人はパンのみにて生きるにあらず

 

5月31日は

父の命日でした

 

旅立ちから 11年経ちました!

 

父の死については

こちらに まとめています 

 

 

 

今年の命日は

忙しくて 特別なことは

何もしていないのです

 

でも 興味深いことに

ここのところ

続けて

さいきん お父さまを亡くされた方たちからの

コンタクトがあり

 

絵を ご購入されたり

ご依頼下さったり・・・・・

 

 

そんなときに

わたしの絵のことを

思い出して下さって

ありがとうございます

∞ 

なのです 

 

 

おとうさん青い蝶new1.jpg 

生前の父にプレゼントした絵

病室にも持っていけるようにコンパクトサイズ

 

 

  

 

 

さて 今年は

何があったかなぁ

というと

 

ちょうど 半年ほどの迷いの日々から

抜け出た感!

 

それに合わせたように

作品も完成して

 

 

長年の 自分の癖に

ふと 気づくことにもなりました

 

 

 

  

わたしが 芸術家になろう

美大に進みたい

と 決めたのは

高校一年生のときです

 

そのことを告げた時に

父が 私に放った言葉は

 

「 わしは 非生産的な輩は大っ嫌いじゃ! 」

でした

 

 

本当は 彼は私には

彼の家系のほうの職業

お医者さんか 土木技術者になって欲しかったのですよね

(私に対して 密かに長男を求めていたことはバレバレですな^^)

 

 

これ 高校生の時です

もう 何十年も前

 

そして

その後 大反対しつつも

希望の方向へ行かせてもらえたし

 

ずっと なんでもかんでも反対しつつも

もう勘当だ!

などと 言い放ちつつも

 

最後には

一番の Yoshiko Art の理解者になってくれた父です

 

 

亡くなる数年前でしたが

どなたかに 私の仕事のことを

電話で説明するのを聞いたことがあります

 

「 美子の絵は 元気が出る絵なんだよ 」

  

短い言葉です

シンプルです

難しい言葉は なんも使ってません

 

でも ここには

それ以上でもそれ以下でもない

等身大の

そのまんまの事実が

端的に言い表されています

 

(この等身大の境地に至るまでに

当の本人である私は

試行錯誤を繰り返しているにもかかわらず・・・笑) 

  

 

 

なのになのに

私ったら

あのときの 高校生の時の

父の言葉を

そのまんま 抱え込んで生きていてたんです!

 

そのあと いろんな変化があったのに

一度も書き換えられてなかったんだわ

 

あぁ!!!!!!!!

 

 

わたし 馬鹿よねぇ〜〜〜♪

 

 

  

 

 

どこかで

絵は 必要とされないもの

 

役に立たないもの

 

非生産的なもの!!!!!

 

って

信じていたみたい・・・!

 

 

だから だったんだなぁって

 

必要なもの になりたいから

特別なもの になろうとした!!!!!

 

 

今年は そんなことに気づけた命日でした

 

 

 

そこで

ふと 思い出したのが

聖書の言葉

 

“ 人はパンのみにて生きるにあらず ”

  

中学の三年間 ミッションスクールに通っていたので

なんとなく 耳に残っていた言葉なんですが

 

 

あぁ あの言葉って

このことを言ってたのか〜〜〜!

これまた 数十年ぶりに

ストーーーン!と

腑に落ちたのでした

 

 

 

 

そうしたらね

 

あぁ パン屋さんが パンをつくるみたいに

私も 絵を描こう!

思えるようになりました

 

 

私たちが 命をつなぐのに必要なのは

食べ物だけじゃない

 

日々の中に

豊かな潤いが必要

 

だから

私は命をつなぐ絵を描こう!

って・・・・・

 

職業のひとつとして

捉えられるようになりました

(今までは 自分のやっていることの位置づけが

どこか 社会の中で宙に浮いているような感じだった) 

 

 

  

どこかに つっかっかっていた塊が

溶けたみたい

 

絵を描くことは

非生産的である

という劣等感から

特別なものになろうとする必要はないんだな

ってところで

 

スッキリしました

 

 

それが 今年の命日の気づき かな

 

 

 

おとうさん青い蝶new2.jpg

 

 

 

ほかにも 実は もうひとつあったんだけど

記事にするのは

時間切れ!

 

 

 

ではでは

京都から帰ってきたら

 

新作の 『 ソラフネ 』

紹介できると思います

 

 

どうぞ お楽しみに!!!!! 

 

 

 

∞ 

  

 

Yoshiko Art 

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

コメント