水を巡る旅

 

_MG_4585n.jpg 

 

 

先週末は

関東から里帰り中の友人とともに

前々から約束していた

ポートレート撮影も兼ねての

水を巡るワンデイトリップでした

 

 

阿蘇の山奥の水源のひとつで

ゆっくりと撮影

 

彼女が選んだ紫の衣装が

水源の豊かな緑と響き合い・・・・・

美しいでしょ〜〜〜∞

 

毎回 ポートレート見て思うんですよ

 

皆さん

そのときの風景に

ピタッとはまる色を着て来られる

 

もう 絶対外れなし!

 

何も考えてなくても・・・ね

なんか 楽しいなぁ

 

 

 

そして

同じ水源には

以前も何度か ポートレート撮影で訪れているのですが

 

同行する方(ポートレートのご依頼主さんのこと)

によって

辿りついた瞬間

目に入ってくるポイントが

まったく違うのが

本当に本当に 毎回 おもしろい!

 

 

この日は

ある一本の大樹 と

その周辺の樹たちとの不思議な関係 が

目に飛び込んできました

 

その大樹の根元に 彼女が佇む姿は

ものすごく美しかったんですよ〜

 

 

どんなところだったのかは

そのうち 賢太郎さんのブログ

このときのポートレートと作品が

紹介されると思いますので

ぜひ ご覧になって下さいね

 

 

 

_MG_4462.JPG 

 

 

この日は 別の水源にも寄り道し

 

その友人が つくってくれた

オルゴナイトのピラミッド

湧水に浸し・・・・・

 

めっちゃ きれいになるのを

感動しながら 眺めておりました!!!

 

 

彼女の創る ピラミッド

とても魅力的なものばかり

 

楽しい時間でした

 

 

 

_MG_4985.JPG 

 

 

水源での撮影が無事終了し

一旦 戻ってきたのですが

 

熊本滞在中

いっしょに 有明海の夕陽見たかったよねぇ

という話になり

 

結局 そのまんま

海へと直行したのでした

 

 

水源から 川を辿って

海までの

水を巡る旅となり◎

 

 

 

 

思いがけず

癒され 深く浄化される一日でした

 

  

 

_MG_5065.JPG

 

 

友人の産まれた場所を望む海で

 

今まで 聞いたことのなかった

彼女のファミリーヒストリーの

さらに 詳しい話を聞くことになり

 

 

・・・・・ほんとね

みんな どこの家系にも

いろんなことがあるよね

 

当然だよね

 

な〜んもない

平々凡々としたお話って

かえって珍しいのではないですか?

 

事実は 小説より奇なり

 

 

だって 私たちのご先祖は

激動の時代を生きてきて

命を連綿と繋いできて

 

そして

ここにあるのが

私たちなんですものね〜〜〜

 

 

 

  

実は この日は

ちょうど 父の11年目の命日の翌日でした

 

 

  

さてさて

またまた 旅に出ます

 

今度は 京都へ・・・・・!

(私の産まれた場所です)

 

 

それまでに

もうひとつ 記事を上げられるかな?

 

父のことについて・・・

 

 

  

 

Yoshiko Art 

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

コメント