ウラオモテの奥にあるもの・・・・・静けさにつながる


女神.JPG

ただいま〜!!!!!

長野の女神山から
帰ってきました


おかげさまで
濃い
2日間の合宿でした


黄水仙.JPG

そうですね・・・
本郷綜海さんのワークですから
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/849
魂のサポーターとして
深く信頼している方のもと

いくとこまで
いっちゃおう
という気持ちもあるし

合宿という環境でもあったので

心置きなく
甘えさせていただき
死んできました

魂の旅の仲間たちの
温かいゆりかごの中に
しばらく いさせてもらいました


おもしろいですね
臨死のときなど そうだと聞いたことがありますが
全身の力が抜けて
サレンダーの状態にあっても
まわりの音 声だけは
ハッキリ鮮明に聞こえていました

はい いま
美子さんには 一見何も起こってないように見えますが
プレバーバル(言語獲得期以前)の
傷が修復されているところです

そみさんの説明が聞こえました


自分の表層の意識としては
それから しばらく
ウラ を 味わうこととなりました

オモテ が
《 人が好き 明るさ 元気 社交性 つながり 肯定 》
だとすると
そのウラ
《 孤独 寂しさ 悲しみ 人が嫌い 消えてしまいたい 否定 》

数日間 一体化しながら
味わってました

なので ブログはすぐには更新できなかった・・・^^


そして今は
ウラオモテを潜り抜けて
その奥にある
真実 というのか
本質 というのか
そこに繋がりつつあるところです

なんだか
とても 静かなところです


たとえば
火山の女神ペレの絵を描いたとすると
その中心は
静かな湖のようになります
http://yoshikoart444.jugem.jp/?eid=35

たとえば
きっと アバンダンスなエネルギーを描くとしたら
華やかで 明るい渦の中に
やはり 真空のような静けさが
出現するように感じます

そこに繋がることは
別に新しいことではなく
いつも そこにあり
今までも
いつも 繋がっていたのだけど

今は その繋がりを
より信頼できるようになっている
そのままでいていいんだ

そんな変化が起こっています

樹影.JPG

女神山に行く前に
描いていた コノハナサクヤヒメは
いったん 反故にして
また 白紙からはじめることにしました

まずは 行く前に
爆発のエネルギーを
描く必要があった・・・・・

今は その奥を
描きたくなっています

必要だと感じる
石や泥の絵の具を
たくさん準備したので
創作の旅路に戻ろうと思います


いつも このブログを読んでいただき
ありがとうございます



クレジットカードでのお支払いが可能になりました!

現在 お嫁入り可能なYoshiko Art たちのご紹介です



http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!


いつも ありがとうございます!



コメント