『 水の祈り ∞ 落花流水 』(注文制作の紹介)

 

 
 

『 水の祈り ∞ 落花流水 』

2018年作
 
 
prayerpart1.jpg

  

注文制作の新作です 

  

 

prayercenter14000.jpg 

 

タイトルにある “ 落花流水 ” とは・・・・・

 
男女の気持ちが互いに通じ合い、相思相愛の状態にあること。
散る花は流水に乗って流れ去りたいと思い、
流れ去る水は落花を乗せて流れたいと思う心情を、
それぞれ男と女に移し変えて生まれた語。
転じて、水の流れに身をまかせたい落花を男に、
落花を浮かべたい水の流れを女になぞらえて、
男に女を思う情があれば、女もその男を慕う情が生ずるということ。
 
 
さいしょ 『 水の祈り 』だったんですが 
この作品の画像を Facebook のカバー写真にしたところ
落花流水 という言葉を感じる
と コメントをいただき
意味を調べてみて あぁ ピッタリだなぁ! と
『 水の祈り∞落花流水 』 に しました
 
 
prayersakura1.jpg
 
ご注文で 絵を描いている時は
その方に お会いしたことがなくても 
描くプロセスと ご依頼主に起こる変化が
シンクロすることがあります
それはピッタリすぎて 時にビックリするくらいです
 
 
prayerpart5.jpg
 
注文制作では
まず 電話による一時間ほどのセッションで
( お近くの場合は 我が家での対面セッションも可 )
下絵をスケッチしてから 制作するんですが
 
その方のことを 事細かにお聞きすることはしていません
そこらへんは さらっと・・・・・
私自身 余計な固定観念を入れずに
 
純粋に やってきたインスピレーションで
描くようにしています
 
たとえ ちょっと その方のいろいろを 知ってしまったとしても
それは 脇に置いておいてセッションします
 
 
prayerpart6.jpg 
 
この作品のセッションで 受け取ったテーマは
 
水(涙)の浄化  祈り  戦いの終わり・祝福
芯の強さ  中心の不動の静けさ
女性としての尊厳を取り戻す 
 
 
制作中 私自身 涙の浄化がありました
そのことは ブログに書いています
 
  
“ 絵を描いている時は
そのテーマに沿ったことが起こります
 
私自身 そこに入っていって
深く感じ 変容していくことが
絵の大切なエッセンスになります
 
それがなければ
絵は ただの絵空事にしかなりません ”
 
  
“ あぁ これはもう 女性の集合意識につながっちゃったなぁ
意識の別のところでは冷静に自分を観察しながら
賢太郎さんにも そのことを説明しながら
涙をいっぱい流しました ”
   
∞ 
 
今回は ご本人から リアルタイムでメッセージを頂いたので
絵の進行と納品の流れと ご本人とのシンクロを
とても わかりやすく確認できました
 
とても 個人的で繊細な内容なので
ここに 載せることはしませんが
(ご本人はどうぞ と おっしゃってくださってますが
私は そうしないほうがいいと判断しました・・・)
  
メールを読みながら
ご依頼主さん自身が “ 女性としての尊厳を取り戻す ” プロセスを
着実に 歩み始めていらっしゃる姿が感動的で 何度も涙が出ました
  
 
prayercenter34000.jpg 
 
私にとって この絵を描く仕事は
自分でも よくわからないまま始まったものだけれども
 
こんな風に 自分を還元できる場を
天から与えられ しあわせ∞
 
ありがたいです
  
  
prayerpart24000.jpg  
    

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
コメント