51

 

_MG_9015.JPG

 

 

きょうは 誕生日

51になりました

 

 

お仕事お休みの賢太郎さんと

江田船山古墳で

ゆっくり ひなたぼっこして

 

お気に入りのケーキ屋さんで

お茶して

 

のんびりな一日でした

 

 

 

_MG_9022-3000.jpg

  

 

大好きな樹の下に

ゴザを敷いて寝っ転がり

空を見上げてました

 

 

 

 

誕生日は どこか

阿蘇か九重の山に遠出しようか

と 話していたのだけど

 

朝起きたら

なんだか 憂鬱で・・・

出かけたくない気分

 

 

賢太郎さんが つくってくれた

美味しい朝ご飯を食べたら

涙が出てきました

 

あれ? これって・・・・・

 

女方の祖先の 流されなかった涙

だなぁ と 思いました

 

 

それにしても

賢太郎さんのお味噌汁は

正直 さいしょは美味しくなくって

そのリアクションを気づかれないように

気を使ってたのが嘘みたいに

最近は しみじみ美味しくなっていて

 

土鍋で炊くご飯も

彼好みの水加減で

優しい味なんだな これが・・・・・

 

癒されました

 

 

 

_MG_8966.JPG

 

 

樹の根元には

りんどうの花が咲いていました

 

きれいね〜〜〜

 

 

そうそう 裸足になって

アーシングしたかったのです

 

 

 

_MG_9041.JPG

 

 

土の上には

小さな小さな 雑草たちの新芽がいっぱい

 

そして その間に

無数の 小さな木の実や草の実の

さまざまな形のものたちが

こぼれ落ちていて

ミクロな世界に魅了されます

 

 

羽化したあとの

山繭らしきものも

見つけましたよ

 

  

 

_MG_9111.JPG

 

 

ピンクの辛夷の花

 

何とも言えない香りを放って

美しかった・・・

 

 

 

 

歴史は繰り返す と言うけれども

 

繰り返すことの中には

癒しの種がある

思うのです

 

だから 今朝は涙が流れたのかな

 

 

ご先祖の女性たちが

私の体を通って

涙と共に

ある思いを昇華させていったような気がします

 

 

耐え忍んできたこと

言えなかったこと

超えられなかったもの

被害者意識

無力感

 

 

  

 

 

  

大切なのは

しっかり生きること

そこには 柔軟性が必要

 

そして

タレント 持ってきた才能を

謙虚に 磨き続けていく

これは ずっと変わらないこと

 

ギフト それを

未熟さを言い訳にして

閉じていないで

世界に還元していくこと

わかち合い

喜び

 

 

 

こんなときだから

あらためて思うこと

 

 

 

 

_MG_9210.JPG

 

 

桜の木は

ほとんどが 蕾のまま

けれども それらを大きく膨らませて

開花するときを待っていました

 

  

 

そうそう

“ 黒いマリアと 青いマリアが

ピンクのマリアで ひとつになった ”

 

そんな夢を見てから

描き始めていた絵は

一旦 保留にしたあと

 

再び 手を入れ始めたところですが

 

あれ? これって

コノハナサクヤヒメ かも?

という展開になってきました

 

 

しかも 同じ構図で

線描きのまま 途中で反故にしていた絵を

逆さまにして

隣に並べてみると・・・・・

 

あ! これは

イワナガヒメになるんだ!!!

 

と 今朝 ピンときたのでした

  

 

 

 

_MG_8996.JPG

 

 

私にとって

女神をテーマに描くのは

 

なにか 人間にとっての

崇め奉る対象を表現することではなく

 

人間の原型(アーキタイプ)を

描くこと です

 

 

だって

神話って めちゃくちゃ

人間臭くないですか???(笑)

 

 

  

 

賢太郎さんは

美子が 絵を描けるようにすることが

夫として 大切なことだ

言います

 

どうして? って聞くと

 

それは 美子の役割だと思うから

 

  

   

彼の その言葉の背景には

リスペクトの気持ちがあるだけで

 

そこには なんの上下関係もない

損得勘定も 取り引きもない

 

その純粋さに

心打たれます

 

 

 

ありがとう

 

 

ご先祖さまたちと ともに

がんばろう

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

  

コメント