迷いから抜けた

 

あと もう少しで

今 制作中の絵が完成!

というところで

絵具を 乾かしている間に

このブログ 書けるかな・・・・・?

 

ささっと チャレンジしてみます

 

 

  

  

タイトルにあるように

去年の秋くらいから入り込んだ

迷い

 

どうやら 完全に抜けたようです

  

 

何の迷いかというと・・・

 

絵を描き

それを生業(なりわい)に生きていくこと

そのことについてです

 

 

もうちょっと 突っ込んで書いてみますね

 

自分が どうやら

ものすごく 強く望んでいるらしい

霊的な探求の世界と

30を過ぎてから ずっと描いてきて

これからも一生続けていきたいと決めている

絵の世界

 

 

それらが

ごっちゃになりそうな自分に

なんだか わからないけど

すごい危機感を感じ始めたのです

 

これは

ものすごく マズイことなんじゃないか???

 

今 気づかないと!!!!!

って

感じるんですが・・・・・

実際に

どうしたらいいか わからない

 

混乱 と 迷い

 

いろいろと

自分の中で

行ったり来たりがありました

 

 

絵を描くことは

やめられないけど

これを仕事にするのは

やめたほうがいいんじゃないか?

 

まずは

注文制作をやめてみようか

どうしようか?

 

さまざまな

自問自答がありました

 

 

 

 

結論を先に書くと

 

あらためて

絵を描き

それを売ることを

自分の仕事として

精一杯やっていこう!

心を新たにできたところです

 

迷いが無くなりました

 

 

この仕事は

喜びを循環させること

 

わたしが 大好きな絵を

楽しんで描くことが

誰かの喜びになり

その対価として

お金をいただく

 

 

そのことを

シンプルに極めていくことを

この世界を生きる道としよう

 

そう決めました

 

 

 

 

霊的探究との混同は

何から来ていたか

というと

今 振り返り 分析すると

 

ミラクルを特別視する気持ち

から 来ていたように観察します

 

 

絵を描き始める

と 同時に

私の人生には

それまでの人生では起こり得なかったような

ミラクル

と 呼びたくなるようなことが

沢山 起こるようになりました

 

 

それは 今思うと

ただ単に

自分が望むことに打ち込むことで

素直になれて

エネルギーがスムーズに

流れ始めたから

 

ただ それだけのことだったんだと思います

 

 

そして 私が

わぁスゴイ!

これはミラクルだ!

感じてしまってたのは

それまでに こびりついていた

固定観念が そう見させていただけで

 

本当は

ミラクルの連続のほうが

ふつう のことだったんですよね

 

 

つまりは やっと私は

ふつうに生きることが 始まったところにいた

ただ それだけだったのです

 

 

 

 

というわけで

絵描きを生業に生きる道

霊的な探求の道

 

まったく 方向性の違うものとして

自分の中で整理されると

 

もう 迷うことはないようです

 

 

スッキリしました

 

 

 

真っすぐに

絵の仕事に

打ち込んでいきます

 

 

 

絵が完成して

納品しましたら

また ここでもお披露目します

 

おもしろい絵が

出来そう〜〜〜!!!!!!!!!!

 

 

 

_MG_4271.JPG

 

お庭のトケイソウ(パッションフルーツ)

 

今年は

グリーンカーテン

成功させるわよ〜!!!

 

 

 

 

 

来月 京都へ行きます

 

その機会に

いつもは承っていない

小さいサイズの絵の注文を

一名様だけ 募集することにしました

 

詳細はまた

のちほど〜〜〜♪

 

 

 

 

 

Yoshiko Art

 

 

 

 

コメント