『 うずめばえ 』(注文制作の紹介)

 

uzumebae.jpg 

  

『 うずめばえ 』

 

2019年作

 

 

 

 

uzumebaepart1.jpg

 

 

ご注文いただいた作品を納品しましたので

ご紹介します

 

 

 

タイトルは

さいしょ “ めばえ ” だなぁ

と 思いました

 

実際は

とても 官能的で

肉感的ともいえる感じがある

この作品に

あえて 植物的な言葉をタイトルにするのは

おもしろいな!

と 感じたからです

 

まるで

お腹の中の胎児のようにも見えます

 

 

 

uzumebaeuzu23000.jpg 

 

 

そして 同時に

どうしても

アマノウズメさんだなぁ・・・と

 

ダイナミックに

官能的に

狂騒的に

大自然そのものになって

踊る女性のイメージ

 

 

だから

“ うずめ ” + “ めばえ ”

“ うずめばえ ”

にしよう! と

決めました

 

 

 

uzumebaenami.jpg

 

 

才能あふれるアーティストの女性

 

写真家の方に

描かせていただきました

 

  

 

 

彼女の個性には

どんな額がいいかなぁ

と・・・・・

 

 

 

uzumebaeinframe.jpg

 

 

ピッタリのもの・・・・・

金属を粗く磨いたもの・・・・・が見つかり

 

通常とは違う

額装方法で入れてもらえました

 

  

そのときの額装風景は → こちら

 

 

  

 

uzumebaeuzu13000.jpg

 

  

描かせていただき

ありがとうございます

 

 

 

 

uzumebaedragon.jpg

  

 

作品は 梱包して

宅配で送りました

 

 

受け取りのメッセージは

その 荷物そのものを撮った

数ショット

 

彼女の手が添えられていたり

 

荷をほどかないままに

彼女に抱きかかえられた

セルフポートレートも・・・・・

 

 

シンプルな構図ながら

愛が溢れていて

深く伝わるものがあります

 

 

 

そして

荷をほどき

作品を 赤ちゃんを抱っこするように

抱きかかえた

美しいセルフポートレートも

送られてきました

 

その姿は

聖母のようで・・・・・

 

 

 

言葉を超える感動で

胸がいっぱいになりました

 

 

 

uzumebaepart2.jpg

 

 

彼女からの

これらの 私的な写真作品群を

大切に 受け取ります

 

 

  

機会がありましたら

この方の 写真作品を

ここで ご紹介できたら・・・

と 思います

 

絵を描く

アーティストの端くれとして

 

彼女から受け取るものは

とても大きく

ありがたいです・・・・・

 

原点を思い出させてくださる 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

この作品へ

夫である賢太郎さん

詩を書いてくれたら

また このブログにて

ご紹介することとします

 

楽しみです

 

 

 

 

Yoshiko Art 

 

 

コメント