ドミニカ と おとうさん 1



さいきん
ブログを書く のは

起こることを
自分の中で消化していくための
作業になっています


特に 今時期は
なんというのかな

その消化したものを
棚の中に収めて
うしろ手に扉を閉めるような感じだな

春分をピークに
どんどん仕分け作業というのか
それが加速している


それを
タイミングよく
やっていくと
気持ちいい

今! やっておこう!!!
と 感じたら 書く

何よりも
自分のために書く

それを 読んでくれる人がいる
響いてくれる人がいる

ありがたい




きょうは 亡くなった父のこと

去年の命日あたりに
父の旅立ち
のタイトルで
彼を自宅で看取った体験を
一気に
7つの記事にしたことがある

父の旅立ち シリーズ








わたしは 父のおかげで
“死”の素晴らしさ

旅立つ瞬間の
すごい光を
体感させてもらえた


なんせ
わたしの身体を通って
昇っていっちゃったのだから・・・

こういうお話に
興味がある方は
どうぞ 読んでみて下さいね


そして
きょう 記事にするのは
番外編


実は 彼が亡くなってから
まだ 一年も経たない頃

2009年3月に
カリブ海に行ったときのことです





絵を描きはじめるようになる
ちょっと前くらいからですが

宇宙銀行
というのか
宇宙循環
とも言うようですが

行く必要のあるところには

なんか知らんが
必要なお金が
どこかからやってきたり
(作品が売れることも含めて)

ときには
飛行機代も込みでの
誰かからの完全ご招待で
遠いところへ行けることも数回

ご縁のある土地

つまり
過去生などの
残存エネルギーを統合したり
そこで啓いた能力にスイッチが入る時期が来ると
そのようなことが起こるのでは

理解しています

これを 古い観念で見れば
奇跡!
ということになるし

いやいや
必要なところに
必要な時期に行けるのは
自然なこと
という新しい視点もありますね◎

自然なことには
自然に感謝が湧いてきます


(受け取る練習は 何度もやってきます)



カリブ海へは
九州からの飛行機代も含めて
完全にご招待の旅でした

ペアで招待されていた友人が
誘ってくれたおかげです

約一週間のクルージング旅行でした






この写真は
2009年の節分に撮影

この頃は 阿蘇に住んでいたのですが

その数年前に
北アメリカのネイティブのシャーマンの方から
戴いていた
クリスタルスカルです

ずっと 窓辺に置いたまま
眠らせていたのを
ふと 思い立ち
近くの水源に持って行き

“起動”させました




そうしたら 翌朝

お金(お札)が
棚ボタならぬ
棚から さらさらサラ〜〜〜〜ッと
降ってくる夢で
目が覚めたんですね


で その瞬間
なぜか 頭に浮かんだ友人に
電話したんです

そうしたら
カリブ海に 突然誘われました


わたし 何もしてないのに
そんな 無料で行っちゃって
いいのかしら?
って
普段なら思うところですが

不思議と夢のおかげか
すんなりと
受け取れました


ありがとう!
行きます!





ここには
他にも いくつかの伏線がありました

クリスタルスカルといえば
アトランティス

カリブ海といえば
アトランティス

そして
父が 最期に伝えてきた謎のメッセージ
“あなたの霊力を二度ほど
誤った使い方をしてしまい
申し訳ありませんでした”

それを 聞いた瞬間

今生のことじゃない

アトランティス
レムリア


って
ピン!ときていました


だから
思ったより早く
行くことになったんだな
って
深いところでは
落ち着いて受け取れたんです




長くなりそう・・・・・
続きはまた次回へ







注文制作のご依頼を受付します
あなたの魂と深くつながり
純粋なインスピレーションとして受け取り
その本質の美を描きます
http://www.yoshikoart.com/order.htm


 

 
お嫁入り前の Yoshiko Art たち







http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!


いつも ありがとうございます!


コメント