3回目の記念日でした

 

12月8日は

3回目の

結婚記念日でした

 

聞くところによると

“ 新婚 ” の定義は 最初の3年間だとのことで

 

これで 私たちは

晴れて 新婚ではなくなった

ということらしいです

 

そもそも 新婚という感覚は

あまり持ててなかったので

(人にからかわれて あぁそうなのか〜〜〜と感じる程度)

特に強い感慨もないのですが・・・・・笑

 

 

本当に たった3年なのか???

と 不思議な気持ちになるくらいに

ず〜〜〜〜〜っと 長い年月

一緒にいるような気もするくらいなので

 

  

  

記念日は

ちょっとだけ いつもよりご馳走をつくって

ふたりで乾杯したり

 

さいきんのお気に入りのケーキ屋さんで

珈琲で乾杯しながら

 

いろんなことを

話しました

 

 

 

 

tachiagaruryuinframe3000.jpg

 

 

この賢太郎さんの作品

我が家の玄関に飾ってあるもので

さいきん これを観る度に

 

ここに書いてあることが

ようやく 修了しつつあるんじゃないかな

と わたしは勝手に感じています

 

 

これは

わたしと結婚するちょっと前に

独身時代の賢太郎さんが

自らの思いを 吐き出すように書いたものです

 

お互い 晩婚で

それまで 自分のことばっかりで

無責任に生きてきたもの同士

 

 

彼の中に 湧き上がってきた思いは

不安も大きかっただろうし

このときはまだまだ

そのことに直面する覚悟までは

本当には決まっていなかったかもしれません

 

 

 

tachiagaruryupoem3000.jpg

   

 

でも 3年経ってみたときに

男性が 覚悟を決めたあとの

力強さ 粘り強さって

こんななんだなぁ

すごいなぁ

というのを

目の前で 見せてもらっています

 

 

 

tachiagaruryupart3000.jpg

 

 

そういう意味でも

さいしょに出会ったとき

結婚した当初よりも

 

さいきんの賢太郎さんのほうが

わたしには カッコよく見えます

 

 

私には もったいないくらいの

素敵な人だなぁ

と ありがたいです

 

 

そして

これだけ The ダメ人間の私と

なぜ 一緒にいてくれるのか

聞いてみると

 

何度 聞いても

返ってくる返事は同じで

 

「 おもしろいから 」

 

 

だそうです

 

 

目に余るほどの欠点だらけ

非常識だらけの私のことを

 

ふつうだったら

怒って当然のことかもしれない数々に対し

 

おもしろい!!!

と 受け取れる

 

不思議な器の大きさに

 

こんな人に巡り合わせてくれた

宇宙の優しさを思います

 

 

 

 

musubiayanome4.jpg

 

 

この絵は

『 むすびあやのめ 』

というタイトルで

6年前に描いた絵

 

2001年の冬至の日に

スコットランドで 絵を描き始めて以来

ず〜〜〜〜〜っと ひとりで

 

その直前に 大恋愛して以来

まるで なにも起こらなかったのです

 

そもそも

その大恋愛を終わらせたのは

恋愛はもう十分だから

パートナーが欲しい

と 思ったことが大きかったのに・・・・・!

 

けれども あまりにも

ずっと 独りが続くので

いったい そこにはどんな理由があるのだろう

問題解決モードで

いろいろ ほじくりまわったり

 

それでもダメなのは

わたしはそういう運命なのね

自分で納得して諦めようとしたり

 

そんな中

やっぱり もう一度

素直に願ってみよう

と 思いなおして

描いた絵が この作品でした

 

ちょうど この熊本・和水町のおうちに

引っ越す直前に

ご縁をいただき お嫁入したので

もう 手元にはありませんが

 

こうやって 画像で眺めると

言葉にするより

そのときの 自分の思いがカタチになっているなぁ

と 伝わってくるものがあります

 

 

 

musubiayanome2.jpg

 

 

思い返すと

ずっと 独りでいたのには

 

誰にも 邪魔されたくない!

という

頑なな思いが大きかったように

思います

 

 

けれども

邪魔される!

という発想が出てくること自体

わたしのエネルギーのベクトルが

ヘンだったんだな

と 今では わかります

 

この3年間の

賢太郎さんとの生活で

そのことに ハッキリ気づかされました

 

 

本当に 自分に繋がっていないと

変な方向に

ヘンな意識を飛ばしちゃって

 

これが

世界を平和にしないんだなぁ

とも 思います(笑)

 

それが人間 だから

しょうがない・・・

と 言ってしまえば それまでのことですが

 

せっかくなら 人間であるうちに

ワンパターンではなく

違う景色を見てみたいと思う今日この頃

日常の精進の面白さを

見つけています

 

 

 

musubiayanome3.jpg

 

 

だから ね

 

わたしも 自立

自分の足で立つ

が テーマなんですよね

 

 

結婚した当初は

詩人と画家のカップルでコラボしたい!

 

1+1=2

ではなくて

1+1=∞

なことをしたい!

と 張り切ってましたが

 

今は まずは

それぞれが 1 として

どう立つか

そこからだな

って 思ってます

 

 

だからといって

こんな私たちじゃあ

まだまだ 何もできません

というのではなく

 

これが コラボ

と 身構えたところでなくとも

ふとした日常の中に

ふたりの間に 立ちあがるもの

 

それが 大切だなぁ
それで いいんだなぁ って
 
そんなことも感じています
 
 
 
 
 
私たちは 喧嘩も全力でします
 
根っこに 愛があることがわかっているから
そして
信頼があるから
それが できるんだな
 
そんな相手がいて
幸せだな
と 思います
 
  
 
 
賢太郎さんとは 記念日を機会に
いろんな話をして
 
ブログにも 文章にしたいことが
いくつか 出てきてますが
 
絵の制作のほうも大事なので
また それらは追々・・・・・
 
 
 
さいごに
私たちのことを
見守って下さるすべての方々に
この場を借りて・・・・・
 
ありがとうございます∞
 
 
 
はじめての編み物途中経過
ぶかぶかすぎて 虚無僧状態
このあと ほどいてゼロからやり直し中〜〜〜^^
 
 

 

 

 

【 クリスマス限定企画 】小品の注文制作を承ります

  

 

日々を愛でる・・・写真と詩のカレンダー

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

コメント