青空セッション

 

_MG_8674.JPG 

 

 

さて 二年目の結婚記念日を控え

賢太郎さんに ちょこちょこと

ブレイクスルーが起こっており

 

その 心地よい余波を

かぶっている この頃です

 

そのことについては

また 改めて

別の記事にしていこうと思います

 

  

 

この記事では

先日の 野外での対面セッションのこと
 
それから
この秋 9月くらいから起こっていた
私の中での 大きな変化が
ひと段落したようなので
そのことも 合わせて
文章にしてみようと思います
 
うまくいくかな?(笑)
 
 
 

  

  

関西から 二度目のポートレート撮影で

熊本に来てくださった 祥子さん

 

一度目は 近くの山鹿温泉にお泊りだったけど

今回は 我が家にお泊り頂いた

という話 は

前のブログに・・・・・

 

お泊りポートレート

 
 
 
 
新幹線の新玉名駅にお迎えに行き
我が家に ご案内したら
 
飾っているわたしの作品
を 見て
絵の注文制作をお願いしたい!
と お申し出くださいました
 
 
 
このタイミングには
ビックリでした
 
とても ありがたかった・・・
 
というのは
ちょうど その日の朝
 
わたしも 外に働きに出ようかなぁ
という話を
賢太郎さんとしたばかりだったから・・・
 
ここのところ 絵の注文が途絶えていたからです
 
 
理由は
自分が一番よく わかっていました
 
今更ながら
自分の作品を売ることに対する
ブロックともいうべきもの・・・抵抗が
現れてきていたから!!!
 
ホントーにもう 今更ながら です
 
もう 15年以上も
このことを仕事にしてきているんですから
とっくの昔に克服したつもりだったこと
 
けれども どこか
無理やり
抑え込んでいたものかな・・・
それが 出て来ちゃったんですね
 
 
具体的に どんな抵抗かというと
(9月頃からだったのですが)
 
Yoshiko Art への
さまざまな フィードバックを公開すること
(ご本人の 許可をいただいていたとしても・・・)
 
絵を描くことを
エネルギーワークとして
どんなことをしているか
知ってもらうこと
 
それによって
人の 欲望 や 不足感を刺激して
それが 絵を欲しい
に 繋がっていたとしたら
どうしよう!!!!!
 
という恐れ が
急に出てきたのでした
 
 
 
ずっと 独りで がんばってきました
 
絵を描いて 生きていくには
 
人に 知ってもらうことは大事
 
自分にとって 本当のことだから
そのままを表現していいんだ
 
そうすることで
わたしの仕事を必要とする方々と
出会えるんだから
 
と 信じて ここまできましたが
 
 
そのことの裏
というのかな
 
自分が いいと信じてきたものの
怖さ
に ふと 気づくことがありました
 
 
物事の 優劣を語ることは
人の 劣等感や不足感を
煽ることになるんだな
 
 
そのことに
今まで どれだけ 無神経だったんだろう
 
 
 
9月からの 数か月間
わたしは わたしを罰し続けていました
 
その結果が
注文が途絶える
という現象になって 現れていました
 
 
いま 思うと 滑稽にもみえる現象でしたが
それで よかったんだと思います
 
これは 私自身が自分に課した
テストのようでした
 
 
注文が途絶える
という 恐れていたことに直面しても
これまで身に着けてきた
古いやり方に 戻らないか・・・・・
 
  
わたしは・・・戻りませんでした
 
ちょうどよい 浄化期間のように
 
きれいサッパリ
古い やり方は 流していって
 
何者でもない 等身大の自分に
戻ろう
って 気持ちになっていました
 
 
そして
祥子さんが 我が家に訪れる朝
 
しょうがない
じゃあ 働きに出ようか
という 夫婦の会話になるのです
 
そのとき
私の中に 湧き上がる思いがあって
言葉になって
溢れてきました
 
 
「 わたしは ただ 思いっきり
表現するために 産まれてきたんだ! 」
  
「 だから これは違うんだ!!!!! 」
( 生きていくために 働く ということに対して )
 
 
だからって
何をした ということもなく
ただ 賢太郎さんに
その思いを 語っただけだったのですが
 
 
結局 同じ日の夕方には
ご注文をいただく
というカタチで
答えが返ってきたのです
 
 
 
_MG_8636.JPG
 
 
そんなことは知るはずもない
祥子さんでしたが・・・・・
 
 
目の前で
絵を描いてほしい!
という様子は・・・・・
 
ただ 純粋に
こんな 面白い絵なんだ!
欲しいな
美子さんに 描いてほしいな
 
えっ おっと 思ったより高い?
う〜〜〜ん いや でも
思い切って 頼んじゃおう!!!
 
今月が 誕生日の月だから
自分へのプレゼントに!
 
・・・・・というような
 
今の私にとって
一番 救いになるような
 
そのまんまの姿を
見せて下さいました
 
 
 
それで せっかくだから
滞在中に
対面セッションしましょう
 
いつもなら 我が家でやるところを
 
撮影のどこかで
ここ というタイミングと場所を見つけて
やりましょう!
と なり
 
 
ワクワクしながら
スケッチブックや色鉛筆
クリスタルチューナーやハーモニーボールなど
いつもの “ 道具 ” を 車に積み込み
撮影に出発したのでした

 

 

  

_MG_8679.JPG 

 

 

セッションしたのは

二ヵ所目の撮影場所
 
我が家から 車で20分ほどの
私たち お気に入りの水源になりました
 
 
 
賢太郎さんが 祥子さんを撮影している傍ら
 
ふと 気になるポイントがあり
そこで 歌を歌ってみると
 
沖縄の民謡のような音階のメロディが
出てくるところがあり
 
ここだ!
と ピンときたのでした
 
 
この水源での撮影がひと段落したところで
 
その場所に ゴザを敷き
靴を脱いで 座り
 
いつものように
作品の下絵を描くセッションを
行いました
 
 
わたしは なぜか
即興で 歌を歌うと
描くイメージが ハッキリと浮かんできます
 
声がセンサーになって
探っていく感じです
 
 
そして
絵を頼んでくださる方から
「 このことを 描いてくださいね 」
と 託されるように感じます
 
なんというのかな
そのイメージと役割を
はい これ!
って 手渡されるような・・・・・
 
だから 
そのことを
言葉にして お伝えします
 
 
このとき わたしは
あぁ この方は
このことのために 私に絵を頼んでくださるんだな
と ハッキリ承知します
 
はい! 承りました!!!
心から お答えする瞬間です
 
 
∞ 
 
今回は 絵のことのみならず
 
なぜ いろんな方が
ポートレート撮影で
遠方からでも
ここ熊本に来てくださるのか
 
ちょっと その謎も
私の中で
解けたような気がします
 
それは 絵のセッションを通して
今までと違う深さで
見えたことがあったから なんですけど・・・
 
また それを
わざわざ ここに綴ることは
やめておきましょう
 
それは
それぞれの方が
ご本人の直感で感じられて
( 頭で理解していようがいまいが )
動かれることだと
 
それが 本来のあり方だろうと
思うから・・・・・
 
 
私たち 夫婦ふたり
日々 楽しみながら精進して
お迎えするのみです
 
 
 
 
 
さて ここ数か月の
自分の中の大波を
整理することも目的に
綴ってみた記事です
 
ちょっと 読みにくかったら
お許しを〜〜〜〜〜
 
 
ここまで 読んでくださって
ありがとうございます
 

 

       

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 
コメント