不思議なご縁に支えられてます ありがとうございます

 

あけまして

おめでとう

ございます

  

 

 

久しぶりの ブログの更新です

  

更新していない間に

 

 

節目となる記念日が

通り過ぎてしまいました

 

 

まずは

冬至の日

 

2001年12月21日が

絵を描き始めた記念日です

 

その時のことは

この記事に → 『 Winter Solstice 』・・・はじまりの絵 

 

18年前のことですね

 

 

それから ず〜〜〜っと一人で

よく がんばってきたよなぁ

 

思えば ヨーロッパの縁ある土地に

導いてくれた イタリア人の恋人だった人は

 

上の記事に出てくる

Findhorn に 私が行ったことが

気に入らなくて

それが 別れる大きなキッカケのひとつになっています

 

そこのところで

人生が 大きく変わってしまって

その前と そのあとでは

あれは 過去生じゃなかったのか???っていうくらい・・・

 

だから 当然なんでしょうけどね

変化する私を 彼は容認できなかった

 

  

 

いま このまんまの私で

オッケーな人が横にいることは

本当に ありがたいことです

 

そうそう クリスマスイブは

賢太郎さんの誕生日でした

 

8日の結婚記念日に続き

12月は 記念日が多い我が家です

 

 

 

 

 

そしてそして

こうして 絵を描き続けられているのは

たくさんの おかげさまあってのことです

 

この 不思議なご縁に

ありがとうございます

ありがとうございます

 

 

 

 

 

実は去年 4カ月だけ

バイトしたんです

 

もう ず〜〜〜〜〜っと 外では働いてなかったので

10年以上・・・・・15年くらいぶり?

 

家から見えるところに

期間限定のミュージアムが出来て

そこに しばらく お世話になりました

 

そこで

たまたま 働きに行った日で

たまたま チケット売り場の担当になった日に

いらっしゃった お客さんがいて・・・

 

そこにいるとですね

さまざまな人が 窓口に来て

お金を払っていかれる様子を観察できたんですけど

 

その方は

なんか知らんけど 不思議と

お金の出し方が ものすごくキレイだなぁ

( 所作が というより エネルギー全般が・・・ )

と 印象に残る方でした

 

そうしたら

その方が あとで窓口に 訊ねて来られたんです

 

「 和水町に画家さんが いらっしゃるでしょう 教えて下さい 」

  

もちろん まず わたしのことだとは思いません

 

和水町には 自宅をギャラリーになさっている先生が

いらっしゃいます

デパートで 何度も個展をしていらっしゃる画家さんです

 

当然 その方のことだと思い

お名前と 電話番号を書いたメモを お渡ししました

 

そうしたら

「 いやいや 女性の方で いるはずですよ! 」

 

そして

「 ご夫婦で なさっていらっしゃるところですよ 」

 

・・・・・そこで もしかして???!!!!!

と 思い

 自分の氏名と 屋号である Yoshiko Art を名乗りましたところ

 

 

「 あなたでしたか!!!!!! 」

スマホに入れた 私の作品の画像を見せてくださいました

 

 

 

 

 

結婚して 和水町に移る直前に

お嫁入りしていた作品です

 

どうやら この作品を ご覧になっていらっしゃったみたいで

 

“ きょうは 神さまに この人に会いに和水町へ行くように ”

と 言われたので

やってきたけど わからないので

とりあえず このミュージアムに来てみたんですよ とのこと

  

 

人口 約1万人の町で

出会う確率 1万分の1!!!

 

しかも 神さまに って・・・・・!

 

本当に 私の絵を気に入って下さる方々は

なんだか 不思議な方が多い

 

 

まぁ とにかく私は

そんな出来事に いろいろ感じ入り

もっと 絵を描かなくっちゃ と

バイトは 辞めることにしました

 

夏頃の話です

 

 

 

こういう 不思議なことが

とにかく 多いです

 

絵を描き始めてから

 

 

 

 

 

年末年始は 通常運転で

 

絵を描いて

外の光を見ながら撮影して

メッセージを書いて

梱包して

送って

 

と やっていました

 

 

今 ちょっと一息

  

 

 

そして

 

いくつかの 心温まる

そして 時には

ビックリするくらいに 勿体ないほどの

フィードバックを いただき

 

その中には

上記の作品 『 八方に飛び立つ龍 』の

その後の お話も・・・・・

それは ビックリすぎて

公表するのを ためらっています

  

 

いやぁ とにかく

行った先々で

絵が それぞれ生き生きと

働いているのだったら

本当に よかった

 

それは お嫁にもらってくださった方々が

そのように 大切に扱ってくださっているからだと思います

 

 

 

  

 

受けとって下さり

力を引き出してくださる方々のおかげ

 

不思議な仕事だよなぁ

 

 

インターネットのおかげで

繋がるご縁あっての

この お仕事

 

場所は関係ないですね

 

ありがたいです

  

 

さいきんは あまり宣伝活動に

力を入れていません

っていうか もともと なんにもしてないに等しいんですが

 

それが ますます

力が抜けてきてます

 

それでも 繋がるものは繋がる

そういうことを体感していて

 

 

去年は ますますそう

 

繋がりが 表面的なものではないので

ひとつひとつの 出会いの妙に

毎回 驚かされています

  

 

ホントに

繋がるってことは

自分にどれだけ 深く繋がれるか

なんですね

 

それは やっぱり

日々 コツコツするしかないよな

年取って ますます感じています

 

小さなことを 粗末にせずに丁寧に

積み重ねていく

 

 

もうちょっと前は

なんか 外の力で とか

なにか いいやり方を教えてもらって

という 依存的なカタチでのミラクルを

どこかで 求めていました

 

それも 気が済むまでやれたから

よかったです

  

 

そして 今は

 

一枚一枚 丁寧に描こう

 

自分が 大切にしていることを隠さずに

もっと 堂々と大切にして

静かに堂々と 表現しよう

思っているところです

 

 

 

今年の抱負 みたいな具体的なものは

まだ 出てこないんです
 
自分の中から 湧き上がってくるまで
じっくり待とうと思います
 
無理矢理 カタチにすることは
もう したくない
 
自分の そういう小さな感覚を
大切に 丁寧に扱っていこうと思います
 
 
 
なんだか
徒然とした
新年の ごあいさつです
 
今年も
ご縁ある方々に 繋がっていきます
どうぞ よろしくお願いします
  
 
 
 
 
 
年末年始に納品した作品はまた
追って
このブログで 紹介させていただきます

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

コメント