ほわんとした日々 草刈ケンタロー たんぽぽ始めようモニターさんお願いします

  

イワナガヒメ 描き上げて

しばし ほわ〜んとした日々を暮らしていました

 

こういうときは

事務仕事をするのが気分転換にもなっていいのですが

タイミングよく やらなければいけないタスクがいくつかあり

ひとつひとつ こなしていってました

 

 

 

それから

これって 事務仕事なのかどうか

わかりませんが

夫の賢太郎さんの仕事のひとつ

フォトメッセージづくりのお手伝いで

PCでの画像編集をしてました

 

こっちは パソコン仕事なんだけど

感覚的には 絵を描くことの延長

 

具体的には 彼の撮った写真に

スキャンして取り込んだ 彼の手書きの詩を

画面上で構成していく作業です

 

文字を どう配置していくか は

絵具を どこに置いていくか

と 同じ楽しさ

画面の中の可能性が

無限に展開してく面白さがあります

 

地味に 夫婦二人の共同作業

コラボかも

 

今回 作業したのは ポストカード制作

 

春のお花たちのシリーズでした

 

賢太郎さんのつくる世界は優しい

 

いま 必要とする人たちがいっぱいいる気がします

 

興味ある方は ぜひ覗いてみてくださいませ

 

2020春のポストカードセット

 

 

 

 

_MG_6680.JPG

 しばらく前に咲いてた庭のレモンの花は・・・レモンの香り!

  

 

 

きょうは 地域の区役

河川敷の草刈りの日でした

 

けっこうな距離を

地域の男性たち総出で

草刈り機をつかって ジャンジャンバリバリ

刈っていきます

  

 

ここに住みだして 三年半が過ぎましたが

今回 はじめて 我が家の賢太郎さんが

本格的に 草刈り機デビュー!!!

 

 

 

 

生まれて初めての田舎暮らしの賢太郎さんにとって

 

引っ越してきた当初

一番の心配は この草刈り機のことでした

 

やったことない

できない

どうしよう

内心ビクビク 戦々恐々としていたようです

 

けれども 地域の方々は優しくて

絶対 無理強いはされなかったし(危ないからね・・・)

なんにも出来ない私たち二人を

そのまんまでいいよ と

受け入れて下さり

ありがたかった・・・・・

 

区役は 一世帯一人の参加でいいのだけど

私たちは 半人前だからと思って

毎回 ふたりで参加

ほかの女性陣たちに混じって

草刈りのあとの掃除仕事を手伝ってました

 

 

 

さてさて 草刈り機をずっと避けていた賢太郎さんでしたが

ちょっとずつ 地域のおじさんから

機械の扱いを教えてもらえるようにもなり

今年に入ってからは

新しい職場で なんと 休み時間の草刈りの仕事に誘われ

かなり みっちりと教えてもらえるようになり・・・

  

とうとう 今日は

みんなに混じって 草刈りに本格的に参加

 

わたしは 静かに感動

 

なんだか とっても嬉しかった^^

 

後ろで見てた 地域の女性たちからは

賢太郎くん 成長したね〜〜〜 と

丁寧で真面目な仕事ぶりを褒められてましたよ

 

 

  

 

_MG_6519.JPG

 

 

実は しばらく前に

河川敷に 除草剤が撒かれ・・・

 

これは 高齢化による人手不足の問題で

区役の負担を軽くするための事前作業としてされたんだけど

 

そのことに気づいて

わたしは かなり 胸が痛かった

 

でも なにもやらないのに

文句だけ 批判だけは出来ないでしょう

 

だから このタイミングで

賢太郎さんが 「僕 できます!」って

始めてくれたことは 本当に有難かった

 

 

まぁ とにかく

田舎は人手が足りないんですよ

 

そこでね ホームセンターに行くと

入口すぐに 除草剤がものすごい量

積み上げられているからね・・・・・

 

これが どれだけの猛毒なのか

本当に 知っている人は少ない

 

知ったら どうするのか・・・

それは それぞれの感性・感覚・意識の問題だから

何とも言えないけど

 

まずは 知ることから

ですよね

 

けれども 何もせずに

ただ 口出しする否定する批判するだけでは

難しい 人の心は・・・・・閉じてしまうだけ

 

 

だからね

区役と関係なく

これから 家の周りから始めようってことになりましたよ

先回りして 綺麗にしていくのだ

 

草刈ケンタロー

 

わたしは 応援してます

 

 

 

_MG_6659.JPG

 

 

草刈りは おうちの敷地の外の話

 

 

うちの敷地の中は 植えたお花と雑草と畑と

共存していくのを眺めるのが

もう 気持ちよくて至福です

 

草刈り機は いらない

 

草を取る時は

取りすぎないようにして

 

そこにあるものたちが

気持ちよく馴染むようにしている

 

さいきん思ったんだけど

自分が 美しいって感じているのは

管理されたもの整備されたものじゃなくて

調和したものだなぁ

と しみじみ

 

それも やっぱり

予定調和じゃ ときめかない

 

そこに勝手に生えているものたち

ネイティブ(雑草)と あらたに植えたものたちが

それぞれに繁茂して

気持ちよく調和してると

とっても 幸せを感じる

 

いや でも これって

ただのアホかもしれんなぁ とも ふと思う

 

畑って言っても

さて どんだけ食べれるものが採れるか

さっぱり わからんのに・・・

 

なんの戦略もなく

なんの対処もしていない

ただ 美子菌を撒いてるだけ(笑)

 

けど まぁ 焦らず

この気持ちよさを拡げていってみよう

 

これって 絵を描くのと似てる

 

空間の中に 筆を入れていくような・・・

 

  

 

_MG_6518.JPG

 

 

お庭ネイティブのひとつ

 

たんぽぽさん

 

さいきん 眺めてて

あ! そうだ これだ!!!

って 感じたのは・・・・・

  

植物には それぞれに

種をつなぎ繁栄していくための戦略があるけど

 

たんぽぽは

とにかく 根っこは深いし

葉っぱは 地面に張り付くように

そして お花はまるで黄金の太陽

真っすぐに背骨を伸ばし

咲いたあとの綿毛の軽やかさ

あの一粒一粒が飛んでいって

着地した地面で また芽生え 根を深く下ろしていく

  

この生命力

すごいわ〜〜〜!

 

そして Yoshiko Art も

これだわ!

と 閃いたのでした

 

 ・・・・・という話は長くなるので

続きは次に

 

そして それに関して

モニターさんの協力が必要だから

そのことも 少しずつお知らせしていけたら・・・

 

なんでか そのことを

もうハッキリと決めてるのに サクサクできなくて

こうして ほわ〜んとした時を過ごしています

 

でも こういう

なんとなくの感覚は大事にしたいので

しばらく のらりくらりとしてみようと思います 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

コメント