大徳寺 と あくび と ゲストハウス

  

美子大徳寺.jpg

  

 

描いている絵が

あと少しで仕上がる

 

というところで

少し このまま

寝かせておきます

 

理由が 天気が悪いから・・・・・

 

最後に

太陽の光の下で

眺めて完成にしたい

 

 

 

 

そこで

京都の旅の続きを・・・

 

  

 

 

写真は 大徳寺にて

撮ってもらったもの

 

 

わたしの常宿は

この大徳寺のすぐ近くにあって

 

もう かれこれ 15年くらい?は

ここに お世話になっています
 
 
 
さいしょにお世話になったのは
友人と参加した 京都の山の中で行われている
 
そこで 10日間の瞑想を終え
京都の街に下りてきて
泊るところを探そうとしたら
どこも満室
 
お祭りか何かの日程と重なっていたんだったと思う
 
その時 最後に電話で問い合わせたのが 凡 で
泊るところがなく 困っている旨を話すと
なんと! 初対面の私たちに
オーナーさんの空いている自宅に泊めさせてくれて
 
おうちを案内してくれたら
鍵を渡したまま
お代と鍵は 明日 宿に持ってきてくれたらいいから
ゲストハウスに戻って行かれた
 
この オーナーさんの谷ちゃん が
・・・・・男の人なんやけど
なんかしらん 不思議と
優しい 親戚のおばやんみたいで
京都に行くたびに
谷ちゃんのところに 泊りに行くようになったのでした
 
  
 
_MG_0566.JPG
 
 
↑ これも 大徳寺〜〜〜〜〜
の 外塀の壁

 

 

 

 

いっつも 至近距離に泊まっていながら

大徳寺でゆっくりできたのは

久しぶりで

 

 

お庭を眺めていると

あくびが い〜〜〜〜っぱい出て

涙も い〜〜〜〜〜〜っぱい出ました

 

 

  

_MG_0632.JPG 

 

 

こんな庭を眺められるって

ほんと

贅沢だよなぁ

 

大徳寺は

なぜだか あんまり混んでなくて

穴場感満載だったし・・・・・

 

 

あんまり どこそこ移動せず

一か所で

ゆ〜〜〜っくりするのが

わたしは 性に合っているみたい

 

 

次の京都行きは 二か月後

10月の終わりになります

 

 

 

それまで

どんだけ 絵が描けるかな 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

コメント