薩摩上布

  

雨が激しく降ったり

小降りになったりしながら

ずっと続いています

 

きのうは うちの横を流れる

菊池川の支流が

どんどん水かさを増していって

ここに越してきて 3年半 今までで

一番 水位が上がり ドキドキしました

 

向かいの おばあちゃんも

こんなに水かさを増したのは はじめて見た

子供のころから こんなひどいのは見たことはない

えずか〜えずか〜〜〜!(怖いという意味)

と 怯えていました

 

ドキドキしながら

ご飯をたくさん炊いて おにぎりを握ったり

二階へ 大切なものを移動したり

バイトに出ていた賢太郎さんに電話して

早めに終わってもらって 車で迎えに行ったり・・・・・

 

車で わずか5分ほどの場所なんですが

途中 何ヶ所も 冠水している道があったり

今にも あふれそうな川の横を通ったり

 

たいへんなことになっていました

 

昨晩は 用心のため 二階で寝ましたが

激しい雨が 降り続くことがなかったせいか

どうにか 事なきを得ているところです

 

けれども

それは すなわち

線状の雨雲が 別の場所へスライドしていった

ということですから

その場所のことを思うと

あぁ よかったよかった

とは とても思えず 複雑な気持ちです

 

また 予報を見ていると

短時間で 二転三転していき

これは 今まで通りに予報なんて出来ない現象なんだな

事態は 刻々と変化していくんだな

と 感じます

  

 

 

 

 

熊本 と聞くと

美子さん 大丈夫かしら?

心配して メッセージいただいてます

 

個別に お返事してますけど

・・・・・そういうわけで

ここは 熊本県の北部

福岡県との県境のところにあり

 

どこだから安全です

とは 安易には言えない状況ですが

今のところ 我が家には被害はなく

(近いところで かなりの被害もあるようですが)

気を付けて生活していますので

大丈夫です

 

ありがとう

 

 

 

 

 

週末は とても有難い時間を過ごしていました

 

お盆だから…? 球磨川へ

 

この記事にあるように

三年前に 球磨川の上流の奥地へ行き

川沿いに河口まで車で走ったことがあります

 

そこで 途中 子供の頃 住んでいた家を見に行ったりしながら

 

その前日に

賢太郎さんと ふたりで決めたことがあり

 

思い起こせば

この週末は そのことが数年越しで成就した二日間でした

 

 

球磨川の河口で感じたのは

 

あれ? このことは

私が 自分で望んでいるようで 私一人のものじゃない

 

後ろに連綿とつながっている

ご先祖? 過去生?

具体的には わからないけど

その全部の おびただしい数の人たちの思いが結集して

わたしの身体を通して 実現していくような・・・・・

  

私は その沢山の命の繋がりの先端のところにいるから

身体を持って これを経験していくんだ

 

そんなことを

漠然とですが感じてしまい

胸がいっぱいになったのを 思い出しました

 

  

 

それで 雨だったし 当初 着るつもりもなかった着物を

急に着たくなり

 

それも おばあちゃんの薩摩上布の

かなり ボロボロになっていたのを

母が 仕立てに出して 直してくれたもの

 

それが どうしても着たくなって

全日の夜遅くに 衿付けの準備などして

着ていきました

 

 

  

 

_MG_1647.JPG

 

 

これは この人生で あと何回 着れるのかしら

 

もう少しで 擦り切れそうなところ

擦り切れたところに当て布をして直したところが

何ヶ所もあり

 

丈も とても短く 着るのが難しいのです

 

けれども

大切に 着たいなぁ

 

 

  

 

 

そうそう これは薩摩上布って言うのよ

と 母から聞いていたので

そうか 鹿児島のものなんだな

と 安易に思っていましたが

 

いま 調べてみると

 

実際は 琉球が産地で

薩摩への租税として織られたもの

だということが わかりました

 

 

さて

その おばあちゃん方のご先祖さんは

奄美から薩摩へ渡ってきたのだと

聞いていますが・・・・・

 

そこにある 薩摩と奄美 琉球の悲しい歴史を思います

 

また さらに遡っていった物語にも

思いを馳せながら

 

 

 

 

 

三年前に 心を決めたときにあった

さまざまな期待は

ある意味 ことごとく砕かれてしまったのだけど

 

それは 全然

嫌なものでも 困ったものでもなく

 

あぁ いい塩梅で

餌につられて

ちゃんと 導いてもらえてたんだな

ありがたいなぁ

と 思います

  

 

 

そして 後ろにある

連綿と続いてきた悲願と

思いが通じるようになってきたんだな

と 思います

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

  

なごみきもの教室

 

コメント