『 HOPE 』(新作の紹介)

  

hope.jpg

  

『 HOPE 』

  
2002年 〜 2020年 作
 
 
  
  
新作の紹介です
  
これは 18年前の作品に手を入れたもの
 
  
 
ちょうど 絵を描きだしたばかりの頃
そのとき 住んでいた Findhorn で 制作しました
2002年のことです
  
もとの作品については
こちらの記事で 紹介しています
 
 
  
 
つい数日前
夏至の二日前になりますが
時間ができて
本当に 久しぶりに博多の大崎周水堂さんへ・・・
 
ずっと 額装したかったけど
額装できないままだった作品たちを持っていきました
 
何枚か 選ばせてもらい
 
 
この作品も ピッタリ!の額に出会ってしまい
その場で 入れてもらうことにしました
 
 
  
 
hopeframe.JPG
 
 
素敵な風合いの額
木の皮が貼ってあるそうです
 
 
最後の一枚で もう生産されることはない ということだったし
きょう この作品を 入れてもらわねば!
と 強く感じたのです
 
 
 
 
 
それで 絵を入れてもらい
帰宅して 飾ってみると
 
 
今まで 何も感じなかったのに
急に 手を入れたくなり・・・
 
 
夏至の前日
思い切って 新しい色を加えました
  
 
 
 
hopecenter.jpg
 
 
マゼンタの渦の中心に
 
ゴールド
 
 
 
 
この記事で 綴っているように
 
18年前は
悲しくて悲しくて
涙が止まらないときに
その悲しみを 絵に描いてみたものだったので
 
タイトルは
『 悲しみよ こんにちは 』
に していたのだけど
 
手を入れて 眺めていると
 
これは HOPE だなぁ!・・・・・と
 
 
 
それで タイトルは
『 HOPE 』 に 変更しました
 
 
 
 
hopesign.JPG
 
 
古いサインは そのままに
その下に
あらたに 新しいサインを加えて・・・
 
 
 
なんでか わからないけど
夏至を迎える前に
この作業を 済ませたくて
手を入れはじめ
  
 
無事 夏至前夜に
HOPE を 誕生させられて
 
静かに 嬉しいです!!!
 
 
 
  
 
 
別に 悲しみが無くなったわけではないのです
 
ただ 悲しいことは 悲しいままでOK
 
いつの間にか そんな気持ちになっていて
 
そして
相変わらず
人として 生きていくことは 
たいへんなことが いっぱいで
 
泣いたり 怒ったり 笑い転げたり 地団太踏んだり
怖がったり 縮こまったり
失敗だらけで
未熟であり続けている自分だけど
 
ものすごく 幸せで
満たされていて
 
 
あのとき
たくさん流した涙は
HOPE だったなぁ
今の自分から
過去の自分に 伝えてあげたい
 
そんな気持ちが
あらたに加わった ゴールドなのです
 
 
   
 
hopepart.jpg
  
 
この作品
 
お値段をつけて 販売作品として紹介していましたが
 
手を加えたものを
以前と 同じ価格のまま
改めて ここに紹介しなおします
 
 
 
 
 
18年前の自分と
ご縁ある方 の もとへ・・・
 
(18年前の私は もう受け取って 過去が書き換わりました 満足です)
 
 
 
 
hopeinframe.jpg
 
 
水彩紙 に ミクストメディア
 
 
絵のサイズ : 31cm × 41cm
 
額のサイズ : 50cm × 62cm
 
 
 
55,500円
( 額装代込み )
 
 
ご購入のお申込み 及び お問い合わせは
こちらの メッセージフォーム から お願いします
 
 
 
 
 
夏至の朝は
お庭に ねじねじを埋め
 
そのまま 南阿蘇へ
ねじねじを創りに行き
 
と おもしろい一日でした
 
 
 
さいきん 起こっている変化は
お庭から・・・・・
 
植物さんたちからの
さまざまなメッセージに
助けられながら
 
そのことを
ブログに綴りたいけど
また 時間をつくって
ゆっくり じっくり
と 思っています
 
  
人間として
この地球で生きるってことは
なんだろう って
 
いろいろ 感じています
 
 
 
では!
 
 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

なごみきもの教室

 

 

コメント