排水管の匂い 微生物

 

ここ 和水町の空き家だったおうちに

住み始めて

三年半が経ちました

 

私たち ふたりには

もったいないくらいの

広くて きれいな(注:古民家としては)おうちですが

実は

住み始めたときから

どうしても 解決できなかったことがあります

 

それは

排水管の匂いが

なんとなく 臭かった

ということです

 

 

排水口の匂いだけならば

重曹とクエン酸で解決するはずなのですが

(パイプマンみたいな感じで・・・)

 

敷地内に設置されている

浄化槽に至るまでの排水管から

つまり 床下から

なんともいえない 匂いが上がってきていました

 

幸い お風呂の水を排水した直後や

台所で 洗い物をして水を沢山流した後など

常時ではなかったことが救いでしたが

毎回 どこからともなく

匂いが上がってきて 憂鬱な気持ちでした

 

 

古い家だから

しょうがないことか・・・・・と 思い

かといって

薬剤をつかっての掃除は 絶対に気が進まない

ましてや

排水管を全部 取り換えることなどは

とてもじゃないけど 費用的に無理だなぁ

いま 振り返ると

このことについて 私は

軽く 絶望を感じていたんだな

と 思います

 

 

EMやえひめAIなどの微生物を培養して流すことも

やってはみたものの

あまり パッとしない・・・

(場との相性が悪かったのか わたしのやり方がまずかったからかもしれませんので

それらの批判ではありません 念のため!

EM使ってる方とか すごく大好き お世話になってます)

 

 

なかば 諦め

やっぱり・・・・・そう

なんともいえない 絶望感が

ず〜〜〜っと ありました

 

 

 

IMG_0451.JPG

 

どこかで いただいてきた種から

 

あさがおは 秋の花

毎年 少しずつ

朝顔の種類が増えていってます・・・・・

 

どこに 何色の花が咲くのか

咲くまで わからない(笑)

 

 

 

 

 

 

閑話休題

 

 

つい 先月だったか

ふと 目に入った ある微生物を活性化することで

水を浄化する資材のことが気になり

見てみると

その粉を 近くの川などに撒くボランティアを募集していました

 

毎月千円ほどの手数料で届くのが

約20トンの水を浄化する量 一袋

 

 

なんとなく

あ やってみよう!という 軽い気持ちで

始めました

 

 

我が家は 横に和仁川(わにがわ)という

小さな川が流れています

 

やがて 十町川(じゅっちょうがわ)と合流して

その後 菊池川に合流

有明海に注いでいます

 

だから まずは

うちの 浄化槽に使ってみよう と思い

入れてみました

 

そのまま 川に流れていくのなら

川の水の浄化に役立つのでは と 思ったからです

 

そして 近くの気になる川にも

撒きに行きました

 

 

 

それから ちょっと手についた粉を洗って

そのまま 排水口に流したり

それから 台所の流しの排水口に

粉をコーヒーフィルターで包んで置いたり

楽しみながら いろいろ試しているうちに

 

これは 期待もしていなかったことだったのですが

いつの間にか

あの 排水管の 嫌な匂いが

一切 しなくなっていました!!!

 

 

軽く絶望したまま 諦めていたことなので

 

ハッと気づいて

あれ????? いつの間に????????

なんというか

キツネにつままれたような

不思議な気持ちなんですが

 

あとからあとから

じわじわと

嬉しくなってきています

 

 

うちの横の川の水を きれいにしよう

と 思ってただけなのに

 

我が家の排水管から・・・・

こんなことが起こるなんて・・・

 

まぁ 考えれば

当然と言えば当然のことだったのでしょうが

 

もう 無理なことなんだろう と

思っていただけに

見えないところだけど

我が家の排水管が きれいになってるんだ〜と

想像するだけで

幸せな気持ちになってきます

 

 

そして

上述したように

 

こうなって 初めて気づく

 

あ わたし

実は ず〜〜〜っと 絶望していたんだ・・・

ということに!

 

 

知らず知らずのうちに

その絶望感に 自分が蝕まれていたものにも

気づきました

 

なんとなくね

感覚的なものだけど ね

 

やっぱり こういうことは

大きいですよね

 

 

 

さて

微生物スイッチが 入ったのかなぁ

と 思います

 

そもそも

ねじねじ が そうですしね

(我が家は 夏至あたりから 敷地内に三カ所設置してみてます)

 

 

そうそう その水質浄化のボランティアは

これのことです

バクチャー

 

 

それから ふと気になり

取り寄せてみた 微生物せっけん

これも 使い心地が なんとも面白い

 

  

 

庭の畑でも

今までの EMボカシに加えて

バクチャーも 使いはじめています

 

冬野菜 どうなるかなぁ

楽しみです

 

 

 

 

 

きのう バクチャーの話をしていたら

 

この業界(微生物・菌類による環境資材関係)に 詳しい方から

あまり いい評判を聞かない会社だ

ということを 伺いました

 

その方は 私が排水管の匂いがとれて

喜んでいるところに 水を差すようなことは言いにくかったのか

あまり ハッキリとは 話されなかったのですが・・・・・

 

また 微生物の世界は

人間の意識を とてもダイレクトに反映させるものだから

気を付けたほうがいい

ということも・・・・・

 

 

なので どうぞ

この記事を読んでも

 

まず わたしは あまり

何かを分かっているわけでもなく

ただ なんとなく

ふと やってみているだけ

だということと

 

今のところ

我が家では いい感じだということ

それだけです

 

 

だから 手放しで

おすすめしている訳ではありません

 

 

どうぞ ご自分で よくリサーチ判断されてくださいね〜〜〜

 

わたしも 引き続き

毎月 送られていくるバクチャーを

川に撒いてみます

 

 

 

これが いいよ〜〜〜〜〜

と パワフルに広めることは

 

どうやら “わたしにとっては”

牡羊座の月のなせる業

というかな

 

まやかしになっちゃうことのような気がします

 

  

 

 

 

さて

この 我が家の排水管事件と

もしかしたら

リンクしている???

 

かどうかは わかりませんが

次は 賢太郎さんの身に起こったことも

次の記事に 記録として残すことといたします

 

 

では・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

  

なごみきもの教室

   

 

コメント