▼▲★◆● 黒 ●▲▼★■ ( 大学時代の作品 )



いま 描いているのは
黒がいっぱいの絵

黒 に 最初に魅せられたのは
大学時代
ダイヤモンドブラックという顔料が
美しい!
吸い込まれそう!
と 感じて
どうしたら この顔料のままの黒を
そのまま 表現できるんだろうと考えた

絵の具として 画面に定着させるには
糊となるもの
油やニカワと混ぜることになるのだが
そうすると
吸い込まれそうな真っ黒が
色あせて
別の色になってしまう・・・

だから 木を削って藍色に染め
そこに木工ボンドを塗り
上から 顔料をそのまま
振りかけて
こんな半立体の作品を つくったことがある


Moon1.jpg

Moon

表面は 粉々だから
展示するとき
そのとき限りの作品

保存できないもの

Moon6.jpg


Moon3.jpg


Moon5.jpg


Moon2.jpg

ゴールデンウィークは
うちに引きこもって作品制作です

自由業の選択
人が出かけるときは内に篭もり
人が出かけないときに
外に出る^^


絵を描きはじめると
文章を書きたくなくなる
ブログも ちょっとサボってしまったが
それもよしとしよう

そのような私の脳みその構造に
優しくしてあげることにする


Moon4.jpg


安易に使うと
悲しいくらいに 安っぽくもなり
難しい色だが
同時にどうしようもなく 魅力的な色・・・・・

ふと もう20年以上も前の作品のことを思い出し
眺めてみるのは
いい息抜きでもあり
この頃から ずっと変わらないもの
底辺に流れているテーマを感じて
不思議な心持になる

何でも 自分で選択してきたようで
まるで そうではない
すべては もう あらかじめ
決まっていて
ただ そのように成就していっているだけのような

けれども
平行現実は無限にあり
やはり その無数の中からの選択の結果が今であるような

おそらく そのどちらも本当なんだろうな



クレジットカードでのお支払いが可能になりました!

現在 お嫁入り可能なYoshiko Art たちのご紹介です


http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチッと応援
よろしくお願いします!


いつも ありがとうございます!



コメント