うちの前の お地蔵さんのこと

callingpa1.jpg

Calling 』 2016年作

 
 
町中に住んでいたときには
意識したことがなかったけど
 
田舎に住み始めると
至るところに お地蔵さんが立っておられて
気になるようになってました
  
お地蔵さんって
なんだろう?
  
そんな疑問に答えてくれたのが
巡禮記 でした
 (以下 巡禮記より部分抜粋)
 
“ 地蔵様は、皆さんの場所に
一番近いところにおられる仏さま。
 
その成り立ちは、
生前、志を持って善業をなさってた「人」が、
その勤めを遂げられずに、この世から離れなければならないこととなった時、
肉体の滅んだ後も、その善業を成し遂げるために、
悟りを開かれた観音様や如来さまに許しを得て、
「菩薩行(ぼさつぎょう)」に入られたお姿なんです。
 
そうです、もともとは「お人」だったんです。
 
その菩薩行は、行に入られてから、
500年も600年も続く果てしなく長い道。
そのため、あえて風雨にさらされる石の地蔵様となって、
それをお世話する人々の願いをかなえることによって、
生きている人の「煩悩」を知り、
悟りを得ようとご修行されています。”
   
賢太郎さんと お地蔵さんのお話を
聞きに行ったことがあります
 
お地蔵さんに限らず 神社や お寺さんなど
見渡せば 周囲には
たくさんの祈りの場があるにもかかわらず
  
身近に 伝えてくれる人がいなかった  
生活の中の祈りの話を 教えてもらえました
 
本当は おじいちゃん おばあちゃんや
親たちから 教えてもらえたらよかったんでしょうけど
残念ながら 私たちの世代の手前のどこかで
途絶えてしまっているもの
 
でも 有難いことに
たくさんのおかげさまで 祈りの場は
保たれているんだなぁと 知りました
    

callinghana1.jpg   

 

さて
我が家の道を挟んで斜め向かいには
六地蔵さんがいらっしゃいます
 
200年前から・・・だから 江戸時代です  
 
ひとつ前のブログに
今 ふたりで住んでいる この家が建っているところは
 
“ 私と賢太郎さんの過去生の物語が
交差する場所でした ”
 
と 書いていましたが
    
この お地蔵さんは
おそらく 賢太郎さんの過去生の魂を救うために
寄進されたのではないかなぁ
 
そう ボンヤリと
思うようになりました
 
 
数週間前の区役(地域の草刈り)のとき
90になられる おじいさんと
お地蔵さんのことを お話することができたんですね
 
それで 聞いてみたら
その方の ご先祖さまが立てられた と
 
そして なんとなんと
もとは うちの近くに立っていらしたのを
道が通るときに 今の場所に移された
ということでした
 
う〜〜〜ん
やっぱり そうかも・・・・・
 
この 不思議な感じって
伝わるかなぁ
 
  
お地蔵さんには よく
ふたりで お詣りに行くんですが
 
お祈りするのは
ごくごく ふつうの日常のこと
 
私たちの生活の 無事とか幸せとか
お仕事のこととか
そういう 身近なことを
聞いてもらったり お願いしたり・・・・・
 
つまり 
  
私たち ふたりが
この場所で 幸せに暮らしていくことを
お祈りしているんですね
 
 
ふたり 幸せに暮らすこと 
 
それって
まさにまさに
過去生の弔いなんだよなぁ
 
魂の救いなんだよなぁ
  
それを いま
ふたりで そのお地蔵さんに
手を合わせて お祈りしていることの妙を
感じている この頃なんです       
  

IMG_0015.JPG  

  

その 90のおじいさんは

ずっと ここに住めばいい

なに? その家は借りてるのか???

なんなら わしがそこの家買ってやるから

ふたりで ずっとここにいればいい

まぁ 焼酎がかなり入ってましたから ねぇ^^

 
そして 田舎は 本当に過疎化が進んでいて
まわりは 独り暮らしの高齢者が多く
そんなこともあっての発言なのでしょうが
 
とても うれしかったです
 
なんせ 先祖から続く
安住の地のない境遇
 
これ わたしが今感じている
ひとつの大きなテーマです
  
「 自分の居場所をつくる 」
 
じゃあ 定住すればいいのか
と いえば
たぶん そこじゃないですね
フォーカスするところは・・・
 
 
いま 感じているのは
土に “ 植える ” ことの大切さ
 
家の周りに 種を植えたり苗を植えたり
花とともに 食べれるものも育てること
 
そんなことで 自分を癒し
それが 先祖の供養となっていると感じています
 
   
そして 賢太郎さんは
さいきん 自分の過去生と
お友だちになってきているそうです
 
それって 素晴らしい変容だなぁ
と 思います
 
 
そうそう こうやって書いてると
過去生の物語
気になりますよね〜
 
でも ここにはあえて
書かないことにしますね
 
だって 大切なのは
いま 私たちが紡いでいく物語だと思うから・・・・・
     

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
コメント