

国常立さんの神社で

やっぱり 私らしいとこかも^^

 

  

 

 IMG_5473.jpg 

  

 

これは 5年前にひとりで訪れた時に

撮っていた 境内のお花の写真 

 

 

たしか 5年前にお詣りしたときも

産まれたところに戻る訳だし

そこで

あらためて 自分は残りの人生をどう生きたいか

 

祈りながら

自分に問い直すような時間になったような記憶があります

 

そのとき おそらく

ともに人生を歩むパートナーを願ったことは間違いなく

 

ただ そのことを

願いながらも同時に

諦めていたようなところもあったよなぁ

と・・・・・

 

 

けれども 5年後に

こうして 賢太郎さんとともに訪れることが出来て

しみじみ嬉しかったし

 

また 今の想いを

祈りを通じて

改めて確認する時間になりました

 

 

自分の感覚では

5年前よりも

より想いがシンプルになっているように感じました

 

 

_MG_0399.JPG

  

これは 賢太郎さんが撮っていた

境内のお花

 

 

 

 

_MG_0439.JPG

 

 

次の日には

鴨川の源流を守るお寺へと

足を運んできました

 

前回の京都で

複数の方々に ふたりで訪れては?

と おすすめされていたところでした
 
 
ここも かなりのどん詰まりの場所ですが
 
とてもとても美しい所でした
 
 
ただ 現役の修行の場でもあり
大切にされているところで
山門の中は撮影禁止でしたので写真はありません
 
 
ふたりの写真は 中でゆっくりお祈りさせていただいたあと
住職さんに撮っていただきました
 
 
 
_MG_0430.JPG
  
賢太郎さんが撮ってくれた
山門の近くのお花
 
 

 

 

このお寺さんでは

ゆっくりと 境内の祈りの場を巡り

 

祈りながらまた

自分の思いを確認する時間となりました

 

絵を描いていくことは

もう 強く決めていることで

そのことは 一生揺るぎないものであろうと

感じていますが

 

それを通して

本当に 何をしたいのか

そんなことが 内側から湧き出てきて

それを 口に出していました

 

そこには

何々のために〜〜〜という

かつては あったものが

気が付いたら

削ぎ落とされていってて

 

より シンプルな思いを

自分自身に許せるようになってきているんだな

と 思いました

 

もう 神さまとの取引は

なくなってきてるよなぁ

 

 

 

 

ここで 出発前に完成できなかった

水の柱 光の柱

ここに来る前に完成させなくて

よかったんだ〜〜〜!

ハッキリ感じられました
 
ここを訪れて
ある場所で感じて
身体の中に染み渡ったものを
通して
表現したい
そして
完成にしよう
と 思えました
 
そんな瞬間がありました

 

 

 

 

 

京都では いろんな出会いや再会があり

とても豊かな時間を過ごせました

 

そのことも記事にして

シェアしたいです

 

 

1月以来の想いを

やっと ここに文章にできるな〜

ということもあります

 

半年かかったけど

衝動的に そこで結論づけなくてよかったんだ

書けなかったのには

それなりの理由があるんだな

とも思いました

 

 

 

 

まずは 熊本へ帰ってきたご報告まで

 

 

水の柱 光の柱

の 続きを描いて

完成させます!

 

 

ここまで読んで下さり

ありがとうございます

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

明日 出発〜

 

美子.jpg

  

 

あした 京都へ向けて出発します

夕方〜夜くらい・・・・・かな?

 

 

京都へは 定期的に通うことになりそう

 

それは 10年近く前からの

わたしの夢が叶っている

ということです

 

 

  

 

  

一緒に通うことになりそうな

賢太郎さんには

自分の夢を叶えてもらえているような気持ち

 

でも 数日前

よく話してみたら

はじまりは 私の長年の想いがキッカケのようで

 

彼には 彼の想いがあり

それぞれの想いは 違うんだけど

でも なぜか 同じ方向を見ていて

今 一緒に行くことになっているんだなぁ

ということを確認し合いました

 

そんなことを

ゆっくり話すのが 楽しかった

 

 

 

 

上の 写真の作品は

賢太郎さんが 私のために制作してくれたもの

フォトメッセージです

 

おととしの12月に 書いてくれました

 

このときは

もしかしたら 次の年に夢が叶うかもしれない

というくらいの頃で・・・
 
書いてあるメッセージが
その後
本当に その言葉の通りに
日々 大切なことになっていくようになるとは
ふたりとも 想像もしていなかったから
 
今 眺めると
不思議な気持ち
 
  
 
_MG_5980.JPG
 
 
昨日の朝は
 
自分が いかに
余計な心配して てんてこ舞いしているか
というのが
手に取るように見えてしまい
 
だっはっは!!!
ひとり大笑いしていました
 
 
   
まさに 意識の無駄遣い
ひとりエネルギー駄々洩れ状態
 
それどころか
気持ちのよい流れを
自分でこうして堰き止めてるんだなぁ
しみじみ・・・・・
気づいてしまった!!!!!
 
それでも 数十分後には
また やってる! 
 
  
 
インスピレーション と 焦りからの思い付き
見事な混同!
 
あぁ これ この人生50年間で
ずっと やってきてたんだわ
 
ぎゃあ
 
 
これが デフォルトだったんだ・・・・・
 
気づいてみると
こんどは 気持ちが悪い
 
違和感を感じる
 
まだまだ 癖だから
気づいても
また やってる
 
違和感感じる
気持ち悪い
 
修正
 
その繰り返し〜〜〜笑
 
 
そんな この頃です
 
 
 
 
どうにかしなくては
からの 思い付き 言動を
削っていったら
 
結局は
ただ やる
日々のこと
って なっていくよね
 
そして まさに
そのことが 夢が叶っていることなんだなぁ
 
 
 
元さん.jpg 
 
 
これは 同じ時に
わたしの父に書いてくれたもの
 
父は 11年前に亡くなっています
 
 
きょうは お盆
満月の夜
 
満月に 作品が完成することが続いていましたが
 
今宵は叶わず
 
 
描いていたのは
お父さんが亡くなるときに感じた
光の柱
 
水の柱 光の柱
 
 
 
描き上げてから
京都へ行けたらいいな
 
どうなるかな
 
 
 
新作については 帰って来てから・・・
 
 
京都 楽しんできます
 
いってきま〜〜〜〜す
 
 
 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon