アッシジ フランチェスコ 姉妹月 その4

 

きょうは 朝一番に

一枚目に描いて送らせていただいたモニターさんから

送られてきた

思いがけなく 長いフィードバックの

メッセージを読み

 

感動の うれし涙から

始まりました

 

 

これについては

モニターさん 三枚すべて完成 納品してから

あらためて

シェアしたいです

  

 

私にとって

絵を描くことは

自分一人の作業ではなく

受けとる方あってのものなんだと

強く強く 再認識しました

 

そして ここまで

深く 受け取ってもらえることの幸せに

ものすごく 癒されています・・・・・

 

  

 

また 絵を描くことを通して

こうして 繋がっているご縁

 

さまざまな 古からのご縁が

復活していっていることの

豊かさ 有難さに

今 胸がいっぱいです

 

  

 

いま モニターさん二枚目を描いてる途中

 

もう 8割がた出来てきてますが

きょう一日は きもの教室で

制作は中断

 

教室の終わりごろに

広島の友人から電話が入りました

 

「 あるブログを読んでたら

美子ちゃんと一緒に 沖縄の久高島に行きたい!と思って・・・・・ 」

 

そのときは ゆっくり話せなかったので

メールで ブログの記事を送ってくれたのを

 

さっき 読んでみて ビックリ!

今 描いている沖縄に行く絵

絵のイメージと共に出てきてたキーワードが

そこに載ってる!!!!!

 

その 言葉について

深読みしないようにしていたのだけど・・・・・

( 曲がった解釈を入れたくないので )

 

あらあら これは・・・・・

 

 

広島の友人とは

とてもとても古いご縁のようで

そのことは 今年の一月に知りました

 

彼女がなぜ そのブログを送ってくれたのかは

私たちのご縁と関わる内容だからみたい

 

また あとで

ゆっくり お話しよう

 

 

 

 

・・・・・というのは きょうのお話

 

で アッシジ の話の続きでしたね!

  

 

 

Keiko さんに贈った 『 木花咲耶姫 』からのインスピレーションで

賢太郎さんが制作したフォトメッセージ

 

Keiko さんのお話し会で

話を聞いていたら

この 賢太郎さんが書いていたメッセージとかぶって思い出すので

絵を渡そうって 決めたのでした

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう それで

Keiko さんが 一緒に入ったカフェで

友人の絵の作品の複製を購入したのに

そのことを言えなかったこと

 

その続きでしたね・・・・・

 

 

 

それが ものすごく

気持ち悪くて

そのあと しばらく悶々としていたんですね

 

自分は 嫉妬深いのかなぁ

あぁ いやだなぁ

と 思ったし

 

でもね

それだけじゃないんです

 

そこで 何も言えなかったのは

もう半年以上も その友人とは交流が途絶えていて

きっと もう二度と会うことはないんだろうな

と 思っていたから

 

 

 

 

半年前に起こったことは 何かというと・・・・・

 

それは

賢太郎さんと私が初めて出会った場所でもあり

その場に関わる方々に

温かく祝福してもらい

親しくしていた場所に

 

あるとき 突然

遠ざけられるようになり

それが 誰かの指令でも受けているように

集団で起こり困惑したまま

 

わたしも賢太郎さんも

まったく なにが理由か わからない

けれども 面と向かってはハッキリ 何も言われない

 

だけど 静かに距離を置かれていく

 

そんなことが 起こりました

 

 

ご縁があって結婚して

現世では

ほぼ これまで所縁がなかった土地に移り

さいしょに出来た繋がりの場所だっただけに

 

しばらくは相当 落ち込みました

 

悲しみや 寂しさで

いっぱい 泣くことに・・・

 

 

でもね

こういう 何かにコントロールされて集団化したものって

一人一人と 直に向かう合うのと違って

どうしようもないでしょう?

 

受け入れていくしかないな

と 思っていました

 

 

その Keiko さんが購入した絵を描いた友人も

そこで知り合った人であり

その場所の中心人物の一人だったので

きっと 私とは会ってくれないだろう

残念ながら ご縁がなかったんだなぁ と・・・

  

 

 

だけど

だからといって

このまま 何も言わないでおくのは

どうしても 気持ちが悪い!

 

だって 自分の絵が

ハワイからやってきた 素敵な方に

通りがかりに見初められ

海を渡るとしたら・・・

と 想像すると

このまま 知らせないままにしておくなんて

絶対 私は無理!!!!!

と 思いました

 

ちゃんと Keiko さんにも繋げたい!

 

 

彼女に連絡して 会おうと思う

と 言うと

またまた 美子は とんでもないことを・・・と

賢太郎さんは 呆れていたのだけど

 

 

会ってみて

驚きの事実が わかってしまいました!

 

 

実は 彼女も

私たちと同じ時期に

同じように 遠ざけられちゃって

なにがなんだか 訳が分からず

 

自分一人だけが そうされたのだと思っていて

彼女も 私たち二人には もう会えないんだと思っていた と!

 

 

あらあらあら・・・・・

 

つまり 遠ざけられたのは

うちの夫婦と その友人の

三人

 

いまだ 理由はわからず

  

 

 

おもしろいことに

それを知れたことで

お互い な〜〜〜〜〜んだ・・・・・

と いろいろ見えてくるものもあり

( とは言うものの 憶測の域を出ないから わからないままにしていますけどね )

  

 

 

Keiko さんって

“ 終わらせ屋 ” なんらしいけど

 

その Keiko さんのおかげで

私たちは 古いものを終わらせ

あたらしく始められたのかも!

 

 

そこから

一対一

の より本格的な交流が始まりました

 

同じ 絵を描く者同士として

 

それから ヨガとクンルン

違うものだけど

それぞれの道を探求していく友人として

 

 

 

 

というわけで

長くなっちゃったから

きょうは ここまで!

 

 

週末は 父の命日

もう 12年になります

 
久しぶりに 太宰府の祖霊殿へ
彼が大好きだった ポテトサラダと日本酒を持って
お参りに行ってきま〜〜〜す
 
その場で 日本酒を飲めるのは
今年は わたしで〜〜〜〜〜〜〜す!!!!!
(ジャンケンに勝ったので^^)
 
  
 
 
では!

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

  

アッシジ フランチェスコ 姉妹月 その3

  

きょうは モニターさんにお申込みいただいた

二人目の方と 電話でお話して

絵を描き始めました

 

この方は お申込み下さったとき

メッセージ欄に

 

“ 以前 小さな絵を購入しようかと思い 悩んでやっと決断して

申し込もうと思ったら

その絵が旅立ったあとで

その時は タイミングじゃなかったんだ と思いあきらめました ”

 

という意味のことを 書かれていらっしゃいました

 

  

 

そうしたら

きょうの電話で

 

きのうのブログに載っていた

Keiko Forest さんに贈ったという

あの絵のことだったんですよ〜〜〜!!!!!

と!!!!!!!!!!!!!

   

 

( HPやブログ上では 掲載していた価格を取り下げて

ただ お嫁入先が決まりました とだけ記していました・・・・・ )

 

 

konohanasakuyahime.jpg

この絵のこと 『 木花咲耶姫 』

 

  

 

もう お互いビックリ!!!

でした

 

そして このタイミングで

一連のことを綴るのも

偶然ではないのだな

と 悟ったのです

 

  

 

 

 

 

この絵は 今

Keiko さんの あたらしい名古屋の拠点に

飾られたそう

 

 

そして 今日の方は沖縄の方

 

わたしは今 沖縄に行く絵を描いています

彼女から感じた 太陽と水と花の香を・・・・・

 

 

 

きっと それが

よいのだと思う

 

 

そう感じられて よかった・・・

 

 

 

  

 

きょうは 明日の絵の続きに備えて

ここらへんで おやすみなさい

 

 

 

 

_MG_7675.JPG

 

う〜〜〜〜んと

↑ ここまで辿りつくのに

もうちょっと かかりそう・・・・・(笑)

 

 

  

では 続きは また今度!

  

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

  

アッシジ フランチェスコ 姉妹月 その2

   

さぁ 続きです

 

もうね 自分のために綴るのですからね

思いつくままに・・・・・です
 
文章にして 整理・昇華しますよ

  

 

 

不動岩けいこ女神.jpg

 

 

ハワイ島のジャングルに住む女性

 
Keiko Forest さん
 
これは 2018年 おととしの秋の写真です
 
 
近くで 彼女がお話会をすることを知り
行ってきました
 
10数年ぶりの再会
 
以前は 彼女がまだカリフォルニアに住んでいた頃
名古屋に里帰り中に
ちょうど私も 名古屋方面で絵の仕事があり
そこで 出会っていたのでした
 
彼女とは mixiでさいしょ繋がり・・・
 
そのとき わたしのmixiネームは ixchel で
この メキシコの女神 Ixchel に
どうして縁があったかというと
・・・それは 話が長くなるから割愛
 
ホントに 不思議なことが多かった人生です
 
まぁ とにかく
ケイコさんの お嬢さんのミドルネームがixchelだったから
繋がったのが はじめだったように記憶しています
 
 
でね ケイコさんは
2018年は 日本全国旅してお話会してたときで
 
次の日 この辺りのエリアにある
いろんな場所を案内して回ることになり
 
上の写真は不動岩というところ
何本かの巨大な磐の柱が立ってて
自然の中のパラボナアンテナのような場所なんです
 
 
まぁ とにかく
ケイコさんと 旅のパートナーたちと一緒に
わたし=現地の案内人 という感じで
とっても 楽しい一日でした
 
ひと通り 必要と感じるところを
順番に 回り終わってから
近くのカフェに案内し
美味しいごはんを食べ いっぱい笑い・・・
 
そのカフェには
素敵な手づくりの雑貨がいっぱい売られてて
 
ふと ケイコさんが目を留めたのが
なんと 近くの友人が描いた絵の 小さな複製
 
蓮の花をテーマにした絵を
シリーズで三枚 購入したのでした
 
  
 
ふつうだったら
そこで その友人を紹介するのが自然な流れ!
 
それなのに
そのとき それが出来なかったの!!!!!
 
 
わたし 知らんぷりをしなくちゃいけなかったの(涙)
 
   
    

 

 

 

それは ひとつは

わたしのジェラシーがあったのかも

 

だって たしか前の日だったか

ケイコさんの話を聞いてたら

『 木花咲耶姫 』

この小さな絵は ケイコさんところに行く絵だなぁ

と 感じて

プレゼントしたばかりだった・・・

 

それなのに〜

別の人の絵を 目の前で買っている〜〜〜

という ね

 

 

  

でもね それだけじゃなかったの

 

もっと別の

面倒な事情があって

その絵を描いた彼女とは

そのとき 半年ほど会うことも連絡を取り合うことも出来ず・・・・・

 

もう きっと これからも会えないんだ

と 思っていたから・・・・・

 

 

 

  

その 面倒な事情とは・・・

 

  

 

続きは また次の記事にて!

 

 

 

 

 

 

 

美幸さんからの手紙.jpg

 この絵の話にまで 辿りつかぬまま・・・・・

また こんど〜〜〜!

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

アッシジ フランチェスコ 姉妹月 その1

  

お申込みいただいたモニターさんに

一枚目 描き上げ

きょう 発送しました

 

金曜日に電話でお話しして

制作を開始

 

で 日曜のきのう完成!

 

フィードバックとなるメッセージを手書きして

作品に添えました

 

 

うん なかなか

いい手ごたえです

 

どういう領域と どういう繋がり方をするか

 

感覚的なことで

わたしは それを体系化して伝えることができない

 

また パターン化することには

嘘を感じてしまい したくない

 

毎回 何が起こるかわからない

というスタンスでやってます

 

けども・・・・・

なにか 掴めそうですよ〜〜〜

 

 

さぁ あしたは

二人目の方と 電話で繋がって

次の制作に入っていきます

 

 

 

 

 

その前に

さいきん 起こっていた興味深いことを綴ります

 

 

 

アッシジにて.jpg

 

 

アッシジって ご存じですか?

 

イタリアの聖地

 

ここのことを知ったのは

二十代後半

 

ある神秘体験をきっかけに

何が起こったか知りたくて

自分なりに調べ

バーバラ・ブレナンの学校を卒業されたヒーラーさんを見つけ

(日本人クラスの第一期の方で卒業されたばかりだった)

生まれて初めてのヒーリングを受けました

 

ヒーラーさんにも いろんなタイプの方がいるけど

その女性のヒーラーさんは

エネルギーヒーリングが終わったあと

こちらから聞いてないのに

過去生のことから

ソウルメイトのことまで(一年前に出会っていたアイルランド人)

たくさんの情報を 一気に話してくれました

 

その情報の中のひとつに

過去生 動物と話す修行をしていましたね

というものがあって

家に帰って 調べてみたときに出てきたのが

アッシジの聖フランチェスコ の存在

 

 

いま 思うと

彼女のリーディングは的確だったと思う

(4年間 みっちり厳しい授業を終えた方ですものね・・・それで選んだんだけど)

 

その後の わたしの人生の展開を

予見するようなものばかり

 

もう 次の年にはヨーロッパにいたと思うのだけど

結局 カルマの精算 + スイッチ入れに行ったのかな?

というくらいに

彼女が話していた関連の場所を巡る羽目になりました

 

 

アッシジ も

その頃のイタリア人のボーイフレンドが

フランス人のおかあさんとモロッコに行くことになり

彼のおとうさんとふたりっきりでローマで待つより

わたしは どっか行こう

あ そうだ! アッシジに行ってみよう

って ひとりで行ってきたのでした

 

上の写真は そのとき偶然お見かけした

佐藤初女さん

 

思わず 駆け寄って

声をかけたら お付きの方が

写真撮ってくださったのでした

 

 

 

その地で さまざま感じるものあり

その後 帰国してからだったと思うけど

 

あらためて

聖フランチェスコの映画で

『 Brother Sun Sister Moon 』

の DVDを取り寄せて 見てました
 
まぁ 清貧・・・なんだけど
自由でロックだなぁ と 思いましたよ
 
 
そのときは ただそれだけ
 
 
 
そして それから何年も経ってから
再び “ Brother Sun Sister Moon ” が 出てきます
 
ある友人が わたしと一緒にコラボをしたい
その活動のタイトルとして
Brother Sun Sister Moon って
インスピレーションが降りてきた!
 
わぁ いいタイトルだなぁ と 思いました
 
いろんな人たちと
さまざまな組み合わせでコラボをしながら
世界が広がっていくようなイメージです
 
周りには いろんな才能あふれる友人たちが
さまざまな表現活動をしていますから
  
じゃあ みんなに声をかけよう!
と 話したところ
その友人は
いや 最初は美子ちゃんと二人だけで始めたい
そうでなければ この話はなかったことに・・・
と 言うのです
 
正直 わたしは そこにはピンとくるものがなく
心が動きません
じゃあ まぁ しょうがないかな
と その話は流れたのでした
 
 
 
その後 この友人とは
結婚を機に 縁遠くなり
 
賢太郎さんとは暮らしているうちに
彼が わたしの絵を見て 詩を書き
それで フォトメッセージをつくる ということが
自然に 起こり始めました
 
私の絵と 賢太郎さんのフォトメッセージ
 
一緒に 並べて見るのが面白く
これらを紹介するページをつくろうか!
と 思い立ったときに
思い出すのが
Brother Sun Sister Moon
 
これを タイトルにしたいなぁ と
 
どうしても 浮かんでくるのです
 
しばらく 悩みました
 
 
というのは その友人は
私が賢太郎さんをパートナーに選んだ ということに
反対して離れていったので
 
彼女の提案のときは流れたのに
同じことを 賢太郎さんと二人で始める
というのは
 
なんとも ひどすぎる
 
わざわざ じゃなくても
ものすご〜〜〜く感じ悪いよなぁ
 
参ったな〜〜〜〜〜〜〜
と 決心するのに時間がかかりました
 
 
その後 勇気をだして連絡し
彼女には Brother Sun Sister Moon を
タイトルに使うことを報告
 
もう 美子ちゃんとはコラボすることはないから
と 許可をいただけたのでした
 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

このページのことです

 

 

こうやって 文章にすることで

流していってるのかなぁ

 

なんとも言えない

後ろめたさを どこかで感じていて・・・

 

でも このことからは

どうやら 逃げられないみたいなので

 

 

 

美幸さんからの手紙.jpg

 
 
・・・と ここで
長くなりそうだと感じたので
 
とりあえず ここで一区切りして
続きは 次の記事へと繋げることとします
 
なんだか 禊ぎだわぁ 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

モニターさんを募集します

 

注文制作のモニターさんを募集します

 

三名さま

  

 

 

 

 

 

今までと ちょっと違った感じで

描きたいのです

 

一言で言うと

サラッと描きたい

 

  

 

 

ごめんなさい

感覚的なことだから

うまく説明できないし

今現在 こういうのですよ

という サンプルもありません

 

だからこその モニター募集なんですが

 

作品を受け取った感想のフィードバックは

必須ではありません

 

 

 

 

ハガキサイズの絵を

額装したものを納品します

額の大きさは 254mm × 203mm

 

金額は 18,000円

( 額装代込み・送料別 )

 

これは モニター価格です

 

 

モニターさんを経たのち

実際の価格がいくらになるかは

今はわかりませんが
これよりも高くなることは確かです
 
描いてみた感触で
価格は決まってくると思います
( 労働対価的に決められないの )
 
 
お申込みは こちらの → メッセージフォーム から
お願いします
 
 
定員となりましたので
受付を終了いたします
ありがとうございます
 
制作しました作品は
紹介していきますので
これからの展開を どうぞお楽しみに・・・
今後とも よろしくお願いいたします!
  

 

 

 

  

_MG_3726.JPG

  

こんな絵ですよ〜という画像がないので

 

縁側の こんなところで描いていますよ〜〜〜っていう画像

 

 

 ∞

 

  

  

 

どうしても 深掘りしてしまって

サラッと描けない

 

制作している間

ご依頼主と一体化してる感じが続く

 

それで出てきた作品は

受けとった何年か後に あぁ!!!!!となるような絵だったりして・・・

そういうフィードバックが続いている

 

けども

ご注文下さった方が 頼む時点で

そこまで求めていたか

というと・・・・・

本当は 相当なズレがあるんじゃないか

ということを ここ1〜2年くらいかな

悩んでいました

 

本当はもっと 軽いものを求めているんじゃないか?

 

特に これからの時代は

そんな感じがするのよね・・・

 

  

 

 

でもね

サラッと描くには

結局 わたしは絵がヘタクソなんだなぁって思って

 

そこ 力量の問題

わたしの課題

そこ 認めよ!

( ↑ 自分に言ってます^^ )

  

 

 

 

  

今回 イワナガヒメ描いて

好きなだけ深掘りしたり

コノハナサクヤヒメと二枚並行して描いたりしてたら

一皮むけたみたい

 

もしかして・・・

いけるかも!

って 感じがしてます

 

感覚的に

なんか 新しいのが出てきそう

 

サラッと 描けるかも!

 

 

 

一方 ご注文と関係なく描く絵は

( 今回の イワナガヒメとコノハナサクヤヒメみたいな・・・ )

好きなだけ じっくり描いていきます

 

これはこれで

求めている方と ピッタリ出会っていくフィールドがあるし
 
 
 
つまり
サラッと短時間で描く 注文制作と
じっくり描くテーマと
 
ぜんぜん 違うものを
自分の中でバランスしたい
 
 

 

 

 

_MG_3739.JPG

 

 

たんぽぽ観てて

そう思いました

 

深く深く根を張っていくことと

 

綿毛 ふわぁっと飛ばしていくこと

 

それぞれのベクトルを楽しもう と

 

 

 

 

 

 

まぁ どんなんかわからんけども

お得かもしれんから

頼んでみようかな

って感じで 気軽に お願いします

 

 

うん お得なのは間違いないよ

 

 

 

 

描く前に 電話で15分ほど

お話させていただきます

( そのときのフィードバックは絵と一緒に送ります )
 
 
お申込みは 上記メッセージフォームからの受付で
先着順とさせていただきます 
 

 

  

 

 

ではでは よろしくお願いします!!!

  

 

  

 

 

  

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

ほわんとした日々 草刈ケンタロー たんぽぽ始めようモニターさんお願いします

  

イワナガヒメ 描き上げて

しばし ほわ〜んとした日々を暮らしていました

 

こういうときは

事務仕事をするのが気分転換にもなっていいのですが

タイミングよく やらなければいけないタスクがいくつかあり

ひとつひとつ こなしていってました

 

 

 

それから

これって 事務仕事なのかどうか

わかりませんが

夫の賢太郎さんの仕事のひとつ

フォトメッセージづくりのお手伝いで

PCでの画像編集をしてました

 

こっちは パソコン仕事なんだけど

感覚的には 絵を描くことの延長

 

具体的には 彼の撮った写真に

スキャンして取り込んだ 彼の手書きの詩を

画面上で構成していく作業です

 

文字を どう配置していくか は

絵具を どこに置いていくか

と 同じ楽しさ

画面の中の可能性が

無限に展開してく面白さがあります

 

地味に 夫婦二人の共同作業

コラボかも

 

今回 作業したのは ポストカード制作

 

春のお花たちのシリーズでした

 

賢太郎さんのつくる世界は優しい

 

いま 必要とする人たちがいっぱいいる気がします

 

興味ある方は ぜひ覗いてみてくださいませ

 

2020春のポストカードセット

 

 

 

 

_MG_6680.JPG

 しばらく前に咲いてた庭のレモンの花は・・・レモンの香り!

  

 

 

きょうは 地域の区役

河川敷の草刈りの日でした

 

けっこうな距離を

地域の男性たち総出で

草刈り機をつかって ジャンジャンバリバリ

刈っていきます

  

 

ここに住みだして 三年半が過ぎましたが

今回 はじめて 我が家の賢太郎さんが

本格的に 草刈り機デビュー!!!

 

 

 

 

生まれて初めての田舎暮らしの賢太郎さんにとって

 

引っ越してきた当初

一番の心配は この草刈り機のことでした

 

やったことない

できない

どうしよう

内心ビクビク 戦々恐々としていたようです

 

けれども 地域の方々は優しくて

絶対 無理強いはされなかったし(危ないからね・・・)

なんにも出来ない私たち二人を

そのまんまでいいよ と

受け入れて下さり

ありがたかった・・・・・

 

区役は 一世帯一人の参加でいいのだけど

私たちは 半人前だからと思って

毎回 ふたりで参加

ほかの女性陣たちに混じって

草刈りのあとの掃除仕事を手伝ってました

 

 

 

さてさて 草刈り機をずっと避けていた賢太郎さんでしたが

ちょっとずつ 地域のおじさんから

機械の扱いを教えてもらえるようにもなり

今年に入ってからは

新しい職場で なんと 休み時間の草刈りの仕事に誘われ

かなり みっちりと教えてもらえるようになり・・・

  

とうとう 今日は

みんなに混じって 草刈りに本格的に参加

 

わたしは 静かに感動

 

なんだか とっても嬉しかった^^

 

後ろで見てた 地域の女性たちからは

賢太郎くん 成長したね〜〜〜 と

丁寧で真面目な仕事ぶりを褒められてましたよ

 

 

  

 

_MG_6519.JPG

 

 

実は しばらく前に

河川敷に 除草剤が撒かれ・・・

 

これは 高齢化による人手不足の問題で

区役の負担を軽くするための事前作業としてされたんだけど

 

そのことに気づいて

わたしは かなり 胸が痛かった

 

でも なにもやらないのに

文句だけ 批判だけは出来ないでしょう

 

だから このタイミングで

賢太郎さんが 「僕 できます!」って

始めてくれたことは 本当に有難かった

 

 

まぁ とにかく

田舎は人手が足りないんですよ

 

そこでね ホームセンターに行くと

入口すぐに 除草剤がものすごい量

積み上げられているからね・・・・・

 

これが どれだけの猛毒なのか

本当に 知っている人は少ない

 

知ったら どうするのか・・・

それは それぞれの感性・感覚・意識の問題だから

何とも言えないけど

 

まずは 知ることから

ですよね

 

けれども 何もせずに

ただ 口出しする否定する批判するだけでは

難しい 人の心は・・・・・閉じてしまうだけ

 

 

だからね

区役と関係なく

これから 家の周りから始めようってことになりましたよ

先回りして 綺麗にしていくのだ

 

草刈ケンタロー

 

わたしは 応援してます

 

 

 

_MG_6659.JPG

 

 

草刈りは おうちの敷地の外の話

 

 

うちの敷地の中は 植えたお花と雑草と畑と

共存していくのを眺めるのが

もう 気持ちよくて至福です

 

草刈り機は いらない

 

草を取る時は

取りすぎないようにして

 

そこにあるものたちが

気持ちよく馴染むようにしている

 

さいきん思ったんだけど

自分が 美しいって感じているのは

管理されたもの整備されたものじゃなくて

調和したものだなぁ

と しみじみ

 

それも やっぱり

予定調和じゃ ときめかない

 

そこに勝手に生えているものたち

ネイティブ(雑草)と あらたに植えたものたちが

それぞれに繁茂して

気持ちよく調和してると

とっても 幸せを感じる

 

いや でも これって

ただのアホかもしれんなぁ とも ふと思う

 

畑って言っても

さて どんだけ食べれるものが採れるか

さっぱり わからんのに・・・

 

なんの戦略もなく

なんの対処もしていない

ただ 美子菌を撒いてるだけ(笑)

 

けど まぁ 焦らず

この気持ちよさを拡げていってみよう

 

これって 絵を描くのと似てる

 

空間の中に 筆を入れていくような・・・

 

  

 

_MG_6518.JPG

 

 

お庭ネイティブのひとつ

 

たんぽぽさん

 

さいきん 眺めてて

あ! そうだ これだ!!!

って 感じたのは・・・・・

  

植物には それぞれに

種をつなぎ繁栄していくための戦略があるけど

 

たんぽぽは

とにかく 根っこは深いし

葉っぱは 地面に張り付くように

そして お花はまるで黄金の太陽

真っすぐに背骨を伸ばし

咲いたあとの綿毛の軽やかさ

あの一粒一粒が飛んでいって

着地した地面で また芽生え 根を深く下ろしていく

  

この生命力

すごいわ〜〜〜!

 

そして Yoshiko Art も

これだわ!

と 閃いたのでした

 

 ・・・・・という話は長くなるので

続きは次に

 

そして それに関して

モニターさんの協力が必要だから

そのことも 少しずつお知らせしていけたら・・・

 

なんでか そのことを

もうハッキリと決めてるのに サクサクできなくて

こうして ほわ〜んとした時を過ごしています

 

でも こういう

なんとなくの感覚は大事にしたいので

しばらく のらりくらりとしてみようと思います 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

『 イワナガヒメ (いわさか) 』

  

iwanagahime.jpg

 

イワナガヒメ

( いわさか )

 

2020年作

 

 

 

新作の紹介です

 

  

 

  

 

iwanagahimecenter1.jpg

 

 

磐の女神

イワナガヒメ

が テーマの絵です

 

 

賢太郎さんが

この絵からの印象で

詩を紡ぎ

フォトメッセージを制作してくれました

 

  

 

 

イワナガヒメ3000.jpg

 

  

 

響きわたる

 

大地の音は

  

 

鏡に写った

 

美しき紋様

 

  

 

PhotoMessage

by

詩人 碾 賢太郎

 

  

  

 

  

iwanagahimepart2.jpg

  

 

神話の中の

神々の物語は

どれも人間臭くって

興味深いな と 思う

 

そこに見えるのは

親と子のような 人間と神さまの関係

神 という概念が

いかに 人間によって創られたものであるか

そこに 依存と恐れと無価値観を

どれだけ盛り込んでいるか ということ

 

人間が 畏れ敬い崇拝するものの中に

人間のルーツを見て

それをテーマに描くことが

わたしは 大好きです

 

そこには わたしの好奇心や

探求心を誘うものがあるから

 

 

そして 何よりも

集合意識を通した

自分自身の癒しになるところが

とても 面白いのです

 

 

  

 

 

 

 

iwanagahimecenter2.jpg

 

 

イワナガヒメ は

ずっと 描いてみたいテーマだったのですが

 

なかなか 描きだせずに

数年が経っていました

 

正直 しばらくは

描きたかったことを 忘れてたくらい!

 

 

それが コノハナサクヤヒメを制作中に

反故にした線画を

ふと 上下逆さまにして

横に並べたとき

 

あら! これがイワナガヒメになるんだわ

ピン!ときて
二枚を並べて描くことになったのでした
  
 
  
 
 
神話の中では
イワナガヒメって醜かったから
妹のコノハナサクヤヒメと一緒に お嫁入りしたけど
彼女だけ すぐ返されたってことになってますよね
 
でもね
実際の人間界での出来事は
醜かったから ではなくて
聡明だったから!!!
返された・・・・・だけではなく
その真相を闇に葬るべく
帰路 先回りされて 消されちゃってるんだそう
( つまり 殺されたということ・・・
聞いたときは内臓ひっくり返るかと思いました )
 
本当は イワナガヒメも
妹の コノハナサクヤヒメ同様
美しい女性だったのだけど
聡明で賢かったことで
扱いにくい と 敬遠されちゃったわけです
 
その話は
偶然 鹿児島で聞きました
 
まさに 男尊女卑の物語でもありますが
 
実は この絵を描いている時
感じたのは・・・・・
 
う〜〜〜ん
あんまり 描いた本人が
余計なこと語りすぎるのもどうかしら
と ふと今 思ってしまった
けど ちょっとだけ・・・・・
 
まぁ とにかく
聡明な・・・目覚めた人間は
消されてきたのが
今までの歴史 ということですな
 
 
 
 
 
 
だからね
 
なぜだか 自分でも不思議なんですが
女神の絵を描くこと
 
イワナガヒメの美しさを感じることは
  
何よりも 自分自身の癒しであり
集合意識の癒しでもあると思うのです
 
 

 

 

 

iwanagahimepart1.jpg

 

  

過去を理解するのは

その先の 創造のため

 

 

 

 

 

 

 

この作品は販売します

 

絵のサイズや額のサイズ

価格などの詳細は

こちらのページで ご覧になれます

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

 

『 コノハナサクヤヒメ (ひもろぎ) 』

  

konohanasakuyahime.jpg

 

コノハナサクヤヒメ

( ひもろぎ )

 

2020年作

 

 

 

新作の紹介です

 

  

 

 

 

konohanasakuyahimecenter1.jpg

 

 

火山の女神

コノハナサクヤヒメ

が テーマの絵です

 

 

賢太郎さんが

この絵からの印象で

詩を紡ぎ

フォトメッセージを制作してくれました

 

  

 

 

 

コノハナサクヤヒメ.jpg

 

  

 

誰も知らない

 

海とめぐりあう。

  

 

命の深さが

 

輝く場所で。

 

  

 

PhotoMessage

by

詩人 碾 賢太郎

 

  

 

  

 

konohanasakuyahimepart1.jpg

 

 

コノハナサクヤヒメ をテーマにした絵は
今までも 何枚か描いていますが
 
今回の この絵は

夢の中で聞こえたメッセージ

 

「 黒のマリア と 青のマリア が

ピンクのマリアで ひとつになる 」

 

が もとになって

描きました

 

だから 描き始めから

コノハナサクヤヒメを描こう!

と 決めて描いたものではないです

 

それは おもしろい体験でした

 

 

タイトルは決まらないまま

夢のメッセージを 探るように

蒼と黒とピンクの渦を 描いている途中で

あ これは コノハナサクヤヒメだ!

と 気づき

そこから さらに描き進めていきました

 

その途上

対になる イワナガヒメも描き始めることになり

二枚を並行して制作することに・・・・・

 

 

イワナガヒメと 交互に手を入れながら描くことで

ふたつ間の対比と交流が起こり

より コノハナサクヤヒメを

感じることが深まったように感じます

 

そのことも 描いていて

楽しかったです

 

  

 

 

konohanasakuyahimecenter2.jpg

 

  

我が家からは

東側と西側に桜並木が見渡せます

 

この絵を描く時期は

ちょうど 桜の開花の時期と重なり

 

縁側のアトリエから

桜を眺めながら

制作できたことが至福でした

 

 

 

 

この画像と 賢太郎さんのフォトメッセージ

そして タイトルから

何か 感じて頂けたら

うれしいです

 

 

 

 

この作品は販売します

 

絵のサイズや額のサイズ

価格などの詳細は

こちらのページで ご覧になれます

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

なごみきもの教室

 

お嫁入り前の Yoshiko Art たち ・・・ その5(絵の販売のご案内)

  

 

各作品のタイトルをクリックすると

詳細をご覧になれます

 

 

 

 

 

iwanagahimecenter1.jpg

 

イワナガヒメ(いわさか)

2020年作

 

  

 

 

 

 

konohanasakuyahimepart1.jpg

 

コノハナサクヤヒメ(ひもろぎ)

2020年作

 

 

 

 

 

 

hopeinframe.jpg 

HOPE

2002 〜 2020年 作

 

  

 

 

 

 

  

作品の価格・サイズ

額の大きさなどの詳細は

リンク先のページで

ご覧になれます

 

それぞれの作品のタイトルを

クリックなさって下さい

 

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

なごみきもの教室

 

 

『 イワナガヒメ 』(絵の販売のご案内)

 

iwanagahime.jpg

 

イワナガヒメ

( いわさか )

2020年作

 

 

 

 

  

iwanagahimecenter1.jpg

 

 

 

イワナガヒメ を テーマに描きました

 

絵の内容についての詳細は

こちらのページで ご覧になれます

 

 

この絵は 販売作品です

 

 

ご縁ある方のもとへ・・・

 

 

 

 

 

 

 

iwanagahimeinframe.jpg

 

 

  

水彩ボードにミクストメディア

   

 

絵のサイズ : 14.5cm × 18.0cm

 

額のサイズ : 37.5cm × 42.5cm

 

 

 

作品の価格 : 180,000円(額装代込)

ご購入の場合は 165,000円
 
 
 
ご購入のお申込み 及び お問い合わせ は
こちらから どうぞ
 
 
 

 

 

iwanagahimepart1.jpg

 

 

 

 

 

 

  

 

Yoshiko Art

 

 

Brother Sun ∞ Sister Moon

 

 

 

なごみきもの教室