『 無限大 』 (作品の紹介)




無限大.jpg



ひとつ前のブログで
お金のことを書いたら

美子さん
お金とアートのバランスが良いんですね
素晴らしい!

コメントいただきました

ありがとうございます






実際は
すごく いい感じのことがあった話を
つまみあげて 書いただけで
これが デフォルトではございません


どうしたら
この いい感じが続くんだろう
確実に掴めるんだろう

力が入ったら
たちまち
ズッコケたりも
いっぱい あります〜(笑)


でも
こういう話はシェアして
エッセンスを
受け取ってもらえたら
嬉しいな

思っているだけです






地球って
重力がありますよね

だから 上と下がある

それがスタンダード


でも
下方向も核を通り抜けていったら
上になる



上ばかり 目指しても
ホントは 同じだけ
下もあるのに

そこを 観ないように抑圧してると
気づかざるを得ない現象が
抑えていたらいただけの大きさで
ドカンときますね



だからって
マインドでバランスしようとしても
コントロールしきれないことが出てくる

そして
達人に憧れる!



自分にとって都合のいい( と決めている )状態

とどめておきたい

いろいろ 手を尽くしたり
そこの法則性を学ぼうとしたり

ジタバタするけど


結局は
この 振り子のような人生を
波に乗るみたいに
生きるだけ

味わうだけ


そこで発見したことを
感じていくんだなぁ


そんなことを考えていたら

去年描いた
この絵のイメージが
浮かんできました


『 無限大 』 2014年の作品です


無限大中心.jpg



極から極へ
大きくうねりながら
真ん中が定まっていく

でも
ひとところに
とどまらない





描いたときには
気づかなかったけど

自分で描いた絵に
教えられてます


感謝






http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチっと お願いします!


カネ太郎だな!

 





au の CM

このシリーズ
なんか 好き◎





「カネ太郎だな」

「オマエは カネちゃんだ」

(笑)


私たちの多くが持っている
お金への思い込みを
おもしろく表現していますね




お金の話をするなんて
恥ずかしい
はしたない

お金は汚い

Etc.






でも お金って
お下の話
(排泄 や S e x)
と 同じく

私たちには
とても大切で 欠くことのできないもの


もっと 楽しく
おおらかに
話せるようになるといいですね




そして
上に書いたみたいに
お下のこととの関連では

たとえば
トイレそうじで金運アップ

有名な話ですし


また 第一チャクラといって
ちょうど 会陰にある
エネルギーセンター

お金との繋がりがありますね







さて 先日の記事
『 まはりてめぐる 』
http://yoshikoart444.jugem.jp/?page=1&cid=2

には
続きがあります



お金の話です^^



∞◎∞



絵を完成させ
額装して

それから
価格を決めました

絵に 聞いたんです

数字は サッと出てきましたが
その数字は
ちょっと ドキドキする金額


それを 告げるのは
チャレンジでした




でもね
絵を納品に行くと
その金額の倍近い現金を
用意してくださってたんです

そして
別のお部屋に取りに行かれて
パッと 掴んで持ってこられた束を
目の前で数えてくださったら

まさに
そのまんま

ズバリ!!!

同じ金額だったんです!

ありがたや〜〜〜〜〜∞



宇宙からのOKサインでした



自分で描いた絵に
自分で値段をつける

自己価値観

試されることの連続です




それと同時に
お金のためにやっているんじゃない

ただ 描きたいものを
湧き上がってくるままに描く

それを 喜んでもらう
それだけでいい


みたいな
執着ない状態も大切






本当に お金は
いろんなことを教えてくれます


おもしろくて
美しいです

この世界







http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチっと お願いします!



『 Ixchel 』 (作品の紹介)



ixchel額.jpg



『 Ixchel 』
2006年の作品です



イクシェル
もしくは
イシュチェル

メキシコのマヤの女神の名前です







ドランヴァロ・メルキデゼクの本は
「フラワー・オブ・ライフ」をはじめ
とっても 面白くて大好きなんですが

「サーペント・オブ・ライト」
http://www.amazon.co.jp/dp/4903821331/?tag=yahhyd-22&hvadid=31174952570&hvdev=c&ref=pd_sl_454nliogmw_b

こちらも ワクワクする内容です


この本の中で
ドランヴァロがメキシコのユカタンのホテルで目撃した
カン・カという存在
大きな一つ目

“その眼は横幅2メートル、
高さが1メートル50センチぐらいの大きさでした。
ほぼ全体が金色で
眼球は緑と黒、
時々まばたきをしていました。”


おーーーー!
私が この絵を描くときに感じたのと
同じだな

このくだりを読んだときは
ビックリしました

同じマヤの領域
何か つながりがありそうです






さて
なぜ Ixchelの絵を描いたか

それは 10年以上前に遡りますが
ヨーロッパに1年半ほど滞在し
日本へ帰国するときに出会った
メキシコ人の女性がキッカケです


なぜ ヨーロッパに行ったのかは
また 別の機会に・・・・・

また なぜ スコットランドで
絵を描き始めることになったのか

また 別の機会に・・・・・



まぁ とにかく
ドイツからアムステルダムへ向かう
電車の中で 隣の席になった
メキシコ人の占星術家の女性と

数日後
アムステルダム空港で再会

しかも 同じパリ行きの飛行機の便で!!!

という
偶然という名の必然で

こんなことが起こるということは
きっと
あなたと私には
出会うべき理由があるはず!




その女性は
私の誕生日から
必要なメッセージを
すらすらと書き出してくれ
(・・・・・余談になるけど このとき彼女が
人生のターニングポイントとなる
それから半年後のある日付を教えてくれたのですが
確かに その日出会った人は
ものすごく重要な出来事・ご縁をもたらす人物でした!・・・・・)


ユカタン半島の地図を描いて
そこに
女神Ixchelへの巡礼の道
となる地名を書き出してくれました


あなたは いつか
ここに 行くことになるでしょう
というメッセージとともに






結局 まだ行ってないです(笑)


でも 数年前に
近くには行きました

一週間のカリブ海クルージング
福岡からの飛行機代もすべて入れて
ありがたいことに
ぜ〜んぶ 友人の招待で
行かせていただきました



父が亡くなって約半年後で
その中のある島に
彼を連れて行った
という強い感覚がありました

いろいろと
面白い体験があったのですが
それも またの機会に・・・・・!!!




ixchel.jpg




この作品は
さきの2月2日
2年前に
一目ぼれされた方のところへ
お嫁入りしました





Ixchel は
前の屋号にしていたし
Ixchel Art Gallry

2006年からはじめていた
前のブログも
ixchel をアドレスにしていました


ずっと この絵とともに
10年近く過ごし

それだけの間
一緒にいる意味もあり

また 今こうして
手元を離れるのも
私自身の節目となる
ピッタリなタイミングとなりました

コンプリーションでーす!



私の元での役割を果たしてくれて
本当に ありがとう



お嫁入り先でも
よろしくね









http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチっと お願いします!



『 まはりてめぐる 』 (作品の紹介)




まはりてめぐる1.jpg



『 まはりてめぐる 』
2012年の作品

注文制作で描きました







まはりてめぐる2.jpg



通常の注文制作では

絵の大きさと受注代金について
お客さまのご希望で決めていただき

それから 
制作にはいります


けれども
この作品については
お客さまの たってのご希望で

この絵を設置する予定の
ご自宅にお招きいただき

ここの壁全面を空けておいたから

玄関の壁を示して

ここに
美子さんが好きな大きさで
好きな金額で描いて!

という
ご注文でした





正直 はじめてのことで
ちょっと とまどいましたが

人がたくさん集う
その素敵なお宅に飾る絵のイメージは
有無を言わさず
ドーーーーーン!と上から入ってきましたので
とにかく
お金のことは 描いた作品に聞いて決めよう



筆が どんどん進むままに
ワクワク制作しました!!!






納品のときは どきどきしましたが
箱を開けた途端

あぁ この絵大好き!!!

喜んでいただけて

本当に 嬉しく
ありがたかったです






まはりてめぐる3.jpg



さて
後日 お訊ねしました

なぜ 最初に絵の金額を決めなかったのか


帰ってきた答えは

だって
さいしょに 金額決めたら
その金額の絵になっちゃうでしょ
わたしは
美子さんが お金のこと考えずに
思いっきり好きに描いてくれた絵が
欲しかったの!


でした






ありがたいです


いろんな方に
育てていただいてます






さて
せっかく ブログを新しくスタートさせたので

このブログ上では
こうやって
絵にまつわるエピソードとともに
旧作の紹介も新作の紹介と織り交ぜて
ときどき 掲載していきます



なぜ 今回
この絵を紹介したかというと

今日 この方に
久しぶりに お会いしたからです



簡単に近況の報告をしたあと

とっても ありがたいメッセージをいただきました





美子さんは
美子さんの描く絵そのままなんだから
絵のように
そのままでいればいいのよ


無理しないで

泣きたいときも
怒りたいときも

落ち込んで 何もしたくないときも

そのままでいいじゃない


そして
描きたくなったら
描けばいい

それでいいのよ






ここ しばらく
自分を粗末に扱ってたなぁ


気づかされました


何も いわなくても
ぜんぶ 見透かされちゃったみたい!




この 素敵な方は
素敵なお店をなさってます

お店の紹介は
また 別の機会に・・・!






http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチっと お願いします!


リアリティがないと描けない




cafe.jpg




リアリティって
手で触れて
肉眼で見ることができて
というものだけではない



よく サイキックって言うけど
結局は
五感の延長にあるものだと思う
すべて

地続きです






もちろん
見えないものを感じるから
見えるから
聞こえるから
って

それが
どこから来ているのかは
検証の余地あり

いつの時代も
審神(さにわ)は必要


見えるから?
聞こえるから?
だから何?

ということは
たくさんある




私のような巫女タイプは
だから
磨くしかない
さまざまな角度から


そう それから
満たされていることも大事

空しさや寂しさは
容易に
魑魅魍魎を引き寄せる






みそこすもす.JPG



絵を描くときに
“盛る”
ってことが できない


与えられたテーマについて
そのまんま
感じたとおりにしか
描けない
(もちろん その“感じたまま”の精度については
一生をかけての修行の身であることは
承知の助である上での話)



ここは “盛った”ほうが
喜んで満足してもらえると
わかっていて
どういうエネルギーのものを求められているか
手に取るように分かっていたとしても

どうも
リアリティを感じないのに
それをやろうとすると
たちまち
筆が進まなくなる






どうやら 巫女は
融通が利かないらしい

おべっかが上手でない



だから 巫女の使い方としては
欲しいものは欲しい

正直に

たとえば
◎◎の女神の絵を描いて

とかが
いいかもしれない





よろしくお願いします







http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチっと お願いします!


濡れ手で粟




ねこ.jpg




濡れ手で粟


あるいは


一攫千金










それが得られる
数式があるなら
欲しい!
と 思った
 

そこに答えがあるなら
知りたい!
と 思った






そのくらい
疲れきっていた



蝋梅.JPG




節分の東長寺

博多にある
空海さんのお寺



護摩焚きが行われる本堂で
じっと 座っていると



じわじわと
湧き上がってくる力を感じた

内なる生命力



別に
神秘体験的
グワーーーーーン
とか
ドカーーーーーーン
とか
シャラーーーーーーン
とか
光の柱〜〜〜!!!!!!!
とか

そういうものではなく


ただ
じわじわとくるもの





まぁ いいじゃないか
疲れてたんだし


濡れ手で粟
を 夢見る
欲は健在

それもよし




ただ この
じわじわとくる
力とともに

日々を生きる

生きる
生きる


なにか 湧き上がってきたら
描く
描く

歌う
しゃべる
書く
笑う
怒る
泣く
また 笑う

食べる
寝る
以下省略(笑)





欲しかった答えや数式は
得られなかったけど

今 感じている
“これ”

答えにならない答えだなぁ

そう 思った




さぁ ここから
はじめよう





ありがとう






http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチっと お願いします!


別の星に来たみたい

 


げんのしょうこ.JPG




立春のRESETから数日

さまざまな友人たちから

おかえりなさい
いつでも 愛してるよ



ことば メッセージ 温かなエネルギーを
受け取っています





ありがとう





当の本人は
帰ってきた
というより

別の星に来たみたい
に いま感じています







いってきます

前は

本当に 疲れきっていて

世界に 見放されているような
気持ちになっていた



それまで
自分なりに 積み上げてきたもの
経験して獲得してきたと思っていたもの
理解し乗り越えられていた と 思っていたもの

それらが
まったく効力を失い
自分が とても無力になり
世界に見捨てられたように感じていました



だから
同じところに戻ってきたようで

こんなに愛されていた

感じられている今ここは

もう 別の星なのです



ただいま

というより


どうも はじめまして
こんにちは

よろしくね



です





これが 螺旋上昇だ
ということも
知っている


同じところに戻ってきたようで
同じところではない




世界は どんどん
優しくなっている


それは
私が変化するから


だから
何があっても
ぜんぶ ありがとう





お正月の夢・◎・ISIS・◎・黒マリア




黒い色面

黒い石を砕いた顔料の絵肌のよう

キラキラ静かな光を放つ漆黒の闇





美しいなぁ

それを 眺めていると

「 この色は 日本人にしか出せない色です 」


声が聞こえた




今年のお正月の夢です






 

きっと
この夢のメッセージが
絵になるときが来るんだな

なんだろう
今は 寝かしておこう

思っていたら


節分の頃
友だちが Facebookで
女神ISISのことを書いた文章を読んで

あぁ ISISって黒マリアだったなぁ

思った瞬間


目の前に
ISISの絵のイメージが
さぁっと 広がりました


お正月の夢と つながった!!!



blackmaria.jpg





ISISはエジプトの女神の名前

そして 黒マリアは
キリスト教以前の土着の地母神が
キリスト教に取りこまれて変容したもの

だと 理解しています


絵の謎解き
解説は
いつも 作者本人よりも
詳しく出来る方が
現れてくださるので

とりあえず
ここまで




絵になるのが
楽しみです






http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチっと お願いします!



RESET



rainbow.jpg



立春です

感謝とともに
RESET
します




ありがとうございます




1308_1.JPG





http://blog.with2.net/link.php?1723255

ポチっと お願いします!