立つこと

 

今日は 夏至の日

 

ずっと なかなか

完成に向かっていかず

グルグルと回っていた絵が

 

突然 完成に向かって

動き出した

 

あぁ これって

夏至って感じだなぁ

と 思った一日!

 

  

 

そんな今日は
さいきん おもしろくなってきた
立つこと について
ちょっとだけ 書いてみようと思う
 
 
_MG_4183.JPG

これは 賢太郎さんとの めおとセッション

ポートレート撮影現場での一幕

ロケハンしながら おふざけポーズ
 
 
2月に 博多でのクラスに参加してから
続けているクンルンネイゴンの行
 
まだ さいしょの<序>のクラスだけしか
受けていないし
 
クンルンの入り口に
立っているかどうかさえも
ぜ〜んぜん わかってないような状態ですが
 
今は 立つことが
おもしろくなってきています
 
立つ というか
自分の身体を感じることが
楽しくなってきている
 
 
美子.jpg

   

で 去年の11月に

賢太郎さんに書いてもらっていた

フォトメッセージ

 

あらあら

そのまんまやん(笑)

 

これは 予言ですか???

 

 

 

そして 夫婦で毎日

一緒に やっているという不思議

 

こういうのは ずっと

独りでやっていくもんだと

思っていたのになぁ

 

 

でも まぁ

物理的に 一緒にやるからって

すべてが一緒な訳でもなく

 

同じこと やっているようで

感じていること

起こっていることは

別だから・・・・・

 

これからも ずっと

一緒に 同じことやっていくかどうかも

決まっていないし

 

 

でも なんだか不思議^^

 

 

 

この前の新月

新月の願い事を書いているノートをひらいて

 

最後のページに

自分の望むパートナーは

こういう人

っていうのを

10項目くらい

箇条書きにして書いていたのを

見つけたのです

 

たしか 賢太郎さんと出会う

半年前くらいに書いたやつだったような・・・・・

 

もう すっかり忘れていましたが

 

今 読み返してみると・・・・・

 

あら そのまんまの人が

となりにいるやん!

 

 

あれま〜〜〜〜〜!!!!!

と ビックリしてしまいました
 
 
_MG_4104.JPG

 

かと言って

出会ったときに

 

わたしの理想の条件に合う人

とか 吟味したわけでもなく

(だいたい 書いたまま忘れてたし!)

 

ただ なんとなく

ご縁を感じて 一緒になっただけ

 

でも 気づいたら

自分が 望んだとおりになっていたなぁ

 

  

 

あ 一緒に クンルンしている

という話から
飛んでしまいました・・・
 
 
まぁ とにかく
立つことが おもしろい
 
そして ふと 思いだしたのは
 
10年以上前の 沖縄での体験
 
本島の北端にある聖地に登ったときのこと
 
麓で 神さまにごあいさつ
「どうか わたしに愛を教えてください」
お祈りしてから登ったのですが
 
頂上に到着したと同時に
その答えを強烈に体感
 
シャワーのように 愛が降り注いでいるのを感じて
瞬間
「今まで 気づかなくて ごめんなさい」
と 涙が止まらなかった
 
 
 
そう そのときのことを
また 思い出すのです
 
シャワーのように降り注いでいるのに
気付かないのは
心理的 エネルギー的ブロックがあって云々・・・
というところに
取り組んできてたときより
 
今の この 身体を感じていく
ほうが
どうやら 私には向いている?
好きみたい
 
実際に その降り注ぐシャワーを
受けないように
止めたり ゆがめたりしている個所を
ひとつひとつ感じながら
変化していくのが
とても おもしろい最近・・・
 
   
 
そして 何より
夫婦で生活していると
当然 湧き起こってくる
さまざまなドラマがありますが
 
とにかく
行をしている時間は
“ 今ここ ” に 戻ってくることになります
 
それが ともに歩んでいる
という感じのこの頃です
  
   
 
 
そうそう なぜ 沖縄で
そんなとこに 独りで登ってしまったか
 
その後 沖縄の聖地のことを知るにつけ
 
怖いもの知らずで
よくも まぁ ちゃんとした案内もなく
行ってしまったよなぁ
と ゾッとします
(奇跡的に無事でした ありがたや〜〜〜)
 
 
そのときは
ヨーロッパで一緒に住んでいたイタリア人の元カレが
来日して 私が当時住んでいた阿蘇を訪ねてきて
うちで 出会った沖縄の方を頼りに
一緒に沖縄に行くことになったのでした
 
彼は私とよりを戻したそうでしたが・・・・・
 
そのとき ハッキリ感じたのです
 
わたしは 彼のことは
きっと ずっと好きでいられるだろうし
恋人としては 素敵な人
 
でも この人は
パートナーになる人ではない
 
わたしは パートナーが欲しいんだ
 
だから
ここで よりを戻しても
しょうがない と
冷たく 境界線を引いたのでした
 
 
そんなときだったので
直感は こうだ!と
強く感じていながらも
 
心は 大きく揺れ動いていました
 
そして
思いつめたわたしは
ひとり 聖地に向かい
一心に答えを求めたのでした
 
  
 
その後
ホントに ず〜〜〜っと 独りになってしまい
 
とても 寂しかったですが
 
いま 思うと
自分の感覚に嘘をつかずに
マイペースを貫けて
よかったなぁ
 
 
あ 立つこと
から 話が沖縄に飛び
また 二転三転しましたが
 
絵が 大きく進んで
うれしい今日
 
 
夏至の日 おめでとうございます!!!

 

 

      

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
コメント