『 Star Angel Luke 』(作品の紹介)

 

starangel.jpg 

 

『 Star Angel Luke 』

 

2011年作

 

  

 

starangelcenter.jpg 

 

  

昨夜 この作品の持ち主である

北海道の友人から電話があり

久し振りに おしゃべりしました

 

お嫁入りしていた この絵

星の天使 ルーク

大事に飾ってるよ

っていう話も出て

 

ふと この作品のことを

紹介したくなりました

 

  

 

starangelpart2.jpg 

 

  

持ち主は

ある 宇宙人カップル

 

・・・って いや

地球人は もれなく皆

宇宙人だから

別に 彼らだけ特別に

宇宙人 と 呼ぶ必要はないのですが

 

そして

どちらかというと

宙に浮いた感じの話は

そんなに好みでない私ですが

 

彼らに会うと

地球に来てくれて ありがとう!

という 気持ちが込み上げてきてしまう

   

地球人 と

一口に言っても

さまざまなんだなぁ

ということを

存在で教えてくれた ユニークなお友だちなのです

 

  

ときどき 電話で話すと

長電話になり 結果

さまざまな情報が 不思議と的確なタイミングで

入ってくることになります

 

  

 

この作品の情報元も 彼らのうちの一人

 
電話で話している最中に
このイメージが そのまま入ってきました
 
ちょうど 東日本大震災の起こったときで
その直後 電話で話していて
福島の原発の上空で
彼(といっても 性はないのですが・・・・・)が
ルーク という ある星の存在とともに
ワークしたビジョンを話してくれている時
 
このイメージが ハッキリ見えました
だから この作品は
祈りの絵 です
 
 
絵描きの 私にとって
リアルに観えたイメージは
そのまま 絵にするしかない
 
 
完成して ネットで紹介すると
わ これ 買います!!!
と すぐに お嫁入りが決まりました
 
注文制作ではないけど
注文制作みたいな・・・・・
時々 こういうことが起こります
 
 
そのとき 彼らは まだ島根に住んでいたと記憶していますが
その後 北海道に移住する計画があり
この絵は 北海道へ飾るんだ という話を聞いて
なぜだか わからないけど
ピッタリな気がするなぁ
と 嬉しく感じました
 
 
 
starangelpart1.jpg 
 
  
この作品を制作したのは
2011年の4月ごろ
 
ちょうど その頃
北九州に Kan.さんがいらして
ワークショップをされると聞き
はじめて お会いすることが出来ました
 
お話の中で
東北の大震災の起こった夜
海岸の夜空に出現した
ある 光 のことが出てきました
 
それは
そこにいた じいさまや ばあさまたちが
ふつうに見たものだったそうで・・・
 
その話の内容が
まさに その友だちが話していたビジョンと一致していて
同じものだ
と ちょっとだけ驚いたのを覚えています
 
 
さいしょは 驚くんだけど
でも こういうことって
あぁ やっぱりそうか
のほうが 自然に勝ってしまうものですが・・・
 
 
 
IMG_8802.JPG
 
 
彼ら 宇宙人カップルとの
エピソードは
ここには 書けないことが多いですが
 
わたしの世界観を 広げてくれることがいっぱいで
ありがたいです
 
そして 愛をいっぱい感じています
 
 
最後の写真は 三年前
北海道で 連れて行ってもらった支笏湖で・・・・・
 
今回 地震のあった厚真は
彼らのお気に入りの温泉があり
車で2〜30分のところみたい
そこの話も いろいろ聞きました
 
 
北海道は 今度はいつ行くことになるかな?
・・・こんどは 賢太郎さんと!
 

 

  

   

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

呼吸する絵

  

amanouzumecosmicocean3000.jpg 

 

  

独り言記事・・・・・

 

 

さいきん 賢太郎さんと

プチコラボ作業をしていて

 

そのときに

絵のこと

画面づくりのことについて

言葉をつかって

意志の疎通をする必要があり

 

日頃は ひとりで

感覚的にやっていることを

説明していたのだけど

  

  

  

earthdragonscenter5.jpg 

 

 

言葉にして 気づいたこと

が ありました

 
それは

 

呼吸する絵を 描きたいんだな

っていうこと

  

   

  

signpostcenter14000.jpg 

 

 

ときどき 絵の完成は

どうやって決めているんですか?

って 聞かれるときがあって

 

どう 答えてきたか・・・・・

自分では 忘れちゃってますが

 

そういうことを 聞かれるときは

なにか 神がかったような答えを

期待されているのかなぁ

と 感じた記憶はある

 

けど

実際は 絵として どうだろう
ってことを
ふつうに 自分なりに感じながら
描いています
 
  
 
で それは 具体的には
絵が いい感じに呼吸するようになったら
完成
と 決める
 
そこの バランスを
いつも 観ているなぁ
言葉にして 賢太郎さんに説明しながら
思いました   
 
   

   

amanouzumecenter13000.jpg 

 

 

呼吸が

気持ちよい波のように

 

行ったり来たり

出たり入ったり

緩んだり 縮んだり

拡散したり 凝縮したり

 

 

そして 絵がいのちを持ちはじめたら

 

絵の人生のはじまり

 

わたしの手を離れ

それを眺めるとき

 

あれ? これ

誰が 描いたのかなぁ?

よく 不思議な気持ちになります

 

 

 

次の作品への準備中の

独り言

でした

 

テーマは

“ ゆるし ”

のようです 

  

  

  

   

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

プロポーズ のことを話してみたら・・・・・

 

kentaro_MG_3779.JPG 

 

 

秋も深まってきています

朝晩 冷え込むようになりましたねぇ

 

昨晩は 早い時間にお布団に潜りこみ

気持よ〜〜〜くウトウトしていたら

 

美子のこと ブログに書いたから

アップする前に読んでくれ

賢太郎さんに 声をかけられました

 

でも お布団の中は

ポカポカして気持ちよい

 
どうぞ アップして〜〜〜〜〜
と そのまま眠ることにして
あとから 読みました
 
 
↑ そこには
前日 私たちふたりで話したことについて
記事にしてありました
 
 
∞ 
  
実は この会話の発端になったのは
陽子さん + 光平さんのブログ

 

↑ これを読んで・・・・・

そ〜ぉいえば わたしたちってプロポーズあったっけ???

って 思い出したのがキッカケでした

 

わたしの 

ね〜ね〜 プロポーズとかなかったよね〜?

が 会話のはじまり
・・・で
 
まぁ 正直言って
光平さんのブログ読むまで 忘れてたぐらいのこと
だったはずなんだけど
それで 泣いちゃう人もいるのかぁ・・・・・
って思うと
急に 気になってきちゃって
(影響されやすい?・・・・・笑)
 
たくさん 会話した結果が
  
 
   
いやぁ 私ったら
「 釣った魚に餌はやらないのね 」
って 言ったらしいですよ^^
 
言った先から 忘れてました〜(笑)
 
人に言われたことは いつまでも覚えてる けど
人に言ったことは すぐ忘れる
これって 人間関係の法則ですなぁ
 
 
それはいいとして・・・・・
 
結局 毎年プロポーズする!
って 話になってしまいましたよ
 
なぜだか 話がそう流れてしまいました
 
 
う〜〜〜〜〜ん どうなっちゃうんでしょう
まぁ なんか 楽しそうだから
楽しみにしときます^^
 
  

 

earthdragonspart4.jpg 

 

 

私にとって ありがたかったのは

 

この話題をキッカケに

胸の内に ず〜っとあった

ある話しにくかったことについて

正直に話せたこと

 

というか

話してみるまで
自分が そんな思いを持っていたとは
気づいていなかったし
 
それで 傷ついていたんだな
ということにも・・・・・
気づけていなかった
 
 
それが 賢太郎さんに話して聞いてもらえたことで
スッキリしました
 

    

 

ひとつは

結婚を機に

お互いの ある友人たちが

離れていったこと

 

私のほうの友人のことは

自分なりに 納得して受け入れつつあるけど・・・

 

賢太郎さんは どうなんだろう

って
どこかで気になりながら
あまり 話したことがなかったことでした
 
そこで 出てくるのは
やっぱり 子供の頃の両親への想いとかぶっていて
 
私みたいな 変わった娘がいて
迷惑なんだろうな・・・・・
 
そんな思いを
賢太郎さんにも 持っていました
 
私みたいな 変わった人といると
迷惑なんじゃないだろうか
 
まぁ これは 裏返せば
こんな私でも愛してくれる?
愛してほしい
なんですよねぇ
  
  
答えは 明白でした 

   

  

_MG_3738.JPG 

 

 

それから もうひとつのことは

わたしの長年の夢を叶えてもらえたこと

 

・・・・・と

その内容を ここに綴ろうとしたのだけど

今は やめておきます

 

ただ それは

長年の深い思いだったけれども

なぜだか 独りでは限界があって

出来なかったこと でした

 

賢太郎さんの存在があって

まるで パズルのピースがはまったように
動き出したこと です
 
でも
だからって
夫婦だからって
ずっとそう
ずっと一緒
というところに安住して
いいのだろうか
 
本当のところは
賢太郎さんは どう感じているのだろうか
 
巻き込んだだけなのか?
巻き込まれただけなのか?
 
そんな疑問を投げかけました
 
 
  
賢太郎さんの答えは・・・・・
 
彼の 正直な思い・言葉は
肚の座った
男性として 立ちあがりつつある
何か でした
 
 
わたしは それを聞くことが出来て
感じることが出来て
嬉しくって
とても 満たされちゃって
 
結局 プロポーズのこととかは
どうでもよくなっちゃった〜〜〜笑
 
わははは〜〜〜〜〜^^
 
 
 
 
まぁ しかし
あれかな〜〜〜?って いうのはありますよ
 
入籍する3カ月くらい前・・・
 
広島の宮島のお土産
小さな フクロウの時計を渡してくれる時
 
と・・・ときを・・・・・刻んでいけたら・・・・・
ときを・・・・・き・・・刻んで・・・・・いけたら・・・・・
(主語はどこだ? 語尾はどうした???)
 
って
 
ありがとう(ニッコリ)で 受け取りましたが
 
 
あのときから考えると
ホントーに 肚が鍛えられて
男らしくなってきてるよな
 
わたしも 男性性磨いてこ〜〜〜^^ 
 
 

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

あなたの花がひらいていく

 

Earth Dragons.jpg 

 

 

賢太郎さん

わたしの新作

Earth Dragons 』から

メッセージを紡ぎ

作品にしてくれました

 

 

 

 

earthdragonspart1.jpg 

 

 

    

あなたの

花が

ひらいていく

 

自由な

空へと

舞い あがる

 

あなたで

あること

貫き通せば

 

世界は

やさしく 受けいれる。

 

 

  

  

earthdragonscenter4.jpg

 

 

賢太郎さんのメッセージは

いつも やさしい・・・

 

 

前の作品に書いてくれたのは・・・

 

真っ赤なコスモスのギフト

 
 
  
 
earthdragonscenter5.jpg

 

 

ありがとう

 

 

 

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

『 Earth Dragons 』(注文制作の紹介)

 

earthdragons3000.jpg 

 

『 Earth Dragons 』

  
2018年作
 
 
  
earthdragonspart3.jpg

 

  

新作の紹介です

  

熊本の方でしたので
きのう 手渡しで納品してきました
 
 
 
 
通常は 電話でのセッションのところ
我が家での対面セッションで
下絵を描かせていただきました
 
わたしは いつも
注文制作のセッションでは
即興で歌を歌いながら
スケッチブックに絵を描いていきます
 
遠方の方からのご注文の場合
歌を歌うときは
一旦 電話を切ってから
やっています
 
遠隔ヒーリングと同じ要領です
 
 
 
earthdragonscenter2.jpg

 

 

歌を歌うのは

自分の声の響きをつかって

(超音波探知機みたいに?)

イメージを 探っていく感じです

 
 
なので 我が家まで
足をお運びいただける方には
目の前で歌い
サラサラと イメージを走り描きするところを
楽しんでもらっています
 
直接
この 歌
というのか 声・・・
即興のメロディなんですが
これを聴かれる方は
大抵 涙を流されています・・・・・
 
わたしにとって
この作業は 感情に訴えるようなものではなく
わりと 淡々と それこそ
人間探知機になるような感覚なので
歌とスケッチが終わって
目の前で 涙を流されている様子を見るたびに
あら まただわ・・・・・
と 思うのですが
どうやら
ヒーリングが起こっているようなので
そこは 自然と目の前の方を
エネルギーで包容するモードになります
(普段は 超KYなアラフィフおばさんです・・・笑)
  
 
earthdragonsangels4.jpg 
 
 
作品にするイメージは
セッションの日時を決めると
セッション前から
じわじわとやってくることがあります
 
なるべく
セッション前は 頭を空っぽにして
その方の前情報は入れない
入ってても 忘れるようにしているのですが
 
それでも
事前に お知らせのように
テーマやイメージが
やってくることもあります
 
  
 
それから
歌を歌いだしてすぐに
 
はい これ 描いてね!
って具合に
ピョコン!と 瞬間ダウンロード(笑)
されるときもあります
 
  
 
そして 今回のこの作品のように
 
じわじわと
ちょっとずつ 見せてもらえる
(覗かせてもらえる?)
ようなときもあり・・・・・
 
  
 
earthdragonspart2.jpg

 

 

この 作品の中心の縦のライン

 

さいしょは 薄い紙一枚のような

細い細いラインから はじまり
 
ゆっくりと時間をかけて
入らせてもらうような世界でした
 
とても 繊細で
深遠なものを この世界に
少しずつ もたらしてくれるんだなぁ
 
 
 
earthdragonsangels5.jpg
 
 
そして
このとき スケッチした通り そっくりそのままに
作品が 仕上がらないところも
面白いところです
 
 
そこには
さまざまなプロセスとともに起こる
変化があり
 
今回の絵も そう
 
スケッチの絵から
変化するものがあり
 
その変化と
ご本人に起こっていた出来事とは
やはり シンクロしていました
 
 
 
earthdragonspart4.jpg

 

 

きっと これからの

ご本人の 現実創造に
この絵を生かしていかれるんだなぁ
 
きのう 直接お渡しして
受けとられた様子を見て
そう感じました
   
 

  

earthdragonswhitedragon.jpg 

 

 

作品のタイトルは

描き始めのとき

天と地をつなぐ 中心の一本線を

ググっと氣を入れて 引いたとき

 
あ この絵は
Earth Dragons なんだ!!!!!!
と ひらめいた その瞬間

 

突然のゲリラ豪雨?

雷が ジャンジャンはじまり
 
鳥の鳴き声のような
キュイ〜〜〜〜〜ン!と
空間を切り裂く音?とともに
近くに落ちたときのことは 忘れられません^^
 
ドキドキとワクワクが
いっぺんに来たのを 覚えています
 
 
 
earthdragonsleftwing.jpg
 
 
この作品の制作を通して
 
与えられたテーマから
その方に出会い
自分自身にも出会っていく
 
起こることは 毎回違っていて
ひとつのパターンに
括ることができない
 
毎回毎回 が
新しい はじまりなのですが
 
回数を重ねるごとに
その出会いが
深まっていることを感じています
 
 
とても 幸せな仕事です
 
 
 
earthdragonsangels3.jpg 
 
 
この作品にも
賢太郎さんが メッセージを紡ぎ
小さな作品を制作してくれました
 
ちょっと 記事が長くなったので
その紹介は
別の 記事にて・・・・・
 
 

 

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

心地よい風と緑の大地

  

_MG_3740.JPG 

 

   

完成した作品を

熊本市内まで納品に・・・・・
 
手渡しでの納品は
とても緊張するけど
なんともいえない喜びがあり
帰りの車の中で
じんわり味わっていました
 
あぁ しあわせだなぁ
泣きそうになってると
横で 運転しながら
あぁ よかったね〜
肩を叩いてくれる人がいるのも
ありがたいなぁ
  
 
kentaro_MG_3924.JPG 
 
 
納品の前には
来週のポートレート撮影の下見
 
クローバーの緑が広がる
ひろ〜〜〜い公園で
撮影場所の目星をつけようとするけど
 
まぁ 結局は
その日 その時間
そして 何よりも
撮影される方で
 
その場のインスピレーションで決まること
 
だから
事前に 多くを決めないほうがいいのだけど
 
その場と仲良くなり
その土地の大地や樹々たちと
繋がっていることは
とても大事なことだと思う
  
 
 
_MG_3851.JPG
 
 
それにしても今日は
裸足になって 原っぱの上を歩き
木陰にゴザを敷いて 寝っ転がり
心地よい風に吹かれて
 
とっても 気持ちよかったなぁ
  
  

 

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

 

男性原理 と 女性原理

 

ずんずん歩く美子についてくる賢ちゃん.jpg

 

 

ポートレート撮影の現場にて・・・・・

いつのまにか
撮ってもらってたショット
 
ずんずん先に歩く美子と
後ろから ついてくる賢太郎さん
 
 
 
押戸石帰り道.jpg

 

 

あれ? まぁ

ここでも・・・・・^^
 
 
 
「 尻に敷かれることは 結婚前からわかっていた 」
 
とは
賢太郎さんのセリフですが
 
 
私たちみたいな組み合わせ って
 
女性原理は受け入れているけど
男性原理を受け入れていない者同士の
カップル
なんだそう
 
さいきん 自分の本棚になぜだか
一冊だけ残っていた
なんとなく手にとり
パタッと ひらいたところにあったから
 
これは メッセージだな
読んでみました
 
 
 
似た者同士だから
一緒にいるの 居心地がいいけど
 
共通のテーマ
“ 男性原理を受け入れる ” に
閉じたままだと
進化なく 固まっちゃって
どんどん しんどくなっちゃうんだろうな
 
 
清水寺.jpg
 
 
ここのところ
この7年間のことを
振り返る時間でした
 
なぜか というと
ちょうど 7年前 2011年
Kan.さんに はじめてお会いしたとき
 
これからは “ 還元 ” ですね
って
還元 という言葉を
ビュン!って 目に入れて下さったこと
 
その言葉を
今一度 受け取りなおしてたところで
 
 
今年の2月は
同じように
“ 夫婦は並んで ” いくんだよ って
また 同じように
ビュン!って
賢太郎さんじゃなくて(ふたり一緒にいたのに)
わたしの目に 入れられたってことは〜〜〜
 
常日頃から 私が尻に敷いてることは
バレバレやなぁって
くらいにしか 思ってなかったんだけど・・・笑
 
ここに もっと大切なこと
あるんだよなぁ きっと
って
思いなおしていたところで
 
この 本からのメッセージ
 
 
岩戸山古墳ふたり.jpg
 
 
やっぱり
お互いに
お父さんのことが出てきます
 
いろんな傷が出てくるけど
 
癒しが起こり
受け入れるプロセスになりましたよ
 
 
 
そうすると また
ふたりの間のバランスも変化して
 
暴君のように振舞い
暴走していた 私の中の女性性が
落ち着いてきて 楽に・・・・・
 
賢太郎さんも
恐れていた
自分自身のパワーを
受け入れたぶんだけ
よりカッコよく・・・・・
 
 
具体的には
わたしが お父さんの望み通りにできなかったこと
しょうがなかったんだ
だって
めちゃくちゃやったもん(笑)
わたしは 男じゃないんだけん
って
頭では わかってても
どこか 残ってた罪悪感に気づけて
 
わたしの望みは
絶対 反対されるから
思いついたら
すぐに実行しないと
邪魔される〜〜〜〜〜!!!!!!
という 強迫観念で暴走する癖があることにも気づけた
 
でも 今
目の前にいるのは
お父さんじゃなくて 賢太郎さん
 
もう 暴走しなくても大丈夫
 
むしろ やさしく受け入れてくれて
私にはないところで
バランスをとってくれる存在として
もっと 頼っていいんだ
腑に落ちました
 
 
 
 
 
賢太郎さんは
ずっと 許せなかった
自分の怒りを
受け入れられるようになりつつあり
 
それが
自分のパワーを取り戻すプロセスになっている
 
わたしは
それを 傍らで眺めています
 
 
 
おっと
ここで 窓の外に
大きな虹が〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
 
 
台風 近づいてきてますね
 
 
 
お互いを鏡にしながら
 
自身のバランスをとっていく・・・・・
 
立つときも
気が付いたら
右半身に 入ってないなぁ と
賢太郎さんを見て感じたことは
 
なんてことはない
わたしも そう(笑)
だったり・・・
 
 
 
 
と さいきんの気づきを
ちょっと文章にしてみました
 
きょうは ここまで
 

 

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

納品と次の制作のあいだの・・・・・

 

コスモスピンクのふちweb.jpg 

 

新作が完成して

博多の大崎周水堂で額に入れ

 

(・・・ちょっと特殊な絵なので ずっと額装作業してくださってる方に

額の裏側に 細工してもらってて

熊本に引っ越しても 博多まで作品を持っていって

お願いしています

絵とはこういうもの という概念に囚われていたら

思いつかない作業だと思うんですが・・・・・

額装作業してくださる担当の店員さんも アーティストさんなので

理解・応援して下さり ありがたいです!・・・)

 

作品の撮影もできているのですが

 

賢太郎さんが

作品に添えるフォトメッセージを

完成させるのを待っているところです

 

  

 

絵を観て

メッセージを紡ぎ

彼の撮影したものの中から写真を選び

そこに 筆書きで書いてくれます

 
ひとつ前の作品に書いてくれたのは・・・
 
messagekentaro.jpg 

 

 

彼が 絵から紡ぐ詩を読むのが楽しみ

(どんなメッセージだろう・・・・・!)
 
どんな写真を選ぶかも
絵に合わせて選ぶ(コーディネートする)訳でなく
純粋に 出てきたメッセージに選んでいるので
作品と並べた時に
そこに どんな調和が産まれるか
(つまり 予定調和ではないってことです)
それを眺めるのも楽しみなのです
 
彼自身 とても楽しみながら
そして 丁寧に 誠実に
創作してくれています・・・・・
 
 

  

 

 

そして わたしはもう

次の作品に向けて

準備が はじまっています

 

注文制作は

絵を頼んでくださった方を通して

テーマを与えられ
自分自身に出会っていく作業だなぁ
と 感じます
 
もう 下絵はできているんだけど
それを そのまま描くんじゃなくて
 
自分の日常を通して
咀嚼していく
(深めていく)
 
そうやって
一枚一枚
自分と 出会っていく
 
それが わたしの好きなことだし
夢だし
ライフワークだなぁ
と 思います
 
今は その日常に
賢太郎さん という
鏡が出現し
その作業が より豊かになっています
 
 
 
本当は 別のことを
ブログにするつもりで
キーボードを打ち始めたのですが
 
ちがうものになってしまった^^
 
さいきん
尻に敷く 敷かれる夫婦
(私たちのこと)
について おもしろい気づきがあったので
そのことについて 文章にしようとしたのですが・・・・・
 
それは また 

 

 

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

変化の九月

 

久しぶりのブログ更新

 

  

  

新作が完成し

太陽の光で撮影していました

 

外は秋晴れ

 

 

さいきん

賢太郎さんからカメラを借りて

自分の作品を自分で撮影しはじめています

 

絞りやシャッタースピードのことを

教えてもらいながら・・・

 
コンデジと違って難しいのだけど
いろいろ試しながら覚えています
ピントを合わせるのは いつもハァハァ
息切れですが(笑)
 
おもしろいです
 
納品したら
このページで紹介します
 
 
きらりくものすweb600.jpg

 

  

朝 起きたら まずは

台所に立つのですが

 

台所の窓は東側で

日一日と 小さな山の端から

日が昇る時間が 遅くなっているのを見ています

秋の深まりを感じるこの頃

 

菊池川にほど近いせいか

この季節は 朝靄が美しい

そして

朝露も 朝の斜光で

キラキラするのがいいですね

 

ちょうど 台所の窓辺の蜘蛛の素が

朝陽に照らされ 輝いていたので

賢太郎さんに 撮ってもらいました

 

 

れもんぐらすweb600.jpg

 

  

レモングラスの葉っぱも

キラキラ・・・・・

 

植えて二年目の株

どんどん大きくなっています

 

葉を刈ってきて

その場で お湯を注いで飲むと

本当に 美味しい

 

 

レモンバームや ホーリーバジル

いろんな種類のミントも

適当に摘んできて混ぜて・・・・・

 

 

 

 

  

ここ ひと月ほどは

じっくり 作品に向き合いながら

 

この7年間くらいのことを

振り返っていました

 

表向きには

大きな動きはなかったのですが

 

なにか

内面で 大きく動くものがありました

 

そして

そのことを いつもなら

言葉にして ブログの記事にしていたのですが

 

今回は それができず・・・

なぜだか もう

そうしたくない と 感じるようになっていて

 

そういう 自分の感覚の変化を大切に

でも 変化に振り回される必要も感じないし

それで いいのかなぁ と・・・・・
 
たぶん ある種の強迫観念みたいなのが
ひとつ 抜けていってるんだと思います
 

ただ 絵を描いていました

 

 

日々 一緒にいる

賢太郎さんに 大きくサポートされています

 

パートナーシップについても

おもしろい気づきがありました

 

  

  

無理なく

感じたことを

また 綴っていきます 

 

  

 

∞ 

  

注文制作を受付します

http://www.yoshikoart.com/order.htm

        
お嫁入り前の Yoshiko Art たち

    

めおとセッション ポートレートメッセージ制作

 

ささやかな軌道修正

 

さて・・・・・考えていたのは

注文制作の受付を終了しようか どうしようか

ということでした

 

  

でも 結論から先に言うと

そうすることは やめました

 

ふつうの作品制作も

注文制作も

考えてみたら

私の中では 同じこと

同じように プロセスして

一枚一枚 描いている

 

注文制作を やめようが やめまいが

なにも 変わらないんです

 

  

 

ただ これから先

作品を受け取る方 観る方の

創造性や感性に

Yoshiko Art を 委ねていくことを

もっともっと大切にしよう

と 決めました

 

 

そして

Yoshiko Art の ホームページを

よりシンプルなものに修正しました

 

http://www.yoshikoart.com

 

 

  

 

yoshikowithpyramid.jpg

 

ただ それだけ

って 言えば それだけのことなんですけど・・・・・

 

 

このところ

作品のフィードバックが

すごく いい感じが続いていて

私自身の手ごたえ

エネルギーワークとしての絵を描くプロセスと

ご注文主の方に起こることのタイミングが

ピターーーっとくる感じに

 

言葉にすると恥ずかしいのですが

調子に乗りそうになってました

 

そして

それらのことを

ブログの記事にした〜〜〜い

と 思うのですが

どこかでストップがかかる感覚があり

うまく進まない

 

それぞれのフィードバックは

とてもとても個人的で 繊細なものだし

ご本人からは いいですよ〜

と 許可をもらっても

公開することを ためらっていました

 

 

いま 思うと

それで よかったんですけどね

 

ここで 軌道修正しないと

どんどん違うところへ ズレていってしまうところでした

 

 

 

たとえば

もう 何年も前に購入してくださってた作品を

“ 最近 眺めていて

絵から 勇気をもらって

あることを決断できた ”

という話を 数日前 偶然聞く機会があって

とても 嬉しかったんですが

 

それは その方が

そのタイミングで感じられたことで

 

その絵のことを

「これは 人に勇気を与える絵です」

と 言っちゃいけないのに

わたしは あたかもそうであるかのように

表現してしまうとこだったなぁ って・・・

 

 

 

 

こんな風に ナーバスになってたのは

 

いま 変化の時だから

 

そして そこに

感じたくない 微妙な思い・感情が隠れていたから

 

だから

早いところ 白黒ハッキリさせて

その 居心地の悪いところから逃げたくて・・・・・

 

ちょっと ジタバタしていました

 

 

 

そして おもしろいことに

そのことは また 今描いている絵のテーマにも

いつのまにか 重なってました

 

ただ 生きる

ということが 怖かった

 

そこから 逃げるための

いろんなカモフラージュ

目的意識 とか 特別意識 とか

優越感 とか 競争意識 とか・・・

 

 

こういうときは

その イヤな感じを味わう

 

それから

原点に戻る

 

それが大事かなぁとおもいます

 

  

今描いている絵も

無駄なものをそぎ落として

シンプルになってきています

 

それが 必要だったんだな・・・・・

 

 

 

もうちょっと

いろいろ 書きたいことあったんだけどなぁ

 

まぁ ひとつの記事にまとめなくてもいいかな