アッシジ フランチェスコ 姉妹月 その4

 

きょうは 朝一番に

一枚目に描いて送らせていただいたモニターさんから

送られてきた

思いがけなく 長いフィードバックの

メッセージを読み

 

感動の うれし涙から

始まりました

 

 

これについては

モニターさん 三枚すべて完成 納品してから

あらためて

シェアしたいです

  

 

私にとって

絵を描くことは

自分一人の作業ではなく

受けとる方あってのものなんだと

強く強く 再認識しました

 

そして ここまで

深く 受け取ってもらえることの幸せに

ものすごく 癒されています・・・・・

 

  

 

また 絵を描くことを通して

こうして 繋がっているご縁

 

さまざまな 古からのご縁が

復活していっていることの

豊かさ 有難さに

今 胸がいっぱいです

 

  

 

いま モニターさん二枚目を描いてる途中

 

もう 8割がた出来てきてますが

きょう一日は きもの教室で

制作は中断

 

教室の終わりごろに

広島の友人から電話が入りました

 

「 あるブログを読んでたら

美子ちゃんと一緒に 沖縄の久高島に行きたい!と思って・・・・・ 」

 

そのときは ゆっくり話せなかったので

メールで ブログの記事を送ってくれたのを

 

さっき 読んでみて ビックリ!

今 描いている沖縄に行く絵

絵のイメージと共に出てきてたキーワードが

そこに載ってる!!!!!

 

その 言葉について

深読みしないようにしていたのだけど・・・・・

( 曲がった解釈を入れたくないので )

 

あらあら これは・・・・・

 

 

広島の友人とは

とてもとても古いご縁のようで

そのことは 今年の一月に知りました

 

彼女がなぜ そのブログを送ってくれたのかは

私たちのご縁と関わる内容だからみたい

 

また あとで

ゆっくり お話しよう

 

 

 

 

・・・・・というのは きょうのお話

 

で アッシジ の話の続きでしたね!

  

 

 

Keiko さんに贈った 『 木花咲耶姫 』からのインスピレーションで

賢太郎さんが制作したフォトメッセージ

 

Keiko さんのお話し会で

話を聞いていたら

この 賢太郎さんが書いていたメッセージとかぶって思い出すので

絵を渡そうって 決めたのでした

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう それで

Keiko さんが 一緒に入ったカフェで

友人の絵の作品の複製を購入したのに

そのことを言えなかったこと

 

その続きでしたね・・・・・

 

 

 

それが ものすごく

気持ち悪くて

そのあと しばらく悶々としていたんですね

 

自分は 嫉妬深いのかなぁ

あぁ いやだなぁ

と 思ったし

 

でもね

それだけじゃないんです

 

そこで 何も言えなかったのは

もう半年以上も その友人とは交流が途絶えていて

きっと もう二度と会うことはないんだろうな

と 思っていたから

 

 

 

 

半年前に起こったことは 何かというと・・・・・

 

それは

賢太郎さんと私が初めて出会った場所でもあり

その場に関わる方々に

温かく祝福してもらい

親しくしていた場所に

 

あるとき 突然

遠ざけられるようになり

それが 誰かの指令でも受けているように

集団で起こり困惑したまま

 

わたしも賢太郎さんも

まったく なにが理由か わからない

けれども 面と向かってはハッキリ 何も言われない

 

だけど 静かに距離を置かれていく

 

そんなことが 起こりました

 

 

ご縁があって結婚して

現世では

ほぼ これまで所縁がなかった土地に移り

さいしょに出来た繋がりの場所だっただけに

 

しばらくは相当 落ち込みました

 

悲しみや 寂しさで

いっぱい 泣くことに・・・

 

 

でもね

こういう 何かにコントロールされて集団化したものって

一人一人と 直に向かう合うのと違って

どうしようもないでしょう?

 

受け入れていくしかないな

と 思っていました

 

 

その Keiko さんが購入した絵を描いた友人も

そこで知り合った人であり

その場所の中心人物の一人だったので

きっと 私とは会ってくれないだろう

残念ながら ご縁がなかったんだなぁ と・・・

  

 

 

だけど

だからといって

このまま 何も言わないでおくのは

どうしても 気持ちが悪い!

 

だって 自分の絵が

ハワイからやってきた 素敵な方に

通りがかりに見初められ

海を渡るとしたら・・・

と 想像すると

このまま 知らせないままにしておくなんて

絶対 私は無理!!!!!

と 思いました

 

ちゃんと Keiko さんにも繋げたい!

 

 

彼女に連絡して 会おうと思う

と 言うと

またまた 美子は とんでもないことを・・・と

賢太郎さんは 呆れていたのだけど

 

 

会ってみて

驚きの事実が わかってしまいました!

 

 

実は 彼女も

私たちと同じ時期に

同じように 遠ざけられちゃって

なにがなんだか 訳が分からず

 

自分一人だけが そうされたのだと思っていて

彼女も 私たち二人には もう会えないんだと思っていた と!

 

 

あらあらあら・・・・・

 

つまり 遠ざけられたのは

うちの夫婦と その友人の

三人

 

いまだ 理由はわからず

  

 

 

おもしろいことに

それを知れたことで

お互い な〜〜〜〜〜んだ・・・・・

と いろいろ見えてくるものもあり

( とは言うものの 憶測の域を出ないから わからないままにしていますけどね )

  

 

 

Keiko さんって

“ 終わらせ屋 ” なんらしいけど

 

その Keiko さんのおかげで

私たちは 古いものを終わらせ

あたらしく始められたのかも!

 

 

そこから

一対一

の より本格的な交流が始まりました

 

同じ 絵を描く者同士として

 

それから ヨガとクンルン

違うものだけど

それぞれの道を探求していく友人として

 

 

 

 

というわけで

長くなっちゃったから

きょうは ここまで!

 

 

週末は 父の命日

もう 12年になります

 
久しぶりに 太宰府の祖霊殿へ
彼が大好きだった ポテトサラダと日本酒を持って
お参りに行ってきま〜〜〜す
 
その場で 日本酒を飲めるのは
今年は わたしで〜〜〜〜〜〜〜す!!!!!
(ジャンケンに勝ったので^^)
 
  
 
 
では!

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

  

コメント