卒業 99 くくりの日 羽化 夢

    

4日間連続で

出掛けてました!

 

おかげで ずっと会いたかった友人たちに

タイミングよく会えたり

素敵な出会いもあり

楽しく満たされたけど

 

今日は やっと

途中で止まっていた制作中の絵に戻れて

嬉しい〜〜〜∞

 

基本 引きこもり好きなのかもしれません^^

 

 

 

いま 描いている絵は

月 と 蓮 がモチーフです

 

しばらく 蓮の絵が続きます

 

  

 

 

_MG_1915.JPG 

 

 

なんだか この頃 毎日が

節目感 溢れていて

 

それを象徴する出来事として

お庭のフェンネルに留まってた

蝶のさなぎが羽化

 

蝶博士の賢太郎さんによれば

これは キアゲハだそう

 

実は このフェンネルの葉っぱを丸裸にした芋虫は

合計 4匹だったのですが

 

暑さがひど過ぎたせいか

うち二匹は 蛹になりかけて死んじゃったり

蛹のまま 死んじゃったり・・・・

 

残り 二匹のうちの一匹は

8月中旬には

いつの間にか早々に羽化しちゃってたので

 

同じ時期に蛹となってた この方も

もう ダメだったのかなぁ

と 残念な気持ちでいたら・・・

 

ある朝 羽化されて

フェンネルの茂みの中で

じっとしている

 

こうして

羽に血液が回るのを

待っているそう

 

それにしても

羽化したばかりの

キズひとつない羽の

見事さよ

 

 

 

_MG_1921.JPG

 

 

こちらは 裏面ですね

 

美しいなぁ

 

 

 

この 数日前だったか

 

あることについて

あぁ やっと卒業だなぁ

気づくことがあり

 

それは

許しと共に やってきた・・・

 

何が起こった というわけではない

ちょっと キッカケとなる出来事はあったけどね

 

主に 内面での変化です

 

 

あぁ 許しって

視点が大きくなることなんだなぁ

ものすごく 腑に落ちた

 

大きな視点で観たときに

これは より深いところからの

自分の望みが叶うプロセスだったのか

という気づき

 

そして どこか許せなかったこと

自分の中で頑なに

固まっていたことの溶解 と 受容

 

それが 起きた

 

 

 

DSC_14793000.jpg 

 

 

それから 蝶が羽化した朝は

起きて 台所に立っていたときに

 

ふと

あぁ もう 何一つ

深刻になることなんてないんだなぁ

ということが

突然 腑に落ちてしまった

 

 

 

 

それだけ!

 

それだけ・・・っちゃあ

それだけのことですけどね

 

でも

なんだか 大きな変化だと感じるのですよ

私の中では・・・・・

 

 

 

IMG_7801.JPG

  

 

きのうは 9月9日

くくりの日

 

 

このタイミングで

二枚の絵が納品となりました

 

 

一枚は 宅急便でのお嫁入り

 

もう一枚は

直接 お会いしての納品

 

こちら本当は

5月に ご購入されていたのですが

いろんな ご事情で納品が延期となり

やっと きのうとなりました

 

別に 先月の88に続いて

狙ったわけではありませんが

99

 

急展開で決まった

新築の新居に 今月末引っ越して 飾られるとのこと

 

よかった〜〜〜!

 

 

 

IMG_7767.JPG

 

 

通常 そんなに夢は記憶しない私ですが

このところ

ハッキリとした夢が続いていて

 

起きたら 夢判断してます

(でも 全部はわかりません)

 

やはり 内容的には

節目感が強い感じがします

 

 

 

 

そんな時期なのでしょうか

 

  

 

大きな石の階段

途中 たくさんの煌びやかな衣装を着た人たちを横目に

上って行くと

 

大きな樹たちの源があるところに

辿りつきました

 

いま 思い出しても

なんだか 不思議な風景でした

 

根っこでもない

枝でもない

 

シンプルだけど

今まで見たことがない空間でした

 

 

そのあと ちょっと下りたところで

賢太郎さんと 弁財天さんをお詣りしたり

 

 

うちの近くの池(どこでしょう?)

を 渡る仙人さんの力を

世のために使うようになるんですよ

女性に告げられたり

 

 

そんな 9月ですが

12月にも もっと大きな節目がやってくる気がしています

 

これも 夢の中でですが

6〜7月くらいに

名前をもらったことがあります

 

象形文字みたいなもので

読めなかったけど

なんのカタチかは 不思議とわかりました

 

その名前は 12月までだよ

また 変わるよ

とのことだったので

そうか〜〜〜と 思いました

 

 

夢はおもしろいです

 

ほとんどは 覚えてませんけどね^^

バタンキューの人ですから

  

 

 

 

さて 月が満ちてきました

 

月 と 蓮 の絵を

仕上げていきましょう〜〜〜

 

  

 

69652306_380870762830005_4073942858699112448_n.jpg

これは 久しぶりに

タイミングよく会えた福岡の友人との時間

 

今まで食べたミールスの中で

一番おいしかった!!!

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

それは 本当ですか?

 

きのうは 友人からの突然のお誘いで

近くの町の 廃校になった小学校の一室が

カフェになったところへ

ランチに行ってきました

 

  

 

 

 

ヨルダンへ 二年間 海外青年協力隊で行ってらした方

週に二日間だけ出店されているカフェでした

 

 

 

 

きのうは フムス の ランチと

アラブの珈琲

 

フムスは 以前 ヨーロッパでしばらく一緒に住んでいた

イタリア人の元彼が

ベジタリアンだったため

よく 作ってくれてたもの

 

ひよこ豆と胡麻のペーストなんですが

大好物で

久し振りに食べれて

嬉しかったです!

 

 

アラブの珈琲も

カルダモンが効いてて

乙な味

 

飲んだ後に残った珈琲粉で占いできるのも

おもしろかった

 

 

 

 

ヨルダンに住んでみたら

みんな いい人たちで 温かくて・・・

“ 力説 ” なさっていて

 

あぁ そうか

私たち 現地に行ったことのない日本人の多くが

中東に持っているイメージを

払拭したいというパッションがあられるんだなぁ

感じました

 

ターメルコーヒーさんのページ

 

 

  

 

 

あぁ でも

これは すべてのことに当てはまるよなぁ

 

“ それは 本当ですか? ”

ってこと
 
(・・・あ ここでは人間関係に限定して綴ってみます・・・広げたら大変^^)
 
 
人から聞いた話
何かで読んだ話
過去に判断したもの
知った気になっていること
決めつけていること
 
 
たとえ
目の前の そこにいて
実際に会っていたとしても
 
本当に その人のことを感じている?
 
本当に 観ているようで
本当は なにも観ようとしていないのではないか?
 
見ているつもりでいるのは
過去の経験からくる思い込みがつくったものかも?
 
誰かから聞いて
教えられて
そうだと思い込んでいるイメージなのかも?
 
 
  
目の前にいるようで
目の前にいない
 
 
そこに 見えないヴェールのようなものが
かぶさっていて
 
本当の気持ちが届かない
受けとれない
 
 
そんな やりとりに
心が痛んだり
寂しくなったり
ということが
 
いっぱい あるよなぁ
 
 
 
気が付いたら
その場で 自分のつくった曇りを
クリーニングする
  
過去の “ その人 ” を
見ている自分の曇りを拭いて
 
まっさらな心で
相手を感じる
 
 
 
そんなことの大切さを思います
 
 
 
 
誘ってくれた友人との会話には
とても多くの刺激をもらえて
 
あらためて
わたしの この絵を描く仕事について
一年近く 自分の中で保留にしたままなことについて
文章にしてみようかな
 
今だったら できそうだな
感じているところです
 
 
これから
絵を描きながら
そのことを トライしてみようと思います
 
 
まずは
神さま について
そして
祈り について
 
自分の感じていることを
文章にしていこうと思います
 
  
  
 
 去年の 一筆書きから
一歩進化したグリーンカーテン
 
今年は 葡萄を二株植えましたので
来年は さらに繁る予定です^^

 

  

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

京都の旅・・・さいごに

 

さて 新月も過ぎ

次の作品制作に向けて

きょうは ポケ〜っとしていました

 

ものづくりには

この ポケ〜っな時間が大事

 

この時間に 創作の大方は出来上がっているように感じます

目には 見えなくてもね

 

賢太郎さんと ふたりのお気に入りのカフェに行って

ポケ〜っと時間を過ごしながら

次に描きたい絵のスケッチを

ノートの隅っこに 小さくメモしてました

 

まだ 蓮の絵が続きそうです・・・

 

New Moon の 絵

 

 

 

というところで

京都の旅の続き

さいごに起こったことを ここに綴って

今回の京都の日記は終わりにしたいと思います

 

 

 

_MG_0342.JPG

 

 

この旅の最後の最後に

無音の衝撃

みたいなのを 受けました

 

その瞬間は

何が起こったのか

?????

でしたし しばらくずっと そうでした

 

その時のことを

ちょっと離れたところで見ていた賢太郎さんは

美子が いつもはしないような顔をしているから

何かが起こったんだな

と 思っていたそうです

 

私は 自分が どんな顔をしていたかまでは

思い出せません

 

 

でも 帰り道くらいから

だんだん じわじわと

その衝撃波みたいなのを感じ始めました

  

 

わたしが 今まで

ハートって思ってたのって

なんだったのかなぁ

という思いが 湧き上がってきます

 

なんだか

つくりもののような

気がしてくるのです

 

  

  

  

これまで

ハートをひらいた “ つもりになって ”

積み重ねてきたことって

なんだったんだろう

 

その思いに呼応するような

出来事も起こります

 

あぁ そうか

わたしはハートを開いたつもりになって

勝手に空回りして

自分だけで満足していたんだ

 

 

でも 今までを否定したり

自分を責めたりするために

これが起こっているんではないなぁ

 

もう そういう間違い探し

原因探しみたいなのは

いいよなぁ

とも 感じます

 

 

 

  

結局は

日々の生活の中で

見つけていくだけ

 

そして

今の自分で描ける絵を描いていくだけ

 

 

 

akebonopart.jpg 

 

 

『 曙 』

 
2009年作の この作品は
わたしが産まれた京都の山科にある病院へ
お嫁入りしました
 
リンク先に この絵を描いた経緯を綴っています
 
 
 
この作品のことを思い出し
眺めています
 
 
ずっと未熟であり続けることを
そのまま受け入れて
進化していきます
 
  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

京都から ただいま

  

京都から きのう無事に帰ってきました

 

ただいま

  

 

  

やっぱり 長時間の運転は疲れるので

到着しても 復活するまで

一日くらい グタグタして過ごしました

 

 

 

今回の京都では

お仕事への お申込みは夫婦そろって

何もなく

 

だから ひとつ前の出発前のブログに記事にした通り

どうしたらいいものか

と 焦っていましたが

 

何も予定がないからこその過ごし方ができるではないか!

最後に気づき
 
それを楽しむことにしました
 
 
 
_MG_03363000.jpg

 

 

まずは 50年前に

わたしの産まれたところ

 

産土神社に

お詣りに行ってきました!

 

 

5年前の7月に

産まれて以来はじめて行けてましたが

 

今回は それ以来のことで。。。

 

 

 

京都と滋賀の境目の どん詰まりの山の中

国常立さんの神社で

やっぱり 私らしいとこかも^^

 

  

 

 IMG_5473.jpg 

  

 

これは 5年前にひとりで訪れた時に

撮っていた 境内のお花の写真 

 

 

たしか 5年前にお詣りしたときも

産まれたところに戻る訳だし

そこで

あらためて 自分は残りの人生をどう生きたいか

 

祈りながら

自分に問い直すような時間になったような記憶があります

 

そのとき おそらく

ともに人生を歩むパートナーを願ったことは間違いなく

 

ただ そのことを

願いながらも同時に

諦めていたようなところもあったよなぁ

と・・・・・

 

 

けれども 5年後に

こうして 賢太郎さんとともに訪れることが出来て

しみじみ嬉しかったし

 

また 今の想いを

祈りを通じて

改めて確認する時間になりました

 

 

自分の感覚では

5年前よりも

より想いがシンプルになっているように感じました

 

 

_MG_0399.JPG

  

これは 賢太郎さんが撮っていた

境内のお花

 

 

 

 

_MG_0439.JPG

 

 

次の日には

鴨川の源流を守るお寺へと

足を運んできました

 

前回の京都で

複数の方々に ふたりで訪れては?

と おすすめされていたところでした
 
 
ここも かなりのどん詰まりの場所ですが
 
とてもとても美しい所でした
 
 
ただ 現役の修行の場でもあり
大切にされているところで
山門の中は撮影禁止でしたので写真はありません
 
 
ふたりの写真は 中でゆっくりお祈りさせていただいたあと
住職さんに撮っていただきました
 
 
 
_MG_0430.JPG
  
賢太郎さんが撮ってくれた
山門の近くのお花
 
 

 

 

このお寺さんでは

ゆっくりと 境内の祈りの場を巡り

 

祈りながらまた

自分の思いを確認する時間となりました

 

絵を描いていくことは

もう 強く決めていることで

そのことは 一生揺るぎないものであろうと

感じていますが

 

それを通して

本当に 何をしたいのか

そんなことが 内側から湧き出てきて

それを 口に出していました

 

そこには

何々のために〜〜〜という

かつては あったものが

気が付いたら

削ぎ落とされていってて

 

より シンプルな思いを

自分自身に許せるようになってきているんだな

と 思いました

 

もう 神さまとの取引は

なくなってきてるよなぁ

 

 

 

 

ここで 出発前に完成できなかった

水の柱 光の柱

ここに来る前に完成させなくて

よかったんだ〜〜〜!

ハッキリ感じられました
 
ここを訪れて
ある場所で感じて
身体の中に染み渡ったものを
通して
表現したい
そして
完成にしよう
と 思えました
 
そんな瞬間がありました

 

 

 

 

 

京都では いろんな出会いや再会があり

とても豊かな時間を過ごせました

 

そのことも記事にして

シェアしたいです

 

 

1月以来の想いを

やっと ここに文章にできるな〜

ということもあります

 

半年かかったけど

衝動的に そこで結論づけなくてよかったんだ

書けなかったのには

それなりの理由があるんだな

とも思いました

 

 

 

 

まずは 熊本へ帰ってきたご報告まで

 

 

水の柱 光の柱

の 続きを描いて

完成させます!

 

 

ここまで読んで下さり

ありがとうございます

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

明日 出発〜

 

美子.jpg

  

 

あした 京都へ向けて出発します

夕方〜夜くらい・・・・・かな?

 

 

京都へは 定期的に通うことになりそう

 

それは 10年近く前からの

わたしの夢が叶っている

ということです

 

 

  

 

  

一緒に通うことになりそうな

賢太郎さんには

自分の夢を叶えてもらえているような気持ち

 

でも 数日前

よく話してみたら

はじまりは 私の長年の想いがキッカケのようで

 

彼には 彼の想いがあり

それぞれの想いは 違うんだけど

でも なぜか 同じ方向を見ていて

今 一緒に行くことになっているんだなぁ

ということを確認し合いました

 

そんなことを

ゆっくり話すのが 楽しかった

 

 

 

 

上の 写真の作品は

賢太郎さんが 私のために制作してくれたもの

フォトメッセージです

 

おととしの12月に 書いてくれました

 

このときは

もしかしたら 次の年に夢が叶うかもしれない

というくらいの頃で・・・
 
書いてあるメッセージが
その後
本当に その言葉の通りに
日々 大切なことになっていくようになるとは
ふたりとも 想像もしていなかったから
 
今 眺めると
不思議な気持ち
 
  
 
_MG_5980.JPG
 
 
昨日の朝は
 
自分が いかに
余計な心配して てんてこ舞いしているか
というのが
手に取るように見えてしまい
 
だっはっは!!!
ひとり大笑いしていました
 
 
   
まさに 意識の無駄遣い
ひとりエネルギー駄々洩れ状態
 
それどころか
気持ちのよい流れを
自分でこうして堰き止めてるんだなぁ
しみじみ・・・・・
気づいてしまった!!!!!
 
それでも 数十分後には
また やってる! 
 
  
 
インスピレーション と 焦りからの思い付き
見事な混同!
 
あぁ これ この人生50年間で
ずっと やってきてたんだわ
 
ぎゃあ
 
 
これが デフォルトだったんだ・・・・・
 
気づいてみると
こんどは 気持ちが悪い
 
違和感を感じる
 
まだまだ 癖だから
気づいても
また やってる
 
違和感感じる
気持ち悪い
 
修正
 
その繰り返し〜〜〜笑
 
 
そんな この頃です
 
 
 
 
どうにかしなくては
からの 思い付き 言動を
削っていったら
 
結局は
ただ やる
日々のこと
って なっていくよね
 
そして まさに
そのことが 夢が叶っていることなんだなぁ
 
 
 
元さん.jpg 
 
 
これは 同じ時に
わたしの父に書いてくれたもの
 
父は 11年前に亡くなっています
 
 
きょうは お盆
満月の夜
 
満月に 作品が完成することが続いていましたが
 
今宵は叶わず
 
 
描いていたのは
お父さんが亡くなるときに感じた
光の柱
 
水の柱 光の柱
 
 
 
描き上げてから
京都へ行けたらいいな
 
どうなるかな
 
 
 
新作については 帰って来てから・・・
 
 
京都 楽しんできます
 
いってきま〜〜〜〜す
 
 
 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

変化することを優しく受け入れていこう

 

isispart2.jpg

 

 

考えてみれば

変化しないものなんてない

 

変化しない瞬間もない

 

・・・・・はずなんだけど

今 あぁ大きな変化だなぁ

 

奥のほうで 動いているなぁ

ちょっと 特別に感じている

 

 

というのは

私の 抵抗が大きいから?

 

 

いやいや

もしかして

ようやく 変化することにOKが出てきたからかな〜?

 

・・・・・じゃあ 抵抗は 過去形だね

 

  

 

 

今 描いている絵は

描きなおし描きなおしで

5枚目 です

 

なんかね

ちょっとしたところで

ひっかかる

違和感が出てくる

 

 

こんなこと

前だったら

ぜんぜん 違和感もなにも感じなかったとこだよなぁ

というところで

 

あれ? 違う・・・・・!

と 感じてしまう

 

 

以前だったら

ここで 自分を責めてしまうよなぁ

 

だけど 今は

そうでもないな

 

 

こうやって

殻を 破っていくんだ

 

これを 繰り返しているうちに

産まれるだろう

 

 

ここに 集中してればいいのだ

 

そんな安心感もある

 

 

 

明けない夜はない

  

産まれない絵はない

 

 

 

 

 

isispart1.jpg

 

 

惰性で 動こうとすると

出てくる違和感

 

こんなところで・・・・・??!!!

というのを

とりあえず

どうにかしようとしないで

優しく放置しとく部分も持ちながら・・・

 

これ違う と思ったら

すぐに排除したくなるのは

なんでだ〜?

と 眺めていたら

 

あぁ やっぱり

こんな恐れがあったんだね

というのが

見えてきている

 

それは 怖くても仕方ないよな

 

気付かないふりして

なかったことには出来ない

 

その恐れを認めた上で

それを理由に ここに留まり続けるか?

でも そうやって 何かのせいにして生きるのは

もう 飽き飽きしているんだよ

 

これのせいって思っている

そのものだって

ホントは 自分でつくってるものなんだしね

 

 

 

 

 

そんなこんなとは 並行して

絵は 描きなおし描きなおししながら

描いていこう

 

 

 

 

きょうは 8月8日

88

 

絵の納品の日

 

待ち合わせの場所に

作品を持って

いってきま〜〜〜〜す!

 

 

作品は 『 Mother 』

  

無事 納品できたら

ここで 紹介しますね

  

 

 

 

この記事で紹介している作品は

2015年作 の『 イシスの涙 』です

  

  

  

 

京都での対面セッションのお知らせ

 

Yoshiko Art の 注文制作をご希望の方で

直接 お会いして 絵を描いてもらいたい方

この機会に どうぞ

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

ご縁の妙 タイミングの妙

  

transformvioletinframe.jpg  

 

   

先日 紹介した新作

Transformation 〜紫の蝶〜

紹介して数時間で お嫁入りが決まりました

  

ありがとうございます!!!

 

 

 

どんな経緯で この絵を見つけて

ご購入を決めて下さったか

とても 興味があったので

メールにて お訊ねしてみました

 

 

一年ほど前  このブログで

紹介していた作品 『 アメノミナカヌシ 』と

その作品に 賢太郎さんが書いてくれた詩に

たいへん 励まされていたそうです

  

  

 

 

 

『 アメノミナカヌシ 』

2012年作

 

 

  

どうしようもない

闇の中から

ギフトをつかみ

戻ってきた。 

 

虹のような 輝きを

増し

戻ってきた。 

 

更なる 高みへと

飛び立つために。

 


Message by   詩人 碾 賢太郎

 

 

 

去年の6月に

夏至の前に・・・・・ ” という記事で

紹介していました

 

 

  

 

 

それで この新作の画像を見た時

 

アメノミナカヌシ と 繋がっている絵だ!

感じてすぐ お申込み下さったそうです

 

 

 

 

実は 私も

以前 描いていた

アメノミナカヌシ を

さらに深めたものを 小さい絵にしたら

おもしろいよなぁ!!!!!

と 内心では思いながら描いていたので

 

わかったんだ〜〜〜

わぁ 嬉しい!

と 思いました

 

 

おもしろいことに

ひとつ前の記事

アメノミナカヌシの画像と共に

 

これから 変容の蝶 の絵を描きますよ〜

予告してたんですが

そちらは 読んでおられなかったみたい!

 

あとから読んで

ビックリされてました(笑)
 

 

 

変容の蝶 のスケッチは

もう 随分前から描いてたんですが

 

私自身が

今だ!っていうタイミングで描くのが大事

と 感じて

しばらく スケッチブックの中で

寝かしておいた絵です

 

 

それが

私たちが知らないところで

ブログの画像やメッセージから

何かを 受けとって下ってた方と

タイミングがピッタリ合って

 

こんな風に ご縁が繋がり・・・・・

 

 

とてもとても

嬉しいなぁ!!!!!

 

 

 

 

 

私自身 去年の秋くらいから

自分なりに 積み上げてきてたものが

自分の中で

一度 崩れていって

 

それまで なんの疑問もなく

出来ていたことが

難しくなったり

滞ったり

どんどん ヘンになっていって・・・

 

その間に

余計なものが いっぱい

剥がれていって

 

とても 苦しかったけど

もうすぐ抜けるなぁ!

と 感じたタイミングで

この絵を描きました

 

 

一巡りして

一段 シンプルになり

 

素直に

ただ 描きたいものを描こう

という気持ち

 

 

これは 最初に描き始めたときの

2001年の 冬至の

あのときの初心と まったく同じ

 

でも

同じようで

何かが 違う

 

 

たぶん 深さが違うんだと思います

 

 

それは

受け取って下さる方々との出会いを経ているから

だと 思います

 

 

はじまりの時は

誰かが 絵を買ってくれる

だなんて

まるで 想像もしていなかったです

 

でも じきに

買ってもらえるようになり・・・

それが 仕事となり・・・・・

 

 

絵を買ってもらえるのは

嬉しいけど

 

それでも

ぶれずに 描きたいものを描き続けるのは

難しいし

勇気がいる

 

 

でも 今 実感している答えは

 

自分のために

自分の描きたいものを描くことで

繋がるご縁は

必ずある ということ

 

そして

それは 本当に喜びで

本物なんだ

ということです

 

 

 

  

 

この記事を綴り始めた時に

考えてた内容とは

違うところに 話がいってますが

 

今 ふと思い出したことを

最後に 綴ってみようと思います

 

 

 

絵を描き始めた場所

スコットランド の Findohorn に 住んでいたとき

 

イギリス人のプロの画家の女性が

コミュニティに滞在していたので

描き始めたばかりの作品を

観てもらったことがある

 

 

彼女は 私の絵を眺めながら

 

ギャラリーで売れる絵 っていうのがあって

それは

楽器を演奏している人物の絵

って 言ってたかな

 

そういうのを 描かなきゃいけない

とかね

話してくれた

 

あとは

絵の著作権の話

(これは ものすごく役に立っている 感謝)

 

 

それで 結局

私の作品については

特に なんの感想ももらえなかった

 

ちょっと がっかり・・・

 

 

 

でもね

彼女が 部屋を出ていったあと

 

横で 黙って 話を聞いていた

ルームメイトが言ったの

 

 

あなたは

彼女が 出来ていないことを

もうすでに はじめているのよ!

 

それは

自分が描きたい絵を

描くってことよ!!!

 

そう言って

ニヤリと笑った顔を

今 思い出した!!!!! 

 

 

 

なんだか

タイトルとは関係ないような話になりましたが

 

もうひとつ タイミングのことについて

綴りたかった話は

また 次の機会に・・・・・!

 

 

 

今 描き始めている絵は

タイトル

『 水の柱 光の柱 』

に なる予定

 

 

父が亡くなるときに感じたものを

絵に出来たらいいなぁ

描いています 

 

 

 

大好きな人たちが

いいタイミングで 九州に来るので

大好きな水の場所に

一緒に 行ってこようと思います

 

暑いしね^^ 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

   

危機感を煽るのは 違ったなぁと思った話

 

_MG_7790.JPG 

 

 

去年だったか お庭に植えた

ブッドリアが

ぐんぐん 大きくなって

2メートルは 優に超える木に育っています

 

別名 蝶を呼ぶ花

 

名前通り

さまざまな蝶が 寄ってくるので

それを 縁側から眺めるのが

とても 楽しいです

 

 

 

_MG_8075.JPG 

 

 

一度に 色とりどりの さまざまな種の蝶たちが

花の房で 蜜を吸っている風景は圧巻

・・・・・なのですが

なかなか 写真に撮るのは難しいですね

 

みなさん敏感で

すぐに逃げちゃう

 

 

 

この記事中の写真は

すべて 蝶好きの賢太郎さん撮影のもの

 

自分の気配を消すと

撮れるらしいですよ

 

ポートレートも いつも

気配を消して撮ってるみたいなので

得意なんだろうな

 

  

 

_MG_7844.JPG

 

 

これは ここに引っ越してきて

はじめて 見るようになった

イシガキチョウ

 

なんともいえない紋様と色合いが

大好きです

 

  

 

_MG_8072.JPG 

 

 

これは アカタテハ 

(↑間違い ツマグロヒョウモンだそうです)

・・・っていうのかな?

 

名前は いつも 賢太郎さんから教えてもらうんだけど

うろ覚え〜〜〜〜〜笑

(まったくもって その通り^^)

 

 

その他 アゲハも来るし

あと アオスジタテハ

(↑これも間違い アオスジアゲハだそう)

黒地にブルーグリーンの入ったのも

とても 大好きです

 

これは 父が好きな蝶だったので

見るたびに 父を思い出します

 

父も 子供の頃

蝶が大好きで 一人で英彦山に入り

蝶採りしてたそう

 

 

それから 大型の黒いアゲハにも

モンキアゲハ とか ナガサキアゲハ・・・・・だったかな

そういう名前のが 飛んできますが

羽が大きくて

飛び方が ゆったり優美

 

 

ブッドリアを一本植えただけで

こ〜んなに 蝶が来てくれるんなら

ぜひ もう一本植えよう!

と 話しているところです

 

次は 白い花もいいな

 

  

 

_MG_7827.JPG

 

 

と 蝶の話で盛り上がったところで・・・・・

 

 

  

先日の参議院選挙投票の日曜日

賢太郎さんと 出掛けた先で

話したご夫婦に 何気なく

「 もう投票 行かれました〜? 」

と 尋ねたら

 

「 私たちは 投票へは行かないんです 」

という話になりました

 

理由を聞いてみると

票を入れたい人がいない

誰も信用できない

政治の世界は

自分たちには関係ないことと思っている

とのこと

 

 

もし 投票に行かないことが

自分たちの望まないことを黙認する結果になったら?

と 聞いてみると

 

いくらなんでも

そんなに ひどい事にはならないと思うから

どうなっても構わない

どうせ 関係ないんだから

万が一 そうなった時には

全力で抵抗するけど 今はそこまでではないと思う

という話に・・・・・

 

  

わたしには コントロール癖が強くあるなぁ

と 今現在 意識しているところなので

そこを 突っ込みたくなる衝動を抑えて

そうなんだぁ

と 話を切り上げたけど・・・

   

そのときの私は

なんかこう 危機感を煽ることで

相手を操作しようとしてたなぁ

 

つまり

投票に行かないと

ひどいことになるよ

だから そうならないように行こうよ

・・・とね

持っていこうとしていたなぁ!

 

  

一日ほど モヤモヤしたあと

きのう ふと そのことに気づきました

 

 

  

ネガティブな理由をベースにして

行動するのって

違うよな

 

それは 脅されるのと一緒

  

そして

本当に望む結果にはならない やり方

 

 

  

実際 私自身は

大人になってから ずっと 投票には行ってたけど

本当に 入れたいと感じる人がいなくて

消去法で決めたり

時には 白紙で出したりしてた人です

 

けど 数年前から

大きく共感できるムーブメントを感じ出して

気になる人の演説に行ったり

Youtube で チェックしたり

新しいビジョンを観るのが面白くて

投票に行くのが 楽しくなっているところ

 

これからの選挙も

ものすごく楽しみになっている

 

ワクワクするから 動く

 

ただ それだけです

 

 

 

そうそう

その ご夫婦と話していたときに

 

「 美子さんは どうなんですか? 」

って 聞かれたときに

 

前は 入れたい人いないままに投票行ってたけど

数年前から 面白くなってきたって話をしたときだけ

 

どことなく 普段より表情硬く

防衛的だった ご主人の顔が

ふっと ゆるんだような気がした・・・

 

 

  

選挙の時期は

いろんな人に 投票に行かないことについて

突っ込まれて

なんだか 居心地悪いらしい

 

たぶんね

彼らなりのポリシーを

正しさでジャッジされたり

危機感を煽られて

罪悪感を持たされたり

 

そういう 押しつけで

外から変えられたくないんだろうな

 

 

私も そうだから

わかるわ

 

∞ 

 

 

 

 

 

 

また 蝶の絵を描こうと思います

 

今回は 小さな絵

 

変容の蝶

 

 

 

ゼロポイントの絵

 

 

創造の根っこに

 

内側からの 奥深くからの

本当の 〜〜したい!

が 繋がっているような

 

 

表面的な 引き寄せもいいけど

 

地殻変動のような

大きくひっくり返るような

引き寄せを

 

今は

感じてみたいから

 

 

集合意識の 底からの動きを感じながら

紫の 変容の蝶

描いてみます

 

 

 

 

 

 

 

京都には 8月は

17〜20日 滞在予定です

 

絵の注文制作の対面セッションを

京都で ご希望の方は

メッセージを下さいませ

スケジュール調整 はじめていこうと思います

 

 

お問い合わせメール は こちらからどうぞ 

 

 

 

よろしくお願いします 

 

 

 

 

∞ 

  

 

Yoshiko Art 

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

  

  

山羊座満月に完成

 

_MG_9049.jpg 

 

 

二日連続

ポートレートの実験台になってました

 

 

これは

おとといの夕暮れに・・・

 

夕焼けをバックに撮りたかったみたいですが

残念ながら

空は焼けず

 

でも 暮れゆく藍の空も

いいもんですね

 

おもしろい色合いの写真!

 

 

 

 

_MG_9060.JPG 

 

 

ちょうど 反対側の東の空には

満ちる直前の 朱いお月さまが昇るところでしたよ

 

ホントは 月光が水面に写って

ゆらゆらと光ってる菊池川も

撮りたかったんですが

うまくいかなった〜〜〜残念

 

 

 

 

そして

きのうの翌朝早く 満月に・・・・・

 

満月の時間は

頭 ぼーっとしてましたが

 

その後 絵を完成!

 

 

おかげさまで

ご注文いただいた

二枚の作品が

無事 仕上がったことになります

 

 

一枚目は

『 Mother 』 深いブルーの絵に

 

二枚目は

『 Remember 』 淡いピンクの絵に

 

 

いずれも 納品しましたら

ここで 紹介していきますね

 

 

ハガキサイズの小さな絵でしたが

 

実際の絵の作業に入る前のプロセスは

大きさ 関係ないですね

 

カタチになる前の作業のことです

 

 

 

 

今回の 二枚の制作を通して

いくつかの気づきが続き・・・

 

今は スッキリした気分です

 

 

たぶん あとから振り返ってみたら

大きなターニングポイントになるんではないかな

感じています

 

 

ありがとうございます 

 

 

 

 

 

 

∞ 

  

 

Yoshiko Art 

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

  

ありあまる富

 

_MG_8878.jpg 

 

 

きのう 荒尾干潟で撮ってもらった写真 

 

海の夕陽 夕焼と一緒に

撮ってみたい

ということで

妻であるワタクシは

ポートレート撮影の実験台

なのですよ

 

 

 

 

この撮影のために

夕方 出掛ける準備をしていると

 

近くの広場から

街頭演説が聞こえてきました

 

 

「 声を聞くだけで

そこに 何も こもってない

心がない って

わかるもんだな・・・・・ 」

呟く 賢太郎さん

 

そうなんよね

この方

人の顔 一瞬 観ただけで

鋭く 見破っちゃう人だからなぁ

(毎回 驚かされる私です)

 

でも 実は

音のほうには もっともっと敏感で・・・

だから “ 声 ” には

より多くのことを 感じているんだろうな 

 

しかし

この演説では さすがに鈍感な私にもわかるぞ!

と 思いながら

 

外に出て

車で横切ったら

本当に その候補者は

紙に書いた内容を 読み上げてるだけだった・・・・・

 

空虚である

 

 

_MG_8617.jpg 

 

 

さて 我が家にはテレビがない

 

私も 賢太郎さんも

テレビが苦手なので

テレビのない生活を楽しんでいます

 

だって

テレビのコマーシャルって

音や光が ものすごくて

それだけで

家全体の空間を侵される感じがヒドイ

 

そんなとこで

絵を描きたくないんです〜〜〜

 

その上

内容が 偏ってて

支配的だとまで思うことがある

不安や恐怖を煽っているのが

あからさまで

好かん

 

(笑)

という 偏屈なワタクシです

ごめんあそばせ

わははのは^^

 

 

  

きょう 見つけた

おもしろい記事

 

れいわ新選組の人気と立ちはだかる「テレビの壁」

 

 

ほ〜ほ〜 そうなんだ

 

いやね もう

投票は済んでますけどね

期日前投票で 迷いなく

入れたいところに 入れましたよ

 

 

いのち を 感じるところにね!

 

 

Youtube では

政見放送はもちろんのこと

各地で行われている 街頭演説も

どんどん 観ることが出来ますから

 

いのち 溢れるものを観て

 

よし わたしも

いい絵描くぞ〜〜〜!!!!!って

元気もらってます

 

 

 

 

 

僕らが手にしている 富は見えないよ

彼らは奪えないし 壊すこともない

世界はただ妬むばっかり

 

もしも彼らが君の 何かを盗んだとして

それはくだらないものだよ

返して貰うまでもない筈

 

何故なら価値は 生命に従って付いている

 

彼らが手にしている 富は買えるんだ

僕らは数えないし 失くすこともない

世界はまだ不幸だってさ

 

もしも君が彼らの 言葉に嘆いたとして

それはつまらないことだよ

なみだ流すまでもない筈

 

何故ならいつも 言葉は嘘を孕んでいる

 

君の影が揺れている 今日限り逢える日時計

何時もの夏がすぐそこにある証

君の喜ぶものは ありあまるほどにある

すべて君のもの 笑顔を見せて

 

もしも彼らが君の 何かを盗んだとして

それはくだらないものだよ

返して貰うまでもない筈

 

何故なら価値は 生命に従って付いている

 

ほらね君には富が溢れている

 

 

 

∞ 

 

さいきん

Youtube で 見つけて

気に入った歌

 

私の中では

今回の選挙のテーマだな

って

感じているもの

 

 

いつまでも

無力で

いつまでも

被害者で居続ける茶番劇は

終わりにしていいんじゃなかろうか

 

諦めのストーリーを

わざわざ 描き続けなくても

 

いのちを尊ぶシナリオを

わたしは選びます

 

 

 

 

 

∞ 

  

 

Yoshiko Art 

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon