並んで歩く

 

 

3000美子梅.jpg

 

 

ようやく 梅の花が咲き始めましたが

まずは 紅梅

 

白梅は これから

といったところ

 

今年は ゆっくりの梅の開花

 

でも 桜は早いのかな?

だとしたら

春は 一気にやってくるのかな?

 

∞ 

  

この写真は 日曜日のもの

玉名の蓮華院誕生寺にて

賢太郎さんに撮ってもらいました

 

今年になって

はじめての裸足

 

前の日の春の嵐で

湿った地面に座って日向ぼっこ

 

最高に気持ちよかったです

 

  

 

3000美子紅梅.jpg 

 

 

あまり 体調はよくなかったのですが

それなりに

素敵に撮ってくれてました

 

 

今日も 賢太郎さんは

熊本市内の梅園へ

梅の花の撮影へ

 

わたしは 家に籠って

絵を描いていました

 

珍しく ケーキをお土産に

買ってきてくれて

一緒に食べながら

撮影してきた梅の花の画像を

見せてもらいましたが

 

春の息吹が感じられる

美しい写真が いっぱいで

眺めているだけで癒されました

 

たぶん 近いうちに

ブログに載せてくれるんではないでしょうか・・・

 

賢太郎 の 非凡にして平凡なる日常

 

 

  

美子梅2 3000.jpg

 

 

さいきん

ふたりで 横に並んで歩く

ってことを

よく 考えます

 

夫婦って 鏡だなぁ

ほかの人間関係では

うまく誤魔化せているようなことも

簡単に露呈してしまう

 

 

横に並ぶって

関係を固定化しないことかなぁ

とか

 

そう思うのは

私が見てきた両親の姿は

かなり固定化した関係だったから かも

その分 安定はしていたけど・・・

 

それから

横に並ぶっていうのは

表層的に 捉えない

深いところに 繋がるってこと

でもあるのかな

 

そんなことを

思っています

 

∞ 

 

いわゆる スピリチュアルな学び

霊的修行

特別意識を助長してしまうのなら

 

その学びは 表層的なことでしかないのかもしれません

 

人との間に

上下を見てしまう

高低を見てしまう

のは

本質からは 遠く離れてしまっていること

 

そんなことも

横に並ぶ

から

連想しました

 

 

夫婦の間での気づきが

二人の間から

世界に還元できるものになったらいいな

 

今しばらくは

小さく縮こまり

物事を整理し

新しいスペースを創り

おそうじした底から

何かが湧き上がってくるのを

じっと待つ

そんな時のようです 

 

  

コメント