きもの

 

美子泥大島.jpg 

和水町肥後民家村にて・・・・・

 

 

週末は

二日連続 きものを着てました〜

 
土曜日は 博多でのクンルンの練習会
 
日曜日は 地元和水町で 年に二回開催される
バンコカフェへ・・・・・
このイベントに出店する賢太郎さん
ついていってました
 
 
 
クンルンの練習会では
主催の方が ほぼ毎回 きものを着て来られるほど
クンルンと きものはバッチリな相性のようで
わたしも 毎回 きもので行くのが楽しみになっていました
 
 
二日間
車も運転するし
(運転中は 下駄をクロックスに履き替え)
立ったり 座ったり
ちょこちょこ 動き回りますが
 
クンルンを はじめて
ますます
きものが快適になっていることを
実感しました
 
 
 
以前は 一日着ると
いつもと違う身体の使い方をするせいか
家に帰って きものを脱いだあとは
いつもと違う疲れ方をしていました
 
でも この週末は
それが なくなってた
 
 
身体の使い方が きものに
ついていけるようになってきてるようです
 
こういう 身体の変化は
うれしいなぁ
 
 
 
子供の頃から
運動が大の苦手
 
どんくさい
 
がんばっても なかなか筋肉がつかない
 
 
なので 自分の身体能力には
コンプレックスだらけ
だったのですが
 
こうして 50歳に近くなって
身体の 心地よいほうへの変化を
味わうことになるとは・・・・・
 
身体の中に居るのが
気持ちよくなっています
 
ありがたいです
 
 
 
きものを 自分で着るようになったのは
20代の頃
まだ 東京にいたときです
 
父方の 祖母が亡くなったときに
捨てられそうになっていた きものを
母が 譲り受けてきて
段ボールに詰めて 送ってくれたのがはじまり
 
とても 地味なきものだったので
当時 美大生だった私が
作品制作の材料として使えるのではないかと
思い もらってきてくれました
(当時は 立体作品をつくっていました)
 
 
こんな風に 木材にゴミ捨て場で拾った
カーペットを貼ったり^^
 
 
 
 これも 木に布を挟んでましたから
大学生の頃の写真です
懐かしい・・・・・
 
 
 
着るつもりもなく
もらってきたきものに
袖を通してみたら・・・
 
あら? なんかいいよコレ
ということになり
 
鹿児島出身の大柄なお祖母ちゃんだった
ということもあり
サイズにも支障なく・・・
 
 
大学の卒業式で 母と・・・・・
 
 
着れましたよ
 
嬉しかった!
 
街で 通りすがりの
知らない人たちに 話しかけられ・・・・・
 
わぁ 懐かしいわ〜
昔は こういう生地があったのよねぇ
って
指先で さわりに来られたり
(いい布って 触りたくなるんですよね〜)
 
お祖母ちゃんのきものなんですよ
って 答えて
とても 誇らしくって
 
 
 
 
近所の美容院に 着付けをお願いしました
当時は 東京の赤坂に住んでいたので
髪型もメイクも含めて
とっても姐御な感じ ですよねぇ
 
座り方も ひどいですが・・・・・汗
 
 
でも この卒業式の着付けで
 
美容師さんに
あらあら かわいそうに
こんなに地味なきもの!
って 言われながら されるのがイヤだったし
 
な〜んか これ 違う
こんなに ぎゅうぎゅう縛られたくない!
って 感じたのが
 
自分で 着れるようになろう!
って 決心したキッカケです
 
 
 
 
求めよ さらば与えられん
 
数年後 出会ったのが
 
 
 
先生との出会いについては
それだけで
とても おもしろい記事が書けるけど
ここに書いてたら とて〜も長くなるから割愛
 
有難いご縁をいただき
個人的に 教えていただけました
 
 
せんせいには
着付けを通して
人生のさまざまなことを学ばせてもらえました
 
 
やっぱり
さいしょに 美容院で思った
これは違う! の 思い通り
 
紐で やたらとぎゅうぎゅうにする必要なんて
なかった!
 
 
ぎゅって締めるのは
腰ひも一本だけ
 
おへその上を通って
後ろ上がりに一周
 
ここだけは どんなに締めても
いや 締めれば締めるほど
気持ちいいんですよ
 
お肉 ついてようが
ついてなかろうが
関係なし
 
 
あとの紐は
着る過程での補助程度 だな
わたしは・・・・・
 
でも 全然着崩れないです
 
 
 
この時
笹島先生から伝授されたことが
二十年経って
 
クンルンに つながってきていることの妙
 
 
こういう喜びは
言葉にするのが難しいけど・・・
 
 
うれしかったので
記事にしてみました
 
また 笹島先生のお声
聞きたいなぁ
電話 しよっかなぁ
 
 
付録 : YouTube で見つけた笹島せんせい
興味のある方は 覗いてみてください
“ 男と女の帯解き心理 ”
 
 
  

   

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

コメント