自分の 月を知って認める

 

以前 ブログで紹介したことがあったと思うのだけど・・・

 

マドモアゼル愛さん(おじさまです)の発信されている動画が

とても 面白くて

よく 観ています

 

観ているうちに

愛さんの 占星術家としての

新しい見解の表明である
“ 月は その人の欠損を表す ”
 
たぶん これまでの星の概念からは
真逆に近いものがあるようなんですが
( 詳しくないので 曖昧な言いかた^^)
 
今の私にとって
ものすご〜〜〜く 助けになっているので
再び そのことについて
綴ってみようと思います
  
 
 
 
 
二年半ほど前から
新しい道に 徐々に足を踏み入れています
 
それは
長い間 望んでいたこと のようで
あとから振り返ると
もしかして 本当は無意識に避けてきたことだったのかも・・・!
と 思うようにもなりました
  
けっこう
ジタバタするものがあります
 
自分の嘘が 暴かれる というか・・・
 
 
それは
例えば これまで意識的に
なんか 悪いことしてた とか
そういうんじゃないんです
 
今まで 本当だと信じていたものが
実は まやかしのものだった!!!
と 気づいてしまうキツさ 怖さ
 
それに対する ジタバタです
 
 
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぁ! 嘘だった!!!!!
と 気づいてしまうこと
 
あのね
嘘とわかってて つく嘘って
すぐ バレるものですよね
 
わたしの
「 あ〜〜〜〜〜〜ぁ 嘘だった!!!!!! 」
まずは 自分が一番 騙されていた
自分を 騙していた
 
だから 結果的に
嘘だった!!!!! っていうことなんです
 
つまり 優秀な詐欺師みたいじゃん〜〜〜(涙)

 

この 自分のまやかしに

一個一個 気づいていくのは

もう めっちゃ 大変な作業なんだけど

 

それを 助けてくれるのが

月星座

だと 今 感じていて

とても ありがたいです

 

  

 

  

 

 

  

  

え〜〜〜〜っと このことを

ブログに紹介したときに

何人かの方から 密かな反応をいただき・・・

 

やっぱり これ

多くの人にとっても 有効なんじゃないかなぁ

という 感触があったので

 

今回は 前回より もうちょっとお節介に

それぞれの月星座のリンク先を・・・

 

 

12星座別「月」解説第一回 おひつじ座・おうし座の月について

 

12星座別「月」最終解説第二回 ふたご座・かに座の月について

 

月の最終解説第三回「しし座・おとめ座の月」

 

月の最終解説第四回「月がてんびん座 さそり座」

 

月星座の最終解説第五回「月がいて座・やぎ座」

 

月の最終解説第六回「月がみずがめ座」

 

月の最終解説第七回「月のうお座」

 

 

 

なぜ お節介かというと

 

読んでて 気分がよくなる人は

きっと 一人もいないからです

 

 

だって すべての人に

漏れなく与えられている 月の欠損

について 綴られていて・・・ですね・・・・・

 

 

( あ そうそう 月星座 知らない方は

こういうところで 調べられますよ → ホロスコープを無料で作成

 

 

 

 

各人にとっての 月 とは 

どうしようもなく 自分には欠けているもので

一生かかっても

どんなに努力しても

得られない 確立できないもの

だからこそ

無意識に 執着してしまうもので

 

その上

その 欠損部分が

まやかしであるがために

人の目には 魅力的にも映り

妙に 期待され

知らないうちに

期待に応えようとするものになる

 

なり続ける・・・・・そして 気が付かないまま人生の破滅へと至る

 

 

 

 

 

これは 認めるのが難しいところ

 

でも 認めることで

私は この 二年半やってきている作業が

加速しているし

スムーズに変わってきています

 

だから 月星座で

自分の欠損を知り 認めることは

さいしょは 嫌かもしれないけど

本当の意味で 楽になれる

そして

自分の太陽を発見する

大きな助けに なりますよ〜〜〜

 

  

 

おかげで

自分自身の交通整理

 

絡まっていた 経糸と横糸

もう どっちがどっちか わからんようにしてしまってたのを

一本一本 見て

本来のところに戻す作業が

ようやく 楽しくなってきています

 

   

  

  

 

 

 

 

 

この 数日前の動画で語られている

フジコヘミングさんと 美輪明宏さんのくだりが

ものすごく興味深かったです

 

 

ここで 語られている

誰にでも用意されているプログラム

というのは

太陽のことかなぁ

と 思いました

 

 

太陽は 自分で発見していくものだから・・・

 

 

 

 

 

それにしても

今までのことを振り返って

今だから あぁ!!!!と合点が行くことがあり

 

この 月と太陽 に 関してなんだけど

 

自分の太陽を確立できてないと

人って 代わりに 他人の月で確立しようとするんだなぁ

って・・・・・

 

 

わたしは

太陽が 魚座 で

月が 牡羊座

 

だからね

牡羊座的なものを時折

期待されて けしかけられる(笑)

 

どうして 牡羊座的にやらないの?

あなただったら 出来るはず!
とね・・・・・
 
 
それで その気になっちゃって
月的に うまくいくようになると
どうなるかというと
  
“ 自分の能力を示すことは多くなりますが、結局は自分を商品化することとなり、
そうなると破滅していきます。もしくはエネルギーを失い、
廃人のような消沈に襲われることが多くなるわけです。”

 

これは 月が牡羊座の場合・・・

 

あぁ 危ない危ない

 

 

  

 

 

 

そして わたしの太陽星座である魚座は

 

なんと!

賢太郎さんの 月星座

なんですよ〜!!!!!

 

 

いや だからですね

彼との関係において
 
私自身が
太陽である 魚座を生きる
ということは
ものすごく ものすごく
大切なことなんだと 今 肝に銘じているところです
 
わたしが 太陽を生きていないと
きっと
賢太郎さんの 月の欠損部分に
勝手に期待して
魚座的なるものの確立を
けしかけることになるだろうな
 
彼に 魚座的なものを投影して
(投影しやすいから・・・月のまやかし)
自分の代わりに 彼にやらせようとする
 
無意識に やっちゃう危険の高い
組み合わせ
ということじゃないかと・・・・・!
 
 
それは 本当に
お互いにとって 不幸でしかありません
 
 
 
 
 
 
自分の太陽を 発見していくことは
けっこう 地味な作業だなぁ
と 今 実感中です
 
地味 だけど
なにか 確実に
一歩一歩 歩んでいる感覚が強いです
 
そして
地味だけど
ひとつひとつのことが
スムーズに 気持ちよく流れ始めています
 
 
注文制作を 一枚一枚
お一人お一人 に 丁寧に作業していく
ふつうだったら 取りこぼされそうなところに
目を向けて 汲み取っていく
 
その作業自体が
わたしの太陽を生きることなんだなぁ
今 思っているところです
 
それが 出来るように
さまざまなことを 常識や今までのことに縛られず
変えていくこと決めていくことが
また スムーズな流れを創っていってる気がします
 
 
  
 
 
 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

  

なごみきもの教室

   

 

コメント